• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ボールの運動について

地球に穴を掘っていきます。反対側の国に到達する一本のトンネルを掘ります。(日本だったらブラジルあたりです)その穴にボールを落とします。そうすると、そのボールはどんな運動をするのでしょうか? 周期運動をするのでしょうか?それとも、中心で止まる?ブラジルで止まる?はたまた・・・? 真空状態と空気抵抗がある場合、結果が違うのでしょうか? テレビ番組か本で見たような記憶が・・・。でも結果を覚えていません?(本当は見ていない?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数327
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • pine
  • ベストアンサー率75% (3/4)

地球が完全な球体だとして、その中心を通る軌道でまっすぐな穴が掘れたら、周期運動になりそうですね。 空気がある場合、空気抵抗で振幅?が徐々に短くなり、最終的には中心の位置で静止するのではないでしょうか? 空気が無く真空状態の場合は、限りなく永久運動に近い周期運動になるかもしれませんね。 ボールが落下運動すると、運動エネルギーを得ますから、中心を過ぎてからはこの運動エネルギーを位置エネルギーに変えながら、反対側の地表近くまで上がっていきそうです。 地球は自転も公転もしていますが、ボールはそれらの運動の慣性系の中にありますから、この場合には気にしなくてもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 2地点を重力を利用して地下トンネルを進む乗り物は実現できない?

    例えば、東京と大阪を下図のように地下トンネルを掘ります。 -東京--------------大阪- --↓----------------↓-- **\\************//** ****\\********//**** ******\\__//****** ********\__/******** ************************ その後、トンネル内にジェットコースターのようにレール、乗り物などを整備します。 #できればトンネル内を真空状態にし空気抵抗をなくすなどできればなおよし。 そうすれば、東京から大阪までジェットコースターのように重力の位置エネルギーのみで到達できるのではないでしょうか? 電力も必要なく、これほどエコな乗り物はないと思いますが実現は無理なものでしょうか? 過去にそんな計画はあがったことはないですか?トンネルを掘るコストがたかすぎ?

  • 真空について。

    真空について質問させてください。 風船のようなもので真空状態を作り中にとどめておけるとします。 この場合風船のようなものはどうなるのでしょうか? 私の中で回答は二通りあります、 1、空気よりも相対的に軽いため地球外まで浮き続ける。 2、真空状態のため重さが0であり風船のようなものの重みの文だけの影響を受けて地面へ落ちる。 風船のようなものの重さは風船と同じだとします。 いかがでしょうか? 回答お待ちしています。

  • ボールの自由落下

    初めて投稿させていただきます。 nayuと申します。 質問内容です。 高さ180メートルの塔の屋上からボールを落とした時、何秒後に地上に到達するのでしょうか? 重力加速度は10メートル毎秒毎秒として、空気抵抗は無視とします。 公式の書き方は分かるのですがその公式の意味なども含めて教えていただけないでしょうか。 宜しくお願いいたします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • pine
  • ベストアンサー率75% (3/4)

そのようにおっしゃられると、私の方こそ失礼が無かったかと恐縮してしいます。 どうかお気になさらないでください。>ARCさん こうした場で、意見を交換して知識の幅が広げられて、嬉しく思っています。(^^) というわけで、ほとんどギブアップ状態だったのですが、もう少し考えてみました。 問題を単純化したかったので慣性系と言ってしまいましたが、地球はやはり回っていますので回転座標系として考えるべきなのでしょうね。高さ1mの柱を台車の上にたて、この台車を直線方向に等速運動させた状態で柱のてっぺんからボールを落とすと、柱の根元に落っこちます。これが慣性系での落下運動。これに対し、半径1mの回転テーブルの円周上に高さ1mの柱をたて、回転テーブルを等速度で回転させた状態で柱のてっぺんからボールを落とした場合のボールの運動を回転座標系での落下運動と考えられると思います。いったい、どんな動きをするのでしょうね? 私の予想では、回転によって得られる遠心力と、テーブル円周の接線方向に生じる慣性力の2つの力によって、テーブルの外側へ落ちることになると思います。ただ、このケースでは、コリオリ力は説明できません。というか、私はいまだにコリオリ力が理解できていません。観測者が移動するために、直線運動が曲がって見える際のみかけの力という説明は、私の固くなった頭が受け付けてくれません。単純に、回転半径の違いによって移動速度の差が生じ、これによって発生する慣性力の差による見せかけの力ではダメでしょうか? 音速以上の速度で移動する赤道付近とほとんど静止している極地の間でなら、コリオリ力についても感覚的に納得できそうです。 一方、24時間で360度という回転運動での遠心力って、ほとんど気にならないようにも思いますが、「0」ではありませんよね。 これらの力の作用を考えると、ARCさんの#3の回答に行き着きそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • ARC
  • ベストアンサー率46% (643/1383)

