• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

材料力学問題 困ってます・・・

コンクリートで作られた堤防がある。水面までの高さをh=30m,コンクリートの許容引張応力を2MPaとして底面の幅bを求めよ。ただしコンクリートの自重を無視する。 といった問題です。どなたかわかる人教えてください!!! 問題は仲原一郎さんの著作の教科書です。 ちなみに答えは11.6mです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

他の回答者さんと同意見ですが、機械工学(材料力学)の基本的 内容なので、後で専門書で類似内容確認して下さい。 先ず、『水面までの高さをh=30m』で、底面の水圧を求めます。 水圧は10m毎に、1kg/cm2(0.1MPa)増加します。 (海で、10m潜る毎に約1kg/cm2圧力が付加される) 水圧の用語をネット検索しても、詳細説明サイトが探せます。 30mなら、約3kg/cm2の水圧が、底面にかかります。 次に、仮に長さを1m(計算が簡単なので)とし、底面のモーメント負荷は、MAX水圧3kg/cm2の1/2である1.5kg/cm×100cm(1m)×3000cm(30m)の力が 30m×1/4の処に集中して掛かるのと同じになるので、340,000,000kg・cm となります。 すると、コンクリートの引張応力は、2MPa(約20kg/cm2)なので、 許容応力 = モーメント負荷 ÷ 断面係数(1/6×長さ×幅×幅) 20kg/cm2 = 340,000,000kg・cm ÷ (1/6×100cm×幅×幅) 幅 ≒ 1000cm = 10mとなります。 最後に、材料がコンクリートである、又は土木の計算係数で、答えが 11.6mと約15%多い計算となっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よくわかりました。 ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

『 技術の森 』は、ものづくりに関する『 質問 』と『 回答 』をつなぐサイトです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

一般的に,土の堤防は(A)のような断面形状 コンクリート堤防の形状(B)のような断面形状と思います。 求めたいのは,図示した底面の幅bですか? 接地面の幅ではなく,コンクリート壁に必要な厚さを 問われているのではありませんか? 素人回答なので,的はずれかもしれません。 誤解していたら,訂正してくださるようにお願いします。 (A)     / ̄\______________    /   \          ↑   /     \  (水)    30  /       \        m /         \       ↓   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ← 底面の幅b(m)→     (B)      ┌┐      ││───────────────        ││           ↑   厚さ→││←     (水) 30m          ┌───┘└───┐       ↓  └────────┘───────────   ← 底面の幅b(m)→ 補足の図は重力型ダムの堰堤のようにみえますが, 底面は幅bで地盤に接しているだけなのでしょうか? 何らかのアンカーなどで岩盤などに固着しているのでしょうか? 接しているだけの構造では,引っ張り応力を受けることができません。 多少文章が長くなっても,問題の内容を省略せずに提示した方がいいと思います。 地盤への着定の方法論はとりあえず考えないことにしましょう。 何らかの方法で,確実に力は伝達されるものとします。 となれば,単純な片持ち梁の支持部の曲げモーメントを求める問題と いうことです。 便宜的に,単位長さあたりで考えることにして, 堤体を片持ち梁,堤体の着底部は片持ち梁の支持部と考えます。 堤体には,水深に応じた圧力がかかるので,着底部からの距離に応じて 曲げモーメント発生します。分布荷重ですね。 水深によって変化する着底部の曲げモーメントを積算(積分)して求め, 断面係数で割れば応力が求められますね。 この応力が,コンクリートの許容値に収まるように着底部の幅を求めよとの 問題のようです。 力学の基礎を勉強した学生さんならば,これだけのヒントで十分ですね。 http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=196790&event=QE0004 http://www.fujimfg.co.jp/benri/kansei-m01.htm 積分が判らなかったら,水深30mを10等分なり30等分なりして, 区分した個々の堤防壁にかかる水圧と着定端からの距離を掛け合わせれば, 区分した個々の堤防壁によるモーメントが求まるので,それらの値を積算を すればいいだけです。 等分の数を無限大に増やしていった極限が積分です。 もうこれ以上は回答しません。ほかの回答者さんから怒られてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よくわかりました。 ありがとうございます。

質問者からの補足

     | ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  \     ↑ (水)  |   \    30     |    \   m    |     \  ↓   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ←底面の幅b→     こんな感じです。      | ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  \     ↑ (水)  |   \    30     |    \   m    |     \  ↓   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ←底面の幅b→     堤防は地面に固着してます。 問題文はこれだけしか書いてないんです・・・・ すいません。 力学初めてなんでもうチョット詳しく教えてもらえないでしょうか?? 積分のところがいまひとつわかりません・・・

関連するQ&A

  • 材料力学 教えてください

    内径150mmの円管に内圧5MPaが作用してます。許容引張応力が100MPaのとき円管の厚みはどうなりますか

  • 材料力学の問題について、答えはあるのですが途中の計算過程がわかりません

    材料力学の問題について、答えはあるのですが途中の計算過程がわかりません…。よろしくお願いします。 (1)鋳鉄の中空円筒の壁厚が25mmで、圧縮荷重70tfを支える。圧縮における使用応力を85MPaとするとき、必要な外径dを計算せよ。(答;d=12.8cm) (2)鋼線が自重によってつりさげられている。許容引張応力を2100kgf/cm2とするとき、可能な最大長さを求めよ。鋼の比重を7.85とする。(答;2675m) よろしくお願い致します!!!

