• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ヘリサート加工について

アクリルに貫通穴ではなく留め穴?って言うのか、8mmの板にM4-1D、M3-1.5Dを挿入する時に下穴及びタップを深めにあけているのですが、ドリルが先の方へ行くにしたがい細くなっているためにヘリサートを挿入した後にうまくネジが入って行きません。 ちなみにM3-1.5Dに関して下穴は6.5mmあけています。 ドリルの先端の尖っている部分を1mm+アルファとしてみて加工しています。 良い工具ありますか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

 穴の先細りは、切粉排出時の摩擦でワーク素材が摩滅あるいは溶融する事が原因の一つではないでしょうか。 また、ドリルの保持がジャコブスチャックでしたらばドリルの振れが生じますのでドリルを引き上げるときにドリル先端で加工穴を広げてしまっている事も考えられます。  ミーリングマシンをお使いだと思いますので工具は先端切削タイプのスパイラルエンドミルをコレットチャクで銜えて加工すれば、切粉の掃けと振れの問題はクリヤ出来ますので、後は切削条件を発熱しないように設定し切粉掃けを兼ねてエアーブローすれば完璧と考えます。  もしボール盤で加工なさっているのでしたらば解決するのは工具を変えても無理だと思います。 の有無、などが考えられますが何れでしょう。  また、加工された穴の径はドリル径よりどの程度大いか、上下の径差はどのどの位でしょう。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 早速本日試してみたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

アクリルへの穴あけの経験無いですが、ドリル自体はは普通先端の法が太いハズ(新品で)なんですが?? アクリルだから底の方が細くなっているのでしょうかねー。 単純にその分大きめで空けるのはマズイですかねー?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • :ヘリサート

    :ヘリサート M10のネジ穴にボルトが折れてしまい、小さい穴を開けて逆タップで抜こうと思ったのですが、小さいを開けようとしたら失敗して変な方向に空いてしまいました。 そこでヘリサートを入れようと思うのですが、M10のドリルで穴を開けてM12のタップを立てて、そこにヘリサートを入れ、M10のボルトが入るようになるのでしょうか? また、ハンド電動ドリルでも穴開けとタップは、出来ますでしょうか?

  • 浅いタップ加工について

    カテゴリーがちょうど良いものが見当たらなかった為、一番近そうなところに投稿させていただきました。 厚さ5mmのアルミ板に深さ3.5mmの穴を開け、それに3mm程度の深さまでのタップを立てたいと思います。(貫通不可です。) しかしながら、タップの先が細くなっている為、実際にねじ穴が出来るのはかなり浅いので、もっと奥までねじ穴を作る方法は無いでしょうか? タップを折るなどするしか方法は無いのでしょうか? ネジはM3を想定しています。 宜しくお願いいたします。

  • 細穴加工について教えてください。

    外形φ12、長さ41mmのSCM435の材料に両端よりφ0.8mmのドリルで下穴加工(貫通)を行います。 というのも内径の仕上げをワイヤーカットにて行うため下穴の処理として行うためです。 ※仕上がり径がφ1.2±0.01 下穴はφ0.8mmのドリルで両端からつなぎ貫通 そこで質問です。 私は以下の加工内容で実施しましたがなぜかドリルが斜めになるのです。 4回に一回くらいはまともに突けますがどうしても穴が貫通しないのです。 穴が貫通しないことにはワイヤーカット加工も出来ないので間違いがわかる方や、何か良い案があればご指導お願いします。 ※因みに旋盤のMAX回転数はS3500 ※センタードリルはアルプスの芯高調整コレットにて把握 ※φ0.8キリはユキワのコレットチャックで把握 ?端面加工 ?センタードリル (ポインティングドリル) φ1.5mmを0.4mm突く (先端90度) ※回転数S3500 送り0.01 ?ドリル (ハイス) φ0.8mmを21mm突く (先端118度) ※3回に分けて21mm突く ?1回目 3mm ?2回目 10mm ?3回目 21mm ※回転数S3500 切り込み幅0.5mm 引き抜き0まで 送り0.008 材料に対してドリル材質が悪いとか、条件が違うとかでも良いのでわかる方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

