解決済み

真空タンク

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9444693
  • 閲覧数398
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0
真空タンクの板厚を決めたいのですが、
計算方法教えてください。
圧力 ;1 Torr
タンク材質;SUS304
タンクサイズ;内径1200mm,長さ1500mm 

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
真空タンク胴体の板厚は「外圧を受ける薄肉円筒」の計算式(つぶれを起こさない範囲)で求められます。
また、両端部は形状(鏡板か平面円板か)で使う計算式が異なります。
タンクサイズからみると、胴体より両端部のほうが条件的に厳しいと思われます。

計算式は「機械設計図表便覧」などのデータブックに記載されていますので、是非そちらで確認することをお奨めします。
お礼コメント
noname#230358
essenさん有難うございました。
機械設計図表便覧に計算式ありました。
早速計算してみます。
投稿日時 - 2004-05-17 20:49:00

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
補足です。
SUS304の許容応力はSS400材の長期許容応力1600Kg/Cm2と同じとしておけば問題ないと思います。私はずっとこの数字でやってきていますがノートラブルです。
溶接箇所に関しては他の方のアドバイスを参考にされればOKかと思います。
お礼コメント
noname#230358
essenさん
いろいろアドバイス有難うございます。
投稿日時 - 2004-05-18 19:54:00
  • 回答No.4
溶接(開先寸法等)の検証は高圧ガス規定などに則る
ことをお勧めします。
#2さんの仰る計算式でしたら、溶接部の溶接効率
も考慮されますから間違いないでしょう。
(高圧ガス取締法も同様の式で検討します。)
又、溶接部を浸透探傷試験実施する場合は、効率は
100%として計算できます。
実施しない場合は通常6070%で計算します。
注)隅肉の場合はもっと落ちます。
お礼コメント
noname#230358
jeep さん
溶接部効率のアドバイス頂き有難うございました。
勉強になりました。
投稿日時 - 2004-05-17 21:01:00
  • 回答No.3
#1解答の者ですが、若干補足させて頂きます。
#2アドバイスのessenさん御推奨の計算式が、適切だと思います。ただ、胴部及び、鏡板は溶接接合になると思いますので、溶接強度が確保出来るように開先の寸法を決定した方が良いと思います。
お礼コメント
noname#230358
KUTUHIROさん
2回もアドバイス頂き有難うございました。
投稿日時 - 2004-05-17 20:52:00
  • 回答No.1
詳細は、分かりませんが鋼管の板厚の計算を
利用すれば、概略板圧値を算出できると思います。
 t=(P/s×D/1.75)+2.54
P(Mpa) :使用圧力
  S(N/㎟) :許容応力

* 許容応力は、耐力×0.6でいいのでは?
お礼コメント
noname#230358
忙しいところ回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2004-05-17 17:42:00
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