#6についてですが、後から読み返してみたら、読み方によっては個人攻撃とも取れるような内容になっていました。m(_ _)m 私としては、そのような意思は一切ありませんでした。 「ちがうのかな?」はpineさんへの問いかけではなく、単に自分の回答への自信の無さをアピールするためのもので、「『コリオリの力』の影響も受けると思うし…」の「思うし…」の部分も、コリオリ力の影響がどの程度現れるか不明だったため「お茶を濁す」ことを意図したものだったのです。 もし、先ほどの回答で不快な思いをされたのでしたら、この場にて謝罪いたします。ゴメンナサイ。 もしそうでないのなら、「妙な事に気を回す奴」だと笑ってやってください。 #質問とは関係の無い事を書いてしまい申し訳ありません それでは!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • pine
  • ベストアンサー率75% (3/4)

さっきチェック間違えました。私は、素人です。 地球上ではコリオリ力とか遠心力とか、いろんな力が働くようですね。私の頭では、これらの力が落下運動に対してどのように作用するのか理解できません。(^^;) それを言い出すと、北極-南極間のトンネルでも、地球の公転運動の影響を受けませんか?あ、軌道が大き過ぎるから直線近似されるのかな? 難しいですね。

参考URL:
http://sea3.ori.u-tokyo.ac.jp/~suzuki/Inertial.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • ARC
  • ベストアンサー率46% (643/1383)

>地球は自転も公転もしていますが、ボールはそれらの運動の慣性系の中にありますから、この場合には気にしなくてもいいと思います。 人工衛星は、高度を下げたら(地表に対する)速度が変化しますよね。 これって、ボールの場合も同じだと思うんですが、ちがうのかな?「コリオリの力」の影響も受けると思うし…

参考URL:
http://www.mscube.com/weather/2_1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#25358
noname#25358

 えとですね。  最初はまっすぐ落ちていきますが、決して穴の反対側に到達することはなく(入口と出口の海抜が同じと仮定した場合)、やがて上下運動に移行しますが、エネルギーがなくなってきたあたりでランダムな運動に変化します。もしこれが真空だったら、ちょっとした穴のでこぼこに跳ね返っていつまでもその辺をウロウロし続けますが、地球に開けた穴の中には空気も入り込んでいますから、空気抵抗の関係で真ん中にぴたりと停止するはずです。  なぜかっつーと、地球を貫通した穴の中心近くは無重力になるからです。どのくらいの範囲が無重力になるかは穴の太さに比例し、大きな穴をあけるほど、より広い範囲が無重力になります。周り全てから重力を受けるわけですから、けっきょく無重力と同じわけですよ。  もっとも、俺としては、そのまま落ち続けて反対側から出ていく、という案に一票入れたいところですけどね(笑) もしそうだとしたら、穴の出口でボールを観察していれば面白いことになるであろう(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ARC
  • ベストアンサー率46% (643/1383)

地球が自転しているのを忘れてはいけませんね。 日本-ブラジル間でしたら、あっちの壁にぶつかって、こっちの壁を転がって…といった、複雑な軌跡を描くような気がします。 南極点-北極点のトンネルでしたら、自転の影響を考慮しなくてもすむと思うので、kenichiさんの仰るように、往復運動になると思います。 以上、抵抗や摩擦を無視した答えでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Naka
  • ベストアンサー率44% (527/1181)

