• ベストアンサー
  • 困ってます

猿鬼(さるおに)と火祭りについて教えてください

 図書館で水木しげる氏が書いた妖怪集を見つけ、その中で「猿鬼(さるおに)」という怪物の話がありました。  おもしろそうだったのですが、何せ短編集で1妖怪につき2ページの割り振りだったので、あらすじしかわかりませんでした。  猿鬼の生まれや名前の由来、生息した地方、退治した人物やそのときの様子など、猿鬼に関する伝説をご存知の方は教えてください。  一説によると猿鬼退治から火祭りも生まれたとのことですが、何かご存知の方は合わせて教えてください。よろしくお願いします。

  • 0_0
  • お礼率33% (16/48)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数203
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

<猿鬼に関して集めた情報> ・全国鬼サミット http://www.vill.yanagida.ishikawa.jp/what/oni/index.htm →Q5で猿鬼伝説に関する情報が見られる ・余分な情報ですが、能登ワイン猿鬼伝説(ブルーベリーワイン)なんて商品も・・・ →姉妹品 http://www.mint-j.com/food/1137.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼がこんなに遅くなってしまってすいません。 しばらくここを訪れなかったもので・・・ 上のサイト見せて頂きましたが、最高です! 探していた情報は、あなたのおかげで見つかりました。 しかも楽しめましたし。 ありがとうございました!ほんとに。

関連するQ&A

  • 桃太郎が鬼ヶ島に鬼退治に行ったら、鬼がガリガリにやせていたら?

    モモから生まれた桃太郎 犬、猿、キジを従えて、鬼ヶ島に鬼退治に行く話は知っていると思います。 ところが・・・ 鬼ヶ島の鬼は、全員ガリガリにやせていました。 皆さんが桃太郎だったら、どうしますか?

  • 日本の鬼文化について

    日本の鬼文化の中に桃太郎や一寸法師のような人がいます。鬼退治の伝説があります。これは日本の英雄主義と何が関係がありますか?

  •  本日、アサヒコムで鬼の面の記事がありました。  http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000001110260003  しかし、このお面には角がありません。    質問1. こういう鬼という観念は歴史的に存在したのでしょうか?  (鬼道とか、鬼神に祈らずとかいうことばに出てくる鬼という語は、  質問者自身はこの質問では一応考えの外においていますが、関連させてくださっても結構です)  質問2. そもそも日本でいう鬼とはどういうものなのでしょう?随筆的なご感想でも結構です。  (桃太郎さんは、なんか鬼退治をしてたくさんの宝物をお土産にもってきたそうですね)  質問3. この記事のお面は猿樂のお面だそうですが、やはり鬼退治の鬼と同じような存在だったのでしょうか?

  • 夢鬼

    怪談朗読をずっと聞いています。 今日の午前中に「夢鬼」という物語を聞きました。 物語としては良くできていて、ハッピーエンドにならないことから もしやとして聞いていましたが、やはり実話でしたか。 しかし、夢の同機、同調と言う現実にはありえない事柄でしたが、鬼が 関わっているとすれば、それもあるのかもしれませんね。 鬼が歴史に頻繁に出てくる時代といえば、平安時代かそれ以前となります。 酒呑童子や茨木童子などは、源頼光や四天王によって退治させられた。 という謂れがありますし、それ以前の桃太郎伝説にも登場しています。 それを、ただの迷信や伝説などと言うのは簡単ですが、実際に鬼が祀られ ている祠や神社が実在しているのは説明ができません。 鎌倉時代になって武士が台頭すると、鬼は歴史から消えています。それは 実際に鬼退治の名目で武士団が、鬼の巣窟に斬り込んだことがあるからと 言うことになっています。 また、陰陽師などの呪術者が鬼の能力を封じ込めて、武士が斬り込むので 鬼は衰退していった。と思われますね。 しかし、夢鬼の物語のように鬼の能力を封じ込めても、次々に人の記憶と 伝承によって犠牲者が出てしまうこともあるようです。 鬼、妖怪、霊によって長い歴史を経て犠牲者を出してきた土地などありますか。

