• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

インド出身の数学者

何年か前にNHKで放送していたと記憶しているのですが、インド出身の数学者でイギリスあるいはフランスの大学の偉い先生に呼ばれて一緒に研究した人です。 記憶があやふやですが、その数学者は非常に独創的な発想の出来る人で問題の回答を出してくるが、その証明が定かでないと言ったような内容でした。 その放送の中で『円周率π(3.1415---)を√を含む簡単な分数で表現』していたと思います。 身近なものだったのですが円周率以外のものだった可能性もあります。 問合せ自体があやふやだらけですが、このインド出身の数学者のことが気になって仕方ありません。 どなたかご存知の方があれば是非教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数364
  • ありがとう数25

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • endoh3
  • ベストアンサー率40% (20/49)

こんにちは、NHK人間講座で紹介されていたインド人数学者はシュリニーヴァーサ・ラマヌジャン(1887年12月~1920年4月)だと思います。 <ラマヌジャンについて> インド生まれの彼は非凡な才能を持っていたが、貧しい家庭に生まれ、正規の大学教育を学べなかった境遇の持ち主。ある日彼は、ケーリー講座数学講師でありトリニティ・カレッジのフェローでもあるG.H.ハーディ教授宛てに手紙を出す。 内容は彼の得意としていた発散級数から始まり、第二種オイラー積分(オイラーマクローリンの定義)の内容へと渡った。 H.ハーディは極めて優れた数学の才能を見抜き、その後の数回に渡る手紙のやり取りで、ラマヌジャンを英国で最も優秀な学生の集まるケンブリッジ大学へ招くことを決意する。 渡英したラマヌジャンは、年額60ポンドの奨学金を受けてケンブリッジ大学で非凡な才能を存分に発揮するが、残念なことに1917年初め、病に倒れる。その後、インドに戻って最高の医療を受けるが1920年4月没。(享年32歳) 病は結核と言われている。(最近では肝臓アメーバー症とも言われる) 非凡な才能ながら、殆ど世に名前が知れ渡る前に没した数学者ですが、彼が更に生きていると数学界が一変したと言われます。一方アインシュタインも尊敬すべき非凡な物理学者ですが、相対性理論はアインシュタインがいなくてもいずれ誰かに発見されたと言われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ラマヌジャンについて詳しく説明していただきまして有難うございました。 おぼろげだった記憶が少し戻ってきました。 私の記憶の中で気になっていた人物はまさしくラマヌジャンです。

質問者からの補足

その放送の中で『円周率π(3.1415---)を√を含む簡単な分数で表現』していたと思います。 身近なものだったのですが円周率以外のものだった可能性もあります。 これについて何か具体的にご存知でしたら教えていただきたいです、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 難問を解いた数学者の話

    最近(?)後、数百年(数万年だっけ?)はとけないといわれていた問題を解いた数学者がいましたよね。フランスの数学者でしたっけ? それについて詳しくかかれているページを探しているのですが (その問題と解説) このままでは意味不明だと思うのでそれについてわかるところまで ・その人は数学のノーベル賞をもらうことができたのに拒否した。 ・その問題は懸賞金1億円がかけられていてもらうことができたが これも拒否した。 お願いします。

  • 数学のレポートについて・・・(中学1年です)

    数学の宿題でレポートがでました。 円周率のことについてしらべることにしました こんなかんじってよくないんですか? アドバイスお願いします! あと、色ペンって使った方がいいですか? 調べてみたいこと  ・円周率について   (円周率=πになったのはなぜか    円周率は本当に3.14・・・・か    自分でどこまで円周率の暗記世界記録まで近づけるかetc.) こういうことをしらべます ちなみに円周率は本当に3.14・・・かは レポート用紙に円を描き その円の上に毛糸をおきその長さをはかって 円周÷直径をします。 このやりかたってどうおもいますか・・・? それと、調べてみたいことが多いですかね・・・・ 一つに絞った方がいいですか? 他にもいろいろ教えてください! 早めの回答よろしくおねがいいたします!

