• 締切済み
  • 暇なときにでも

発熱反応とエントロピー

発熱反応は自発的であると高校生の時に習いました。しかし、発熱反応の場合ΔH<0であることよりΔS<0となり、エントロピーは減少します。 エントロピーが増大する方向に自発的な反応が起こるということと、発熱反応の場合に自発的な反応が起こるということは矛盾していないでしょうか? 回答をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数554
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

自発的に進むかどうかは孤立系としての系でエントロピーが生成するかどうかで決まります。 因みにエントロピーの流れではありません。ある温度Tで系が外界から可逆的にQの熱を受け取ったなら系のエントロピーはQ/Tだけ上昇しますが、熱を供給した外界は-Q/Tのエントロピー減少です。熱のやりとりがある外界も含めて全体で初めて孤立系ですから、系と外界を合わせればエントロピー変化ゼロで、これは自発的に進む変化ではないことになります。(等温の系と外界の間で熱のやりとりは無理で、無限小の温度差は考える必要があります。) さてClausiusの不等式によればdS≧dQ/Tです。等号は可逆変化の時に対応します。この式をdS=dQ/T+dQ'/Tと書けば、Clausiusの主張はdQ'/T≧0あるいはdQ'≧0であるとわかります。dQ'/Tはエントロピー生成、dQ'は非補正熱と呼ばれます。一方 dU=dQ+dW=dQ-PdV・・・(1) でありますからdQ=TdS-dQ'を使えば dU=TdS-dQ'-PdV・・・(2) となります。もしSとVが一定の条件ならdU=-dQ'です。dQ'>0ならエントロピー生成に対応するので自発変化が起こります。即ち、S、Vが一定ならdU<0つまりUが減少するのが自発的に変化する方向です。そしてUがそれ以上小さくなれないところが変化の終点となります。 エンタルピーをH=U+PVで定義すれば dH=dU+d(PV)=TdS-dQ'-PdV+PdV+VdP=TdS+VdP-dQ'・・・(3) となります。S、Pが一定ならばdH=-dQ'です。よってS, Pが一定ならばHが減少する(dH<0)のが自発変化の方向です。そしてHがそれ以上小さくなれないところが変化の終点となります。 次にGibbsの自由エネルギーGをG=H-TSで定義すると dG=dH-d(TS)=TdS+VdP-dQ'-TdS-SdT=-SdT+VdP-dQ'・・・(4) となります。温度と圧が一定の条件ならば(普通はこの条件が採用されています。)Gが減少することこそが自発変化の方向の目安です。そしてGがそれ以上小さくなれないところが変化の終点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 発熱反応の種類

    こんにちは、いつもお世話になっております・・・。 発熱反応についての質問です。 発熱反応には3種類あるのを知りました。 そこには・・・ (1)酸化:鉄の酸化 (2)化合:鉄と硫黄の化合 (3)中和:酸とアルカリの反応 と書いてありました。 ここまでは良いのですが、1つ疑問に思った事がありました。 「酸化」では鉄の酸化だけしか発熱反応は起きないのでしょうか。 その他のカテゴリーでも「それだけしか発熱反応は起きないのか」と言えるのではないかと思いました。 そこで質問です。 「酸化」「化合」「中和」の他に発熱反応を起こす化学変化はありますか? また、「酸化」の中では「鉄の酸化」しかないのでしょうか? 不足している部分があると思いますが、回答よろしくお願いします。

  • 発熱反応

    化学について質問です。 なぜ生成物の生成熱の総和が反応物の生成熱より 大きいときは、発熱反応になるのですか? 明日学校のテストなので回答よろしくお願いします(>_<)

  • 発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。

    発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。 発熱反応では、生成物の運動エネルギーが反応物の総エネルギーよりも減少し、その減少分が周囲の分子に伝わることで発熱となるのでしょうか? だとしたら、どのようなメカニズムでエネルギーは周囲に伝わるのでしょうか? 生成物のエネルギーは減少するのに、周囲分子のエネルギーを増加させることが出来るのはなぜでしょうか? また、吸熱反応の場合、周囲の分子のエネルギーを奪うことで生成物のエネルギーが増加するのですよね? だとしたら、生成物のエネルギーはなぜ周囲の分子に再び伝わっていかないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.2

反応の有利な方向を決めているのは自由エネルギーです。 通常、我々は定圧下で反応を行うので、問題となるのはギブス自由エネルギーです。 DG=DH-TDS(Dはデルタのつもり) エンタルピーとエントロピーは別の物理量です。なぜDH<0ならDS<0となるのでしょうか? また、そもそもプラスマイナスの方向が逆ではないですか? 外部からの熱の取り込みがある場合がDH<0ですよ? DH<0(吸熱)でもDS>0(粒子数が増えるなど)なら、自発的な反応になりえます。 また、DH>0(発熱)でも、DS<0(粒子数が減るなど)なら、不利な反応になることはあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

何か根本的に間違っている気がします。「発熱反応は自発的である」とは必ずしも断言できませんし、「ΔH<0であることよりΔS<0となり」というのは何の話でしょうか。「エントロピーが増大する方向に自発的な反応が起こる」というのは断熱系の話では? 「ギプスの自由エネルギー」とかで Wikiを見て下さい。 ΔG=ΔH-TΔS これで自発変化がどうか判断することになるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 吸熱反応と発熱反応

    吸熱反応と発熱反応を熱化学方程式に書くとき、生成熱は「+」?「-」?、中和熱は「+」?「-」?というに、反応熱に対する「+」「-」のつけ方がわかりません。 つけ方えを教えてください。

  • カルシウムと炭素の反応は発熱反応ですか?

