• 締切済み
  • 暇なときにでも

辞書並の厚さの童話集を知りませんか?

20年~30年前、世界各国の民話や童話が収録された、辞書並の厚さ(ページ数は1,000枚以上あったような…)の童話集を持っていましたが、引越しのどさくさにまぎれて無くしてしまいました。とても大切にしていたので、できたらもう一度手に入れたいのですが、本のタイトルや出版社を忘れてしまったので、今となっては探しようがありません。この本について、どなたかご存じないでしょうか?以下、うろ覚えの記憶なのですが、  ・箱入りの装丁  ・総ページ数が1,000ページ以上  ・分類は国別  ・アンデルセン、グリム、イソップ童話も含まれて   いたと思う  ・姉妹品に日本の民話・童話が収録されたものが   あったが、厚さは半分以下 「世界の童話集」のような題で検索してみても、分冊になっている全集がほとんどで、該当するような本が探せませんでした。お心当たりのある方がいらっしゃったら、是非教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数376
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#8133
noname#8133

こんにちは あいにく分冊になったものしか思い当たりません。 確認できそうなところは、大阪の国際子供図書館か 国会図書館の国際こども図書館くらいでしょうか。 http://www.kodomo.go.jp/function/somoku.html 「こちら本の探偵です」を出した頃の赤木かん子さんは 児童書について書名を 手紙で訊いてきたら教えてあげていたそうです。 今は作家業が忙しくやっておられないと思いますが、 同書にも古い絶版の全集の 話がいろいろあるのでヒントがあるかも。 書名さえ分かれば、古い童話はオンライン古書店やオークションで気長に探されたら入手できるかもしれないですね。神田にも「みわ書房」という児童書古書店がありましたが、こういう古い全集はファンが多く、入ってもすぐ 売れちゃうそうです。 あとは古い小学校に意外とありそうです。 私もその頃出た全集で読んだ話が読みたくて、大学生になってから特にお願いして母校(小学校)で借りたりしました。

参考URL:
http://www.kanshin.com/index.php3?mode=keyword&id=360049

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございます。 そうなんです。分冊の童話集の情報はあるんですが・・・。ラング全集「ばらいろの童話集」などのシリーズは、図書館で読んでいた記憶があります。 赤木かん子さんが新聞紙上で「こちら本の探偵です」をなさっていた時、読んでいたのですが、本になっているとは知りませんでした。昔読んだ絵本や児童書で、タイトルのわからなかった話を、これで知ったことがあります。 古い絶版の全集の話があるということですので、早速チェックしてみようと思います。 ありがとうございました!

質問者からの補足

その後、目的の本が「世界童話宝玉選」(佐藤春夫・改訂版)であることがわかり、無事、手に入れることが出来ました。 本作・姉妹シリーズのページ数などの記憶違いがあり(本当は664ページ)、また、初版本が目的の本と違っていたので考慮外だったのですが、参考に挙げて下さった「こちら本の探偵です」を読んで、ふと「『改訂版』って確認してないなぁ」と思いたち、探してみたら、ドンピシャ!でした。 おかげさまで、懐かしい本に再会することができ、感激です。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 古書です。ラング童話集のハードカバータイプを探しています。

    こんにちは 自分が小学校の時学校の図書館で読んだラング童話集を探しています。 が、記憶があやふやなので どこの出版社の何版かが分かりません。 ハードカバーでした。 装丁に布張りしてありました。 文字が今では使わないような旧字体?だったような?? 30年以上前で、すでにかなり古かったので昭和初期? 何社かからラング童話集は出ていたようですが、 どれなのか分かりません。 小学生の時点で、すでに全巻そろっておらず  将来自分の子供に全巻揃えて読んでやりたい!! と思ったのでした。 ディズニーやグリム等の童話と違い 作為が無い、地域の風土が感じられるような かなりアクのある感じで小学生ながら衝撃を受けました。 現在、子供に読んであげたいのですが ずっと探していますが見つかりません。 文庫より大きいサイズの物は数冊手に入れましたが いつか小学生の時の夢が叶うといいなあ・・・と思っております。 どなたか、ご存じないでしょうか?

  • 世界の童話について

    グリム童話はドイツの、イソップ童話はギリシャ(正確には不明とのことですが)などと世界にはたくさんの童話があるわけですが ・アメリカに伝わる~童話(グリムやイソップのようなもの) ・またそれ以外の国でも良いので~童話に当てはまるようなもの を皆様に教えて頂きたいのです。 勿論どうでもよいと思われるような豆知識でもかまいません。 回答宜しくお願いします。。

  • 童話のリサーチをしています

    童話に関してのリサーチをしています。 そこで、皆様のお知恵を拝借することは可能でしょうか。 質問したいことは、題名に「姫」のつく童話です。 童話であれば、日本の民話でも、アンデルセンでもグリムでもなんでも構いません。 現在調べられた中では、 ・白雪姫 ・灰かぶり姫 ・親指姫 ・かぐや姫 ・いばら姫 ・髪長姫 ・千皮姫 ・暗黒姫 ・宝石姫 ・人魚姫 ・鉢かつぎ姫 などがあるのですが、上記以外でご存知の方がいれば教えていただけると大変助かります。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 色んな童話系作家が知りたいです

