• ベストアンサー
  • 困ってます

スペイン語のlとrの発音の違い

こんにちは。 スペイン語をアメリカで習っている高校生なのですが、英語を話す人はみんなrを英語のrで発音してしまっています。rrの巻き舌もできていないようです。 私は巻き舌はできるし、発音もいいと先生から褒められて、とても嬉しかったのですが、ふと考えたら、私はlとrの違いがわかりません。 スペイン語ビデオをいくつか見たのですが、どれもlに聞こえてしまいます。英語のlとrの違いははっきりわかるのですが……。 lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。 メキシコ人の友達に聞いたら、それはスペイン語圏のひとたちがvとbの違いがわからないのと同じと言われ、ますますわからなくなりました。 ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数496
  • ありがとう数39

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7366/9084)

>lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。 ⇒以下のとおりお答えします。 l と r とは、確かに紛らわしいですね。どちらも流音の仲間なので、それだけ似ているということですね。流音とは、「空気(呼気)の流れを利用して音をつくる」という意味で、lとrの違いは、その「空気の流れを利用する」仕方がちょっと違うんですね。 l の発音:舌先を伸ばして歯茎に軽く触れ、空気(=呼気)が舌の両側面を通って流れて外へ出るように発音します。それで、この音のことを(流音の下位区分としての)「側音」とか「側面音」と言います。 r の発音:舌先を硬口蓋に近づけて巻き込み、舌面にできるかすかな凹面部分に呼気を強く当てて舌先を震わせます。1回振動するとrの音、3,4回振動するとrrの音になります。これらは、それぞれ「単振動音」「多振動音」と言われます。 caló-caro-carro や pelo-pero-perro などの、いわゆる minimal pair 「最少対立」(問題の部分の音だけが異なり、他の部分はすべて同じ音を持つ語の対)で区別を練習するといいかも知れませんね。この区別ができないと、「彼女の“しかし”がそよ風になびいている」とか、「あ、“髪の毛”が吠えている!」などと、トホホなこと言ってしまうことになりますね。 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それは本当にトホホですね……。 rは弾くような感じで、lは英語のlのような感じで、ということでよろしいのでしょうか。 ただいまひとりで発音練習しています。 わかりやすい説明をありがとうございました。 発音練習、頑張ります!

関連するQ&A

  • 巻き舌(スペイン語のRなど)を練習してもう7年になるのですが・・・

    語学が好きで、中学に入る前から英語とかドイツ語とかやっていたのですが、どうしてもあの「rrrrr・・・」っていう「巻き舌」がキレイに出来なくて困っています。 巻き舌の練習を始めてもう7年以上経過しているのですが未だにうまく出来ず、スペイン語とイタリア語はそれのせいで発音に関しては諦めたのですが・・・。 私の場合、「巻き舌っぽいもの」は練習を始めて3ヶ月くらいで出来るようになったのですが、同時に鳴ってしまう息の「シュー」という音が強すぎてキレイな巻き舌と言えるようなものではありません。教本についてきたCDを聴いても、ネイティブの発音には程遠く・・・。 でも、現段階では息の音無しで巻き舌をどうやってやればいいのかわかりません。 OKWaveや他のサイトでも「巻き舌」で検索かけて様々な巻き舌の練習方法を試してみたのですが、それでも息の音はなくなりません。 今はロシア語をやっているのですが、ロシア語にもrrr音があって、それだけがうまく発音できずに悩んでいます。 どうせ外国語やるならキレイに発音したい!そしてあわよくばイタリア語やスペイン語での会話にもチャレンジしたいです! キレイな巻き舌の発音の仕方、特に舌の位置などを詳しく教えていただけると嬉しいです!ご回答よろしくお願いします。

  • スペイン語のRの発音

    スペイン語のRの発音で私の本には次のように書かれていました。 “スペイン語のRは2つの母音に挟まれた時、あるいは単語の最後にある時は柔らかい音をしています。この音は舌の裏側ではなく、舌の先を口蓋にくっつけて、軽く震わせて発音します。・・・・・” そこで質問ですが、これって結局は日本語のラ行とほぼ同じ音と解釈していいんでしょうか? また、舌の裏側を口蓋にくっつけるというのは、英語のRの場合はこれでいいんでしょうか?

