• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

光学xx倍デジタルxx倍って

デジカメの倍率表現で、光学10倍、デジタル20倍などとよく見かけますが、これはどういうことなんでしょうか? 例えば、5cmのものが、50cmになったら10倍ですか? 光学10倍なら、焦点距離の関係上理解できる気がしますが、デジタル20倍ってのは、表示するディスプレイで変わってくるのではないでしょうか? 素人にもわかりやすく説明されたサイトなど、情報を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数126
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • fry-gon
  • ベストアンサー率22% (30/134)

 説明の仕方がよくなかったようですね。すみません。 デジタルズームというものは、元となる画像の一部を切り取ってあたかも写真全体を拡大したかのように見せてるだけです。 うまく説明できなくて申し訳ありませんが、大雑把にいうと2倍に拡大するということは、元の画像の4分の一の部分を切り抜いて元の画像の大きさに引き伸ばして見せているということなのです。  従ってデジカメの画素数にあてはめると、元画像が400万の場合、2倍にすると画素数は4分の一の100万。3倍にすると9分の一の約44万になる計算です。    単焦点とズームは違います。 単焦点のカメラは(機種によって様々ですが)単一の倍率に固定されたレンズを搭載したカメラのことであり、ズームというのは最初にご説明した光学ズームレンズを搭載したカメラのことをさします。  デジタルズームといういいかたは本来正しくなく、あれは「デジタルトリミング」とでもいうべきものと私は理解しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびありがとうございます >デジタルズームといういいかたは本来正しくなく、あれは「デジタルトリミング」とでもいうべきもの というご説明で、よくわかりました。 絵全体の大きさは、絵の細かさと違うんですね。

関連するQ&A

  • レンズの倍率について

    現在、光学の勉強をしているのですが、顕微鏡の対物レンズに関してどうしても納得できないところがあり質問します。有限遠補正・無限遠補正光学系において、対物レンズの倍率の定義として顕微鏡メーカーのHPなどでは倍率=像側焦点距離/物像側焦点距離と書かれているものがあります。 普通、レンズの倍率は横倍率、縦倍率、角倍率とある中で顕微鏡の対物レンズは、横倍率で定義されるものだと思うのです。たとえ、焦点距離を基準として定義するにしてもレンズの焦点距離は物像側焦点距離=像側焦点距離なので焦点距離で倍率を定義できないのではないかと思うのですが、倍率に関して何か見落としている点があるならアドバイスお願いします。

  • 光学ズームとデジタルズーム画像

    ソニーのビデオカメラでHDR-XR550Vを検討していますが、光学ズームが10倍しかありません。ソニーもキャノンもハンディカムの上位機種は光学10倍+デジタルズームです。ワンランク下の機種では15倍とか20倍があるのにとても不思議に思います。デジタルズームの場合は画像がかなり劣化すると思うのですが?どなたかご存知の方がいれば教えて下さい。

  • 縮小光学系搭載のデジタル一眼の長所短所

    古いタイプのデジタル一眼レフカメラでミノルタの「ディマージュRD3000」というカメラを使用しています。 このカメラはAPSカメラ用に開発されたレンズを使用して、2枚の1/2型150万画素CCDに結像させて270万画素の画像を出力するものです。 2枚分の1/2型CCDの大きさは、APSのイメージサークルより小さいので、レンズに入ってくる光を有効に取り込むために縮小光学系(カメラ内部のレンズで縮小する機構)を搭載しているのと、35ミリカメラに対して1.5倍の焦点距離となるAPSカメラ用レンズの焦点距離がより小さなCCDを使用する事でさらに35ミリ換算焦点距離が長くならないための工夫だと思っています。 ところで、この縮小光学系のメリットとデメリットとはなんなのでしょうか?。 このカメラを使っているとカメラに詳しい人が 「ああ、縮小光学系のヤツね」 と馬鹿にしたような言葉をかけていく人が多いのです。 デジタル一眼レフの黎明期にはニコンやコダックからも縮小光学系搭載の機種も出ており、珍しいものでは無かったと思うのですが。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • skbler
  • ベストアンサー率9% (69/692)