◆Naka◆ 正確に地球の中心に向かって穴を掘っても、地球の中心は無重力にはならないでしょう。それは、地球そのものの重力の中心が地球という球体の中心と一致するわけではない、ということと、宇宙に存在する全ての天体から大なり小なりの引力を受けていて、それは常に変化しているからです。 また中心に向かうほど重力は小さくなりますから、穴の両側から受ける重力の方が大きくなっていくんじゃないかと思います。 まあその辺の細かいこと(細かくないって??)(^^;)は抜きにして、本当に正確に重力の中心に穴を通せたとしましょう。 そうすればkenichiさんのおっしゃる通り、周期運動をすることになるはずです。 もちろん空気抵抗により、どんどん振幅は小さくなり、理論的には0になるでしょう。 でも重力が0ということは、真空であるわけで、そう考えると、どこかの地点間で永久運動に入るような気もしますね。 う~ん、考えれば考えるほど難しい…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

地球の中心において、ボールと地球の物質の万有引力のベクトル和は0になります。それ以外の場所では、ボールは常に地球の中心へと引かれますので、空気抵抗によって周期運動・減衰しながら地球の中心で止まると思います。真空状態ならば日本とブラジルを行ったり来たりするでしょう。 しかし、他の説を聞いたことがあるような・・・(^^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • [困ってます]物体の放物運動の問題です(T_T)

    物体の放物運動の問題です。 到達高度を求めるため、下記の式まで導きました。 最高到達高度を求めるため、y=0の時の、tの式を出したいのですが、導き方がわかりません。 どなたか導き方,解答を教えてください。 y=(m^2*g/k^2)(1-k*t/m-e^(-k*t/m))+(m*v*sinθ/k)(1-e^(-k*t/m))+h*e^(-k*t/m) y=到達高度 m=物体質量 k=空気抵抗係数 t=経過時間 v=初速 h=初期高度 です。 宜しくお願い致します。

  • 小さなの隙間でも真空引きはできるのか

    ネジ蓋式のチタン合金製カプセルがあります。 このカプセルを真空状態に置き、溶接すれば、 カプセル内部を真空状態にすることはできるのでしょうか? ゴムパッキン(Oリング)などはつけませんが、 空気の通り道は、ネジ山とネジ山との小さな隙間しかないと思われるため、 ちゃんと空気を抜くことができるのか不安です。 真空や空気に関する知識をお持ちの方、ご教授よろしくお願いします。 たくさんの回答ありがとうございます。 いくつか追記させていただきます。 ?目標の真空度は? 5×10-5TORRを予定いています。 ?どうやって真空状態で溶接するのか? MITSUBISHI ELECTRICの電子ビーム溶接機12KWを使用します。 目標の真空度到達に関しては問題ありません。 ?どこで溶接するの? 真空チャンバー内で溶接します。 ?ワーク(チタン合金カプセル)のサイズは? Φ14 × 38mmの円柱です。 カプセルの構造イメージ図 http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org99457.png

  • スペースシャトルはなぜ宇宙空間ですすむの?

    真空状態の宇宙空間でスペースシャトルや衛星等が動く事ができるのはなぜですか? そもそもジェットエンジンは何の力を利用して推進力を得ているのですか?空気抵抗でしょうか? そうすると空気抵抗のない宇宙空間では何の力で推進力を得ているのでしょうか? どなたかお分かりになる方、教えてください。

  • 放物運動の速度の符号について

    放物運動なんですが、空気抵抗はなしとして初速V0で打ち上げた時、再び地面に到達する時の速度もV0なのは分かりますが、符号は正でいいのですよね? y軸を上に正と取ってあるので負なのかと思いましたが、それだと運動方向とは逆になりおかしくなりますよね? 考え方が間違っているのか教えてください。