  • スペイン語のRの発音、舌の震わせ方、多言語でもOK

    スペイン語のRの発音についてお尋ねします。あの舌を震わすやつです。あの発音は日本人にとってすごく難しいらしいのですが、私は、子供のころから、舌を震わすことはできました。しかし何故できるのか、どうしたら出来るようになるのかがわかりません。私の知る限り、出来る人は練習して出来るようになったのではなく、元から出来たみたいです。舌の長さ、形などが関係するのでしょうか?元々出来なかったけど、きれいなが発音できるようになった人はいるのでしょうか?不完全なものではなく。日本人でも舌足らずと言われる話し方をする人がいますが(実際は舌が長すぎるみたい)、こんな感じで、舌を震わすことの出来ないネイティブのスペイン語話者がいるのでしょうか?因みに、スペイン語でなくとも、ロシア語みたいに舌を震わす発音のある言語なら、何でもいいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14766/31442)

 #1です。捕足です。  スペイン語を、ネイティブのように話すのが目的なら別ですが、意志を通じるのが目的なら r と l を間違えたぐらいで、訳が分からないメキシコの人って少ないですよ。  分からなければ問い返せばいいだけで、実際問題にはならないと思います。  「ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか」というご質問ですが  「あからさま」に違いますが、そうだからと言って、僕は、そのために意図が分からない、と言うほど頭脳の回転の遅いネイティブに会ったことは一度もありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど……。 確かに私の言っていることは通じているのですが、どうしても発音のよさに固執したくなってしまうのですよね。 でも、意思疎通ができれば問題ないです、よね。完璧にならないと話したくないという典型的にダメな主義から脱却しなければいけませんね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

メキシコ原産地のスペイン語母語ですが、「RとL」「BとV」もまったく違った発音ですよ。こちらで20年くらい住んでいる日本人でも、「RとL」は「R」発音ですから、日本人の耳ではこの聴覚能力がないと思います。反対にわたしは、日本語の「夜」の発音ができなくて。どうしても「ヨル」と聞こえるようになっても「ジョル」と30年間くらいは発音していました。アルゼンチンの人は「ショル」ですが。 自分の耳で聞き取れないものを、頭の中で考えて発音しても無理ですよ。あっさり諦め~た精神になり2~30年もすると何となく分かってきます。メキシコ人が鶏の鳴き声が「キ・キッキリキー」と擬音化で発声するように、「コケ・コッコー」って聞こえなくなったら、NAITIVEみたいに発音ができるようになりますが、こんどは日本発音がおかしくなります。 アメリカ英語訛りのスペイン語って、日本人よりも、もっと滑稽的発音です。スペイン語メキシコ弁は、日本人にとって、聞き取りやすい言葉なので、マネがしやすい、上達もアメリカ人よりは遥かに早いので、メキシコ人でも理解できない文法など後回しで、まずは会話ができるようにからです。とにかく、まず相手の言うことを理解し、自分の意思をじぶんの口から言えるようになることです。 それから、余談ですが、メキシコ弁を理解できるようになると、英語が物凄く早く上達する副作用があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

bとvも違う発音なのですか。驚きです。 でもなぜか留学生のメキシコ人の女の子は発音できないのですよね……。 2~30年ですか、なかなか気の長い話ですが、その時までスペイン語とお付き合うする機会があることを願います ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14766/31442)

1. lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。 ご参考までに  http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm  http://matome.naver.jp/odai/2138197791046483901  https://www.youtube.com/watch?v=MtapaW_uDfU 2。ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか。  それはやはり「毛」とか「毛皮」を意味する pelo と、「でも」とか「しかし」を意味する pero、「犬」を意味する巻き舌の perro とは、違います。 メキシコ人のお友達に言ってもらって耳をならすといいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました! 友達にtutoringを頼んで根気づよくやろうと思います。

関連するQ&A

  • スペイン語の巻き舌はどうやったらできるの!?

