• 締切済み
  • 困ってます

SUS440C φ85X1265の焼入してくれる…

SUS440C φ85X1265の焼入してくれる所を探しています SUS440C φ85X1265 両先端はφ30で加工 焼入 焼戻 HRC53以上 焼き入れしてくれる所を近県で探しています 会社所在地は福島県です

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

参考のHPで福島県で検索し、直接たずねてはいかがでしょうか?

参考URL:
http://www.tobu.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このような業界があるのがわかりませんでした ので助かりました とりあえず 設備等を確認しながら問い合わせします ありがとうございました

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

焼き入れしてくれる所を近県で探しています とありますが、お所が書いてなくては教えようが無いと思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

住所書き入れました ご指摘ありがとうございます

関連するQ&A

  • SUS410の焼入れについて

    横内と申します。 SUS410の焼入れ可否についてお尋ね致します。 C量はJIS規格で0.15%以下となっておりますが 0.05%程度でも焼入れ(HRC30前後)できるものでしょうか? 昨日の質問内容について一部訂正させて頂きます。 C量0.05で焼入れ(HRC30前後)できるかどうか お問い合わせ致しましたが 【焼入れ】ではなく【調質】できるかどうか教えて下さい。 宜しくお願いいたします。

  • レーザー焼き入れの焼き入れ深さについて

    従来は高周波焼き入れ焼き戻しをすることで金属表面の硬度を硬くしその後に仕上げ加工をしていました。近年レーザー焼き入れが世間で導入されてきているようですが焼き入れ深さは1mm以下とされています。熱処理歪みを抑えつつ焼き入れ深さを高周波並にすることは可能なのでしょうか? (SUS420J2調質材の表面硬度HRC50以上深さ2mm以上) 不可能であるならばその理由もご教授お願いいたします。

  • SUS440Cの熱処理

    現在SUS440Cの熱処理で困っております。 希望硬度HRC50~55の範囲に入りません。 この材料(SUS440C)はこの規格に硬度を入れる事ができるのでしょうか? もし可能でしたら、その焼き入れ時の温度・時間と焼き戻しの 温度・時間をご教授の程お願い致します。 インターネットや書籍ではいずれもHRC58以上となっております。 現在焼き 1010度で油冷60~80℃ 焼き戻し 150~450℃と広範囲で テストしましたが、HRC 56.5が一番低い硬度です。 至急ど恐れいりますが、本当のところが知りたいのです。(本当に可能かどうか)

  • S45C SKD61

    お世話になります。 例えば、φ600、厚み100のS45CとSKD61があるとします。 S45Cは調質はできますか?焼き入れ性が良くないので、表面しか焼きが入らず、調質自体ができないのか?と思いました。 SKD61は焼き入れ性が良いと思うので、調質ができると思うのですが、焼き入れ焼き戻しが一般的と聞きます。焼入れ焼き戻しでHRC53ほどあるらしいですが、加工は問題なくできるものでしょうか?(SKD11では焼き入れ焼き戻しでHRC60ほどあるから、加工はできないと聞いたことがあります。ですので加工をする際は焼きなましをしてから荒加工し、焼き入れ焼き戻しをしてから表面研磨で仕上げるとのことでした。)

  • SUS304と焼き付かない、SUS420J2の焼…

    SUS304と焼き付かない、SUS420J2の焼き入れ硬度について SUS304同士のボルト・ナットの焼き付きが発生したため http://www.silicolloy.co.jp/silicolloya2Tribo.html を根拠に、ボルトの材質をSUS420J2に変更しようと考えています 調べてみたところ、SUS420J2に焼き入れ焼き戻しを行った場合 HRC20~55まで様々な硬度が出せることが分かりました SUS420J2のボルト(M8x70)をSUS304のタップに焼き付かせない為には 焼き入れ硬度がどのくらい必要なのかお教えいただきたいのです と言いますのも、根拠とした上記リンクでは SUS420J2の硬度を約HRC53~54の条件化で試験されている為 その程度の硬度を想定していたのですが SUS420J2を旋削加工後に熱処理を加えると、変形する可能性があるとのことで 熱処理済のHPM38を加工することが加工先様より提案されて参りました しかし、熱処理済HPM38はHRC50~55もあり 加工費用が大変高価になってしまいます 経済性を加味した上で ?SUS420J2の旋削加工後に焼き入れ(HRC50~55) 問題点:曲がり等の変形が大きい場合には使えない ?HPM38焼き入れ後に(HRC50~55)旋削加工 問題点:加工費用が高価になる ?プリハードンHPM38(HRC29~33)に旋削加工のみ 問題点:この程度の硬度でSUS304のナットと焼き付きを起こさないのか不明 ?~?のうちどれかに決めたいと思っております 決定に際しての要について、ご教示いただけますと大変有難いのですが よろしくお願い申し上げます 変更材質をSUS420J2に決めた根拠 http://www.silicolloy.co.jp/silicolloya2Tribo.html

  • SKD11、SUS440Cに高周波焼入れ?

    とある設備会社でメカ設計をしています。 よく焼入れ歪を押さえる為に、SKD11、SUS440Cを 使うことが有ります。 焼き入れ方法も歪が出にくい真空焼入れを双方共に いつも使っていたのですが、今回母材が非常に大きく いびつな為、高周波焼入れにできないかと考えています。 まず高周波焼入れが可能か、入るなら硬度は焼き戻し 含めどうなるかご教示ください。 よろしくお願い致します。

  • SUS440Cの弾性限度

    SUS440C(焼入れ焼戻しHRC5560)の弾性限度の応力値を教えてください。SS400ならば24kgf/mm2だと思いますので、同じと考えていいのでしょうか? 本当は許容曲げ応力が知りたいのですが、条件によって変わると思いますので、とりあえず弾性限度を教えてください。 その他、焼きの入る材料の各種応力値が載っていいるようなホームページがあれば、教えてください。 よろしくお願いします。

  • SUS440Cの焼入れ方法の種類

    SUS440Cの焼入れ方法にはどのようなものがあるでしょうか? 形状:フラットバー 巾38ミリ×厚さ14ミリ×全長300ミリ HRC50前後で、硬度必要面は 14×300の面と、38×300ミリの面の2面(片面のみなので6面中2面) 現状では、硬度必要面が隣接面なので、高周波焼入れは無理との認識です。 真空焼入れと考えていますが、コスト及び納期の面でもっとメリットが ある方法が無いか検討しております。 また、SUS440Cに浸炭焼入れはできないのでしょうか? 浸炭を行うメリット(十分炭素がある)が無いからでしょうか? SUS440Cに浸炭は不要ということが理解できました。 ありがとうございました。

  • パイプの焼き入れ焼き戻し加工ついて教えて下さい。

    パイプを外径約【φ73×t6×L80】(焼き入れ温度830℃~860℃・焼き戻し温 度600℃~650℃ 表面硬度HRC18~23 材質欄にSC45Cと記載)に加工と指示の あるものを加工する場合に、パイプ材のSTKMを購入し焼き入れ焼き戻しをした 後に指定寸法に加工するのか、またはS45Cで表面硬度HRC18~23のパイプがJIS 規格で存在するのですか? 良いアドバイスを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • SUS440系の熱処理について

    お世話になります。 早速ですが 厚さ2mm弱のSUS薄板に加工後 焼き入れを行いたいと考えてます。材質はSUS416・SUS440C・SUS440F等としたときにそれぞれに見合った焼き入れの方法をご教授ください。 条件1 コストはなるべく 低く 条件2 硬度はHRC2530 条件3 そりは0.1以下 寸法精度は0.01以下にて変形無きこと 以上にて 宜しくお願いします