  • 材料力学の問題です 教えてください

    長さL=1mの軟鋼丸棒にP=100kNの引張荷重が作用する。 許容応力100MPaとする場合、 直径dはいくらにすればよいか。 また長さ方向伸びをλ=0.1mm以下にするには直径d はいくらにすればよいか?? ただしヤング係数E=2.06×10^2GPaとする 出来れば解答と途中式などを示してくれるとありがたいです

  • 材料力学 応力とひずみ ボルトのサイズは?

    鉄板に穴を開けてボルトを通した。下からP=30kNの荷重がかかっています。このときにボルトの頭部の高さhとボルトの直径dを求めなさい。ボルトの材料の許容引張応力120MPa、許容せん断応力を100MPaとします。 という問題なんですが、解き方がさっぱり分かりません… 答えはh=5.35mm、d=17.9mmなんですが、解き方を解説していただけないでしょうか!? コロナ社の材力の教科書で、応力とひずみの演習問題として出題されていました。 よろしくお願いします!

  • 材料力学の問題について

    直径10mmのリベットにP=10KNの引張力が働く時リベットに生ずるせん断応力をτ=40MPaとしたい、リベットの本数は何本必要か?という問題が分かりません。 最初にリベットに生ずる応力をδ=P/A A=4/πd^2 (dはリベットの直径)で考えてみたのですがどうもうまくいきません、どなたか回答をよろしくお願いします。

  • 材料力学にて 許容応力と丸棒の直径を求める問題が いまいち理解できません。

    問題の内容は 引張り荷重 20kN が作用する軟鋼の丸棒があります。 降伏応力 270MPa、安全率 3 とするとき 許容応力と丸棒の直径を求める問題で 許容応力は 90Mpa 丸棒の直径は 0.0168 m と回答は判っているのですが 直径の単位が m になるのが いまいち理解できません。 どなたかご教授いただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 許容引張応力と許容せん断応力

    材料力学について質問があります。 大学である課題が出されたのですが、 「長さ2[m]の単純支持はりに等分布荷重2[kN/m]が作用するとき、長方形断面のはりの高さを求めよ。ただし、高さは幅の2倍とし、はりの許容引張応力を25[MPa]、許容せん断応力を引張の40%とする。」 という問題です。 許容引張応力を利用して、高さh=7.83[cm]と答えは出たのですが、後半の文の「許容せん断応力を引張の40%とする」というものを一切つかっておりません。 特筆してある以上利用するものと思うのですが、これは許容引張応力>許容せん断応力ということを示すだけのものということでしょうか? ご存知の方、教えていただけると助かりますm(_ _)m

  • 材料力学の問題です。

    回転自由な節点で結合された日本の棒がある。棒は一辺2.5cmの正方形断面で BC=400mm,BD=600mmとする。ただし、部材の変形は考えないものとする。 (1)D点にP=20kNの荷重を作用させた時、部材ABに生じる応力を求めなさい。 (2)D点の距離を移動させる。部材ABの引張の降伏応力を150MPa、安全率を2.5とした時 部材ABが壊れないために必要なBDの長さの条件を答えなさい。 という問題なのですが、自分の解答は (1)求めるない力をQ(kN)と置く。力のつり合いからQ=cos45°×20=28.3(kN) ゆえに部材に生じる応力σ=(28.3×10^3)/(2.5×10^-2)=45.3(MPa) (2)分かりませんでした。 (1)の解答は正しいですか?また(2)が分かる方はぜひ教えてください。

  • 材料力学の問題で質問です。

    以下の問題の解法がわかりません。 教えて頂けると大変助かります。どうか宜しくお願い致します。 次の図のように、軸線上に直径40mmの穴が開いている幅10mm、厚さ20mmの断面が一様な平鋼の 軸線方向に12kNの引張荷重を加えたとき、応力集中による最大応力を求めよ。ただし、この平鋼の形状係数は2.25とする。

  • 材料力学のレポート問題が解けなくて困っています。

    材料力学のレポート問題が解けなくて困っています。 問題は「外径2メートル、内径1.5メートル、高さ100メートル、比重量2400kgf/m3のコンクリート製中空円筒が底面が固定され、水平方向から一応な風圧を受けている。この円筒に引っ張り応力が作用しないための風圧の限界値を求めよ」というものです。 円筒を中空の梁と考えて、端を一方だけ固定した状態にしたうえで100メートルの長さに対して一様に荷重(分布荷重w)がはたらいている状態なのかと思って考えているのですがこれ以上わからずレポートが書けません。 引っ張り応力がどの方向に作用しているのか、そしてその値をどのように中空円筒で考えればいいのか例題を見て考えてみたものの結局理解できませんでした。 そもそもの前提を間違って理解しているかもしれないので、その時はそこから教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。