• ベストアンサー
  • 困ってます

イコライザーとコンプレッサーについて素人質問ですが

はじめまして。趣味でバソコンを使って曲を作っています。イコライザーとコンプレッサーについて勉強中です。コンプレッサーは音を圧縮することで低音が高くななり高音は下がるという認識です。イコライザーは周波数がなんとかで僕にはまだ理解できません(笑) シーケンスソフトを使用しイコライザーを試してみると帯状のグラフのようなものがありました。調べたら低音 中音 高音を調整できるまたいで低音をあげたり高音を下げたりもできました。コンプレッサーとはまた違いますよね? もしよれしければすごい簡単な例えでイコライザーとコンプレッサーの違いを教えていただきたいです。 よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1624
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

コンプレッサーは設定にイコライザを含めた多様な要素があり、一言では言い尽くせないのですが、基本特性は他の回答者さんが答えられているとおりです。エアコンのコンプレッサーと名前は同じでも内容は音響機器独特のもので、なにかに例えられるような易しいものではありません。 コンプレッサーは、設定音量以上の音量増幅率を制限します。 よって、コンプレッサーを使わない場合より音量が下がります。設定音量はスレッショルド、音量増幅率はレシオと呼ばれたりします。 これをそのまま最大音量が変わらない程度に持ち上げると全体の音量がぐんと大きくなり迫力が増す事になります。 音量が増す事によって低音がより聞こえ易くなる理由は人間の聴感特性によります。↓参照。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%95 したがって、音色を変えているのではありませんが、あなたの言う「低音が高くなり」というのも結果上間違いではありません。 また、コンプレッサーには、リアルタイムで働いているのではなく、それまでの設定時間の平均値で働くという性質もあります。設定時間が百分の一秒とかという短い時間ですのでほとんど影響は無いのですが、また録音したものをパソコンで処理する場合も先読みすることで設定時間を事実上0にする事もできるのですが、リアルタイムで演奏するライブ演奏の楽器ではこの処理が遅れる影響が出て逆利用されます。パシッというパルス的な音にはコンプレッサーは効きません。この処理遅れと上記一般的なコンプレッサー効果で、特にスラップ(チョッパー)ベース奏法では不可欠なエフェクターとなっています。設定時間はアタックタイムと呼ばれたりします。 また、コンプレッサーが効く切っ掛け(トリガー)に通常は全音域(もしくはローカット)を使うのですが、これにフィルターやイコライザーを掛けてトリガーを変化させる事も高級機ではできます。こだわって音作りする人には必要なのですが、オタクっぽい領域です。そのレベルに達したらいじってみてください。 イコライザーの方は、あなたの感じた通り音域バランスをコントロールするだけの機能です。リアルタイムに処理しますし、元々有る音の成分を増減するだけしかできないのでコンプのように元の音から変形してしまう怖さはありません。全く逆のイコライザーを掛ければ音は元に戻ります。 コンプレッサーはマイクや楽器個別に掛けますが、イコライザーはマイクや楽器ごとに掛ける他、全体に掛けてスピーカーや部屋を好みの音域バランスにコントロールする為にも使います。 余談ですが、個別に掛けるのではなくMixDown後に全体に掛けるコンプレッサーはマキシマイザーと呼ばれたりします。 やさしくは説明できないので、ちょっと難しかったかも知れません。いろんなパラメータをいじる際の参考になれば良いのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ウォークマンのイコライザーの役割について

    ウォークマンって、イコライザーが6本ありますが、そのうち、クリアベースは重低音で、一番左が低音で、その右が中低音で、その右が中音で、その右が中高音で、一番右が高音を調節できるんですか? どのイコライザーの棒がどの音の周波数を変更できるのかイマイチわからないので教えて下さい。

