-PR-
回答 受付中

自動二輪車 道交法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9385337
  • 閲覧数128
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数12

お礼率 85% (711/831)

交差点を乗用車で左折する時、横断歩道付近で更に減速して徐行中していたら、後続のビッグスクーターが突然左側から捲くるようにして追い抜いていきました。
 
左側の巻き込み確認したはずなのに突然物体が現れて大変びっくりしてしまいました。

その後猛スピートで走り去ったのですが、自動二輪車が左側から捲って抜くのは道交法違反にならないのでしょうか?
しかも交差点内で。
 
もし違反なら次から堂々と注意できます。
ご教授お願い致します。
 
通報する
  • 回答数12

回答 (全12件)

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 23% (601/2521)

道交法違反ですよ。
でもあなたの運転履歴はどうなんでしょうね?
交差点の中での横断歩道の前で、一時停止するのが最近流行っているようですが、
歩行者もいないのに、一時停止して、結果信号が赤になってしまう事例をたくさん見ています。しかも路線バス。
さらに「確認したはずなのに」なぜバイクが突然現れたのでしょうか?
それはあなたの確認が「甘い」「できていない」以外何物でもありません。
もし事故があれば、通らない言い分です。つまり道交法違反。
違反した人間が違反者を注意するのはおかしい事です。そんなバイクは、いつか怖い目を見ますから、放置しておけば良いのです。それより御自身だけは、本当に気をつけて下さいね。きちがいは何処にでもいます。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:13:00


  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 25% (991/3861)

相手の違反は間違いなく違反ですが、あなたの安全確認不十分もじゅうぶん違反ですから。

確認したはずなのに出てきた? 確認なんかできてないんですよ、それじゃあ。
残念ながらいまの道交法や裁判ではそういうことになります。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:12:31
  • 回答No.9
レベル14

ベストアンサー率 26% (1999/7625)

センターラインが黄色なら、道交法上は追い越し禁止です。
非常駐停車している車両は別ですが(ハザードを付けて路肩に停まっているなど)
道交法第28条 追越しの方法
1項
「車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両の右側を通行しなければならない。」
つまり左からの追い越しは道交法28条1項に違反します。
無論信号待ちの車の左側を走るのも違反です厳密には
ただそれから言うと、バイクの巻き込みが左折車両の責任と結構なるケースが多いのはどうにも矛盾を感じますが(前の車が左折なら、右側を走れば、巻き込まれませんから)
そこで、介護車両などのプロドライバーの安全講習では左折するときは、バイクが通れないくらい左に寄りりなさいと教えられます、バイクが無理に通行しようとすれば、車の後部に衝突しますから、信号待ちで停車中の車に追突で100%バイクが悪いと言うことになります。
私も普段左折するときは縁石から1m以内(白線ギリギリ)まで寄ります、普通車であれば普通の道なら曲がれるように出来ています。
それを強引に通れば、車の側面の後部に当るか、車の後部に当たります、その場合は巻き込みとは言われない場合が多いです(通行することが無理だと言う判断が出来ない運転手と言う事になりますから)。
現状ではそれしか出来ません、また注意はしないほうが良いと思います、バカが勢いづいてケンカを仕掛けてきます、前で急ブレーキを踏んだり、蛇行したり、場合によれば車に蹴りを入れるやつも居るでしょう、いま昼のワイドショーでやっている、高速道路で車を止めて・・・と言う事と同様になります。
それに挑戦したいのなら止めませんが!!
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:10:54
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 26% (1698/6312)

違反ですね。

でも・・・
>もし違反なら次から堂々と注意できます。
注意して・・・・
因縁付けられて・・・・
引きずり出されて・・・・
殴られて・・・・
倒れた時に打ち所が悪く・・・死亡
ってどこかで有りましたね。
正義感はアダになりますから・・・
変な輩には知らん顔してその場から立ち去るのが一番です。
「君子危うきに近寄らず」と言います。
君子で無い人は注意するんですね・・・
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:13:13
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 29% (651/2242)

厳密な事を言いますと「道路交通法違反」です。私も軽四に乗っていますが、何度か同じ思いをし、警察の交通課に聞いて見たのですが、「ビックスクーターが突然、左側から捲くように追い抜いて行ったという」状況にもよります。まず、第一に言えるのは「左側から追い越して行った。」これは完全に道交法違反です。という事です。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 14:04:58
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 20% (257/1257)

このあたりが参考になるかもしれません。

https://kamezo.jimdo.com/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8A%E6%8A%9C%E3%81%91%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%A6/%E4%BA%A4%E5%B7%AE%E7%82%B9%E4%BB%98%E8%BF%91%E8%BF%BD%E3%81%84%E6%8A%9C%E3%81%8D%E7%A6%81%E6%AD%A2/


>左側の巻き込み確認したはずなのに突然物体が現れて大変びっくりしてしまいました。

確認した視野範囲や、バイクの速度によってはこのような状況になりますよ。

巻き込み確認をしているからと慢心していたなら次のようにしてはいかがでしょうか。

交差点手前で車線の左側に寄るって教習所で習いませんでした?