  • 桃太郎はなぜ鬼を退治しに行ったか

    桃太郎という昔話は、ほとんどの日本人が子どものころに絵本で読んでいると思います。 桃から生まれた子どもが桃太郎と名づけられ、成長した後犬・猿・雉をつれて鬼退治に行く話です。 最後は鬼を倒し、宝を持ってお爺さんとお婆さんの家に帰ってめでたし、めでたしとなるわけです。 しかしこの話の中には、桃太郎が鬼を退治しに行った理由が書かれていません。 成長したら突然言い出しています。 確かに日本では、昔から鬼は悪いものとされています。 鬼が悪いことをする場面が出てくる話は多いです。 しかし、桃太郎の話にそのような場面は出てきません。 退治しに行く具体的な理由がないのです。 それとも、子供向けの絵本には書かれていないだけで、原作には書かれているのでしょうか? もし鬼たちが悪事を働かず、鬼ヶ島でひっそりと暮らしていただけだったら、桃太郎はただの強盗です。 なぜ桃太郎は鬼を倒しに行ったのでしょうか?

  • 桃太郎プラスワン

    も~もたろさん、ももたろさん♪ こんばんは~、百田 朗です(森進一風に)。 あなた(桃太郎)が鬼退治に行きます。キジ、猿、犬の他にもう一匹(一人・一体)連れて行けるとします。 1・誰を連れて行きますか?実用度外視でもかまいません。 2・鬼は、そのプラスワンを見てどう対処したと思いますか?

  • 桃太郎の犬、猿、雉に関して

    テレビで見ていて、ふと疑問に思ったのですが、 犬、猿に関しては、種類は限定してないのですが、 鳥に関しては、雉と限定してますよね。 たしかに、犬って種類が豊富ではありますし、 それぞれに特徴もありますが、 犬っていうと、想像はつきますよね。 猿は、日本で言うと、ニホンザルを想像しますよね。 チンパンジーや手乗り猿?などもいますが、 大体は、ニホンザルを思い浮かべますよね。 たしかに、鳥っていうと、 日本の場合は、たくさんいますが、 鳥も大体、特徴は一緒な気がします。 その雉を選んだ理由が、儒教思想の中で 「勇」を表すのが雉だったからという話のようですが、 なぜ、鬼退治に行くのかというのが、 鬼門(丑寅の方角)と関係しているということで、 その反対が、干支でいうところの猿、鳥、犬という 話らしいのですが、 干支でいう鳥って、にわとりのような気がするのですが、 そこでなぜ、にわとりでなくて、雉なのでしょうか? ただ単純に中国の干支と、儒教思想がまじりあったものという 考え方でいいのでしょうか? お詳しいかたいましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 今流行っているもの、過去に流行ったものを端的に

    今流行っているもの、過去に流行ったものを端的に 説明して、それのどこが魅力的だったのか教えてください。 映画、漫画、小説、アニメ、なんでも構いません。 あらすじではなく、ネタバレを含むオチまでお願いします。 例として ■桃太郎 桃から生まれた男が、動物と一緒に鬼退治をし、 最後は生まれた場所へ戻る。 ・魅力 桃から生まれる、動物を家来にするなど荒唐無稽な 設定と、鬼退治をして平和を守るというヒロイックな展開。 のような感じでしょうか? なるべく短く、かつ 特徴的な部分を抜き出して頂けると助かります。 個人的に知りたいのは「AIR」「カノン」(共に 美少女ゲームです)です。よろしくお願いします。

  • あなたが桃太郎なら

    あなたは桃太郎で鬼ヶ島に鬼退治に行く事になりました。 犬、猿、雉以外の3匹の動物をお供に出来るなら、どんな動物をお供に連れて行きたいですか? 僕なら、虎、熊、象ですね。 犬、猿、雉をグレードアップして、狼、ゴリラ、鷹(or鷲)というのもアリかな。

  • もし、桃から生まれたのが桃子だったら・・・

    童話「ももたろう」は、誰でも知っていますね。 お爺さんは山に芝刈りに、お婆さんは川に洗濯に行きました。 すると川から大きな桃が流れてきて、割ったら中から元気な男の子が出てきました。 お爺さんとお婆さんは、ももたろうと名付けました・・・ さて、その後の展開も知っていると思いますが、もし、桃から生まれたのが男の子ではなくて女の子だったら・・・ どんな展開になりそうですか? やっぱり犬、猿、キジを従えて、鬼退治に行きますか?