締切済み

FX 1pipsあたりの損益額を教えてください。

  • 困ってます
  • 質問No.9518204
  • 閲覧数27
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 33% (36/106)

FX 1pipsあたりの損益額を教えてください(合っているのか)。

*例としてあげさせていただきます。

取引:USD/JPY
1LOT:10,000通貨

注文時:110.789円/ドル(A)、現在:112.416円/ドル(B)
損益:-162,700円(C)、スワップ損:-5,290円(D)
ロット数:10LOT(E)


・まず現在と注文時の差=(B)-(A)=112.416ー110.789=1.627円・・(F)

・損益にはスワップも入っているので、純損=(C)-(D)
=-162,700-(-5,290)=-157,410円・・(G)

・1銭=1pipsなので=差(F)×10=1.627×10=16.27pips・・(H)

・(H)の時に損失(G)円なので

(H)=(G)、16.27pips=-157,410円、1pips≒9.6円(10LOT)<<式終わり>>



つまり、1pips動くと、この条件では9.6円動く。ということで間違いないでしょうか。

(⇒1LOTだった場合は、割る10をして、1pips動くと、0.96円動く。)



【目的】としては、たとえばマイナス1万円になったら損切するときに、いま持っているポジションで、何pips動くとマイナス1万円を超すかということを知りたいのです。

間違っている場合は修正を、他にもっと楽に計算できるならばやり方をご教授していただけると助かります。合っているならば「合っています」の一言でも歓迎です。

なお、文からわかるとおり初心者ですので、できればわかりやすく指摘いただけると嬉しいです。

**これを理解したとして、実際にやるかどうかは未定です。FXはやめといたほうがいいなどの、計算に関係ない回答はご遠慮ください。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (3582/12613)

マネー カテゴリマスター
スワップは別問題で、、
まず、純粋な損益は1.627円の通貨数分です。だから162700円が損失。
スワップ損は別に計算され、これは金利差による損益で、ドルを買ってマイナスになるのも変だけど、マイナスだっつうんなら仕方ない。別に5290円の損失という意味です。
そこではCの中にDが含まれるのではなく、C+Dとなります。

1銭=1pipsなんだから、1pips≒9.6円じゃなく、1銭=1pipsです。単に通貨の単位としてpipsを使っているだけの事で、妙な計算など入りません。
pipはパーセンテージinポイント、円で言えば1円の1%という意味で、だから1銭に相当する。ドルなら1セント。

1万通貨取引するという事は1万ドル買うという事です(ドル買いなら)
100円で買って101円になったら、1万ドルが1ドル当たり1円上がった、つまり1万円の利益です。100pipsの儲けです。
例に上がっているのはドル 「売り」 をやったんですね。だからドル高になるほど損失になるし、円を買った訳だから金利差も日本が低い、つまりマイナス、という事で。。。
買いなのか、売りなのか、はっきりしてもらわないと。

スワップポイントの損益については、為替相場ではなく債券相場の問題なので、一緒に計算に入れる事はできません。
お礼コメント
kuroinuok

お礼率 33% (36/106)

わかりにくくてすいません。おっしゃる通り、売りです。本文とは関係ないのですが、1円を10銭だと勘違いしている根本的間違いにも気づきました。
合わせてこれもわかりにくかったのですが、損益はスワップを含めた額を記載していました。

>>1万通貨取引するという事は1万ドル買うという事です(ドル買いなら)
100円で買って101円になったら、1万ドルが1ドル当たり1円上がった、つまり1万円の利益です。100pipsの儲けです。

回答ありがとうございました。この部分を復習してみます。
投稿日時 - 2018-07-14 22:30:29
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