• ベストアンサー
  • 困ってます

有機化合物の基本てきなことです。

教科書をみると アルコールのーOH エステルのーCOO-カルボン酸のーCOOHは一つの有機化合物で複数あることができるようですが、エーテルーO-アルデヒドーCHOーケトンーCO-は一つしかないように思いす。あっているでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数293
  • ありがとう数41

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#214841
noname#214841

こんばんは。回答番号2のplapotaです。「補足」を拝見いたしました。 「エーテル」とか「アルデヒド」とかいふのは、あくまでも部分的に見た名前です。それが分子全体を特徴づける場合には、分子そのものを「エーテル」と呼び、「なんとかエーテル」とします。もちろん、エーテル以外の官能基がひとつの分子の中にあつてもかまひません。 >>クラウンエーテルはエーテルということで間違いないでしょうか。 はい、輪になつたエーテルです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB いちおうお知らせしておきますが、回答番号1の方も、3の方も、きちんとした質問には、とても丁寧に回答してくださいます。特に1の方には、私のアホ質問にしよつちゆう回答していただくので、今回はフォローの意味で回答しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

部分と全体の関係性がよく理解できました。さらに勉強したいと思います。私は高校3年生の受験生です。 ありがとうございます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#214841
noname#214841

回答番号2,5のplapotaです。もう少しだけ追記します。 同じ官能基が複数ある場合は、そのことを明示した呼び方をします。 回答番号2に示した例では、 クラウンエーテルは、「ポリエーテル」 グリオキサールは、「ジアルデヒド」 ジメドンは、「ジケトン」 になります。 「ポリ」は「たくさん」、「ジ」は「2」の意味のギリシャ語に由来する言葉です。 ところで、eitoman1さんは、何の目的で質問なさつたのですか。「エイトマン」といふIDからは、かなり年配の方のやうにお見受けします。趣味の一環としてですか。それとも資格試験のためでせうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

教科書に例が載ってなかったので、ご質問のように考えられたということですね。 回答に書きましたが、一個の分子中に存在する官能基の数に制限は無いです。 もちろん、いろんな官能基を入れていくと、例で引いたようにどんどん複雑な分子になっていきますが、それでも一個の有機化合物に違いはありません。 >例えばカルボン酸にはベンゼンにカルボキシル基が二つ付いた化学式がありましたが、エーテルにはなかったからです。 図書館で参考書や問題集をぱらぱらめくってみると、例がいろいろ見つかると思います。 なお、カルボン酸についても、別にベンゼン環に直接くっついている必要はないですよ。 たとえば、クエン酸をウィキペディアで調べてみてください。 >教科書には炭化水素分子の隣あったC原子の間にO原子が結合した構造の化合物をエーテルという、構造式でいうとRーOーRがエーテルとありました。そこでRーOーRがつながって大きな分子になったらエーテルがたくさん集まった別の名前の化合物、になるのかなと思いました。確認ですがクラウンエーテルはエーテルということで間違いないでしょうか。よろしくお願いします。 そのご理解で良いです。 私が回答で例にしめした、ポリエチレングリコールはまさに質問者さんが想定されているようなもので、高分子とよばれるものの一種です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よく理解できました。さらに参考書などでいろいろと調べてみたいと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.3

間違ってます。想像ですが、ブドウ糖分子やフタル酸を見て、そのように思ったのかも? どういう教科書を読まれているのか分かりませんが、有機化学・生化学・高分子の章を最後までパラパラ眺めてみました? 分子内に官能基がいくつあるかに制限はありません。 例えば・・・ エーテルたくさん:http://ja.wikipedia.org/wiki/ポリエチレングリコール アルデヒドふたつ:http://ja.wikipedia.org/wiki/オルトフタルアルデヒド ケトンの場合:http://ja.wikipedia.org/wiki/テトラサイクリン いくらでもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

習い始めで質問が稚拙で申しわけありません。NO2のかたに補足で自分が考えていたことをかきました。 できたら解答をお願いします。

  • 回答No.2
noname#214841
noname#214841

>>エーテル -O- >>アルデヒド -CHO >>ケトン -CO- >>は一つしかないように思います それぞれ、クラウンエーテル、グリオキサール、ジメドンなどでお調べください。他にもいくらでも例があります。 私は、あちこちでアホ質問、ボケ回答ばかりしてをります。そんな人間が言ふのも変ですが、少しだけ書かせてください。今回の投稿目的はむしろ以下のことです。 ふだんQ&Aを読んでゐて感じるのですが、質問の仕方によつて回答が違つてきます。自分の考へを詳しく書けば、丁寧に答へてもらへますし、問題を画像にしただけの手抜き質問の場合には回答がつかないこともあります。 今回の質問の場合でしたら、なぜエーテルがひとつの分子にふたつ以上ない、とお考へになるのか、その理由をお書きになれば、みなさん熱心に回答してくださると思ひます。 >>教科書をみると とありますが、どんな書き方がしてあるのでせうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