  • レーシングマシンを、仮に真空で走らせた場合のラップタイム。

    レーシングマシンを、仮に真空で走らせた場合のラップタイム。  F1やmotogp等のレーシングマシンを、仮に真空で走らせた場合について、ふと想いを馳せました。 この場合の『 真空 』というのは空気抵抗のみを考えます。本当に真空だったらエンジンが動かないでしょうから(人間も大変なことになりそうですし;)  レーシングマシンに限りませんが、加速には空気抵抗が大いに関係してると思います。 空気抵抗がなかったら物凄い加速ができるでしょう。  しかし同時に、減速の際には空気抵抗の恩恵を受けているのもまた事実です。 (経験上、特にバイクの減速の際はその恩恵が高いような気がします)  なので私の素人考えですと、タイムはあまり変わらないのかな?と思います。  そこで本題ですが、理論上、真空状態とそうでない状態でのラップタイムはどちらが速いでしょうか? また、空力(ダウンフォース等)を追求したF1マシンは、バイクに比べると恩恵は受けないでしょうか?(メカニカルグリップに頼るだけになってしまいますから・・・) 阿呆な質問で申し訳ありませんが、回答よろしくお願いします。

  • 重力は地球の裏側ではどうなる?

    もし、地面に穴を掘って地球の裏側まで貫通させた場合、そこにテニスボールを落としたらどうなるのかな?途中まではおちていく?反対側に到達したら、穴からとびでてくる? どなたか教えてください!

  • 地球の中心を貫通する穴をあけたら

    昔なにかの本で読んだ中で次のようなものがありました。 地球の中心を貫通する穴をあけて、その中にボールを落すと地球の反対側の表面で速度がゼロになり、また戻ってくる。この運動が半永久的に繰り返されるので、ここからエネルギーを取り出せば半永久的機関ができる。 これは科学的に正しいことなのでしょうか? またエネルギーを取り出すにはどうするのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 衛星が宇宙空間で姿勢制御ができるのはナゼ ?

    真空状態である宇宙空間でも、火星や土星に向かう探査衛星は自分で軌道修正や姿勢制御ができますよね。 左右方向に少しエンジンを噴射してやれば反対方向へ姿勢が変わるので、本体を正しい方向へ向ける事が可能になるのだと聞いています。 一見なるほどと思ったのですが、若干疑問に感じるものがありました。 というのは、大気中を飛行する航空機の場合は、後ろ向きに空気を強い圧力で吐き出す事で前向きの推力を得ていると思います。 でもこれはエンジンの後ろに空気という見えない壁があり、それからの反発力があって、その結果として前向きの推力が得られると思うのです。  つまり壁にボールをぶつければ跳ね返ってくるのと同じ原理ですね。 これがもし空気が無ければ、いわゆる 「のれんに腕押し」 状態になって、空気を押し出してもスコンと抜けてしまい、推力を得る事ができなくなると思います。 ところが上に挙げたような探査衛星では、横方向に少し噴射してやれば、真空状態にあるのにかかわらず、方向転換や姿勢制御ができるのはナゼでしょうか? いくら噴射してやっても、パワーがスコンと抜けてしまって姿勢制御など出来ないようなイメージがあるのですが ・・・ それとも宇宙空間には、大気に代わって何か反発力が得られる物質に満ち溢れているのでしょうか ?

  • 「スピードはないけど勢いがあるボール」

    お世話になります。 高校野球の解説者が、「ピッチャーはスピードは無いけど勢いのあるボールを投げています」と解説しました。 ちょうど物理の勉強をしていた高3の息子が「どんなボールなんだ?」と笑い出しました。 息子によると、物理的に説明できない、というのです。 ボールの運動には初速度、回転の初角速度、重力、空気抵抗しか作用しない、そのうちピッチャーが作用できるのは初速度と回転の初角速度だけだというのです。 言われてみればその通りかな~と想いますが、そうなると「勢いのあるボール」とはなんなんだ?と変な感覚になります。 そういえば野球には「重いボール」「軽いボール」など物理的にどう説明してわからない表現があるような気がします。 「勢いのあるボール」「重いボール」他・・・それらは物理的にどう説明したらいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 「空気の抵抗は無視する」での物体の質量と速さの関係

    高校物理でいう「空気の抵抗は無視する」とは「空気は真空とする」という意味ですか? 等速運動は(http://chemieaula.blog.shinobi.jp/Entry/264/)のきはじの図の公式のみが使えるんですか><? 等加速度運動に質量は無いから空気の抵抗は無視する中(=真空中)での物体の落下・放物運動などの物体の速さは質量は関係無いんですか?