  • 円周率

    円周率は3.14ですが、どうやって、3.14という数字が何年も前に知られたのでしょうか? どうやって昔の人は円周率が永久に割り切れないとわかったのでしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#6744
noname#6744

すでに質問が締め切らたあとですが、管理者さまにお願いして回答しています。 この回答が届けばよいのですが。 その番組は私も見ていました。4~5年前のNHK教育放送だったと記憶しています。みなさまがお答えになっておられるラマヌジャンについての番組でした。番組の中で紹介されたπを示す近似式を見たときに、あまりのすごさに衝撃を覚え、咄嗟に近くにあった本の隅っこへ、その式をメモしました。 その本が何だったかすっかり忘れていましたが、偶然にもその本を見つけ、近似式もちゃんと残っていましたので、ご紹介いたします。 前置きが長くなりましたが、その式は2つありました。 π=(63/25)×{(17+15√5)/(7+15√5)} (1/2π√2)=1103/(99×99) 実際に計算してみると、その精度の高さに驚かされます。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答締め切り後にわざわざお骨折りの上ご回答いただきましてありがとうございました。 >π=(63/25)×{(17+15√5)/(7+15√5)} >(1/2π√2)=1103/(99×99) あの番組をみて、本当に衝撃的に思えたのはこの式だったんだと思います。 実は他の回答者に教えていただいたサイトにあるラマヌジャンの公式を見て何か違和感を感じていました。 なぜこの式が導かれたのかも興味がありますが、ともかく再び大感動です。 ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • endoh3
  • ベストアンサー率40% (20/49)

こんにちは、あまり参照と言う形は取りたくないのですが、 円周率について(私的には何の事か分かりません) 【ラマヌジャン(Ramanujan)の公式】 http://ja0hxv.calico.jp/pai/pietc.html http://www.mcc.pref.miyagi.jp/people/ikuro/koramu/yosou.htm などが参考になると思います。

参考URL:
http://www.mcc.pref.miyagi.jp/people/ikuro/koramu/yosou.htm http://ja0hxv.calico.jp/pai/pietc.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考URL覗いてみましたが、自分の記憶のイメージにあるよりもずっと複雑な式でした。 分母に√2があるところは合っていましたが! 重ねての回答ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

Srinivasa Ramanujan(シュリニーヴァーサ・ラマヌジャン)のことでしたら藤原正彦著「心は孤独な数学者」(新潮文庫)に生い立ちから亡くなるまでその波乱に満ちた人生が詳しく書かれています。ご参考まで。尚、藤原正彦氏は小説家新田次郎氏の長男でご自身は数学者です。

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-8184554-2276324

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>藤原正彦著「心は孤独な数学者」(新潮文庫)に生い立ちから亡くなるまでその波乱に満ちた人生が詳しく書かれています。 是非読んで見たいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • 1koko
  • ベストアンサー率33% (33/100)

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンですか? (2001年9月10日・NHK教育テレビ・人間講座・第6回放送) 間違えでしたらごめんなさい。

参考URL:
http://satories.web.infoseek.co.jp/satori/genius.html#Anchor-34172

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかにラマヌジャンだと思います。 >2001年9月10日・NHK教育テレビ・人間講座・第6回放送 いつ放送されたのかもあまりよく覚えていないのですが、きっとこの放送を見たのだと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#6782
noname#6782

ラマヌジャンではないでしょうか。

参考URL:
http://www.oita-med.ac.jp/campus/kenkyu/math/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうです。 たしかにラマヌジャンだったと思います。 ありがとうございました。

質問者からの補足

参考URL閲覧しましたら下記の説明がありました。 > 南インドの数学者シュリーニヴァーサ・ラマヌジャンが1920年に32才で亡くなったとき、彼の個人的ノートには数千の不可思議な結果が書き残されていました。証明らしきものはほとんどありませんでした。 放送の中に、この説明に相当する部分があって、それが私の中では質問の所で書いたような形に記憶として残ったようです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 知っている方教えて下さい

    数学で習った円周率って3.141592までは覚えていますが それ以降の数字を知りたいのですが どなたか最後まで知りませんか?

  • 円周率3.1415・・・について

    私が高1(2年前)のとき「円周率が3.14から3.15の間であることを証明してみろ。できた人は数学の基礎があると認めてやる。できなかった人は数学は苦手科目だと思え。」と言われ考えてみて、自分では完璧だと思って提出した(三角関数を使いました)のですが、少し不備があり、認めてもらえませんでした。結局完璧に正解していた人は40人中5人だけ(この5人は数学オリンピックの問題をスラスラ解いたりフーリエ展開の証明を考えたりしていた数学オタクでしたが・・・)でした。そして結局答えは教えてもらえませんでした。円周率の証明方法を教えていただけないでしょうか?(面倒だと思うのでサイトで構いません) よろしくお願いいたします。

