-PR-
締切済み

営業譲渡と債務引受

  • すぐに回答を!
  • 質問No.91833
  • 閲覧数479
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 33% (2/6)

6月末でA社からB社へ営業譲渡をする予定なのですが、
A社の6月末の未払金残はすべてA社で支払いたいと
考えています。これは可能でしょうか?
またその債務(未払金)をB社が引受なければならない
場合の「免責的債務引受」と「重畳的債務引受」
との意味の違いがわかりません。
どなたかお教えいただけますでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (2277/4890)

営業譲渡ですからBはAの債権も債務も引き受けるのでしよう。その場合、将来AとBが連帯責任でAの債務を履行する場合を「重畳的債務引受」と云い、Aはその契約時以後いかなることがあっても責任を逃れ、それをBが承諾した、と云う契約が「免責的債務引受」と云います。
AとBの約束ですからどんな内容でも有効です。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 商号を続用する場合(屋号にも類推の余地があります・商26)や債務を引き受ける広告をした場合(商28)には、債権者に対して、責任がありますので、注意してください。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