• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

複数の官能基を持つ有機化合物

有機化学で「複数の官能基を持つ有機化合物で、身近にあるものについて2つ調べる」というレポートを出されたのですが、なかなか見つけることができません。官能基の種類はアルケン、エーテル、エステル、ケトン、カルボン酸、アミン、チオールのうち2種類以上持つものです。なるべくたくさんの用途があるものがいいのですが…。1つはシステインにしたので、できればもう1つはアミノ酸以外にしたいと思っています。どなたか心当たりがあれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数5
  • 閲覧数598
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

酢酸ビニール CH2=CHOCOCH3 はアルケン+エステル. もちろんポリ酢酸ビニールのモノマーです. ピルビン酸CH3COCOOH は生物学では頻出. アセト酢酸 CH3COCH2COOH というのもあるけど, これらは「ケトン」と言っていい?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

天然物ならばいくらでも。 生化学の本、か、香料の本をみれば、いくらでも。 ただ、身近に存在する物ですが、名称を身近に感じているかどうか、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 香料ですか、いいかもしれません! 調べてみます、ありがとうございました。

  • 回答No.3

ああ、二種類ね。 サリチル酸メチルじゃダメだね? アルカンだもんねえ。 サロメチールが有名だけど。 ポリマーはダメなの? ナイロン6,6とか。 じゃあ、リノール酸。アルケン、カルボン酸。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 リノール酸だと官能基はカルボン酸とアルケンですか?

  • 回答No.2

テレフタル酸はカルボン酸(カルボキシル基)が二個なので「2種類以上持つもの」ではないのでだめな気が。 閑話休題、目的とする官能基の種類にアルコール(ヒドロキシル基)は入っていませんか?入っているならブドウ糖(グルコース)とかで良いんですが。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9 だめなら、ビタミンCで。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3C

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! アルコールは入ってないんです…。 ビタミンC、調べてみます!

  • 回答No.1

テレフタル酸、なんてどうですか。PETの原料だし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 有機化合物の命名法が覚えられません;;

    官能基の優先順位がカルボン酸、エステル、アミド、アルデヒド、ケトン、アルコール、チオール、アミン、エーテルになることが、どうしても覚えられません;;こういった順位になることは何か理由があるのでしょうか。なければ、ゴロでもかこつけでもいいので、覚え方を教えてください。

  • 有機物が溶けるか溶けないか・・・

    高校で習う範囲の有機物(アルカン,アルケン,アルキン,アルコール,アルデヒド,カルボン酸,ニトロ,アミノ,ケトン,エーテル,エステル)が溶けるか溶けないかについて・・・・ 1(ⅰ)「溶けるか溶けないか官能基によって違う」と聞いたことがあるんですが、本当でしょうか?よろしければそれぞれの官能基が溶けるか溶けないか教えてください。 2、それぞれ有機物が溶けるか溶けないかについて良い覚え方や判断の仕方があれば教えてください。 是非回答お願いします。ペコリ(o_ _)o))

  • 有機化合物、覚えられない・・

    数が多いし、似たり寄ったりで覚えられない。 なにかアドバイスよろしくおねがいします。 アルコール、エーテル、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、エステル、油脂、セッケン、フェノール、芳香族カルボン酸、サリチル酸、ニトロ化合物、芳香族アミン、アゾ化合物・・・・ 覚えられません。

  • 有機化学の問題

    学校の有機化学の課題が出ましたが、さっぱりなので、どなたか教えてください。 アルカン、アルコール、エーテル、ケトン、カルボン酸、アミン、エステルについて炭素数5までの化合物の水溶性についてのデータを調べ、下記の項目に従いその理由を説明しなさい。 (1)液性による溶解性の変化 (2)炭素数による溶解性の変化 (3)官能基の違いによる溶解性の変化 よろしくお願いします。

  • 有機化合物の揮発性

    炭化水素、アルコール、エーテル、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、エステル、芳香族 などの大学受験で必要な有機化合物のうち「揮発性」をもつのはどれなのでしょうか? あとその考え方?もあれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 有機化合物の官能基の色々な変化

    化学初心者です。有機化合物の官能基の色々な変化について教えてください。 たとえば、 第1級アルコール(-OH)は酸化されアルデヒド(-CHO)になり、さらに酸化されてカルボン 酸(-COOH)となるというような、変化です(この変化は、ネットで検索したものです)。 2~3の例でもかまいません。 よろしくお願いいたします。

  • 官能基について

    問題で、「電子を引く(吸引する)性質を持つ」官能基と「電子を押す(供与する)性質を持つ」官能基を選べというのに当たりました。 選ぶ官能基は、 水酸基、エーテル結合、アルデヒド、カルボニル、カルボキシル、エステル、スルホン酸、ニトロ、アミノ とありました。 私が有機化学の教科書で調べてみましたら、電子吸引性とか供与性は芳香族の所にありまして、この場合については納得できました。 しかし、この電子吸引性、供与性というのは、芳香環につく場合のみにいわれるのでしょうか? 問題の意味的にこの官能基なら、必ずこの性質を持つ、と決められる感じがしたので、わけがわからなくなりました。 うまく説明できませんが、官能基別に反応性とか性質についても、教えていただけたら嬉しいです! よろしくお願いします。

  • ▲▲官能基のまとめ▲▲

    有機化学を学んでいる者です。 官能基のケトン基・エーテル基について質問です。 教科書などケトン基やエーテル基の表し方を、 R-CO-RやR-O-R、としていますが自分としては C-CO-CやC-O-Cとするのがいいと思います。 ケトン基やエーテル基はRの部分がCであるときに呼ばれるので Rでは《REST;残部》であるため、常に(炭化水素基である)とは 思えないのでR→Cとした方がいいと思った次第です。 しかし、どの教科書(マクマリーなど)を見ても明記されていません。 もっと大切な事があるとおもいますが、気になります。 よろしくお願いします。

  • エーテル カルボン酸 エステル等と環構造

    エーテル カルボン酸 エステル ケトン アルデヒド アミン ニトロ化合物 スルホン酸 と 環構造 についての質問です いままで私は カルボキシル基をもっていればカルボン酸 ケトン基をもっていればケトン と単純に考えていましたが 環構造の中に各官能基がとりこまれているケース 例えば   O   || C-C-O-C |     | C-C-C-C はエステルといっていいのでしょうか? (Hは省略しています・このような物質があるかどうかはさておいての話です) また環構造に各官能基がくっついている形        O        || C-C-C-C-C-O-C |     | C-C-C-C はエステルといっていいのでしょうか? (Hは省略しています・このような物質があるかどうかはさておいての話です) 調べても分かりませんでした。 自分でもいろいろ考えました (言ってもいいor鎖についているケースのみ言うorそういう物質はないから問題は生じないetc.) がわかりませんでした。 おしえてください。 またエステルの場合とカルボン酸の場合はちがう…などがありましたら そのケースごとに教えてください

  • IUPACによる有機化合物の命名法

    有機化合物をIUPACで命名するとき,hydroxyやoxoは,アルコール,アルデヒド,ケトンの接頭語だと思うのですが,ということは,官能基が複数あり,アルコールやアルデヒド,ケトンよりも優先順位の高い官能基が主基としてあった場合,hydroxyやoxoもアルファベット順に並ぶのでしょうか? また,aminoやnitro,ハロゲン化物,aikoxyなども接頭語として持ちいられるときは,アルキル基と合わせて,アルファベット順に並べれば良いのでしょうか?とすれば,(数等省略)amino-ethyl-fluoro-methyl-nitro-propyl- という順番で正しいのでしょうか.