• ベストアンサー
  • 困ってます

ポルトガル語について

ポルトガル本国のポルトガル語を勉強しても、ブラジルでは全く通じないのでしょうか?それとも、日本語でも関西弁と東北弁が違うような感じ(発音や単語も多くが違いますが)で、お互いが理解しようとすると通じる程度の違いでしょうか?ポルトガル語圏に関しては両国とも非常に関心があります。それで、たまたま近所で教えてくれるところがあるのですが、ポルトガル本国の方です。珍しいと思います。他にポルトガル語を教えてくれるところは電車に乗って出かけてもほとんどありません。有っても、ニーズが無いから、講師も少なく生徒も少ないためグループレッスンはしていない、と個人レッスンでは非常に高価です。本当偶然なのですが、この地方では珍しくポルトガル語の教室が市内にありました。ここで習うと決めたのですが、ブラジルのポルトガル語との違いです。実際に聞き比べましたが、日本人でもわかるくらい違います。逆に言うとそれゆえ両国で通じるかもしれないと思ったのですが。いかがでしょうか?テキストもブラジル版ばかりです。仕事にも使いたいので、人口の多いブラジルポルトガル語が必要だと思います。NHKの講座などで補っていくしかないのでしょうか?それともまあ通じるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数452
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#209395

ブラジルで独自発展した言い回しも多いですが、意思疎通は問題なく出来ますよ。 ポルトガル人から習った言葉をリオやサンパウロで使ったら、「お前、ポルトガルから来たのか?」って聞かれるでしょうけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。どうも専門家の方は難しいとのご意見ですね。しかし、教えてくれるところが無いのに、じゃあ止めておくと言うのでは進みませんしね。本格的に教えてくれる人も出てくるでしょう。それまでポルトガル語を勉強します。平行してブラジルのほうも自分で勉強します。

関連するQ&A

  • ポルトガル語の勉強法

    ポルトガル語を勉強したいと思っています。とは言え旅行会話くらいだと思います。今主流はブラジルポルトガル語で、本国のイベリアポルトガル語は絶対数も少ない事から、本国でさえブラジルポルトガル語の規則を取り入れていると聞きます。目的は旅行と、音楽の意味を知りたい訳ですが、どちらの国にも関心はあります。音楽はブラジルで、旅行は本国に向いています。もちろん、ブラジルにも旅行に行きたいですし、ファドは好きです。私の住んでいるところにはブラジル系の出稼ぎの人も少なく、領事館も無いくらいで、ブラジルポルトガル語のレッスンはバカ高いのです。イベリアポルトガル語は幸いあったので、1か月習いましたが、先生の教え方に癖があるのと、やはりテキストが古いのです。新しいものの入手が困難なのです。そこで、今先生が不在で1か月休みなのです。1か月やってみて癖はあると言うものの基本的な規則は教えてもらいましたから、旅行会話くらいならNHKのラジオ講座と自習でなんとかなるような気がします。いや、それは無理だと言われるかもしれません。その場合、比較的リーズナブルなレッスンとか勉強法は無いでしょうか?月4時間で1万円少々は安い方だとは思いますが、それでも年間12万円です。旅行は両国行っても10日間くらいです。音楽の意味なら歌詞を訳すなら自習でも完全とは言えなくても大意は判るかな?と思うのですが。ポルトガル語を中途半端に勉強するなら、以前やっていた韓国語のレベルアップを考えた方が良いのか?と思います。韓国語は検定で初級は通って、中級の勉強をしたところで止めました。日韓の関係でいろいろあって興ざめしたのですが、今冷静になって考えるとやはりやっておく方が良いのかな?とも思います。日本ででも使えますし。よろしくお願いします。

  • ポルトガル本国のポルトガル語を学びたい

    こんにちは。ポルトガル語を勉強してみたいと思うんですが、日本で刊行されているポルトガル語の教本って、ブラジルのポルトガル語ばかりですよね。また、ポルトガル本国とブラジルのポルトガル語の違いは アメリカ英語とイギリス英語の差よりも大きいとも聞きます。ポルトガルでもブラジルのポルトガル語は通じると思いますが、ポルトガル本国のポルトガル語を学んでみようと思います。どのようにしたら学べるでしょうか?

  • ブラジルポルトガル語とポルトガルのポルトガル語?

