• ベストアンサー
  • 困ってます

ヤマハAVアンプのイコライザー設定

ヤマハのRX ーA 1050を使っているのですが音楽を聞くとなかなか気に入った音で再生できません。イコライザーで高音や低音を手動設定したいのですが何をどの数値に設定すればよいのかがわからず困っています。説明書には音の設定方法はないようなんですがどなたかそういったサイトの紹介やご存じならご教授下さい。物理的だと高音を強調したければ高音レンジのツマミを高い位置にスライドさせて…といった調節を画面の数値でやるのがどうもわかりません。どうぞ宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3627
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

こんにちは。 良回答が出ているようでうすね。私も補足的に参加しましょう。 RX-A1050にパラメトリックが7つあるので一例として     60Hz Q=2.0 で低音の重量感  100Hz Q=0.5 で一般的な低音トーンコントロール代わりに  200Hz Q=1.0 でルームサウンドの籠り調整  400Hz Q=0.7 でボーカル等の低域~中域   1KHz Q=0.5 で中域コントロール(100Hz・10KHzの補佐)   4KHz Q=1.0 でボーカルの子音や楽器音の明瞭度調整  10KHz Q=0.5 で一般的な高音トーンコントロール代わりに   全体に5dB程度で音の傾向が変わるのが判るようにバンド幅を広めに設定しています。 また、感覚的に操作できるよう、意図的に他とコントロール帯域をダブらせています。 100Hz・10KHzは一般的なアンプに付いているシェルビング型のトーンコントロールに相当させるものです。おおまかな調整はこの二つでしてください。 1KHzは「要らない」かと迷ったのですが、RX-A1050は+側が6dBしかありませんので、100Hz・10KHzと逆方向(-側)に動かすことでコントロール幅を広がるでしょう。また、単独でも中域を減量することでドンシャリ度を調整するラウドネスコントロールにもなります。(ラウドネス主体なら2.5KHzあたりに設定した方が良いでしょう) 200Hzは+側に動かすことはマズないでしょう。日本の一般的な部屋では90Hz~160Hzに定在波が発生しやすく、その倍音あたりまで低音の歯切れが悪い傾向があり、結果としてコモリますので、そのあたりの帯域をスピーカーから出す音量を控えめにすることでスッキリさせることができます。地味だけど結構重要なコントロールです。第二候補は150Hz Q=2.0 で部屋とか曲など、好みにマッチする方に変更してください。 慣れれば、中心周波数を変えたりQを高めにセットして、部屋の定在波を効果的に押さえこんだり、調整効果を際立たせる事もできますが、引き換えにコントロールの効く帯域幅が狭くなりますので、周波数も細かく調整しなくてはなりませんし、楽器や曲によってベストEQが違ってきます。 3番回答に、7KHzの味付けの話が出てますが、そのような特性のマイクが50年前に発売されて、現在も定番名機として現役で販売され、真似っこ製品も出回っている事に由来します。特性の素直な現代的マイクで収音した場合、わざわざイコライジングして似せたりする訳ですね。イコライジングするしないはパートによって異なります。 部屋の音響特性調整以外で、高いQによる局所的な音の味付けは楽曲製作側の仕事とお考えください。 通常は、自動調整YPAOで万能向きな音になる筈で、そこから好みにより、フロントスピーカーの素の特性にサテライトスピーカーを近づける「フロント近似」、高音を下げて耳当たりを良くした「ナチュラル」に切り替えることができます。 ここのところで、フロントスピーカーが個性的すぎるとか、部屋の音響特性が酷すぎる等の場合は、パラメトリックEQ7つでは補正しきれるものではありません。 調整前に、スピーカーの位置を変えて試聴を繰り返し、ある程度バランス良い音が出る位置や高さ・方向にセッティングしておくべきでしょう。 また、低域をカットする方向の調整で、録音会場の広さ感やベースとボーカルのバランス感などを変えることはできますが、ギターとボーカル等のような同じ音域同士のパートバランスなど、音楽の主要なバランスを変えて整え直す事はできません。再生装置側でできるのは、楽曲の雰囲気を微妙に変えられる程度に留まります。 『気に入った音』がどのような音を挿すのか判りませんが、どんな凄い装置でも、製作側(ミュージシャンや録音エンジニア)のような自由度は望めない事もご承知ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。まさに私が期待していた回答をいただけ大変助かりました。Hzごとの役割を明確に記載いただきその事でそれぞれの役割がわかりましたのであとは調節をしていくだけです。イコライザーは疑似的なものですが音には個人それぞれの好みがありますので現状に満足してなければ使わない手はありません。こんな便利な機能はないと思っています。この機種はさすがYAMAHAのアンプだけあり非常に細かく設定できる良い機種ですので教えていただいた内容をしっかり理解してこれからも使っていきたいと思います。本当に助かりました。感謝します。

