大学入試 数学記述について

大学入試で記述の数学を受験します。 解答欄の書き方についてです。 国公立なので一発で解き方が出てくることなんてそうそうあ...

noname#224808 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2016/01/28 19:39
  • 回答No.2
  • ベストアンサー
全く問題ないと思いますよ。むしろ消す時間も惜しいと思ったらその部分に大きく×を付けても良いかと思います。面接なんかとは違って入試なので見た目の綺麗さよりもまずは問題を解くこと(学力があることを証明すること)を最優先すればいいと思います。(が、あまり字が汚いと「俺だったら減点する」とか言ってた大手予備校の講師も居たりしますのでやりすぎには注意かも)
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 大学受験で四次方程式の解と係数の関係は使える? 数学・算数

    はじめまして。 大学入試では答えだけではなく数学は考え方を記述させ、それを採点しますよね。 2次方程式、3次方程式の解と係数の関係は教科書にも載っているので、それを考え方として示しても問題は無いと思うのですが・・・ 最近4次方程式にも解と係数の関係があることを知りました。 これがあれば問題などを楽に解くことができるとおもうのですが、これは入試の際の考え方として記載してもいいのでしょうか? それとも大学入試では使えず、あくまで検算として使用するに留めたほうがいいのでしょうか?...

  • 大学院の入試(数学)の勉強について 大学・短大

    大学院の入試(数学)の勉強について  私は今、大学3年生で食品系の学科(生化学が中心)にいるのですが、大学院の独立研究科の物理化学の分野に進学しようと考えています。  そこの入試に出る数学について、どのように勉強するべきか悩んでいます。  大学受験の時は数学II・Bまでしか受けず、大学のカリキュラムでは微分積分、線形代数を少しかじった程度です。どちらかというと数学の知識は疎いです。  入試の出題範囲は線形代数、微分積分学、ベクトル解析、線形常微分方程式、複素積分となっています。  勉強していくにあたって、まずはあやふやな高校数学から始めるべきだと考えております。高校の教科書が理解できれば、大学教養レベルに進んでも問題ないでしょうか?  また数学の勉強にお勧めな書籍があったら教えていただけると助かります。...

  • 大学入試の選択科目について質問です。 大学・短大

    僕は今、高校3年生で文系のクラスにいます。来年の春に大学(法政か明治の経営学部)受験をします。私大入試の受験科目のことで、数学か世界史のどちらを受験するかで迷っています。 数学で受験する利点としては、 (1)世界史に比べ数学のほうが得意  (偏差値 数50くらい 世40くらい) 数学で受験する欠点としては、 (1)世界史に比べ点数が安定しない  (問題の配点が高いため1つのミスが合否を左右する) (2)12月にしか学校の授業で全範囲を終了しない  (数Bの数列) (3)学校として数学で受験して成功した例があまりない  (担任の先生に言われました) なにか意見やアドバイスしていただくと助かります。 お願いします。...

  • 大学入試 数学の回答 大学受験

    もし、大学入試の数学でたとえば大問6つをすべて式をかかずに、答えのみ記述した、それがすべて正解だったら100点になるでしょうか? (途中の計算経過を書けとの但し書きはないものとして)...

  • 大学入試の選択科目 大学受験

    看護学部を受験します。 私の第一志望は今年から数学か国語が選択できるようになりました。 国語は過去問があるのですが数学は今年からなので過去問がありません。 そこで国語と数学どちらを選択するか迷っています(当日問題を見てから選択できます)。 国語の過去問を6年分解きましたが正答率は60~80%でバラバラでした。国語は過去問があるのである程度傾向も分かるし、安心感はあるのですが、どうしても苦手意識があります。 逆に数学なんですが、得意で模試の偏差値も国語より全然良いのですが過去問がないのでどんな風に出題されるのか不安があります。 数学の先生にも相談したのですが、一年目の出題だからそんなに難しいものは出さないのではないかと言っていました。やはりそうなのでしょうか? 過去問がないという不安があっても数学で受験した方が良いのでしょうか? 当日問題を見て選択出来るにしても、あと1ヶ月の勉強の計画が変わってくるので皆さんの意見を聞かせてください。 よろしくお願いします。...

ページ先頭へ