  • カロッツエリア FH-P003MDについての質問です。

    はじめまして。 デッキをカロッツエリアのFH-P003MDとスピーカーをソニーのXS-J1011に変えました。 純正のそれらに比べるとはるかに、音質に厚みが出て良いのですが、若干、こもった感じになります。 自分としては、ヌケの良い高音、中音、迫力ある重低音にしたいと考えています。 デッキの取説に「ハイパスフィルター」、「スロープ」、イコライザーの調節が記されてありますが、何がなんだかさっぱり・・。これは、周波数を高く設定すればするほど、ヌケの良い高音が出る機能なのでしょうか?いろいろFH-P003MDについての検索をしていると、「上記の設定をちゃんとすると音が良くなり、間違うと、音が変になる・・云々」書かれてありました。まさしく、自分は後者に当てはまります。 グラフィックイコライザーとの組み合わせも関係してるみたいで、どこをどうすれば、抜けの良い高音がでるのか分かりません。 どなたか、ご存知の方ご教授願います。

  • 低-中ー高のスピーカーの担う周波数

    低-中ー高のスピーカーの担う周波数はそれぞれ幾らでしょう?一般的な物で構いません、人は20-20,000Hzが可聴周波だそうですが  それぞれの音域のスピーカーは何Hzから何Hzまでをカバーしているのでしょう?  人はどこまで(Hz)を低音とまた中音、高音とかんじるのですか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

イコライザー:等価装置 本来の用途は録音によって音源とは異なる周波数特性になった音を音源と同じ周波数特性に戻すのです 実際には特定の周波数を強調したり逆に減衰させたりするためにも使います ドンシャリが好きな人は低音と高音を強調して中音を減衰させています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#140574

>コンプレッサーは音を圧縮することで低音が高くななり高音は下がるという認識です。 まずこの認識が違いますよ。それでは音がめちゃくちゃになってしまいます。 低音や高音をいじるのではなく、音の強弱の差を縮めるのがコンプレッサーです。 コンプレッサーが使われている一番わかり易い例がテレビの音声です。 テレビ内蔵の貧弱なスピーカーでも聞き取りやすいよう、小さな音は大きく、大きな音は小さくしています。 イコライザは、それぞれ特定の周波数帯の増幅、減衰が行えます。 例えば7バンドイコライザーだと、7つの帯域(例:80/250/600/1k/3k/7k/15kHz)の調整を行えるということです。 低音を上げたければ、80Hzを上げますし、音声のみを目立たせたい場合は、1kHzを少し持ち上げ、低音と高音を少し下げる…といったような使い方になります。 やり過ぎると音がおかしくなってしまいますから、何事も程々が肝心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>> コンプレッサーは音を圧縮することで低音が高くななり高音は下がるという認識です。 // そもそも、ここからして間違っていますよ。コンプレッサの基本的な仕組みは、大音量の部分は音量を下げ、逆に小音量の部分は音量を上げることで、全体的な音量を均質化することにあります。つまり「音量の差(ダイナミックレンジ)」を圧縮する訳です。 イコライザは、いくつかの種類に分類できますが、要するに特定の周波数の音を強めたり、弱めたりするものです。調整ポイントが10~31ヶ所くらいで既定されており、グラフ状に並べて視覚的に分かりやすくしたものをグラフィックイコライザ(GEQ)と呼びます。調整ポイントや効き具合を変化させられるものは、パラメトリックイコライザ(PEQ)と呼びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カーオーディオのイコライザーの種類で悩んでます

    カーオーディオのイコライザーと取り付けようと考えていますが、 グラフィックイコライザー にすべきか パラメトリックイコライザーにすべきか・・・ 悩んでいます。 パラメトリックイコライザーはあまり接点がなく、いまいち実感がないのですが、 希望する周波数のみ増減調整させて、おとのつながりを作るってことですかね??? どちらが、手軽に調整でき、簡単の音場を作成できるものでしょうか? また、調整のアドバイスなど、いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • トーンコントロール

    トーンコントロールの設定で低音(低音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は、125Hz、350Hz、500Hzのいずれかを選べます。) 高音(高音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は2.5kHz、3.5kHz、8.0kHzのいずれかを選べます。)と書いています。 低音の周波数を125Hz高音の周波数を2.5KHzに設定した場合と低音の周波数を500Hz高音の周波数を8.0KHzに設定した場合とでは音の違いはどう変わりますか? トーンコントロールの設定で低音、高音はどれぐらいに設定するのがいいですか?