関連するQ&A

  • イコライザーを用いて、ヤマハA-2000風の音にで

    ヤマハのA-2000というプリメインアンプには、リッチネスというスイッチがあって、15ヘルツ~50ヘルツの低域を強調して低音が出やすくできます。 現在、A-2000のプリを使って、パワーアンプに出力して使っていますが、パワーアンプのOUTから別のパワーアンプに接続して4本のSPを鳴らせたいと考えています。 A-2000を取り外し、イコライザーを挿入して、A-2000の特性に近くイコライジングすれば、似たような音が出ますでしょうか?? A-2000の音は好きなのですが、いかんせん古くていつ壊れるか分からないのと、とても重たいので、似たような音がイコライザーで出来るならば入れ替えようかと思っています。

  • ipod nano 5th イコライザ設定

    宜しくお願いします。 itunesで、高音と低音が強調されるように独自のイコライザを作成しました。 それをipodに反映させて聴きたいとき、ipod側のイコライザを何に設定する必要がありますか。

  • ウォークマンのイコライザーの役割について

    ウォークマンって、イコライザーが6本ありますが、そのうち、クリアベースは重低音で、一番左が低音で、その右が中低音で、その右が中音で、その右が中高音で、一番右が高音を調節できるんですか? どのイコライザーの棒がどの音の周波数を変更できるのかイマイチわからないので教えて下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • gunsin
  • ベストアンサー率32% (139/425)

質問者様の希望のマニュアルは無いかと・・・ イコライザーの役割は音質の微調整です、せいぜい再生環境の 違いに合わせて、チョットだけ変える程度の物です。 音質は製作側で音造りがされて、それを、イコライザーで変えてしまっては、 製作側の主張や意図が消えてしまいます、それでは音楽再生の楽しみが半減すると、 思いますよ。 自分の好みに合った音造りをしている、音源を探すのが、第一歩であり 楽しみであると考えますが。 カラヤンには数人の録音エンジニアが居り、各国の事情に合わせて、エンジニア を使い別けていたとか、音楽CDの裏面の製作スタッフを見るのも、宜しいかと・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。そうですね。原音のままがいのですねそういうものも探してみます

