• 締切済み
  • 困ってます

波のグラフについて

固定された反射板による 音波の反射を考える 図は入射した音波の進行方向をx軸 x方向の変位を正としてt=0 における入射波を示したもの入射波は正弦曲線であらわされ周期Tとする、反射板で固定端反射されるものとする。 (1) 入射波に対する反射波の波形をかけ (2) 図の状態から時間が経過して入射波と反射波の合成波の変位がどのxについても0になる最初の時刻を求めよ。 以上が問題文に記されています 反射波の作図は下記のy-xグラフにて太線が入射波なのですが、薄い線が反射波。 あるxにおいて反射波は振幅をAとしてy=Asin{2π(t/T-x/λ)+π/3}で 入射はのxにおける波の式はy'=Acos2π(t/T-x/λ)で 合成波Y=y+y'=・・・・・・・・・・・ 考え方が正しいか教えていただけると助かります

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数600
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
  • DCI4
  • ベストアンサー率29% (448/1540)

固定された反射板による 音波の反射を考える 考え方が正しいか教えて・・・・・・ ●回答  反射波 以下定番の教科書より 一次元の波動 弦の振動などの動き 3次元の波動 空間音響である  壁による音の反射 よってあんたの 問題設定はおかしいので 固定された反射板による 直角方向のみ音波の反射を考える ・・・・・・というのがいい質問ですねー となる 完全反射で反射係数を無視するならば以下 このへん見る http://www.acoust.ias.sci.waseda.ac.jp/publications/genron 音響工学原論 第三章 音波 3.2.4 反射 http://contents.acoust.ias.sci.waseda.ac.jp/genron/genron-3_090924.pdf P167 第3.11図 で確認可能となる 反射波(時間関数)+入射した音波(時間関数)=合成波形(時間関数) です ※ グラフの書き方は 原点対象 や 原点y軸に線対称  が書ける程度の数学でOKとなる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Proof4
  • ベストアンサー率78% (151/192)

No.1の者です。 >反射波のx=0でのyのグラフの初期位相はπ/3で正しいのでしょうか? yの式にx=0とt=0を代入した時、値がグラフのとおりA/2になれば正しいです。すると初期位相がπ/3で正しいのか導けると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Proof4
  • ベストアンサー率78% (151/192)

先ほどは失礼しました。No.1の者です。 考え方はOKだと思います。入射波と反射波で進行方向が異なるので注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

わざわざ、ありがとうございます 反射波のx=0でのyのグラフの初期位相はπ/3で正しいのでしょうか? 波がとても苦手で、初歩的な質問ですみません

  • 回答No.2
  • Proof4
  • ベストアンサー率78% (151/192)

No.1の者です。 大変な勘違いをしておりました。申し訳ありません。 私が再考します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Proof4
  • ベストアンサー率78% (151/192)

教科書などを再読の上、固定端反射はどのようなものか確認しましょう。 イメージとしては、 反射板がなかったとして、入射波を反射板の向こうに書き伸ばします。 反射板の向こう側の波だけを、x軸で反転させます。 反転させた波を、反射板を軸に入射波側に重ねれば反射波ができます。 これで再考してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 高校物理 波の変位について

    波の変位を求める公式は y(x.y)=Asin【2π(t/T-x/λ)】ですよね。 では、画像上の(d)の問題では図がcosを示しているので、変位の公式は y(x.y)=Acos【2π(t/T-x/λ)】というのであっているのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • y=asin2π(t/T-x/λ)の波があるとしま

    y=asin2π(t/T-x/λ)の波があるとしますこれがx=lにある壁と自由端反射するとしたら その時の反射波は y=asin2π(t/T-(2l-x)/λ) y=asin2π(t/T+(2l-x)/λ) のどちらですか? 入射波はx軸正方向に、反射波はx軸負方向に進むとします。

  • 物理の波動の問題

    物理の波動の問題。 x軸のOにある波源Sから振動数f,波長λの波が左右に出ている。Sから右に距離Lだけ離れたところに 壁Rがあり、波はここで振幅を変えずに固定端反射される。Sから出る波のOにおける変位yは、時刻t に対してy=Asin2πftと表されるものとする。 (1)Sから壁に向かう入射波の式y_1をx,tの関数として表せ。(0≦x≦L) (2)壁からの反射の式y_2をx,tの関数として表せ。(x≦L) (3)SR間で、合成波の変位y_1は次式のように表される。y_1=2Asin( ア )cos( イ ) (ア),(イ)を埋めよ。また、常にy_1=0となる位置xを整数n(=0,1,2・・・・・)を用いて表せ。 (4)Sの左側に生じる波(合成波)の振幅を求めよ。また、振幅が最大となるときのLをλ、nで表せ。 そして、解答ですが (1)y_1=Asin2π(ft-x/λ) これはわかります。 (2)y_2=-Asin2π{ft+(x-2L)/λ} これもわかります。 (3)y_1+y_2を三角関数の積と和の公式を利用して、(ア)=2π(L-x)/λ, (イ)=2π(ft-L/λ) これも理解できます。 (4)点Oから左へ進む波の式はy_3=Asin2π(ft+x/λ)である。 このy_3と反射波y_2が合成波yをつくるので、y=y_2+y_3=2Asin(2πL/λ)cos2π{ft+(x-L)/λ} y_2,y_3ともに左へ進む波であるから、yもまた左への進行波となっている。その振幅A'はA'=|2Asin(2πL/λ)| これが最大になるのは|sin(2πL/λ)|=1のときで、2πL/λ=(2n+1)π/2 よってL=(2n+1)λ/4となる。 (4)の中に振幅A'はA'=|2Asin(2πL/λ)|となる。とありますが、これはどのようにして出したのでしょうか。 自分で一つ気付いたのは、合成波の式y=y_2+y_3=2Asin(2πL/λ)cos2π{ft+(x-L)/λ}の cos2π{ft+(x-L)/λ}を消している状態だと思ったのですが、合成波の振幅はcosをないものとして考えればよいということでしょうか。今回が偶然なのかもしれませんが、分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 物理 波