    現在スペイン語を習っているのですがrrや文頭にrがきた際の巻き舌がどうしてもできません…。 巻き舌ができる友達にいろいろ聞き練習したのですがトゥルルルルーーー…と長く巻き舌を続けられないんです。 一瞬ならたまにできるのですが、いざ文章を読むとなるとできないんです! どなたか良い練習法をご存じないでしょうか? 「ルルルルー…」という単音よりも「radio」や「rosa」などの単語で練習したほうが良いのでしょうか? できるだけ詳しく教えていただけると助かります。 ちなみに友達には「たらちゃん」をひたすら言え!と教えられ、やってみましたところこれが一番巻き舌っぽくできてるように思います。 どうも私の巻き舌は口の中で音がこもっている感じです。

  • rrのベランメー巻き舌ができません

    現在スペイン語を少しかじっているのですが、rrの発音つまり、子供の口論で使用されるような舌を震わす発音ができません。子供のときからできなかったので、今練習してもできる訳が無く、困っています。 特にスペイン語はラジオとか聴くと至るところに、舌を震わす発音が現れているようで、これができない事にもどかしさと壁を感じます。 現地人、或いはスペイン語(別に他言語でも構わないです)を勉強している日本人の人でできない人っているのでしょうか?やっぱりできないと厳しいですよね。 ちなみに、日本語は当然この発音は無いですよね。知る限り英語もR Lの発音はあってもベランメーRRは無いですし、韓国語も無い気がします。 けれど、世界的に見ればやはりRR的発音は多数派なのでしょうか?RR的発音をする言語他にあれば教えてください。

  • (-er),(r)の発音の仕方を教えてください

    来春アメリカに駐在するのですが、アメリカ英語の発音に自信がありま せん。イギリス英語なら少しは出来ると思います。特にアメリカ英語の(-er), (r) {例えばKirk, teacherなどの発音(-ir),(-er)}がネイティブのように響きません。 アメリカ人の会話の先生に,舌の動かし方など聞いたのですが、アコーデオンのように舌を引くとしか説明してくれません。 そのた、「英語耳」などの日本の教材も“舌の根元を持ち上げてうなる”とか“舌先を持ち上げて後ろへ引く”とかだけで、もっと詳しい説明がありません。 これらの説明に従って発音練習をしてますが未だにネイティブのような響きが出ません。 どなたかアメリカ英語の(-er)の発音の出し方を詳しく説明して頂ければ幸いです。

  • paellaの発音は?

    スペイン語は本国と中南米などの地域の違いで発音の仕方に違いがあると伺っています。食べ物のpaellaの主な発音の仕方をカタカナ表記で結構ですから教えてください。 実はある高校の英語の検定教科書のある課で、パエリヤのことが話題になっているんですが、「パエッヤ」のような発音がモデルとして提示されています。いくつかの発音辞典で英語としての発音を調べてみたんですが、英米ともに 英語発音では/l/ が表に出るようなんです。とすると、きっとスペイン語ではこの/l/ が表にでないんだろうな、と推測するわけですが、いかがなんでしょうか? なお、私は全くスペイン語の知識がありませんのでわかりやすくお教えください。

  • [s]の発音の仕方を教えてください

    英語の発音の仕方が分からなくて困っています。 sheは日本語の「シー」とほぼ同じなので発音できるのですが、seaやseaがうまく発音できません。「スィー」と発音するのだというのはわかっているのですが、やってみてもどうも不自然になってしまいます。クチの形、舌の位置をどうすればネイティブのような発音が出来るのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • walkとworkの発音の違い、どのように意識しますか?

    walkとworkの発音の違い、どのように意識しますか? 私は、walkの「オ」の時は舌を上あごから離し、workの「オ」の時は徐々に近づけて行くような意識で発音していました。 ところが以前、ネイティブの先生に walk と work それぞれの単語を発音して聞いてもらったところ、丁度逆の単語を発音しているように聞こえると言われました。(前後の意味に影響を受けないよう、単語だけを言って試しました。)何度言ってもそう聞こえるとのこと。 上の発音の際の意識ではどちらも舌に力が入るので、結局同じに聞こえたのでしょうか・・。その時以来とても大きな疑問だったのに、一度もこの違いについて確認していませんでした。 初心者、ベテランを問わず、日本語ネイティブで英語を学んだことの有る方、英語ネイティブで説明できる方など、回答いただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