  • 回答No.3

はじめまして♪ イコライザーって、本来あるべき音に等価する、イコールにする機能です。 AVアンプの場合、組み合わせたスピーカーの特性や、室内音響特性を補正し「等価」する事に多用されます。 まぁ、初期設定等で行なわれ、YPAO「フラット」「フロント近似」「ナチュラル」という設定メモリーが在りますので、これらを元に「手動」で少し動かす。という事で「自分好みの音」に可変して行くのが良いでしょう。 取説を見てみましたら、よく考えられたイコライザーで、7ポイントのパラメトリック式、+6dBから-20dBと言うのは、さすがYAMAHAだなぁ。。。と感心します。 しかし、周波数を固定しているグラフィックイコライザーの方が、大まかだけど判りやすい。という事も事実で、周波数可変が出来るパラメトリックイコライザーは割と経験や知識が必用に成る場合も在るので、大衆向け製品にはあまり多くないのですが、「室内音響特性の補正」となると、固有共振などに対処する場合、断然実力発揮となってきます。 全帯域で7箇所、サブウーファーに4カ所の設定が出来るようですが、自動調整の結果を規準とし、サブウーファー側はいじらない方がベターだろうと考えます。 全帯域側の7カ所で、極端に補正されている1~3カ所は、周波数を変えず、レベル変化も少なめに変化させる程度に収めた方がベターだと思います。 補正量が少ないポイントを利用し、周波数やレベル、好みの音に近付くよう、操作されるのが、失敗の少ない方法と考えて良さそうです。 「音色感」に関しては、おおよそ100Hzから10,000Hz(10kHz)の範囲で可変挿せて行く方が「ハッキリトした効果」が感じやすいので、おおむねこの範囲でいじって行きましょう♪ 案外、低音感を強調したい場合、150Hz付近を、ボリューミーなサウンドからスッキリしたサウンドにするにはおおよそ300Hz付近を減らす、(ボリューミーにしたいなら、少し増強)、メロディーラインを強調したいなら2~4kHzを増強、逆に低域高域を得たいなら、このあたりを減らす。 高域を強めたい/弱めたい、という場合は4kHzから8kHz付近を増減で良いでしょう。 具体的な操作方法は、取説の110ページ、「5」で解説されています。 一般的な「グラフィックイコライザー」には無い、「Q」設定があります。 これは、中心周波数から、どの範囲まで影響が出るか。という設定で、イメージとしては、裾野が狭いトンガッタ岩山と、裾野が広いなだらかな丘、のようなものです。 上記の例で「4kHzから8kHz付近を増減」と言う場合、中心周波数を6kHzにして、広い範囲に影響を与える事も出来ますし、4kHzから8kHzまで周波数を変えながら狭い範囲だけで増減してみたときの音の違いを探求する事も出来ます。 音の聞こえ方探求は、なかなか難しいのですが、一つのヒントとして、人間の声で考える事も有効だったりします。 おおむね、母音となる「基音」は、男声で200Hzから800Hzくらい、女声は2倍くらい。子音として感じる範囲が2kHzから4kHzくらいで、サシスセソや英語等のthという「炸裂音」が6~8kHzと言われます。 (炸裂音付近が強すぎると、耳障りに感じる事も多い。しかし少ないとコモッタ感じと思える事もあります。) 一般的な「グライコ」だと、なかなか難しいのですが、Q値も可変できる「パラメトリックイコ」ですと、狭い範囲に絞り込んで、7kHzを大きくダウン、10kHzを増強、などで、不思議な「爽快感」を演出する事も可能です。 (一部のミュージシャンは、最初からこのような設定、音響効果を用いる演出を行なっています。) ドコカを強調すると言う効果も在りますが、他の範囲を減衰させる、という事で良いバランスが得られる場合もあります。 非常に良く考えられた機能になっていますので、過大音量でも無い限り、自由にイジッテも危険性はアリマセンから、経験値を高める為にも、セオリーに縛られず、いろいろ試して音を感じてみて下さい。 「音を変えて楽しむ」のであれば、7カ所もいじる事は、まぁ有り得ない。と考えて良いでしょう。1ポイントか2ポイントでも、感覚的に身につけるのはかなりの経験と成るはずで、いきなり3ポイントを同時にいじり出すと、混乱するだけ。と思います。 がんばって下さい♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明が詳しく少しわかったように思います。かなり細かく設定出来るようになっており私には難しすぎるかも知れないですが色々ためしながら自分の設定を探していくしかないかもですね。ここの数値をあげると高音が強調されるなどの情報があると設定もすんなりいくかと思っています。頑張って探してみようと思います

  • 回答No.2
  • sirasak
  • ベストアンサー率28% (258/892)

file:///C:/Users/susumu/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/D4FAYHKO/web_ZQ78920-2_RX-A1050_om_J_Jp.pdf まずは膨大な説明書を良く理解しなければ良い音質に出来ないと思います。 私はPCフリーソフトMySpeakerソフトでサインスイープで測定し、イコライザーで高音~低音が来るだけフラットになるようにします。 低音~高音は部屋の影響が大きくて周波数特性が凸凹になるのは部屋の残響と定在波の影響が大きいです。 それで聴く位置で大きく変わってきますので聴く位置を同じ場所にしないといけないです。 イヤホンみたいに部屋の影響を受けない機器と違って、スピーカーの場合は部屋中に低音をバラまかないとフラットにならないためにサブウーハーでは40Hz以上がほぼフラットになるようにすると良いし、正面に集中する高音は10kHzまで出来ると良い音がします。 聴く位置で周波数特性の凸凹具合が変わりますが、スピーカーで聴く音の場合は、殆どが想像で良い音だとか変な音だとか脳が判断するみたいです。 店舗のBGMや携帯ラジオでも良い音だなーと感じる時があるのは、残響が一杯の中でも聴きたい良い音だけを脳で感じるようになっっている時であって、嫌な音楽の時は聴きたくもないです。 要するに視覚でも好きな人の顔はきれいに見えるように、聴覚も殆ど想像して聴くので正確に聴くには測定用マイクで周波数特性を録ってそれを参考にして学習するしかないみたいです。 それで音質にこだわる人はスピーカーやケーブルやハイレゾ(超音波)などを試すようですが、正確には聴けない人間の耳だけで判断する人が多いので真実が見えないようです。 だまされたと思ってとりあえず周波数特性を計測してみて欲しいです。 私見です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。ソフトを確認させていただきたいと思います。