    カルシウムと炭素を直接に反応させるとカルシウムカーバイドになると思いますが、その時の反応は発熱反応でしょうか、それとも吸熱反応でしょうか?

  • 発熱反応・吸熱反応について

    以前、NHKの高校講座で、「使い捨てカイロの中身を取り出して、ビーカーの中で混ぜ合わせると温度が徐々にあがって行く」という実験をやっていました。 これは、発熱反応がおきたという例だったのですが、発熱反応では熱が外に放出されるのですよね。 質問(1) なぜ、熱が放出されるにも関わらず、カイロの(鉄粉自身)の温度があがっていくのでしょうか?鉄粉の周りの温度があがるというのなら理解できるのですが、なんとなくよくわかりません。それとも、もっているエネルギーが小さくなることと、それ自身の温度とは別のことでしょうか? 質問(2) また、この上がった温度から、変化したエネルギー量を求めることもできますか? 勘違い等あると思いますが、よろしくお願いします。

  • 明日化学のテストなんです!

    以下のことを教えてください! (1)グルコースの示性式ってどのように書きますか?分子式や構造式なら書けるのですが、示性式は見たことなくて…。 (2)一般に発熱反応はエントロピーが減少し、吸熱反応はエントロピーが増加する、と教科書の書いてあります。でも、呼吸の反応式や、プロパノールを二酸化炭素と水に分ける反応式で、エントロピーは増えててているのにこれは発熱反応だと思うので矛盾が生じてしまいました。教えてください。

  • エントロピーについて

    理想気体が等温膨張すると、そのエントロピーSは増大する」 というのがよく理解できません。分かりやすく説明していただけると幸いです。 そもそもエントロピーというのは、その温度における無秩序さで、自発的な化学反応はΔS≧0なんですよね?? すみませんが、宜しくお願いします。

  • 発熱反応と吸熱反応

    高1のmibtです。 化学のテストがあるのですが、 よく分からないので、教えてください! 1.発熱反応の例を示して、反応物と生成物のエネルギーの違いについて説明しよう。 2.吸熱反応の例を示そう。 一応、自分でも考えてみました。 1.メタンの燃焼   CH4+2O2→CO2+2H2O 2.H2+O2→2NO どうでしょうか? エネルギーの違いというのが意味が分かりません。 教えてください。    

  • 高分子の解重合は発熱反応ですか、吸熱反応ですか?

    高分子の解重合は発熱反応ですか、吸熱反応ですか? ポリエステルを解重合触媒を用いてモノマー化します。この時バックバイティングが起こって解重合が進むと論文には書いているのですが、この解重合の最中に発熱は起こり得ますか? というのも、押出機でポリエステルと解重合触媒を混練した際、ポリエステルに混じっていた不純物が焼けて黒くなっていました。これは発熱反応の熱によるものと言って良いのでしょうか。

  • 中2です。理科の期末テストで化学反応で発熱反応もし

    中2です。理科の期末テストで化学反応で発熱反応もしくは吸熱反応を使っているものをカイロ以外で答えよとあったのですが、石油ストーブはどうなのですか?

  • エントロピー 無秩序 について

    エントロピーは、無秩序な状態の度合いを表すもので、無秩序な状態ほどエントロピーが高く、整然として秩序の保たれている状態ほどエントロピーは低い。 (2)万物は、自然のままにほっておくと、常にそのエントロピーが増大する方向へ変化する(エントロピー増大の法則)。 また温度をあげてエントロピーが高くなれば安定するとも学びました。ここがひっかかるのですが例えば北極のような氷の世界ではエントロピーは低いのでしょうか?北極は人の手で氷の世界となっているわけではなく、自然のままと思うのですが・・・安定していないのですか?矛盾を感じます。

  • 吸熱反応とエントロピーについて

    反応は、自然現象として エネルギーが低くなる方向に進む と最近学校で学びました。硫酸と水の混合の反応はこれにあてはまっています。しかし、塩化アンモニアと水の反応は吸熱反応なので、エネルギーが大きくなっているので矛盾します。どうしてそうなるんですか??教えてください。 それを説明するのにエントロピーというものが関わっていると聞きました。エントロピーについては教えてgooにものっていたので、いろいろ読んで少しわかったような気もします…。ですがまだいまいちよくわからないのでそちらの方も教えていただけたら嬉しいです。