デジタルズームとは、画角をレンズが捕らえた上で、さらにズームすればこんなところだろう…と、切り張りされたモノです。ハードウエアに内蔵された回路にさらに負担が掛かるので、衝撃に弱くなったりします。せっかく用意された機能ではあるものの、これを使う機会はほとんど皆無に近いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >せっかく用意された機能ではあるものの、これを使う機会はほとんど皆無に近いです。 光学×デジタルの倍率で性能があらわされると思っていましたが、なんだかだまされるとこでした。 衝撃に弱いなど知らなかった点もわかりました。

  • 回答No.4
  • fry-gon
  • ベストアンサー率22% (30/134)

光学ズームというのは、レンズの焦点距離をかえて画像を拡大するもので、要するに双眼鏡や望遠鏡と同じです。 レンズの加工精度により画像が僅かに歪んだり、画角が狭くなるぶん入射する光量が減るので暗いところでの撮影が難しくなりますが、基本的に画質の劣化はないです。 デジタルズームというのはソフトウェア処理によって画像の一部を拡大するもので、拡大倍率があがるほどに画質も急降下します。 たしか、倍率を2倍にすると画素数は4分の1になったはずです。つまり標準で400万画素の写真をデジタル2倍にすると100万画素になっちゃうってことですね。 デジタルズーム処理なんてPCの画像編集ソフトでできるわけですから、デジタルズームしか搭載してないカメラというのは実は単焦点カメラにすぎないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 400万画素をデジタル2倍にすると100万画素になるということは、デジタル20倍だと1画素ということでしょうか? 単焦点カメラというのは、ズームレンズを使っているわけですね。

  • 回答No.3
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

光学ズームとは、レンズが直接動いて、被写体を捉えますので、光学ズーム10倍で、撮影した場合、光学ズームを使用しない場合に比べて、単純に、通常より、10倍大きい写真を撮影する事が出来ます。(画質の劣化は無い) 次に、デジタルズーム20倍ですが、光学10倍の画像を、引き伸ばして、20倍の大きさにした画像です。(10倍の画像を、機械処理で、引き伸ばしただけ) ですから、もし、光学ズーム20倍のデジカメがあった場合、明らかに、デジタルズーム20倍の方が、光学20倍ズームより、画質が劣る事になります。 あと、倍率ですが、良い例えが浮かびませんが、10人が今、デジカメの画面を覗くと、ぴったり、収まっているとします。 この状態では、顔の表情までは、小さくて、解り難いです。 その撮影位置で、ズームを10倍にすると、デジカメの画面には、一人しか写りません。 でも、人物の大きさは、10倍大きく撮影出来ますので、表情等、くっきり解ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます ズームでクッキリなることが分かりました。 でも、デジタルだと画質が劣化するわけですね。

  • 回答No.2
  • Dpop
  • ベストアンサー率51% (279/544)

光学ズームは、レンズの構造を利用してズームを行うもので、画質の劣化はあまりありません。(樽型に曲がるなどは発生する可能性はありますが。) デジタルズームは、ソフトウェア(数学)の論理を利用して画像を無理やり拡大し、足りない部分は周りの値(色)から補完しようと言う方法です。拡大率を大きくすることはできるのですが、画質が著しく劣化します。(拡大アルゴリズムにも依りますが。光学ズームとは比べられないほど汚くなります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます デジタルで倍率が高くても、画質が劣化するということがわかりました。

  • 回答No.1
参考URL:
http://homepage2.nifty.com/B2ON/dc/zoom.htm,http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/yougo/20020319/01/,http://www.ne.jp/asahi/mon

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 分かったような気がします。 なんとなく・・

関連するQ&A

  • 一眼デジタルのレンズについて

    今10倍ズームのデジカメをもっているのですが、一眼デジタルの購入を考えているのですが、レンズの単位でmmとありますが、全くの素人でよくわかりません。普通のデジカメの3倍とか10倍はわかり易いのですが、例えば10倍では何ミリのレンズに相当しますか? また、どういった計算で倍率に換算できますか? 倍率に換算すること自体間違っているような気がしますが、なにせ素人な者ですいませんが、教えていただけますか?