  • 回答No.1

プロ志向です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • iPodのイコライザについて

    自分は普段J-POPを聴くのですが、iPodでのイコライザ設定をどれにしようか悩んでいます。 (OSはWindowsなのでiTunesで作成したカスタムイコライザの設定はiPodに持ってけません) 今まではTreble Boosterで高音を強調して高音質っぽくしていました。 しかしこれではベースの音がわかりにくいなぁと感じたのでAcousticにしてみたのですが、なんだか変に中域が強調されるような気がするし、音が混ざっちゃってる感じ(「歪み」というやつでしょうか?)もしたのでClassicalにしてみることにしました。 これなら低域も中域も高域も聴きやすいですし、変に音が混ざってる感じもしない...と思ったのですが、実際のところどうなんでしょうか? 音楽にはあまり詳しくないので...

  • USBメモリー用のイコライザーが欲しい!

    USBメモリーをカーオーディオに差して音楽を楽しんでいますが、イコライザーがしょぼくて…USBメモリーにかますイコライザーって手頃な値段でありませんか? 低音、高音強調、中域は低めの、ドンシャリ系が好みです! 教えてください!

  • イコライザーとコンプレッサーについて素人質問ですが

    はじめまして。趣味でバソコンを使って曲を作っています。イコライザーとコンプレッサーについて勉強中です。コンプレッサーは音を圧縮することで低音が高くななり高音は下がるという認識です。イコライザーは周波数がなんとかで僕にはまだ理解できません(笑) シーケンスソフトを使用しイコライザーを試してみると帯状のグラフのようなものがありました。調べたら低音 中音 高音を調整できるまたいで低音をあげたり高音を下げたりもできました。コンプレッサーとはまた違いますよね? もしよれしければすごい簡単な例えでイコライザーとコンプレッサーの違いを教えていただきたいです。 よろしくお願いします!

  • 3、6、10bandそれぞれのイコライザーの違い

    3bandのイコライザーにはbass、middl、trebleが書いてあり、それぞれを調節するツマミがありますが、6band、10bandイコライザーはHzで書いているもしかありません。(ツマミは勿論ありますよ!) その点でわからないことがあるのですが、この表記はつまり、Hzであってもbass、middle、trebleの設定ができ、その上その周辺のHzを調節できるということでしょうか、(機器によって音色が変化するのは重々承知です!) 回答よろしくお願いいたします!

  •  「グラフィックイコライザ」 のJ-POPに向く設定

     グラフィックイコライザ のJ-POPに向いてる設定方を教えてください。  グラフィックイコライザ は、SOUNDMAXと言うASUSのマザーに搭載されてる、音量とか調節する付属のドライバ?です。 「これについては無視しても構いません・・・」  グラフィックイコライザは、 31Hz 62Hz 125Hz 250Hz 1Khz 2KHz 4kHz 8kHz 16kHz と10種類の設定があり、私にはどの設定が、J-POP系の音楽に向く設定なのかわかりません。 例えば、31Hzでは-50の数値から+の50まで範囲がありますが、31Hzではどの数値がいいのかわかりません。  私には、グラフィックイコライザの設定のやり方がわかりません。 教えてください。