    「x軸の正の方向へ伝わる正弦波の横波である。実線は時刻t=0sにおける波形を表し、点線はt=2.5sにおける波形を表している。この間に原点Oの媒質は、一度だけ変位がy=-3cmになったという。」 画像見にくくてすみません...(._.) この大問のある問いに「t=0sにおいて、x=2.5mの位置での変位はいくらか。」というものがあり、私は、波形の式をたてて変位yを求めようとしたのですが答えが解答と合いませんでした...。 波形の式はこの問題には使えないのでしょうか..。それとも使い方が良くないのでしょうか。ついでに使った式はy=Asin2π/T(t-x/v)です。初歩的な問題かもしれませんが解説をよろしくお願いします。

  • 高校物理について(波)

    解いていく過程、考え方、答えを教えてください。 下の図(右)はx軸の正の向きに進む 正弦波の、t=0sにおける 座標x(m)と変位y(m)の関係を表し 図2(左)は媒質のある点の変位と 時間を表している。 (1)t=10sのときのF点の変位

  • 波の式 y=Asin2πx/λ の導き方について

     問題文に載っていた画像に当てはまるものがなかったので以下の画像で代用させていただきます。http://www.h5.dion.ne.jp/~antibody/schroedi.files/wave.gif  上の画像は振幅Aの正弦波の、時刻t=oにおける位置xでの変位yを表している。(波は右側に進んでいて、x軸が位置、y軸が変位です。あとは問題文と変わりません。) 問題は、「この正弦波の時刻t=0における位置xでの変位は、y=Asin○○と書ける」というものです。 解答では、図も波形の式は、y(x)=Asinθと表せる。 距離が1波長違えば、位相は2πだけ変化するのでλ:2π=x:θ よってλθ=2πx θ=2πx/λ 代入してy=Asin2πx/λ (答えは2πx/λ) となってます。最初はこれで納得できたのですが、そもそも >距離が1波長違えば、位相は2πだけ変化する というのはなぜ-2πではだめなのでしょうか?画像のグラフにおいて t=oにおいてx=oの位相が2πだった場合x=2πの位相は0なので、1波長x軸方に進めば2Π遅れると考えられるので、λ:-2π=x:θとしてもいいのでは思ったのです(答えは違うのですが)。 また、もしグラフが上記URLの画像のグラフをx軸対称にされたもの(つまりy=-sinx)やy=conxでも >距離が1波長違えば、位相は2πだけ変化するので という考えは通用してしまいます。その場合はどのように考えればよいのでしょうか?

  • 波の式の問題

    高校物理からの質問です。 添付した問題《類題28》の(4)についてです。 (1)で求めた振幅、周期、波長を波の式y=Asin2π(t/T - x/λ)に代入して、 y=4sin2π(t - x/8) と答えたのですが、正解はy=-4sin2π(t + x/8)でした。 波が負方向に進んでいる場合、波の式を作るとき、振幅、周期、波長以外にどういうことに注意しなければならないのでしょうか?

  • 最も疎の点の座標

    y(x,t)=Asin{2π(t/T-x/λ)+π/3} で表される縦波があって、媒質がx軸の正の向きに変位するときの変位yは正の値を取るものとしたとき、 ある時刻tに媒質が最も疎になっている点の座標を求めよ。 という問題ですが。 最も疎になっている点というのはy=0かつdy/dx>0の条件からもとまりますよね? y(x,t)=Asin{2π(t/T-x/λ)+π/3}=0 dy(x,t)/dx=-(2π/λ)・Acos{2π(t/T-x/λ)+π/3}>0 ここからどうしたら良いんでしょうか?

  • 単振動

    こんばんは。高校物理の単振動に関する問題です。 [問題] 振幅A、振動数fの単振動をしている物体の、振動の中心を原点としたとき、時刻tにおける物体の変位xを表す式を記せ。ただし、時刻t=0における変位はAであったとする。 [解答] この解答として、単振動の変位はx=Asin(ωt+Φ)で与えられる。ω=2πfであり、周期t=0における変位はAであるから、Φ=π/2となり、x=Acos2πft  とありました。ここで質問ですが、どうして単振動の変位は x=Asin(ωt+Φ)という式が導き出されるのでしょうか?具体的に、Φとはどういうものですか?  よろしくお願いします。

  • 波の問題

    ある媒質中をx軸の正方向に伝わる正弦波、fは媒質の変位。 波の 波長12[m],進む速さは120[m/s],振動数10[Hz],振幅2[mm] という条件で、 fを鉛直y軸方向への変位だとする(0≦x≦10[m]) ・x=2[m]の…にある媒質の振動の速度vを求めよ という問題で、円運動の速さがv0=振幅*2π/T=40πというのはわかるんですが、 肝心のvがv=40π*cos60°=20πとなるんですが、 何故cos60°になるのかがわかりません。 解説していただけると助かります。