  • デジカメの有効画素数と倍率の関係のことで伺います

    コンパクト・デジカメの有効画素数と倍率のことで伺います。 SONYのWX100は有効画素数が1820万画素 光学ズームが10倍 デジタルズームが20倍 SONYのWX70は有効画素数が1620万画素 光学ズームが5倍 デジタルズームが10倍 画素数が大きくズーム倍率も上がっています。 一方で CANONのIXY1は有効画素数が1010万画素 光学ズームが12倍 デジタルズームが21倍 CANONのIXY220Fは有効画素数が1610万画素 光学ズームが5倍 デジタルズームが10倍 画素数が大きくなるとズーム倍率も下がっています。 私は今まで画素数が大きくズーム倍率も上がるものだと思っていました。 有効画素数と倍率は関係ないのですか? 返信お待ちしております。

  • 凸レンズへ平行光を入れた場合の倍率

    いつもお世話になります。 光学は素人のレベルで勉強中です。ご指導下さい。 質問は凸レンズへ平行光を入れた場合の倍率の計算がうまく出来ず困っています。 よく参考書等に焦点距離との関係で以下の様な式が載っているかと思います。 (1)「物体M倍の像を得るにはどこに物体を置けばよいか?」   物体面~前側焦点の距離=焦点距離/倍率 (2)「M倍像が出来る位置」   後側焦点~像面の距離=焦点距離×倍率 平行光(レンズで加工した)でも同様に考えて良いものでしょうか? 〔追伸〕 回折格子の実験をしていて既に組みあがった装置を見てみました。 回折格子から凸レンズまで=約60mm 凸レンズからカメラまで=約70mm 凸レンズの焦点距離は60mmでした。 回折格子にはレンズで加工した平行光の830nm±10nmをあてています。 ご指導よろしくお願い致します。 以上

  • ケプラー望遠鏡の接眼レンズの像焦点距離

    僕は光学の勉強をしているのですが、接眼レンズの像焦点距離を求める問題でつまづいています。 検索しても答えがわからないので、教えていただけたら嬉しいです。 条件は 「ケプラー式の望遠鏡である」「対物レンズの像焦点距離が1000mm」 「接眼レンズの視角倍率が8倍」「接眼レンズによる像は無限遠に作るものとする」 で、 1、接眼レンズの像焦点距離を求めよ。 小問が他にもあるので不要な条件もあると思います。 本来自力で解くべきなのですが無限遠なのに倍率?焦点距離???  と混乱してしまっています(ーー;) ご回答よろしくおねがいします。

  • 光学ズームとデジタルズームの違いを教えてください

    よろしくお願いいたします。 タイトルの通りなのですが、デジカメに全く詳しくない者です。 よく、デジタルズーム、光学ズームと聞きますが、違いがいまひとつピンときません。 ネットで色々と調べてみましたが、難しい用語ばかりで素人にはさっぱり・・・。 光学ズームはズームアップしてもボケない、デジタルズームはズームアップするとボケて見にくい、という認識なのですがこれは正しい認識なのでしょうか? 素人でも分かりやすいように誰か教えてくださいませんか? どうぞよろしくお願いいたします!