  • アクリル材ヘリサート部の割れ

    訳あって材質を指定されたアクリルのベースプレートに、シリンダーやガイドレールを取り付けるのに、当初ヘリサート無しのタップ加工をして使っていましたが、ベテラン技術者からネジ部の耐久に問題ありの指摘があり、プレートを再製作し、M3、M4、M5のヘリサートを初めて購入して取付けしました。 しかし、ヘリサート無し時と同じ程度の締め付けトルクで固定(手加減なので正確では無いかもしれませんが)してみると、ほぼ全部のタップ部に放射状のクラックやガイドレール用のM3に至っては、穴同士が繋がるほどの凄まじいクラックが発生してしまい、全く使い物になりません。以前のここの投稿を見ていたので、クラックの発生につながるアルコールや溶剤は一切使っていないのですが、何が原因なのでしょうか。

  • タップの条件、種類、リーマについて

    初の投稿になります、まだ初心者なので文章がわかりずらい所がありますがご了承ください、アルミ板にM5深さ21貫通、M4深さ12貫通不可、M3深さ10のタップを立てようと思うのですがどの種類のタップを使えばいいかわかりません、MCでの加工なのですが、送り速度、回転速度もわからないので宜しくお願いします、あと8のH7の穴をリーマドリルで開けようと思うのですが、下穴とリーマドリルの回転、送り速度がわからないので宜しくお願いします あいがとうございます、一番初期のオークマの機械なのでタッパーをつかってます、8の下穴はどのぐらいにすればよいのでしょうか?

  • M3 M2のタップについて

    めねじのM3 M2が良く折れてしまいます。 シチズンのL20を使用しています SUS303でネジの深さが8.0mmです。 どちらも50個ほどで折れてしまうのです 下穴ドリル2.6と1.7を使っています。 ステップも十分にしていますがタップのみが折れてしまいます どうしたら良いか、またオススメのドリルがあれば教えて下さい また下穴の深さが10.0mmでネジの深さが8.0mm以上など十分に深さに余裕がない場合は 皆さんはどうしているのですか?

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

  • タップでの加工後の錆止め

    厚い板状の鉄にドリルで穴を開けて(貫通はさせない)、タップで雌ネジを作ろうと思います。 ドリルで穴を開けて、タップでネジ山を作った後、錆止め加工は、しなくても良いのでしょうか? タップでの加工に関するサイトをいくつか見たのですが、錆止めに関する記述は、なかったので。 ネジ山を作って、すぐにボルトをはめたら大丈夫なのでしょうか? もし、錆止めが必要なら、どのように錆止めを行えば良いのでしょうか? ネジ部分には、塗装はできなさそうですし…。

  • タップの面取り

    M6のした穴はファイ5.2 M8のした穴はファイ6.9 M10の下穴はファイ8.6 M12の下穴はファイ10.5 M22に下穴はファイ20.7 のドリルでやるようにATCに工具がセットされているのですが、 タップに入る前にドリルで面取りをする場合、それぞれ 何ファイのドリルでZをどれくらい切り込んで面取りをすると いいでしょうか? 先端角度は118度です。

  • アルミ鋳物にヘリサート(Eーサート)を取付けたと…

    アルミ鋳物にヘリサート(Eーサート)を取付けたときの腐食について 現在AC4C-T6のアルミケースにヘリサートを取り付ける検討をしておりますが、ヘリサートはSUS304であるため電食が心配です アルミケースは屋外に放置するものです。 このような状況で10年以上持たせたいのですが、実際に電食は発生するのでしょうか? ねじはM10です。念のためヘリサートの下穴は貫通穴とし、穴は上下方向としています。 また、電食が発生しない表面処理はありますか