  • 音質の変更

    オーディオ機器からイヤホン・ヘッドホンへ出力して聞くに当たって、高音を抑えたり、低音を抑えたりして自分好みの音質にする機器を何というのでしょうか? PCやスマホ等のデジタル機器ですとイコライザーとしてあるのですが、手元でツマミ等で操作できる機器を探しているのですが、イコライザーで検索をしてもアプリしか出てこず、物理的な機器を探しています。 スタジオの様に細かく設定出来なくて良いので、高音のツマミと低音のツマミさえあれば良いのです。

  • イコライザーの音質の調整。

    イコライザーを使ってCDを迫力ある重低音の聞いた音で聞きたいのですが、耳で聞きながらイコライザーを調節していても、だんだん頭が混乱してきてうまくいきません。周波数は右から、32hz・55hz・90hz・150hz・240hz・400hz・620hz・1khz・1.6khz・2.6khz・4.2khz・6.8khz・10khz・16khzと並んでいて、上下のレベルは14段階あります。(ちなみにイコライザーは、KENWOODのGE-7というもので、中古で購入したものなのでかなり古そうです。) どこをどのレベルに設定すれば良いのか、簡単にでも構わないので教えて頂けないでしょうか? よろしくお願いします。

  • イコライザー

    私はベースの重低音が好きで音楽聴く時はイコライザーを使って聞いています。 しかし設定がいけないのか低音を効かすとブチブチとノイズが入り音割れします。 ちなみに今は5バンドイコライザーのMusic Volume EQというアプリを使用していて、低音から順に +15、+14、+3、+5、+6で、ベースブーストを最高にしています。 いろいろ試したのですが分からなくなってきました。 どのような設定にすれば音割れせずにベースの重厚感ある音を楽しめるでしょうか? また、おすすめのアプリがあったら教えてください。 当方はドコモスマートフォンで機種はF03Dです。

  • イコライザー嫌いが多すぎませんか?(半分グチです)

    私は現在、平面バッフルにJBLのD130 一発で聴いています。 ですので、グラフィックイコライザーを使用して 8khz以上を持ち上げ、2khzを若干下げてきいています。 何もしないよりはずっと聴きやすいです。 しかし、この話をすると 「イコライザー」を使うなら「フルレンジ」を使っている意味がない。 っと受け取れるようなことを言う人が現れます。 「フルレンジ=素の音」で聴くべきだっと言いたいんだと思います。  料理でいうと「刺身で食べれ」っということなのでしょうか。 そして、イコライザーを散々毛嫌いしている人でも、 機械側で部屋の補正から周波数特性まですべて補正する 「自動補正」なら許す。という言い方をする人までいます。 「許す」っと言い方がむかつきます。 イコライザーが嫌いな人でも、自動補正はOKっというのがよくわかりません。 自分の好みの音じゃなくても、「機械が補正した音が一番正しい」 っと思いこむ方が精神衛生上良いっと言うことなのでしょうか。 イコライザーを使用しないで好みの音がでているのであればそれが一番ですが、 D130のように絶対的に高音が足りないユニットの高音を補正することすら 否定するのはおかしい話だと思うのです。 スピーカーの音色は気に入っているのに、ちょっと目立つ帯域があるだけで スピーカーやアンプを買い替えたりしたくなるのもわかります。 でも、ほれ込んだスピーカーやアンプをより長く使用する方法として イコライザーを使うことが一番手っ取り早い方法だと思うのです。 イコライザーを毛嫌いする人って多すぎませんでしょうか? その証拠に、アンプにトンコンすらついてない物が多いですし、 グラフィックイコライザーも中古でしかみかけません。

  • イコライザーの上手な調節教えてください!

    こんにちは。 当方、重低音の効いた音が好みで、イコライザーで低域をブーストして聴いています。 しかし、どうも気に入った音にすることが出来ず、困っています。 (音をカットする為にイコライザーがあるのを承知の上で行っています) 詳しく説明すると、 低域を上げる ↓ 中域(特にボーカル)が乏しくなる ↓ 中域を調整 ↓ 気に入った音にならない ↓ 試行錯誤して、出来たのはバランスの悪い音 と言った感じです。 そこで当方が聞きたいのは、低域を上げても、中域、高域ともバランス良く聴ける調節方法です。 試行錯誤しているうちに頭が混乱してきて訳が分かりません。 宜しくお願いします。