-PR-
締切済み

反転増幅器を使うわけ

  • すぐに回答を!
  • 質問No.87174
  • 閲覧数89
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 56% (17/30)

スライダックを使った R-CまたはR-L回路における位相差および交流電力の測定実験において、
瞬時電力を測定する回路に反転増幅器を挿入しますが、これにはどのような理由があるのでしょうか?

お分かりの方が居られましたらぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 18% (35/185)

計測をするときは多くの場合プローブのインピーダンスが高くないといけないくて それでいて、今もってる測定器のインピーダンスが低いときはそういう風に バッファをかますことがおおいです。 もちろん、測定機の測定レンジと合わないときは増幅器がひつようですし まぁ~そんなもんじゃないですか?学生実験とかなら・・・
計測をするときは多くの場合プローブのインピーダンスが高くないといけないくて
それでいて、今もってる測定器のインピーダンスが低いときはそういう風に
バッファをかますことがおおいです。
もちろん、測定機の測定レンジと合わないときは増幅器がひつようですし
まぁ~そんなもんじゃないですか?学生実験とかなら・・・


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