  • 発音を矯正したい

    18歳です。1年後のアメリカ正規留学に向けて今学校で毎日英語で授業を受けています。 ネイティブは先生だけでクラスメートが日本人ばかりなので、ジャパニーズイングリッシュから抜け出せません。これから卒業する先輩たちの多くもジャパニーズイングリッシュのままのようです。アメリカで4年間以上の大学留学をだいぶ前に終えて英語を教える資格を持っている知り合いでさえ日本人英語です。 アメリカに行ったら直っていくだろうと考えていましたが、年齢的にも環境的にも、もうそろそろ直せなくなるのではないかと心配しています。 たとえばユンソナやBoA(どちらも韓国人ですが・・・)などは、日本語自体は完璧に近いのに発音の訛りで即外国人だって分かってしまいますよね。私はアメリカに行くからには、ネイティブアメリカンと同じように話し、アメリカで育った人と思われて扱われたいのです。 直すことは可能でしょうか?中学高校時代に留学すると発音は完璧になると聞きますが、どのくらいの年齢から適応能力が落ちていくのでしょうか? また、日本にいる間に発音矯正を受けるのにいい教室、自分で直す方法などありますか?

  • Cの発音は日本人にはそれほど難しくないように思えても実は意外に難しい!

    こんにちは。私は大学生になったばかりですが、高校の時の英語の先生は、英語の授業以外でも、例えば 校内アナウンスなどで「○年C(スィー)組の生徒は.......」と言っていました。英語の先生だからと言っても何となくわざとらしく少し滑稽に聞こえたものです。 しかし、ネーティブがCを発音すると もっと「シー」に近いというか、「スィー」と「シー」の中間のように聞こえます。恐らく、高校の時の英語の先生は 「スィー」と発音した時に、口の形と舌の位置が「ウ」に近いまま「イー」と発音した為に母音自体が普通の「イー」とは微妙に違ってしまったと考えられます。 私もCを上手く発音できませんが、コツを教えてください。

  • イタリア語でRが2つ続いた場合の発音

    イタリア語の単語でRが2つ続く場合(voRRei...など)はいわゆる「巻き舌」で発音するのが自然なのでしょうか。 私は巻き舌が苦手なので、Rが来た時は舌を1回はじくだけで済ませているものの、RRと来た場合はそれだと個人的に違和感を感じてしまいます。イタリア語ネイティブの方でvoReiやaRivederciのように(舌を1回だけはじくと解釈してください)発音する方は結構いらっしゃるのでしょうか。それともやはり「巻き舌」のほうが自然なのでしょうか。 実際これらのことで特別困っている訳ではなく、単にどちらが一般的なのか(もしくは両方とも一般的なのか)が気になったので質問させていただきました。 ちなみに「喉のR」はできるので、どうしても強調したいときはそちらで代用するのですが、それはそれでなんだか違和感があります(汗)。

  • 「d」の音が発音出来ない!

    昨日通っている英語学校のイギリス人先生から、「d」の発音を徹底的に直されました。 具体的には「beard」、そして複数形の「beards」です。 私は日本語で「ドゥ」と普通に発音するときのように舌の腹(真ん中)の部分上歯とその奥の歯茎にぺたっとつけて発音しましたが、先生は舌の先端を上歯の裏ではなく、上歯の上の歯茎につけて音を出せというのです。英語を習い始めてから今までこのように発音してきた私には目からウロコもので、10回は言わされましたが結局出来ませんでした。 更にはその舌の状態で複数形も発音すると言われたのですが、音さえ出ないので困っています。 日本語には無い音として色々な発音があることはよく聞きますが、「d」の音がそうだとは耳にしたことが無かったのでとてもびっくりしています。私だけなのでしょうか・・・ ただこの発音を直してくれた先生は2人目なので、私の「d」の音に問題があるのは紛れも無い事実です。更にはヒアリングが出来ない理由がこの音ばかりでなく全般的に発音が悪いことにあるのかとも思っています。 分かり難い説明で恐縮ですが、どうやればネイティブに聞こえる「d」の発音が出来るのか、どうやったら正しい発音が習得出来るのか、何かお考えアドバイスがある方、どうぞ教えて下さい。