• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

20年位前だと思いますが。

タイトルか、内容なのかはわかりませんが 「アトランティス」という言葉があったように思います。 親戚の家かどこかでパラ読みしたマンガなんです。 連載されてたものかコミックスだったかも覚えてません。 双子の髪の長い女の人が出ていました。 覚えているシーンは、壁(?)にあるドクロのようなものの口に、双子の片方が横たわったままくわえられてるような・・・ 捕らえられていたような感じのシーンだけです。 自分自身このマンガのことはすっかり忘れていたんですが、先日見た夢が妙にそのシーンに似てて急に思い出したんです。思い出したら気になってしまって。 もしなにか思い出せるものがある方がいらっしゃいましたらお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数35
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんばんは。 こちらのサイトでの依頼が、似ているなぁ、と思ったもので・・・ http://www.threeweb.ad.jp/~elephant/tuiseki/os/manga04-04.html このページの一番下です。 違ってたら、ごめんなさい。

参考URL:
http://www.threeweb.ad.jp/~elephant/tuiseki/os/manga04-04.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 質問して20分くらいでわかっちゃうなんてすごい!うれしい! それにしても同じ物を探してる人が同じ時期にいたなんてふしぎ(笑) ストーリーをちゃんと覚えてないのですが、これだけ一致してて違うとは思えないので探してみようと思います。 まったくなにも、漫画家の名前もわからなかったので探しようもなかったんです。 ほんとにありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 大島弓子作品について、2つの質問

    大島弓子氏のマンガです。 今から30年位前の「週間マーガレット」に連載されていました。これは確かです。主人公の少女の名は「みのり」。白血病で、病院で苦しんでいるシーンが印象に残っています。氏の初期の作品には、病気の少女がよく出てきますが、持っているコミックのものでは「みのり」という少女はありません。心当たりの方、タイトルなど教えてください。 それと、氏の「綿の国星」シリーズの最新(?)「椿の木の下で」(多分このようなタイトル)は、どこの出版社の、なんというコミックスに収録されていますか。 情報をよろしくお願いします。

  • 昔読んだ少女マンガ、タイトル知りたい

    たぶん10年位前に読んだ“りぼん”とか“なかよし”とかその辺で連載されてたマンガだと思うんですが、タイトルが思い出せないものが2つあります(同じ誌の連載かどうかはよくわからない)。 ひとつは、兄弟と姉妹(双子かも?)の2組のカップルが変な施設に拉致られて、そこから脱出を計るといった話で、その施設というのが死者を蘇らせるような実験施設(ウイルスとかそんなネタだったと思う)で、途中で片方のカップルも実験台みたいになる展開があったと思います。 もうひとつは学園モノで、学校全体の生徒が“黒”と“白”に分かれているというやつで、白はエリートインテリ、黒は体育会系?といった感じでした。主人公は転校生で、どちらにも属さない“グレイ”(私服組み)を増やそうとする・・・って話でした。 軽いあらすじだけで情報不足ですが、どうしても気になるので質問しました。よろしくお願いします。

  • 20年ぐらい前に夏休みにやっていたオカルトSFアニメ映画

    当方現在29歳の男性です。どうしても題名を思い出せないアニメがあるのでわかる方いらっしゃいましたら教えて下さい。 小学生の夏休みのころ午前中に放送していたアニメ映画(連続でなく単体で60分から100分ぐらい)です。覚えている内容は下記のとおりです。 ・サファリジャケットを着た髪(赤色だったような・・)の長い女性が高速道路を運転していて、壁に追突事故をする。 ・意識を失ってきずいたら ・迷彩服を着たがっしりした軍人(確か頭は禿げ、もしくはベレー帽をかぶっていた)、ルパンの五右衛門みたいな日本刀を使う浪人(他にもでてきますが覚えてないです)など戦闘のプロたちがその女性を守る。 ・女性がシャワーを浴びていると(やはり子供心にそうしたシーンは覚えてるんですね)シャワーからでるお湯が血に変わる。 ・女性は何かダークなものに狙われている。 ・女性とその仲間(軍人とか侍)が悪者を退けるかなんかすると場面が変わって女性が夢から覚める。悪いのにかったおかげで命が助かったみたいな内容。 全般的に少し暗い内容で、アニメの「幻魔大戦」とかに雰囲気が似ている印象があります。 どうぞわかる方教えて下さい。昔を懐かしんでぜひもう一度見たいと思っております。