  • イコライザーの音質の調整。

    イコライザーを使ってCDを迫力ある重低音の聞いた音で聞きたいのですが、耳で聞きながらイコライザーを調節していても、だんだん頭が混乱してきてうまくいきません。周波数は右から、32hz・55hz・90hz・150hz・240hz・400hz・620hz・1khz・1.6khz・2.6khz・4.2khz・6.8khz・10khz・16khzと並んでいて、上下のレベルは14段階あります。(ちなみにイコライザーは、KENWOODのGE-7というもので、中古で購入したものなのでかなり古そうです。) どこをどのレベルに設定すれば良いのか、簡単にでも構わないので教えて頂けないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 100Hz付近

    つい最近、イコライザーのことで質問したものです。 昨日、私の母ちゃんが久しぶりに家にきてくれたので、 音楽を聴いてもらいました。 「ちょっと音がキツイ」「低音が頭に響く」っと言われました。 母ちゃんは70歳を過ぎているわりに、 以前の私のシステムの時もよくダメ出しをしました。 母ちゃんが帰ったあと、OKWAVEをみていると、 私の質問の前に「周波数」の質問をしていらっしゃる方がいました。 高音がキツイ、低音が頭に響く。っという原因を突き止めるのに 役立つのではと思い、低音から高音まで周波数をだしてみました。 高音は特別耳につく場所はありませんでした。 しかし、見事に「80Hzから150Hzあたり」が不自然でした。 どこからなっているかわからないような、左右のスピーカーの位相を 間違えたような鳴り方をします。 60hzになると、普通に聞こえます。 100Hzにいたっては、視聴位置ではあまり聴こえません。 しかも左側からなっているように聴こえます。 私が1mほど前にでるか、スピーカーを部屋の半分位まで前にだせば そのようには聴こえません。80Hzから150Hzまで均一に聴こえます。 不思議なことに高音も聴きやすくなる気がします。 私の気のせいかもしれませんが・・・。 生活をしているので、スピーカーを前に出すことはできませんので、 私が前にでて聴いていますが、あまりにスピーカーから近いです。 昨日、ずーっとイコライザーの調整をしていましたが、全然うまくいきません。 それどころかわけがわからなくなってしまいました。 前回の質問で、 「イコライザーを使いこなせている人は極少数派でほとんどは悪くしている」 っという旨の回答がありましたが、まさにそのとおりだと実感しております。 部屋の配置を換えたばかりなのですが、解決するにはまた配置を換えたほうが早いでしょうか。 右のスピーカーの横には床の間があり、押し入れもあります。 以前、ここでアドバイスをいただいて、床の間にはいろいろと物をおき、 押し入れの戸をはずし、そこにも適当にものを入れている状態です。 それだけでも当時はだいぶ音が改善されました。

  • 初歩の電気 音のセンサー

    特定の周波数の音にだけ反応するセンサー、あるいは電気回路みたいなものはないでしょうか。 もし、低音、中音、高音の3つの信号を分離できたら、左右両チャンネルであわせて6チャンネル使えるわけで、ipodなんかでロボットなんかもコントロールできるんじゃないかと思うんですが。

  • イコライザの調整の仕方

    こちらのカテの他の質問を見ますと 恐ろしく詳しく専門用語が出てきてるので こんな質問は大変恐縮ですよろしくお願い致します オーディオではなくパソコンでMP3の音楽を聴きます 主にJ-POPなど流行の音楽で ソフトにイコライザが付いてるのですが どのような波形にすれな聞きやすい音になるのか分かりません どんな曲を聞きながらどの周波数を微調整すればいいのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします

