-PR-
締切済み

水平対抗エンジン+FFのメリットは

  • 暇なときにでも
  • 質問No.88298
  • 閲覧数2089
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 11% (94/804)

普通スバルの水平対抗エンジンといえば4WD
ですが、昔スバル1000というクルマが
ありました。今でもインプレッサにありますが。
これは水平対抗+4WDだったそうですがその
メリットは何ですか?水平対抗エンジンのメリット
は知ってるのですがFFと組み合わせるとどういう
メリットがあるのは教えて下さい。
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全9件)

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 35% (19/54)

エンジン型式と駆動方式は、走行性能より、コストでメーカーが判断する場合がほとんど・・・ただし、一部ユーザーが決めている物が有ります、例えばポルシェ、
FR,FFなどユーザーが目もくれません国内では、スカイライン・Z・ソアラなど
実際、想像するのがむずかしですね?  ではスバル、オーナーも同じ、ただ、新規需要の獲得やバリエイション数の増減などから、まれにロープライス専用車が生まれます。これもその(まれ)だとしか考えられず。ローコスト車と言う答えしか出ません。  数少ないメリットの中に、限定した、競技もくてきを考えた場合も有ります、ダートトライアル・ジムカーナにてきしたロールセンター重視の低重心点車両とでもいっときますか??


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 30% (15/50)

質問の主旨がちょいとわかりにくいですが、水平対向の
メリットを知っていると書かれてますが、それは低重心、
左右対称、小型軽量などかと思いますが、それならどの駆動
方式と組み合わせてもそのメリットは、生きると思いますよ。
だから別にFFだろうが、FRだろうが、もちろん4WDも。

逆にデメリットは、コスト(やったことないメーカーが、今から新たに作るとすると)、整備性、オイルの片よりなどと言われてますね。
これらを嫌って他に採用するメーカーが、ないらしい。
  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 25% (9/36)

FFと4WDの違いが知りたいのですか?

FFは室内が広く使えるメリットがあります。
4WDは走行安定性と登坂能力の向上が得られます。

富士重工の最初の乗用4WDのレオーネは、エンジンの上に補助タイヤを
乗せるという無謀なことをしていました。
補足コメント
agv6cavo

お礼率 11% (94/804)

すいません。質問がボケてました。FFと4WD
の違いではなく、FFと水平対抗エンジンの
組み合わせのメリットが知りたいです。

「普通スバルの水平対抗エンジンといえば4WD
ですが、昔スバル1000というクルマが
ありました。今でもインプレッサにありますが 、
水平対抗+FFだったそうですがその メリット
は何ですか?水平対抗エンジンのメリット
は知ってるのですがFFと組み合わせるとどういう
メリットがあるのは教えて下さい。」
投稿日時 - 2001-06-11 00:45:11
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 39% (16/41)

スバル特有なのかもしれませんが、水平対抗エンジンと4WDを組み合わせる為か?エンジンマウントが前輪車軸中心よりもかなり前方に配置されています。これは重量バランス的には決していいことではありません。フェラーリなどが水平対抗エンジン+ミッドシップを採用しているのも重量バランスを考えてのことですよね。
今のインプレッサがどのような構成を採用してるか知らないのですが、FFにすることによってエンジンを横置きに配置出来るのではないでしょうか?それによってFF用ミッションとの組み合わせによりエンジンを4WDよりも後方に配置でき、重量バランスも改善できると想像します。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 35% (146/416)

まったく想像ですが、

水平対向エンジンのメリットの1つに「左右対称」というのがありますね。このメリットはエンジンの回転軸と車の進行方向を平行にしたときに生かされるメリットです。しかしFFの場合、エンジンは前輪軸と平行に配置され、進行方向とエンジン回転軸は直交してしまうのでせっかくの左右対称が生かされないのです。しかも水平対向エンジンは幅が広いのでそれを横置きにしたらパッケージングにもデメリットが出るでしょう。
水平対向エンジンを横置きにするのはナンセンスなんでしょうね。
むしろ、水平対向エンジン+後輪駆動だったら面白いかもしれませんね。
  • 回答No.8
レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

FFと水平対抗エンジンの組み合わせのメリットですが、詳しくはスバルのホームページの「スバルミュージアム」(SUBARU MUSEUM)にスバル1000のことが詳しく載っていますので(なぜ水平対抗+FFなのか)、そちらを参考にされたらいかがでしょうか。
 私も父親がスバル党で、スバル360、1000、ff-1、1300G、レオーネと乗って来ましたし、私自身も1300Gとレオーネに乗っていました。
 簡単に言えば、スペース効率と操作性を考えたら、この組み合わせになった、ということだと思います。 またスバルの前進が中島飛行機で、レシプロ飛行機のエンジンは水平対抗の様なものですから、作りなれていたのかもしれません。
 要約すれば、水平対抗はエンジンが短く、重心も低く、軽量(アルミエンジンだった性もありますが)なため、重量配分も良く、車の外寸に比較して居住空間が広くとれ、フロアトンネルが無いので床をフラットに出来、エンジンの出力もロス無く駆動輪に伝えられ(ドライブシャフトがいらない)、操作性(特に回頭性)も良く、悪路(特に雪道)の走破性が高くなるためだと思います。
 またその後に出た4WD車も駆動系が真ん中にあるので、それにドライブシャフトとリヤデフをつけるだけで比較的簡単に出来たそうです。(これは提携先の日産ブルーバードのものを使ったそうです)
 