  • カメラの一般的知識

    デジカメ歴少し、一眼レフ歴少しです。 一般的な質問になりますが、よりわかりやすく、論理的に教えて下さい。 または参考になるサイトを教えて下さい。 (1)焦点距離の定義 (2)F値の定義 (3)フォーカスの原理 (1)については、○○mmということで、長くなるほど倍率が上がること。  像が大きく結ばれることは理解してますが・・・。 (2)については、焦点距離と口径の比率でと言うことは理解してますが、  そのふたつの要素だけで決まる絶対的な数値かどうか。  レンズの透過率などは関係ないですよね。  または、焦点距離や口径の絶対値は関係あるのでしょうか。 (3)については、焦点距離が変わると、像が結ばれる位置が変化すると  思うのですが、レンズからフィルム(もしくはCCD)までの距離は一定であり、  その像をあわせるのが「ピント」だと思っていますが、  原理が理解できません。 よろしくお願いします。

  • 長焦点鏡筒と短焦点鏡筒の違い

    よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。大口径だと集光力が増して、淡い星雲・星団を見るのに最適なのは理解できるんですが、なぜ短焦点だと適するんですか?なんか長焦点の鏡筒でもそれなりに口径が大きければ、集光力は増して短焦点と同じくらいだと思えて仕方ないんです。 例えば、長焦点の鏡筒と短焦点の鏡筒と較べた場合、仮に同じ口径で、同じ焦点距離の接眼レンズを使用した場合、長焦点のが高倍率になる・・・これは計算上わかるんですが、接眼レンズを変えることにより、長焦点鏡筒と短焦点鏡筒を同じ倍率にした場合、高倍率ではどちらが適しているとか、低倍率ではどちらが適しているとかあるんですか? (例) 長焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離900mm+接眼レンズ6mm使用 短焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離500mm+接眼レンズ3.5mm使用 例の様に接眼レンズを使用すると共に倍率は140倍~150倍となると思うんですが、この様に共に高倍率にした場合、鏡筒の焦点距離及びF値の違いによる見え方の特性の違いを教えて頂きたく思います。 また、対照的に接眼レンズの焦点距離を長くして、低倍率で見ようとした時に異なる接眼レンズの焦点距離を使用して同じ倍率にした場合の見え方の特性も教えて頂きたいです。 世の中には大口径(140mmや150mmの口径)の屈折式鏡筒が売られていますが、いずれも焦点距離は短く、F値は6以下です。この様な鏡筒は低倍率での星雲・星団に適しているとありますが、高倍率での惑星観察は不向きなのでしょうか?例えば、口径100mm程度でも長焦点の鏡筒の方が高倍率での月面,惑星観察は適しているのでしょうか? そこの辺りがよくわかりません>-< F値9,F値7.7,F値5とか、いろいろな値がありますが、高倍率での月面,惑星観察も低倍率での銀河系観察でも、OKなんていう、調子のいい鏡筒なんてないものなのでしょうか? 素人なもので、文面に意味不明、大きな勘違いがあったら申し訳ありません。 誰かご回答よろしくお願いします。

  • 焦点距離の求め方

    はじめまして 僕は今中学一年生なのですが、 理科の実験で焦点距離について実験をしています。 光学実験台で光源・実体・レンズ・スクリーン を使って、焦点距離を求めるという実験なのですが…。 焦点距離の求め方 実体~レンズまでの距離をa レンズ~スクリーンの距離をb f分の1=a分の1+b分の1 というところまでは分かったのですが その後、 「なぜこの式で焦点距離が求まるのか?」 という問題が出ました。 この問題が理解できないのですが… ご返答お願いします。

  • 次の3つの光学上の用語の違いをお教えください。

    次の3つの光学上の用語の違いをお教えください。 A:Focal length B:Focus distance C:Distance to the object。 これらは技術文書に書かれていた技術的用語です。 私の理解では A=いわゆるレンズの焦点距離。 C=レンズから被写体までの距離 ですが 問題はBです。 宜しくお願いします。

  • 望遠鏡と顕微鏡の倍率の計算方法はなぜ逆なのですか。

    望遠鏡の倍率は、(対物レンズの焦点距離)÷(接眼レンズの焦点距離)なのに、顕微鏡の場合は(対物レンズの焦点距離)×(接眼レンズの焦点距離)だったと思うのですがどうしてですか。私のうろ覚えなので間違っていたらごめんなさい。