-PR-
解決済み

購買力平価説と構造改革の関係について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.92052
  • 閲覧数59
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 14% (46/327)

日本は実際の為替レートと購買力平価の格差が大きいと言われ、
その格差の是正をするためには金融・ゼネコン・流通産業などの
構造改革が必要であるという意見がありました。
なぜ、生産業ではなくて、非生産業なのでしょうか?
また、このことは日本の経済体質の強化に繋がるのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

1)>なぜ、生産業ではなくて、非生産業なのでしょうか?

これは、製造業におけるイノベーション(画期的な商品開発や生産方式の発明)がないときの話しだと思います。
ぼくはそうならないことを希望しているのですが。

2)しかし日本の経済体質の強化には繋がると思います。
これらの「非生産産業」は、まだまだ生産性において、改良の余地がありますから。
お礼コメント
savaren

お礼率 14% (46/327)

なるほど。つまり、イノベーションや構造改革など、価格改善のための出来事がなにか起こる必要があるわけですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-19 08:31:33
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