 居住性は、当時としては驚くべきもので(現在のリッターカーを考えてください)、またトランクスペースも巨大で、一度レオーネバンの荷室に満載した荷物が1300Gのトランクにすっぽり入り、まだ余裕があるほどでした。
 FFならではのメリットは、車の一番重い部分に駆動輪がありますので、悪路(特に雪道)では、FRでは走れないところでも、しっかりとトラクションが利いてスイスイ走れ、また良く曲がれる車でした。
 反面、スバルは凝りすぎて、整備する側はずいぶん泣かされたそうです。
 また、エンジンルームにスペアタイヤを置いたのは、記憶が定かではありませんが、ff-1の時には置いてありました。
 回答になっているかどうか解りませんが、改めて他社の車とは1ランク以上違っていた車だと思います。
  • 回答No.7
レベル7

ベストアンサー率 15% (5/33)

スバルって、FRを作ってないメーカらしいです。
でも、水平対抗エンジンは縦置きですよね?
基本的に4WD用のレイアウトをそのままに、価格の安いモデルを作れることではないでしょうか?
あと、水平対抗エンジンは高さが無いので低重心化ができる、カウンタウエイトがいらないので直4エンジンより軽いのではないでしょうか?
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 66% (222/333)

5年前からインプレッサの1.5リットル FFに乗ってます。
デザインなどが好きで買ったんですが、残念ながら、水平対抗とFFとの組み合わせたる利点を全く無駄にしていることは認めざるを得ません。
エンジン形式とドライブ方式の組み合わせについて現代では目に見える利欠点はないようですが、もし、生かすとするなら、

○ 全長に比べて、居住区長が長く(ボンネットを短く)でき、車高の低い(かっこいい)車が作れる可能性がある
ということでしょう。これは、

・水平対抗エンジンは、全長が短いため、ボンネットを短くできる可能性があり、
・水平対抗エンジンは前高が低いので、エンジン下にFF用ドライブユニットを付けてもボンネットが高くならない(可能性がある)ため着座位置を低くでき、車高を低くできる。
・FFに徹することで、室内床板を平らにでき、車高が低い割りには居住室高を高く感じさせることのできる可能性がある

はずなんですが・・・実際には

・ボンネットはスカスカで長い。なんせ2リットルエンジンと(多分)ボンネットが共通でおまけに横置きFFと違い、出力軸が後ろ(居住室側)に出ているから。だから、全長が無駄に長い。
・トランスミッションが後ろ(居住室側)に出ていて、FFドライブユニットもエンジン下にしてない。おかげで、ボンネット高はより低い(はず)が、ボンネット長も長いので、鼻先の視界も良くない。オーバーハングも大きくて、よく段差で擦る。なんせ、着座が高いほうが通常は便利。
・どうやら、4WDとFFで、共通のボディを使ってるらしく、車内中心をドライブシャフト用の大きなトンネルが通っている。全高が低いのに車内の広さも犠牲になっている。

・・・で、何でこれにしたのかって?

・低回転でも振動が少なく吹けあがりもいい。(水平対抗のいいところのひとつ)
・マニュアル派だったので、フロアシフトが(レバーのすぐ下にミッションがあるので)カチッと決まるのがよかった。
・当時1.5リットル級のワゴンで唯一おじさん臭くないデザイン
・当時、(運転席側だけだが)エアバッグ標準装着で価格が安かった。
・当時、(鼻先が長いことも手伝って)米国衝突基準で、日本車中一番の安全車だった。

というところかな。

まあ、水平対抗エンジンは、前下方向の視界がとても重要な航空機用のレイアウトです。
直列縦置きでは、鼻が長くなり、着陸時の前方視界が減って危険が増します。
航空機はプロペラを回す必要があるため、横置きもできません。
空冷中心の航空機の世界では直列は冷却にも問題があります。

そんな飛行機屋さん時代のレイアウトにこだわっているのは、愚かかもしれませんが、私は結構好きです。
  • 回答No.9

その前に何で皆さんは水平対抗と書くんですか?
なぜか他のカテでも実に良く見かけるが単なる変換ミスなんでしょうか?落ち着きませんねえ。

実際世界でポルシェとスバルしか作っていない極めて貴重なエンジンを変換ミスのまま使っているなんてスバルに申し訳ない。

メリットはNO.8sasapyon01さんのおっしゃる通り、私も過去スバル1100、1300G‥と乗り継ぎましたが特に1100、あれは非常に素晴らしい車でした。

T社N車のベストセラーカーと比べて比較する方がどうかしている、と言うのが実感でしたよ。
月とスッポン、ダイヤとビー玉、金と真鍮、似て非なる物と言う事です。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