• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

押川春波の海底軍艦の小説ですが、渡るとも

「星影あわき波上には、一二艘淋し氣に泛んで居る小端艇の他には、この大海原を渡るとも見ゆべき一艘の船もなかつた。」 この大海原を渡るともとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数173
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15219/32734)

 大海原を渡るとも見ゆべき=大きく広がる海を横切っていくように見える、ただ一隻の船も無かった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • bran111
  • ベストアンサー率49% (512/1037)

星の数も少ないこの海上には、寂しげに停泊している1、2艘の「はしけ」のほかには、この大海原を航海していくように思われる船は一艘もなかった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答どうもありがとうございます!(* ̄゜ ̄)/・

関連するQ&A

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、今は

    「この秘密は、實に私の生命です。今は數年の昔、君は御記臆ですか、船の甲板で、私が奇妙なる詩を吟じ、」 今は数年の昔とはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、悪分子

    「艇内の惡分子は、排氣喞筒によつて始終艇外に排出せられるから」 悪分子とはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、いぶかしや

    『輕氣球が天空より落ちた。本艦より端艇を下した。救ひ上げたるふたりの人は日本人である。一 人は冐險家らしい年少の紳士、他の一人はわが海軍の兵曹である。いぶかしや、何故ぞ。』 いぶかしや、何故ぞとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、高歩き

    「私も少年も、今猶十數日以來のつかれを感かんじてをるので、そんなに高歩きする氣遣いはないが、」 高歩きとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、千番に一番

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「其邊そのへん海嘯つなみの寄よせた樣やうな光景くわうけい、私わたくしは一生懸命いつせうけんめいに鐵鎖てつさを握にぎり詰つめて、此處こゝ千番せんばんに一番いちばんと氣きを揉もんだ。」千番に一番と気を揉んだとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、にあらずば

    「その多數は、「水バラスト」とか、横舵、縱舵の改良とか、其他排氣啣筒や、浮沈機等に尠少ばかりの改良を加へたのみで、その動力は常に石油發動力にあらずば、電氣力と定まり、艇形は葉卷烟草形に似て、推進螺旋スクリユーの翅の不思議に拗れたる有樣など、」 その動力は常に石油發動力にあらずばとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、肩章に浪を打たせる

    私は何氣なく倚子より離れて、檣樓に、露砲塔に、戰鬪樓に、士官水兵の活動目醒ましき甲板を眺めたが、忽電氣に打れし如くをどりあがつたよ。今しも、後部甲板昇降口より現 はれて、一群の肩章に波を打たせたる年少士官等と語りながら、徐に此方に來かゝる二個の人――—— 肩章に浪を打たせるとは何の意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春浪の海底軍艦の小説ですが、とばかり

    「少年は私を見るよりいと懷かし氣に倚子から立つて『おはよう。』とばかり可愛らしき頭を垂れた。『おはよう。』と私も輕く會釋してその傍に進み寄り、」 「おはよう」とばかりとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、とばかり

    大佐は苦笑しながら『誰が、こんな離れ島に永住を望むものか。』とばかり、私に向ひ とばかりとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説の質問で、氣轉よく

    「私(わたくし)は氣轉(きてん)よく一人(ひとり)離(はな)れて波打際(なみうちぎは)へと歩(あゆ)み出(だ)した。」 氣轉(きてん)よくとはどういう意味ですか。 ( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。