  • 双子の片方を愛せません

    双子の片方を愛せません 男女の双子の母親です 上にも子供がいますが、双子が生まれた時から片方に愛情がもてません 性別が完全にわかったのは生まれてからです 生まれて男女だとわかった時、男の子に愛情を持ちました 上も男の子ですが、そのあとの妊娠で一度死産の経験があります その死産の子は男の子でした 姿もそのまま赤ちゃんを小さくした感じなのに、息をしていない事、今も覚えています お腹の子が双子だと聞いたとき、その子の事を思い出しました 死産だった事で名前も付けてあげられなかった「その子」今度は名前も付けさせてちょうだい、ずっと育てさせてちょうだいと思いました いざ生まれてから、NICUに2人とも入ったのですが、気になるのは男の子の状態、もう以前の事のようになりたくないと思いました ほぼ同じ体重で生まれたのに男のこの方が状態がよくない時が続きました 先生は男の子の方がこういう時そうなりやすいと言いました 毎日眺めるのも、心配なのもずっと男の子の方でした 今、小学1年生です 女の子の方は未だに愛せません 育てていますが、愛を自分で感じられません 姑が双子が生まれた時からずっと双子の平等性をうるさく言ってきました 私もそれを自分で感じていたのでどうにか愛さなければいけないと焦っていたのに、子育てにも始終口を出されて、一人っ子の主人しか育てた事のない姑に、私なら平等に出来る、何人育てても立派に出来るといわれて何度も「じゃあしてからにして下さい」と言いたかったか知れません 双子は平等性を周りから言われるととても疲れます それに、言われなくても二人の成長のちょっとした差に敏感に反応しているのは母親です 低体重で生まれたのならなお更です いつも男の子より早い成長をし、その度に姑に男の子が出来ない子の様に言われる元になっている状態の女のこの方を疎ましく思った事も何度もあります あなたが出来るようになったからこの子が言われると 褒めて欲しそうに皆の前で自分だけが書けるようになった字を書いてみせる中で、私だけがきっととても怖い顔をしていたと思います 一番本当は褒めて貰いたい母親だろうに 姑との関係は元々それなりでしたが、それなりにうまくもいっていました 双子誕生以来、その関係は最悪の物に変わりました 今もそうです 双子以来、人間関係が変わり、私の性格も変わりました 家にこもるようになり、人との接触が怖くなりました 子供を連れて、見られる事が、比べられる事が怖いのです これはもう神経内科などに行く状態でしょうか? どうすればいいのかわかりません 上の子も、男の子も可愛いのですが、双子の女の子が可愛く思えません 夢で男の子の命が危ない事になったものを見ました 夢の中で事故があったようで一緒にいた女の子はほぼ無傷、そこへ私だけが助かった、反対だったら良かった?怒ってる?と聞く女の子に「せめてあなたが助かってよかったよ」といってやれず、怖い顔をして口に出さないものの「どうしてあなたが助かっているの、どうしてあなただけが助かるの」と思っている私が夢の中にいました 夢から覚めた時、現実かと思った位でした この後もずっとこの双子の育児で家庭も私も子供もボロボロになるのでしょうか 上の子も小学3年生、ずっと姑と私の言い合いを見ています 姑は子供がいる前でわざとその話をするので大人の怒鳴りあいをずっと見ています 一度も女の子を抱きしめた事はありませんし、したいと思った事もありません 自分で愛情が全くない事、痛感しています 育てている間はまねをして一生懸命振舞っているだけで、心の中は冷たい物です 私の心は親として壊れているのでしょうか

  • ハロウィンで時々連載されていた漫画のタイトルを教えてください。

    昔、ハロウィンというホラー漫画雑誌で連載されていた漫画を探しています。 作者は井上宣さんという漫画家さんだったと思います。 えらく太い線で濃い系の、でもきれいな絵でした。 登場人物は謎の男性と髪の長い少女。少女のほうが霊媒師かなにかで、霊と交信していました。 私が読んだのは二作だけで、ひとつは女子大生(?)が白鳥と話すシーンがありました。アニスという夢の人物にだまされて女子大生が主人公を殺しに行く(?)というお話だったと思います。 もう一つは泥棒が主人公のところに行き、霊媒の少女に殺した仲間の霊が乗り移る、みたいな内容でした。 単行本が出ているのならどこかで読みたいのですが、タイトルがわかりません。 どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 死にたい...でも助けてほしい...

    うつ病と診断されてから 自分自身のことがよくわかりません。 友達にも見離され 親からもお前らしくないと言われ たまに彼に対して自分の口から出た言葉なのか 疑問に思うようなことも言ってしまいます。 昨日なんか 自分で自分の頭を殴ってみたり 髪をむしったり 床や壁に頭をぶつけてみたり 私を落ち着かせようとしてくれている 彼の手を振り払い 奇声をあげてみたり 自分の行動がわかりません。 勢い余ってもう別れる!と 彼に言ってしまいました。 自分で自分をコントロールできず 彼に別れると言ってしまい すごく後悔しています。 でも今の自分の全てが嫌で 彼とよりを戻してからも きっと同じように 彼を苦しめてしまうのではないか、と 思うので彼に連絡することを ためらってしまいます。 でも私には彼の存在がとても大きくて 彼がいてくれるととても安心できます。 誰とも会いたくない 外にも出たくない 唯一、彼とは一緒にいたいと思えます。 彼がいない今 もう本当に死にたくて死にたくて 睡眠薬をあるだけ飲んだり 手首を切ったりしてはみたものの 全然死ねません。 誰かに助けてもらいたくても 誰に助けてもらえばいいのか 誰が助けてくれるのか... 誰か助けてください...