    ブラジルのポルトガル語とポルトガルのポルトガル語って、日本で例えると、関西弁と関東弁くらいの差(違い)だと解釈していいでしょうか? 今、ポルトガル語を覚えたいと思ってますが、うちの近くの本屋さんに行くと、ポルトガル語=ブラジル みたいな本ばかり。。 正直、ブラジルにはまったく全然興味はなく… でも、ポルトガル語という言語には惹きつけられていて… おかしな感じですが(^_^;) 実際、どのくらい違うものなのか? ついでに、ブラジルポルトガル語がいいよとか、ポルトガルポルトガル語の方がお勧めだねとか、ポルトガル語について何かアドバイスもあれば、嬉しいです。。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • 4237438
  • ベストアンサー率28% (274/968)

ブラジル語の通訳です。 一方はヨーロッパの小国であるポルトガル。 もう一方は南米最大の国家であり、将来性のあるBRICSの一角を占め、日本ブラジル両国に存在する移住者。これらを考えると圧倒的にブラジル語のほうが役立つ可能性が高いです。 私はいつもはブラジル人ばかりを相手にしていますが、一度だけポルトガル人の通訳をしました。わかりにくかったです。何度もお互いに聞き返しました。でも聞き返されたら同じ意味の別の言葉を言って分かり合えました。 これまでポルトガルの植民地であったアフリカのギニアビサウとアンゴラの人の通訳をしたこともありますが、めっちゃくちゃ難しかったです。同じ意味のことを何度も別な表現で繰り返して分かり合えました。向こうも第一言語はポルトガル語ではなく現地語なんですよ。ポルトガル語は学校で覚える言葉です。 日本人がアメリカでイギリス英語をしゃべっても笑われることはありませんが、もしあなたがブラジルでポルトガル本国の言葉をしゃべったら笑われることを保証します。私の友人のブラジル人が、 「一度マカオで日本人とポルトガル語で話したことがあるんだけど、その日本人はポルトガル本国の言葉で話してたぜ。なんだか変な気分だったぜ~」 と言って笑ってました。 アメリカ人にとってイギリスはそれなりに評価されますが、ブラジル人にとってポルトガルは評価が低いです。ブラジルでよく聞くピアーダという小話はポルトガル人がとんまな役で登場します。 たとえば例をあげますと、 「ポルトガル人が電球をとりかえるのに何人が必要か?」 という質問です。 答えは5人です。 一人が机の上に登り両手でしっかりと電球を握ります。 するとあとの四人は机の四隅をもってぐるぐる回り始めます。 すると机の上の人もぐるぐる回って電球がはずれるという訳です。 植民地時代、ブラジル人たちは威張っていたポルトガル本国の役人をこういうピアーダでからかい、憂さを晴らしていたのです。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 しかしながら、ポルトガル語の講座自体が少ないことと、講師の人数もすくない。いくつか学校はあたったのですが、今はありませんと言う言葉しか返って来ません。大都市なのにブラジルの領事館もありません。(あまり書くと場所が判るので書きませんが)ブラジル人も少ない地方だそうです。なのにブラジル系のポルトガル語教室がない。破格の授業料を出せばあるようですが、その金額なら現地に行った方が安いくらいです。足元を見てるのでしょうか?やりたいけれど、講座がない。だから高くしている。それがポルトガルのポルトガル講座がうちの町にある。本心はブラジル語なのですけれど、仕方ないですね。浜松の友人に聞いたらいっぱいいるとの事。そこならアルバイトで教えてくれる人もいるかも知れないですが。取っ掛かりにして探すことにします。

関連するQ&A

  • ポルトガル語の勉強をしたいのですが

    ポルトガル語の勉強をしたいと思っています。ブラジルにもポルトガル本国にも興味はあります。旅行会話に少し毛が生えた程度で良いのです。ただ。ブラジルとポルトガル本国の言葉は似て否なるものだと聞いています。確かにブラジルとポルトガルの音楽を聴いても同じ言葉とは思えない感じです。また、おなじラテン系の言葉でスペイン語がありますが、スペイン語は通じる国も多く、それも魅力です。学生時代商社に行きたかったので先生に相談したらスペイン語が良いと言われました。しかし大学に第2外国語でスペイン語がなく仕方なくフランス語を取りました。 そこで、質問ですが、ポルトガル語を話せるようになりたい(本国とブラジルで使いたい)。そして、欲張りだけれどポルトガル語を勉強するとスペイン語と共通点はあってスペイン語を学ぶのは楽になるのか?そして昔フランス語を取っていたことはこの2つの言語を勉強するのに役立つか?という点です。 そして、学ぶ方法です。語学学校に行くのは良いのでしょうが高いです。昔韓国語を勉強したときは近所の民団に行って勉強しました。グループレッスンでしたが月3千円ほどでした。こう言う学び方は無いものでしょうか?大阪近辺でですが。スペイン語はテレビかラジオでありましたが、ポルトガル語は無かったと思います。何か良い方法はないでしょうか?