  • イコライザーの適切な使い方

    音楽のデータで、音量が小さかったので編集しようと思い音量を上げたところ、ただ音量を上げると波の最大値付近で声と一緒に「ザー」という雑音が出て、声が汚く聞こえてしまうので「コンプレッサー」を使い、波の高いところの音量を圧縮したのですが、それでも若干雑音が残ってしまいました。ちなみに、音楽データは投稿サイトからダウンロードしたもので、編集ソフトはSoundEngineです。音楽データの特徴は、女性の声で、最初から最後までそれほど音量の波は大きくありません。 そこで、「ノイズゲート」や「ノイズサプレッサー」を使ったのですがあまり効果がありませんでした。 そして、「イコライザー」を使ったところ結構効果があることが分かりました。SoundEngineでは「イコライザー」の種類に、3バンドイコライザー、グラフィックイコライザー、1ポイントイコライザー、パラグラフィックイコライザーの4種類があります。 パラメータ ・3バンドイコライザー:低域(dB)、中域(dB)、高域(dB)、ボリューム(dB) ・グラフィックイコライザー:16KHz(dB)、8kHz(dB)、4kHz(dB)、……62Hz(dB)、ボリューム(dB) ・1ポイントイコライザー:周波数(Hz)、バンド幅、ゲイン(dB)、ボリューム(dB) ・パラグラフィックイコライザー:低域周波(Hz)、低域ゲイン(dB)、高域周波(Hz)、高域ゲイン(dB)、ボリューム(dB) 試しにグラフィックイコライザーでやったところ、8kHz:2.00dB、16kHz:-10.00dBぐらいでかなり雑音を小さくすることができました。16kHzのところで音量を下げると、全体的にこもった感じの音楽になってしまうので、8kHzのところで少し音量を上げると声が少し元の感じに戻りました。 多分、どのような編集ソフトでもそれほど大きく差はないと思うのですが、イコライザーを使うときに音をどのように分析して、どのようにイコライザーを設定すれば適切なのか、分かる方がいれば教えてください。特に1ポイントイコライザーの設定が分かりません。 回答よろしくお願いします。

  • wav形式音源の音域解析について

    wavファイルのBPM解析ソフトを自作しています。 現在wavファイルから16bit音データを抽出することができています。 次にこのデータを低音中音高音の各成分に分割したいのですが、どういった方法が考えられるでしょうか。 音データ全体の周波数分析結果をグラフで掲載しているサイトはよく見かけるのですが、自分の目的には時間軸当たりに対しての音域解析が必要ではないかと考えています。

  • サンプリングについて

    「信号をアナログに再生するために、最も高い周波数の音声チャネルの場合、1つの正弦波サイクル中2回だけサンプリングされる。最も高い周波数で信号サンプリング方法は、アナログ音声チャネルで使用される情報が、帯域のほぼ中間にあると想定しているので、中間帯域でのサンプリングが多く行われることになる。つまり人の声には、高音や低音よりも中音のほうが多く含まれているということを前提にしている。したがって、高い周波数や低い周波数ではなく、中間周波数でのサンプリングが重要になる。」 今、サンプリングについて勉強しているのですが、上記文章の意味について教えてください。よろしくお願いします。 (1)サンプリングをなぜ2回しか行わないのでしょうか? (2)アナログ音声チャネルと帯域と中音の用語の意味を教えてもらえないでしょうか?

  • 「声」「音」の高い・低いという表現について

    人の声や音の様子を表現するのに、 「高い声」「低い声」「高音」「低音」 という表現が用いられます。 そして、実際に高い声や音の周波数は高く、低い声や音の周波数は低いものになっています。 そのことから疑問に思ったのですが、 「高い声」「低い声」「高音」「低音」という表現は周波数の概念が出来てから作られた表現なのでしょうか?それとも、もっと以前から使われていた表現なのでしょうか? ご存知のかたがいらしたらご回答お願いします。