  • 円周率が割り切れない事について

    ふと思ったのですが、 円周率や√2など割り切れない数が世の中にはあると思いますが、 これは数学では表現できないということなのでしょうか。 コンパスで円を書こうと思えば誰でもかけると言う事実と、 3.1415・・・と永遠に羅列されて終わりのない数字にギャップを感じるのですが。

  • 円周率…比の値とは

    素朴な疑問というか…不思議だったので質問します。 円周率とは何なのか、疑問に思って調べたところ 「円周÷直径 → 円周の直径に対する比の値」とのことです。 では、比の値とは何なのでしょうか? 確かに小学校でやった記憶はあるのですが、教科書は既に捨ててしまいました。 なぜ比が分数(比の値)になるのでしょうか。 なぜa:bはa/bになるのでしょうか。 円周率の場合、なぜ直径÷円周にはならなかったのでしょうか。 考え出すと頭がこんがらがってしまいます。 詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら、お答えいただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 円の面積 小学校で、どう教わりましたか?

    昭和40年代に小学校へ入学して卒業した世代の者です 小学校で円の面積は次のように教わった記憶があります。 ・円を中心から細かく分割する ・半径に添って切って、扇形のギザギザ状態にする ・それを二分割して、ギザギザを合わせてくっつける ・ギザギザを物凄く細かく細かくすると、長方形になる ・長方形の高さは、円の半径 ・長方形の底辺は、円周の半分なので、直径×円周率(3.14)÷2 ・円を長方形化したので、長方形の面積が円の面積 ・長方形の面積は、底辺×高さなので、半径×直径×円周率(3.14)÷2 ・直径÷2=半径なので、式を整理すると ※ 円の面積=半径×半径×円周率(3.14) 以上、こんな感じでした 小学生時代は何だかインチキ臭いなぁ(笑)と思いましたが、正確な数学的な円の面積は、高校生になって積分を教わるまで知りませんでしたが… 皆さんは、小学生時代に、どう教わりましたか? 年代も一緒に教えて頂けると幸いです また、現代はどう教えているのかも別途お願いします

  • すぐに記憶できる桁数

    こんにちは。 ※あらかじめ記しておきますが、以下には何らの規約違反もないはずです。 皆さんがすぐに記憶できる数字の桁数は何ケタくらいでしょうか? たとえば円周率は3.14159265358979323846264338327950288…と続きます。アボガドロ数は6.0221367(36) × 1023 mol-1 とのことです。パッと見て、あるいは覚えようと努力して何ケタくらい覚えていられるものでしょうか?

  • 正の数・負の数の計算、及び円の面積についての素朴な疑問

    (1)中学校に入って習う正の数・負の数ですが、「+」と「-」をかけると、「-」になり、「-」と「-」をかけると「+」になります。規則として覚えればよいだけの話かもしれませんが、れっきとした数学上の理由があるはずです。 (2)また、円の面積の求め方で「半径×半径×3.14」というのがありますが、この公式もどのように導かれたのでしょうか。つまり、どうしてこう計算すると円の面積を求められるのでしょうか?また、これに関係した質問なのですが、結局、円周率「3.14…」というのはどのようして突き止めることができたのか知りたいと思いました。 どなたかご存知の方、ご教授願えればありがたいです。

  • 円周率3?

    小学校で円周率を3と習った人、そういう話を聞いたことある人いますか? 今読んでいる本に-なかなか興味深い本なのですが-、ゆとり教育のために3.14の小数点以下を省いて3にしてもよい、という時期があった、と書かれています。いつごろのことなのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 数学の問題 解けますか???

    数学 教えてくださいっ! 数学の問題が、どうしても解けませんo(TヘTo) だれか、教えてください! ※急ぎです ☆問題☆ 次の図は、ぴったり並べた空き缶をひもでしばったときの様子を表している。 斜線部分の面積を求めよ。ただし、空き缶の底面は、すべて等しい円とする。 また、円周率は3.14として計算せよ。 解説もあれば、助かります(*^▽^*) ↓18.7cmって書かれてます。

  • 円周率って具体的になんですか

    円周率って具体的になんなんでしょうか?wikipediaを見ても、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87 平面幾何学において円周の長さを、その直径で割って得られる値は円の大きさに関わらず一定の値を取る。この値を円周率 と書いてありますが、いまいちよくわかりません。 http://yonemoto.exblog.jp/8178855/ 上のサイトの人と同じ疑問で、「・何と何をして=3.14............って答えを出しているのかな」という疑問が私にもあります。小学生にもわかるように教えていただけたら嬉しいです。

専門家に質問してみよう