習い始めで理解できていなくて質問が稚拙ですいません。 例えばカルボン酸にはベンゼンにカルボキシル基が二つ付いた化学式がありましたが、エーテルにはなかったからです。教科書には炭化水素分子の隣あったC原子の間にO原子が結合した構造の化合物をエーテルという 構造式でいうとRーOーRがエーテルとありました。そこでRーOーRがつながって大きな分子になったらエーテルがたくさん集まった別の名前の化合物、になるのかなと思いました。確認ですがクラウンエーテルはエーテルということで間違いないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 回答No.1

いいえ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 有機化合物の揮発性

    炭化水素、アルコール、エーテル、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、エステル、芳香族 などの大学受験で必要な有機化合物のうち「揮発性」をもつのはどれなのでしょうか? あとその考え方?もあれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 有機化合物の官能基の色々な変化

    化学初心者です。有機化合物の官能基の色々な変化について教えてください。 たとえば、 第1級アルコール(-OH)は酸化されアルデヒド(-CHO)になり、さらに酸化されてカルボン 酸(-COOH)となるというような、変化です(この変化は、ネットで検索したものです)。 2~3の例でもかまいません。 よろしくお願いいたします。

  • 有機化合物の分離(酢酸エチル)

    酢酸エチルをけん化してアルコールとカルボン酸に分離するには (1)エステルにNaOH水溶液を加え、加熱しエーテルを加える →エーテル層(エタノール)、水層(酢酸ナトリウム) (2)水層に強酸を加えてからエーテルを加える →エーテル層(酢酸)、水層(有機化合物なし) というようにある参考書に記述があったのですが、(2)の操作結果に疑問があります。 強酸を加えると酢酸が遊離するのはわかるのですが、酢酸は水に解けやすいので水層にいくのではないのでしょうか? また、仮に水に溶けないとしてもなぜ酢酸はエーテル層にあるのかわかりません。 おわかりになる方いらっしゃいましたらお願いします。

  • 複数の官能基を持つ有機化合物

    有機化学で「複数の官能基を持つ有機化合物で、身近にあるものについて2つ調べる」というレポートを出されたのですが、なかなか見つけることができません。官能基の種類はアルケン、エーテル、エステル、ケトン、カルボン酸、アミン、チオールのうち2種類以上持つものです。なるべくたくさんの用途があるものがいいのですが…。1つはシステインにしたので、できればもう1つはアミノ酸以外にしたいと思っています。どなたか心当たりがあれば教えてください。

  • 有機化合物の分離

    有機化合物の分離をしました。 エステル化でしたが、途中で分からないことをしました。 エステル化が終わった後、炭酸Naを加えてカルボン酸を取り出した後です。飽和食塩水を加えました。そして遠心分離したのですが、何度考えても飽和食塩水の意味が分かりません。もしかしたらかなり単純なことなのかもしれませんが、回答おねがいします!

  • 有機化合物、覚えられない・・

    数が多いし、似たり寄ったりで覚えられない。 なにかアドバイスよろしくおねがいします。 アルコール、エーテル、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、エステル、油脂、セッケン、フェノール、芳香族カルボン酸、サリチル酸、ニトロ化合物、芳香族アミン、アゾ化合物・・・・ 覚えられません。

  • 有機化合物

    久しぶりに有機化合物に触れてみようとおもい、文献を手にしたのですが・・・さっぱりです これの読み方を教えてもらえないでしょうか?   CH3   | CH3ーCHーOーCH3

  • 有機化合物:酸触媒について

    有機化学を勉強しておりまして エーテルの製法やエステルの製法で 「アルコールを”酸触媒”にて脱水」や 「アルコールとカルボン酸を”酸触媒”の元で反応」 とあるのですが,酸触媒と言ってもどこにも濃硫酸の記載しか ないのですが,その他の酸はなんでもいいのでしょうか? 硝酸は酸化力があるのでダメだと思うのですが・・・

  • 有機化合物の分離

    教えてください。 有機化合物の分離について授業でやったのですが、教科書を読んでもあまりわからないので解説していただけると嬉しいです。 ニトロベンゼンとサリチル酸とアニリンのエーテル混合溶液からそれぞれを分離し、確認するというものです。 よろしくお願いします。

  • 有機化合物の命名法が覚えられません;;

    官能基の優先順位がカルボン酸、エステル、アミド、アルデヒド、ケトン、アルコール、チオール、アミン、エーテルになることが、どうしても覚えられません;;こういった順位になることは何か理由があるのでしょうか。なければ、ゴロでもかこつけでもいいので、覚え方を教えてください。