  • このマンガのタイトルが分かりません。教えて下さい。

    時期:1991年か1992年くらい 掲載誌:角川書店発行の漫画雑誌「歴史ロマンDX」と思われる ページ数:50~80Pくらいの読みきり作品 【あらすじ】 盛期ルネサンス期を代表する画家・ラファエロについてを描いたもの。 ラファエロは絵のモデルの少女アンジェラ(とかいう名前だった気がします)に恋してしまいます。 アンジェラは目の見えない少女で、ラファエロの顔に手で触れて顔形を確認し「あなたは美しいのね」と言うシーンがありました。 二人は次第に心を通い合わせていきますが、アンジェラには婚約者がいました。 ある日火事になり、ラファエロは諦めてアンジェラと共に死んでもいいと思い逃げませんでしたが、そこへ命懸けで助けにきた婚約者の男性を見て、ラファエロは身を引きます。 ラファエロは自分自身が描いたアンジェラの絵を見ながら、生涯彼女だけを想い続けるというラストでした。 とはいえ、ラファエロは他の女の人も抱いています。しかし、ただそれだけで本気にはなっていません。 ちなみに、ちょっと押し倒す(?)描写があるものの、ラファエロとアンジェラはキスどまりだったと思います。 このマンガのタイトルと作者を教えて下さいませんか? あと、収録されているコミックスも教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 何か予知夢でしょうか?

    怖い夢を見ました。 フルカラーで、背景はCGっぽい感じ。 場所は、何階にいるのか分からないような高さの吹き抜けの 広い研究室のような空間で、天井は球体で 真っ白な壁に、たくさんの機械が並んでいました。 登場人物は、リアルでしたが全員知らない人で、大勢いました。 全員白衣を着ていて、看護師の制服のような人もいました。 私も含めて、そこで働いているようでした。 (実際、そのような所で働いたコトはありません。) 覚えているシーンの始まりは、 登場人物の中で唯一CGっぽかった人(デスノートの死神リュークのような感じ)が 何か液体に沈められ、溶かされ殺されました。 感電しているようで、火花が飛び散っていました。 目が片方だけ、最後まで表面に出ていたのが印象に残っています。 一安心した後、ソレが復活し 研究室内の人の何人かを標的にし、殺すと威嚇していました。 標的になる人は、予めセンサーのような物が付けられていて 個人がセンサーに気付くと、その場所から動けなくなりました。 近くに男性3名女性1名がいて、 私と男性一人が標的になっていました。 女性の1人に、この方がラクじゃない?って布団を掛けられました。 その後、点滴針のような、マチのついた針を渡されました。 (その後、針は出てきませんでした。) そして、粉薬とカプセルを渡され、 自分でカプセルを砕き、粉薬と混ぜました。 そうするべきだということを、前から知っているようでした。 水無しで飲んで、なかなか飲み込めなくて、苦しくて目が覚めました。 (目が覚めたとき、喉が乾燥して苦しかったです。) 自分自身、悩み事はありますが この夢と何か関係があるのでしょうか? すごく怖いです。

  • 室町時代のお姫様がタイムスリップしてコーヒー屋の若旦那と・・・

    10年以上前に親戚の家で読んだマンガなんですが・・ 冬のある日、室町時代のお姫様が現代にタイムスリップして、コーヒー屋の若旦那(といってもかなり若い)と出会うお話で、 最終的には、若旦那も室町時代からのタイムスリップしてきた人で、室町時代で結ばれるストーリーの少女マンガです。 若旦那の家庭は、確か父親とうまくいってなくて(実は養子だった)、年の離れた弟(実子)がいます。 若旦那は姫のことを好きになって押し倒そうとするけど、姫が泣いて抵抗したシーンがあった気がします。 それから、若旦那か姫が子猫をかわいがっていて、その子猫が、最後の場面で(若旦那が室町時代に帰ったとき)「みゃぁ」と泣いたような。。。 同じ作家さんだったと思いますが、 女子高生が、修学旅行か何かで博物館で昔のお姫様の髪飾りを見ていて、ふっと記憶が遠くなって、 「あ、これわたしのよ」とか言って、友達が驚いていると、「この手鏡、わたしが割ってしまったの」と言って、見てみると本当に割れてあって、 実はその子は昔の姫の生まれ変わりかタイムスリップだった、というお話もあったような。。。 幼心に読んでずっと気になっていた本です。 何かお心当たりのある方、教えてくださいませ。

  • 昔(20年程前)の嫌だった事を突然思い出しました

    知り合いからの相談です。。4か月程前に、あることがきっかけで、突然20年前の事を鮮明に思い出し、忘れることが出来なくなったそうです。忘れるために、どうすればよいのか御教示下さい。