    童話系作家の方々の本(できれば文章のみ)をたくさん読みたいです。 私が知っている作家さんは アンデルセン グリム イソップ シャルル・ペロー オスカー・ワイルド の五人です。 これら以外の方々で、童話、あるいは童話のような短編を書く作家さんをご紹介して頂きたいです。 ご回答よろしくお願いします。

  • 20年前の絵本・童話集を探しています。

    読んでくださってありがとうございます。 私が子どもの頃に持っていた絵本(童話集、名作集のようなもの)を探しています。 サイズはA4ほどの図鑑サイズで、ハードカバーでした。 つるつるとした質感ではなく布のようなカバーでした。 私の家には十数冊同じシリーズの絵本がありましたので、シリーズもので発刊されています。 私の記憶にある限り20年近く、平成になったばかりの頃には手元にありましたが、新品か中古かの記憶がないのでもっと古いものかも知れません。 内容は一冊に3~4話ほどの話がジャンルごと(グリム・イソップ・アンデルセン・日本昔話など)に収められていました。 一冊の中でも話ごとに挿絵作家が変わりとても綺麗でした。 記憶するだけでも4種類ほどの挿絵があったと思います。 挿絵は切り絵、折り紙、ドールを使ったもの、イラストのものなどです。 また、印象的だったのが子どもが自分で読むためのひらがなのみの文章と、大人が読み聞かせる用の漢字混じりの文章が1ページごとに両方用意されていたことです。 どのように読み聞かせるといいかのポイントも書かれていたように思います。 覚えている話では、「因幡の白ウサギ」や「灰かぶり姫」、「ブレーメンの音楽隊」などがありました。 自分が子ども持つようになり、また是非読んであげたいと思い探し出しましたが全く情報が得られず…。 引越が多く、手放して十年近くになりますので情報が少なく申し訳ありませんが何かご存じの方がいればお教えいただけると幸いです。

  • 動物が出てくる冬の童話知りませんか?

    仕事で紙芝居をつくることになりました。 アンデルセンや、イソップ、グリム、日本から世界の童話の中で 動物が出てくる、冬を舞台とした物語 ご存知の方タイトルだけで構いませんので教えて下さい。 (著作権切れのもの) 例、マッチ売りの少女

  • 雨ひめさまの入った童話集

    子どもの頃家にあった童話集を探しています。 何度かの引っ越しがあり、いつの間にかなくなってしまったのですが、大変懐かしく、なんとかもう一度見たいと思っています。ところが、大好きだった割には、大変断片的な記憶しかありません。 手がかりは次のようなことです。  ・12巻?~18巻ぐらい。やや大判で、紙も厚めでハードカバー。  ・絵本ではなく文字中心の童話集で、挿し絵が入っている。  ・アンデルセンなどの定番の童話のほか、日本の童話や珍しい童話も収録されている。  ・「スケートをはいたうま」の話が入っている。うまの好物は角砂糖。  ・「雨ひめさまと火おとこ」の話がある。「なみはじょうき、いずみはほこり」の呪文が出てくる。  ・東洋の昔話で、「この道をまっすぐ行くが行くと、東に向かって7つ稔った茄子があって」と道を教えてくれるシーンがある。 …などです。大変心許ない質問ですがご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 童話のタイトルを教えてください

    小さい頃に読んだ世界の童話集のようなもののなかにはいっていました。 グリム童話かイソップ童話か、そういったたぐいのものです。 いくつかの童話が混ざっているかもしれませんが 話の大筋は、泉に大きな瓶を持って姉が水を汲みに行くと ボロをまとった老人が水を飲ませて欲しいという、姉は断る 次に妹(いじめられていたような気がします)がコップを持って水を汲みに行くと またボロをまとったおばあさんが出てきて、水を飲ませてください、という。 妹は水を飲ませてやる。 結末は姉が悲惨な目にあって、妹が幸せになる、というようなものだったと思います。 同じような話が多すぎて、どう検索したら良いものか困っています。 泉の水を汲んで、飲ませた相手が神様だった (途中で綺麗な女性というのも出てきた気がします)という話のタイトルをご存知のかたは ぜひ教えてください。

  • 童話のシリーズ探してます

    子供のころに家にあったさまざまな童話を集めたシリーズをもう一度読みたいと思っているのですが、出版社などを忘れてしまったので、探すことができません。 今年20歳になる兄が小さいときには家にあったので出版年は20年前くらいだと思います。 ひとつは日本の昔話集で、10冊くらいはあったと思います。A4かB4くらいのサイズで、白い背景の表紙にそれぞれの巻のメインとなる話の絵が描かれていました。カバーを取ると同じ絵が本体の表紙に描かれていました。 確かその中に"くもの糸"の話が表紙になっているものがありました。黄色い衣を着けたお釈迦様が表紙だったような。 もうひとつは外国の童話集で、アンデルセン童話やイソップ童話、グリム童話などがあり、各巻ごとに同じ種類の童話を集めていたと思います。 サイズは上と同じくらいで、こっちはそれぞれに透明のカバーがかけられていました。 子供向けというよりは大人が楽しむ……?ような本で、絵とかも漫画っぽくないものでした。 サイト紹介でも本屋紹介でも、何か情報がほしいです。

  • アンデルセンの話がたくさん載っている本

    アンデルセンの物語に興味があります。 なにかアンデルセンの書いた物語がたくさん載っている本(全集など)はないでしょうか。 確かアンデルセンは舞台の脚本も書いていたと聞いたことがあります。 童話だけでなく脚本もなっている物が良いです。 何かご存知でしたら教えてください。