-PR-
解決済み

安徳天皇の歌

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9128656
  • 閲覧数144
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 96% (82/85)

30年ほど前に小学校の修学旅行で山口県の赤間神宮へ行きました。

そのときに住んでいた広島で、安徳天皇の歌を教えてもらったのですが、一部しか分からず、もやもやしています。

もし、歌詞を全部知っている方がいたら教えてくださいませんか?

よろしくお願いします。

入水されて幼くして亡くなられた安徳天皇のことを歌っていて、物悲しい曲でした。

歌詞の一部分↓

おちゅうしんとなぁ~って~
ついて~いきたやぁ~
しも~のせ~き~(下関)
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 72% (362/499)

覚えていらっしゃる歌詞からすると、山口県(長州、萩)の民謡「男なら」(オーシャリ節)の1番ではないかと思います。

♪男なら お槍担いで お中間(ちゅうげん)となって ついて行きたや下関
 国の大事と聞くからは 女ながらも武士の妻
 まさかの時には締め襷 神功皇后さんの雄々しき姿が 鑑じゃないかいな
 オーシャーリシャーリ

民謡「男なら」は、安徳天皇を歌ったものではありません。幕末の長州で、外国船打ち払いのために下関に集結した(下関戦争)藩士を見送る女性の立場で歌ったものです。
・Wikipedia「男なら」より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%AA%E3%82%89
> 「(もしも自分が)男だったなら、槍を担いで中間(ちゅうげん)として下関について行き、(外国との戦争に参加し)たい。
>自分も女ではあるが、武士の妻であるから、
>(外国の軍勢が萩に攻めてくるようなことがあっても)神功皇后のようにこの国を守る」
>1番の歌詞は以上のような内容である。

3番まであるので、2番以降の歌詞や音源は、「民謡 男なら」で検索してみてください。

修学旅行のときには、赤間神宮以外に、萩や下関には行きませんでしたか? 萩や下関の関連で聞いたものを、赤間神宮と混同したかもしれませんね。
お礼コメント
K8SL0922

お礼率 96% (82/85)

回答ありがとうございました

下関、行きました、関門海峡を歩いて渡りました

安徳天皇の歌ではなかったのですね

お答えくださり、すっきりしました

本当にありがとうございました
投稿日時 - 2016-03-01 07:11:24
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