解決済み

待ち行列問題と線形計画法

  • 困ってます
  • 質問No.855753
  • 閲覧数269
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

数学に携わらない人に2~3分で
待ち行列と線形計画法を説明します。
しかし、どういって説明したらよいかわかりません。
専門的に説明するのではなく
どんな場面でどんな感じに使うのかを説明すれば
よい良いようです。

ポワソン分布と指数関数という言葉を使うことを
指定されました。
(数学にあまり詳しくないと聞いてるのに
そんな言葉を指定されるんの不思議ですが…)

よかったら説明のしかたを教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 36% (13/36)

線形計画法は簡単な例題を出してみてはいかがでしょうか?
受講者の方がビジネスパーソンの方であれば、コスト最小化問題などがいいでしょう。
解法や計算結果は示さずに、解答のみを紹介し、制約条件下での意思決定に役立つものだと教えればいいと思います。

待ち行列も簡単な例題を出すと理解しやすいと思います。
有名(簡単)な例題としてレジや高速道路の料金所などがあるので、それを使ってみるといいかもしれません。
ポアソン分布は単位時間内にn人来る確率を求めるのに使い、指数分布は到達時刻がt以上になる時の確率を求めるのに使う、くらいの説明でいいのではないでしょうか?


ただ、2,3分ではちょっと厳しいかもしれませんね。。
オペレーションズリサーチの教科書の線形計画法と待ち行列の章の導入部分を要約するのが手っ取り早いかも。。。
お礼コメント
noname#6322

ありがとうございます!
どこまでやさしくすればいいのかとか
どんな題材をあげればいいのか
など、漠然としてたのでこのような回答がもらえて
嬉しいです。
投稿日時 - 2004-05-12 10:45:16
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