  • ブラジル・ポルトガル語の発音について

    ブラジルのポルトガル語のSとRの発音について教えてください。 例えば、esta(原形estar)の発音を、人によっては、”エスター”と 発音し、またある人によっては、”エシュター”というように、Sを”ス”または”シュ”と発音するのが聞いてとれます。 また、Rの発音をスペイン語等の巻き舌のラリルレロで発音したり、ドイツ語のように、喉の奥を摩擦させて、ハヒフヘホのような音で発音しているのがわかります。これは、同じブラジル国内でも、地域差、または男女差や年齢層によって異なるのでしょうか。 外国人としてブラジルポルトガル語を身につける場合、無難な発音としては、どの方法がよいのでしょうか。

  • スペイン語とポルトガル語の違い、本国と中、南米との差

    【Q1】スペイン語とポルトガル語は、隣国だけによく似ているように思います。両者の違いはどの程度なんでしょうか。相手国語を知らない両国の普通人同士が会話すると、そこそこ通じるんでしょうか。 【Q2】スペイン、ポルトガルの本国の言葉と中、南米のとでは、少し違うように思います。同じスペイン語(またはポルトガル語)でも本国と中、南米の差はどの程度なんでしょうか。東京弁と関西弁くらいの違いでしょうか?

  • ポルトガル語の「lh」の綴りの発音について質問いたします。

    ポルトガル語の「lh」の綴りの発音について質問いたします。 ポルトガルにおけるポルトガル語の標準的発音では、 「lh」の綴りはどのように発音されるべきなのでしょうか。 カタカナ表記では、この発音には一般に「リャ」「リ」「リュ」「リェ」「リョ」が充てられているようですが、 実際の発音としては ・スペイン語の「ll」の発音(舌先が下の前歯の裏に付き、舌の中ほどが硬口蓋に接する発音、 発音記号で言えば「λ」の楷書体のような記号を用いるもの)に近いのか、 ・あるいはロシア語の「ль」(舌の先は上の前歯の裏に付き、舌体は硬口蓋に近接する発音)に近いのか ・それとも語によって、または個人によって変化に富む発音であるのか ご教授願います。 なお、ブラジルポルトガル語の場合も、もしご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただきたいと存じます。

  • 「Do you mind if I ・・・」の if は、濁って iv になりますか?

    よろしくお願いします。 ネイティブの方々が “Do you mind if I ・・・” や “I wonder if I ・・・” における“if”を、濁って“iv”のように発音することはあるでしょうか? そう発音する人がいるとすれば、ざっと人口の何割いるでしょうか? (だいぶ前にNHKのラジオ英会話を聴いていたとき、アメリカ人講師がそういう発音をしていたような気がするのですが)

  • OK、ナントカ、please repeat after me

    NHKの高校講座英語2というのを聞いています。 講師が「それでは語句の発音練習をしましょう」と言った後、イギリス人のゲストが "OK、~~、please repeat after me" (後ろのほうは「私について繰りかえしてください」でしょう。) と言うのですが、~~という部分が何度聞いてもなんと言っているのかわかりません。 強いて片仮名で書くと ローリー とか ブローリー とか リブリー とか そんな感じなのです。 私は初め、slowlyと言っているのかと思ったのですが、sの音は聞こえないので、違うと思います。 なんと言っているのでしょうか。 もしお分かりにならなければ、別の発音でもいいので、ここに入る可能性のある語句をお教えください。

  • with の th は濁るのと濁らないのと、どちらが多数派?

