締切済み

痩せているといえる体重

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8582539
  • 閲覧数4012
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

何をやっても、どんなに食べなくても全く痩せません

155cm42kgウエスト52cmで40kg以下に痩せたいので、1日700カロリー以下で生活していますが、増える一方で痩せません

お菓子、パン、揚げ物は一切禁止で、晩御飯は炭水化物抜きで生野菜か温野菜と豆腐や魚などを食べています

常に腹4分目以下で、飲み物も水かお茶のみです(ブラックコーヒーは飲みますが)

このような生活をして大分経ちますが、まっったく痩せません

辛うじて現状維持といったところです


42kgとウエスト52cmというのは痩せている部類に入ると思うのですが、周囲と比べるとかなり自分がかなり太く分厚く、大きく見えます


155cm前後で痩せている、また華奢といえる体重は何kgくらいですか?

回答 (全6件)

  • 回答No.7

こんばんは
まず、痩せると言うこと=体重というのが間違ってます。
痩せる=体脂肪率が低いです。
体重だけ気にして数値だけ落とそうとすると、脂肪と骨皮だけの筋肉のない人間になってしまいます。
問題は、体重の数値ではなく、体脂肪率です。(ここ結構間違ってる人多いんです)
駅伝でも良いです、マラソンで走ってる人居ますよね、あの人達は、体脂肪率は低く、筋肉量が多く体重は意外と多いです。
でも、痩せてますね、そういうことです。

数値上、40kg以下はやめた方が良いです。
某有名モデル・女優は 38kgですが、周りの反応は気持ち悪い というのが多いそうです。
健康値で計るBMI上 質問者さんは、17.4で、理想体重が52.8kgです。
体組成計などで、自分の基礎代謝を計り、その数値以下までのカロリーを摂取して下さい。(基礎代謝量以下であれば、草食系であればまず太りません)
晩ご飯の炭水化物抜きも逆にやめた方が良いと思います。
せめて、おかゆパック1パック分は糖分が必要です。(糖分がないと脂質も燃えません)

どうしてもなら、40kg以下にしたいという質問者さんを止める事はしませんが、ちょっと↑を考えてみて下さいね。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 40% (6/15)

何か、平均体重が一般的な普通の体重という考えから回答する人が多いと思いますが、
実際の見た目では、

●155cmで45kgなら少しポッチャリ
●155cmで42kgならちょうど良い
●155cmで40kgならスタイルが良い(やや華奢)
●155cmで38kg以下なら痩せすぎ

といった印象です。

ウエストでは勘違いしてると思います。
TVでアイドルのウエストを実際に測ってみる番組をやっていました。
W57~W59cmで公称しているアイドルが多いと思いますが、
10人ほど実際に測って見みましたが、公称58cmでも実際に測ってみると64~65cmくらいありました。実測で62cm以下の人は一人もいませんでした。

大体みんなウエストを6cmくらいサバ読んでいることが判明しました。
だからウエスト52cmなんて人はモデルでも一人もいません。

ウエストは155cmで実際に60cm以下なら十分細いです。


痩せないのは新陳代謝が少ないからです。筋肉量が足りないからです。燃焼系のボディーに改造しなければ痩せません。食事制限で体重を維持するのは不健康です。
ランニングをしましょう。自分の家の近くのサイクリングロードを走ってい若い女性多いですが、みんなスタイルいいです。ランニングで燃焼系のボディーにしてください。
  • 回答No.5

>何をやっても、どんなに食べなくても全く痩せません
>155cm42kgウエスト52cmで40kg以下に痩せたいので、1日700カロリー以下で生活していますが、増える一方で痩せません

 700kcalですと、あまり動かない生活の場合でも20kgで安定する摂取カロリーになります(当然ですが、そこまで減る前に死亡します。BMIが8台なんていう低体重で生きていられた人は今まで一人もいません)。

>お菓子、パン、揚げ物は一切禁止で、晩御飯は炭水化物抜きで生野菜か温野菜と豆腐や魚などを食べています
>常に腹4分目以下で、飲み物も水かお茶のみです(ブラックコーヒーは飲みますが)
>このような生活をして大分経ちますが、まっったく痩せません
>辛うじて現状維持といったところです