物理的にバイクや自転車が通るほど開けなければ、追突されることはあっても左側を通行されることはあり得ませんけど。

猛スピードって言うのも、現実の把握を曖昧にしてしまいます。
およそ何秒で何メートル進んだのかわかれば、速度もある程度わかりますよね。

主観的に速く思っただけだと、あんまり情報としては意味がないと思います。

違反でも、注意するころには猛スピードでいなくなっていて出来ないのではないかと思いますが、難しいですね。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:13:26
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 29% (3010/10126)

双方とも違反を犯しています。バイク側は既出なので割愛しますが、あなたの場合も左折の際の規則、また、大原則であるキープレフトを怠っています。
道交法何条だったか忘れましたが、片側1車線では、道路の左側を走らなければなりません。基準としては縁石より1m以内となっています。つまり、バイクが入り込める隙間がある時点で違反なのです。
同時に、左側追い越しは違反ですが、基本的には、、、右側、はみ出さなければ可です。
また、左折の場合も同様で、左側なら1m、右折の場合はセンターラインから50cm以上離れてはいけません。教習所でも、交差点の30m以上手前で車線内で車線変更し、左右へ寄せるように指導されたはずです。
左後方の確認も直接目視で行いましたか?トラックのような場合は別にして、体をひねって直視で後方確認するのが原則です。ミラーだけでは死角が多いのでだめです。(白バイを見付ける場合も役立ちます)
スピード違反と飲酒運転ばかりが注目されますが、それ以外の規則も多数あり、完璧に運転するのは至難の業です。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:12:46
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 46% (1976/4229)

質問の趣旨と違った回答ですみません。


ふだんでも、4輪車を運転していると2輪車のバイクは、4輪車の間をすり抜けて行きます。
特に、複数の車線の道路では、速度が出ていても、渋滞していても、スキあらば2輪車がすり抜けるので4輪車側から見れば、非常に危険です。
渋滞で車が停止状態でも、自転車までが、すり抜けて行きます。

でも、すり抜け事故が起きれば、大きな車のほうが安全不確認で過失割合が大きくなるのです。

この質問の場合も、大きな車のashitanokokoro さんの4輪車のほうが、安全確認をしても、スピードを出してすり抜けのバイクと事故になっても、やっぱり、大きな車のashitanokokoro さんの4輪車のほうが安全不確認で過失割合が大きくなってしまいます。
この様なケースで、大きい車のほうが、過失割合が大きくなるのが腑に落ちない気持は、私も分かりますが、大きな車の運転免許は、それなりに安全確認と運転操作が出来るという認定された免許なのです。

----------------------

下記のサイトは、4輪車から見て左側に直進2輪車を、4輪車が左折巻き込みの事故例の過失割合をピックアップです。
基本の過失割合は、4輪車が8割、2輪車が2割で、修正要素によって過失割合が変化します。
http://kashitsu.e-advice.net/car-aut/164.html
http://www.gs-hos.com/kasituwariai-19.html
http://amami.rindo21.com/ks_bike/22/220001.html
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:12:18
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 22% (85/372)

まず前の車が左折するためにウインカーを出しているのをわざと
追い越して行く事は完全な道交法違反ですね。左からの追い越し禁止です。
それと前方不注意にも該当しますよね。

ただ他の方も書いていましたが、最近は左折するのに左側を大きく空けた
まま左折する車が多いです。これも細かく言えば違反です。
左折する時はまずウインカーを出す前に左側に幅寄せして左側から
バイクなどが通行できないようにすることが基本です。
その後に左折するためのウインカーを出して後続の車両に左折する事を
分からせるんです。
ですので今回の事は質問者様にももう一度車を運転する時の基本を
思い起こして貰う良い機会になったのではないでしょうか。
最近はバイクの事故が多いのですから左折する時には絶対に左側から
追い抜かすことの出来る空間を作らないようにしましょう。
そうしないと今回の質問が無意味になりますよ。
もし事故になったら車にも過失が及びますからね。
お礼コメント
ashitanokokoro

お礼率 85% (711/831)

ご回答有難う御座います。
全ての回答者様にコピペ返信となりますがお許し下さい。
 
YouTubeにアップしてみました。宜しければ確認してみて下さい。
問題のシーンは2分過ぎからです。
https://youtu.be/yyZuNnQfezM
 
キープレフトは車線からはみ出さない程度に出来る限りしていますが、車線より左側が広い道路もありますね。
まさにここも、そんな感じです。

また、「キープレフト」には明確な距離指定(左の車線、または障害物から何センチまで寄りなさい)があるのでしょうか?
 
また、確認不足とのご指摘がありますが、自分は走行中も常に360°注意深く気を配っています。
 
これで事故があった場合、大きいこちらが悪くなるから、今度からこんなことがあったら自信持って注意できるようにご教授頂いている次第です。
 
朝から何も食べてなくて空腹だったので、撮影時間を見ても分かるようにそのまま目的のラーメン屋に入りましたが、そうじゃなければ追いかけて先の信号で注意していたかもしれません。
抜いた後、明らかにスピードも出してますから。

キ◯ガイによる逆ギレ事件が多いなどのご心配は無用です。
全く問題ありません。
投稿日時 - 2017-10-15 13:12:01
  • 回答No.10
レベル13

ベストアンサー率 20% (242/1167)

接触しなければ相手の交通違反。 接触していればあなたの後方確認不注意で加害者及び罰金、減点モノです。 ですから、そこは0.何秒のスレスレのシチュエーション場面なのであなたの心構えとしては、万が一そのバイクと接触していたら・・・(汗)だけを考えて運転してください。
相手側も幾らバカでも運転免許を取得出来るレベルなのですから、交差点に差し掛かった時、前方のクルマがどのような動きをするくらいは、予想出来ているはず。 そのリスクを侵しても突っ込んでくるヤカラですから、本当に万が一は、想定しておいた方が良いと思います。
12件中 1~10件目を表示
  • 回答数12
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