    よろしくお願いします。 ネイティブの英語の発音に詳しい方からのご回答を希望します。 with という単語の発音ですが、 私が中学のときにNHKのラジオ講座を聴いていたら、アメリカ人講師が、th を濁らせずに「ウィす」と発音していたので、それが標準的な発音だと信じていました。 「with me」は、「うぃふみー」みたいに聞こえていました。 th を濁らせる「ウィず」という発音もあることを知ったのは、かなり後になってからのことです。 辞書を引くと、「ウィず」「ウィす」の両方が書かれていて、そして、必ずと言っていいほど「ウィず」のほうが左側、つまり第一候補になっています。 ちなみに、3年ぐらい前に甥っ子が使っていた中学校1年の教科書を見せてもらったら、「ウィず」の発音の方しか載っていませんでした。 それから、もう一つ、if の発音です。 NHKの英会話講座で、 "I wonder if I ・・・" という表現を習ったとき、アメリカ人講師が 「アイ・ワンダリヴァイ・・・」 というふうに、明らかにfをvに濁らせて発音していました。 もしかしたら、決まり文句のお決まりの発音として、そういう発音になっているのかな?とか思っていました。 そこで質問ですが、 ネイティブの発音においては・・・ 1. with の th は、濁るのが多数派ですか? 2. "I wonder if I ・・・" という言い回しにおける if の f は、濁るのが多数派ですか? ちなみに、自分で調べたところ、下記を見つけました。 ポーランドのサイトのようなので、いまいちですが。 http://www.antimoon.com/forum/2002/8.htm

  • イタリア語を習いたい

    茨城県水戸市近辺でイタリア人講師からイタリア語を習えるところを探しています。今はNHK講座で勉強していますがやっぱり実際に会話がしたくなりました。某大手スクールNの体験レッスンを受け楽しかったのですが、テレビ電話を通しての形式での授業しかないということと、30万ぐらいかかりそうなので無職の自分にはちょっときついかなと思って迷っています。それにちょっと強引な勧誘の仕方に疑問が残り、信頼できるのか不安です。カルチャーセンターは値段は安いけど講師が日本人なのが気になります。あくまで趣味で習いたいので、個人で伊会話教室をしているところなどの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 植民地について

    植民地について ふと思ったんですけど、世界のあちこちに植民地(○○領みたいな所)がありますが、大抵スペイン、フランス、ポルトガル、英国(少ないけど)の国々の領地だと思います。 ところが、なぜかドイツ領は無いです(私の知っている限り)。これはなぜなんでしょうか? 第一次、第二次世界大戦に負けたからとも思ったのですが、大航海時代(?)で考えても中南米のスペイン語やアフリカ諸国のフランス語、ブラジルのポルトガル語の様に、ドイツ本国からの遠隔地でドイツ語を国語としている国は聞いた事がありません。 何分、歴史に疎いのですが、フランク帝国(?)など昔から文明は他のフランスやスペイン等、同じ欧州の国々と比べて遜色が無かったと思います。 過去にドイツは遠隔地に植民地を持っていたのか? もし持っていた場合、現地ではドイツ語を浸透させたのか? 浸透させた場合、現在はどうなっているのか? 植民地を持っていなかった場合、その理由と背景は? を教えて下さい。

  • 中国語の発音に関してアドバイスください。

    NHKのラジオ講座や市販教材などを使い、独学でぼちぼち中国語を数年(・・・も)勉強している者です。 今ラジオ講座の応用編では、講師が生徒に中国語の授業をするような形態のレッスンを行っていて、途中生徒さんがテキストを音読し、講師が逐一発音を直すというのが従来のラジオ講座と違ってとても面白いです。 結構できる生徒さんなのに、曖昧な発音をしていて注意を受けることもあって新鮮な驚きです。 私は音読が好きなので、よくテキストを読むのですが、自分の発音を振り返ってちょっと不安になりました。中国語は漢字だから日本人は音をないがしろにしがちとはよく言われることですが、私自身、四声をちょっと間違えて覚えていたり、読みながらいつの間にか発音が変っていたりしているところがあると思います。 そういうことを念頭に置いて発音を確かめながらテキストを読み直すと、やはり怪しいままの単語がありました。 それで本文の単語全てのピンインを書き出し、確認しなおしました。 ここで疑問なのですが、中国語の場合、どの程度きちんと発音していないといけないものなのでしょうか。やはり新出単語のたびに、全て完全にしておくべきなのか、途中ちょっと四声が違っても会話の流れでわかるからそこまで神経質にならなくてもよいのか。 (でも検定試験を受ける場合には、発音がきちんとピンインで正確に把握できてないと答えられない問題もありますね) 英語で考えると、単語のイントネーションやストレスの位置などが間違っているのはいけないけれど、日本人にとって難しい全ての母音を細かく正確に発音しなくても何とかなってしまうような気がします。 (もちろん正確なのに越したことはありませんが) 中国語の場合は発音においてどのような考えで臨めばよいでしょうか。 まるきり初心者のような質問で申し訳ありませんが、 アドバイスいただけると嬉しいです。