 考えられるのは二つ。まずこちらだといいのですが、意識せずにそれ以上のカロリーを摂取しており、少なくとも1日1600kcalくらいはある。

 もう一つは考えたくないですが、何らかの重篤な疾患で、甲状腺ホルモン程度では説明できず、体内に水分が溜まり続けている状態。原因は種々ありますが、いずれも命にかかわるものと考えて差し支えありません。

 後者の可能性を否定できるとしたら、医師の診察を受け、必要な検査を受けて、そういうものではないとなったときだけです。それだと前者しかあり得ません。

>42kgとウエスト52cmというのは痩せている部類に入ると思うのですが、周囲と比べるとかなり自分がかなり太く分厚く、大きく見えます

 痩せ過ぎているからです。「かなり太く分厚く、大きく見えます」というのは、自分に対するひいき目であって、肉付きが無さ過ぎて醜くなっているのです。それが無意識にでしょうね、認められないので、「痩せ足りないだけだ」と思えてしまうのです。

 そういうことは、割とよくあります。摂食障害などで頻発する症状です。専門医でしか何ともできず、専門医でもどうしようもないことも、残念ながらあります。ご本人が頑なに現状を認めなければ、医師としてもどうしようもないのです。

>155cm前後で痩せている、また華奢といえる体重は何kgくらいですか?

 46kgが限度ですね。それ以下(←「以上」の間違いではなく、『以下』であることに注意)になると、体重が減る程、太く、いびつな感じが強まって行きます。44.5kg以下になってくると、特にその傾向が顕著になります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 48% (464/966)

>155cm前後で痩せている、また華奢といえる体重は何kgくらいですか?

44~45kgぐらいですね。
適度に痩せていて綺麗だと言われるのは47~48kgぐらいです。
平均は53kgぐらいでややふっくらです。

43kg以下になると人それぞれだと思います。胸やお尻がしっかり出ていればスタイル良いと思われるだろうけど、平らだったらガリだとしか思われないでしょう。


>42kgとウエスト52cmというのは痩せている部類に入ると思うのですが、周囲と比べるとかなり自分がかなり太く分厚く、大きく見えます


そういう心の病気があるんです。

誰でも、自分自身の印象は周りから見た場合とズレて見えています。普通の人はそれを理性でわかっているので、たとえそのように見えても気のせいだと判断する。または最初からまったく気にしなかったりするのですが、ダイエットしている女の子はいつもいつも気にし過ぎて訳がわからなくなる場合があるようです。

この病気に罹る人は頑固。自分が太く見えるから絶対に太いはずだと決めつけて、周りが細いと言っても譲らない。それどころか、メジャーでサイズを計って確実に細いという事がわかっていても、まだ信じられない。心の病気としか言いようがないですね。


しいてアドバイスするとすれば、モデル歩きで姿勢をただして歩いてください。
それと鏡で判断せず、自分と友達が一緒に写っている写真で判断してください。


というか、それ以上痩せられないですよあなたは。
そりゃー世の中いろんな人がいますから、もっと細い人やガリガリの人は幾らでもいます。でもあなたが自分で経験しているように、そこまで減らしても痩せないでしょ?誰でも同じ体重まで痩せられるわけじゃないんですよ。

そこを保っているのは幸運な事だと思いますけどね。
39Kgとか、会った瞬間にメンヘルだと疑われますよ。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 23% (31/132)

ちょうど今テレビでやってる卓球の石川佳純は
157cmで49kgくらいだそうです。

はっきり言って、私からみるとちょっと細過ぎで心配になるくらいです。
なので、ちゃんと運動していれば50kgきってれば十分細いはずです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 42% (382/896)

身長155cmなら、標準体重は52.9kgですが、これだと華奢にはみえないかもしれません。
まあ、45kgくらいなら十分華奢と言って良いでしょう。

44kg以下は痩せすぎですから、華奢とは違います。
ですから、今のあなたは、華奢を通りこして痩せすぎです。
はっきり言って病的に痩せている状態です。だから、これ以上痩せようとしても痩せないのです。
そんな状態で1日700カロリー以下の食事を続けていると取り返しのつかないことになりますよ。
早く病院に行って、きちんと治療しましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