-PR-
解決済み

UNLHA32.DLLとMkLzh/ExLzhのインストールについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8351
  • 閲覧数316
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 80% (12/15)

またやってしまいました。
VECTORのサイトからダウンロードしたUNLHA32.DLLとMkLzh/ExLzhの圧縮解凍ソフトの「解凍」がうまくいきません。UNLHAのほうは、「自己解凍書庫」で開きなさいというメッセージがでるのですが、これは、自分で新しいファイルをつくるのか、それとも、そういうファイルか何かがあるのか、さえ分からない状態です。
だれか、インストールの方法を教えて下さい。
加えて、「マイドキュメント」の中にあった。別のプログラムがファイルの中で解凍されてしまい。ちらかっています。このプログラムはいらないので消去したいのですが、これは、右クリックで削除していくしかないのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 46% (643/1383)

つまり、\Windows\System\Windows\System32 なるフォルダが出来てしまった、ってことですよね?

とりあえずは、同フォルダの中身を確認してみましょう。

1:エクスプローラを起動してください。
2:[表示]-[フォルダオプション]-[表示]と操作してください。
3:[詳細設定]の[ファイルとフォルダ]の部分の
 「登録されているファイルの拡張子を表示しない」のチェックを外す
 「表示されないファイル」の「全てのファイルを表示する」を選択する
4:[OK]

と操作した後、エクスプローラで、C:\Windows\System\Windows 及び C:\Windows\System\Windows\System32 の中身を表示させてみてください。

中にあるファイルが、UNLHA32.DLLのみ、もしくは、ファイルが無ければ、そのフォルダごと削除してしまってもOKです。(フォルダを右クリックして[削除])
そのフォルダに他にもファイルがある場合は、UNLHA32.DLLだけ削除して、他のファイルには手をつけないのが無難でしょう。

あと、マイドキュメントに散らばってしまったファイルの件ですが、削除してもOKです。

なんかあったら、補足してください。
お礼コメント
risuzaru

お礼率 80% (12/15)

ARCさん
ありがとうございます。
\windows\systemと\windows\system32をのぞいてみました。
\systemの中には、たしかに、unlha32らしきものがはいっていましたが、\system32の中身は、ぜんぜん違うもので、.sysがうしろについたものが、大量にはいっていました。
これを削ったら、忘れたころに不具合が発生したかもしれません。
なお、マイドキュメントの中は掃除しました。
ほんとに、親切にありがとうございます。たすかりました。それでは、また、なにかあったら、(ほんとにはずかしいのですが)よろしくおねがいします。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆ええと、どちらも自己解凍形式ですよね?
でしたらそのまま「実行(ダブルクリック等)」して、解凍先を指定してやればいいですよ。(MkLzh & ExtLzhはインストール先)
どこに解凍してやればいいか、わからなかったら、ご自分で「\work」や「\temp」などの名前を適当に付けて、フォルダを一つ作っておくと後々便利です。

unlha32.dllは、解凍したらc:\Windows\Systemの中に入れてやりましょう。
MkLzh & ExtLzhの方は、実行ファイルがそのままインストーラになっていますから、最初に出てきた候補そのままでよろしければ、そこにインストールしてください。

マイドキュメントの中にばら撒いてしまったファイル群は、そのファイルがどれであるのか特定できるのでしたら、まとめて選択し、削除してやればよろしいでしょう。
解凍直後でしたら、他にも方法があったのですが…
お礼コメント
risuzaru

お礼率 80% (12/15)

Nakaさん
ありがとうございます。unlha32.dllを¥windows¥systemの中に解凍したら、MkLzh/ExLzhもちゃんとプログラムファイルの中にはいりました。まだ動作を確認していませんが、両者ともウィンドウがちゃんと開くので、たぶん大丈夫だと思います。
 マイドキュメントの中にちらかったファイルはunlha32.dllの説明書とプログラムでした。なお、解凍前のやつも別に並んで入っています。これは、解凍前のやつだけ残して、右クリックで削除してやろうかと思います。
すぐにはやりませんので、もし、補足があれば、コメントを下さい。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.2

 ヴェクターから拾ってきたUNLHA32.DLLは、拡張子がEXEになっていたはずです。ですので、解凍ソフトを使って解凍せず、EXEファイルを直接実行することで解凍しなければいけません。
 たしか、解凍後は自動的にC:¥windows¥systemフォルダにインストールされたはずですが、もしされなければエクスプローラか何かでそこへコピーしてください。

 それからマイドキュメントの件は、いらないファイルだけを選択状態にし、右クリックの削除で一発で消えます。

 分からないところがあったら別途補足してください。
お礼コメント
risuzaru

お礼率 80% (12/15)

deagleさん
ありがとうございます。
一応、MkLzh/ExLzhは、ちゃんとプログラムファイルの中に収まりました。まだ、動作は試していませんが、ちゃんとウィンドウは開くので、大丈夫そうです。
ところで、UNLHA32DLLを解凍する際に、解凍先を探していたら、\systemのすぐ下に、\system32というのがあり、私の能力では、中身を確認することができなかったのですが、これはひょっとして、前に解凍した時に、¥windowsを解凍先にしていて、いれてしまったものかもしれません。
 もしよかったら、中身を確認する方法と、もし、2重に解凍しているのであれば、上手な削除法をおしえてくれませんか?急ぎませんので・・。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 46% (643/1383)

UNLHA32.DLLのインストールは、
1:ダウンロードした「ulhXXX.EXE」を実行し、適当なフォルダに解凍する。

2:そのフォルダ内の「UNLHA32.inf」(Windows98にインストールする場合)もしくは、「UNLHA32NT.inf」(WindowsNTにインストールする場合)を右クリックし、「インストール」を選ぶ。(このとき、UNLHA32.DLLを使用するアプリケーションが動作していてはいけません。)


MkLZHをインストールするには、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。
尚、あらかじめ、UNLHA32.DLLをインストールしておく必要があります。

ちなみに、上記の方法でインストールできない場合、ダウンロードが失敗している可能性があります。
この場合は、ダウンロードしたファイルを削除した後、再度ダウンロードしてみてください。

これでも解凍できない場合は、
・どのOSを使っているのか
・どのように操作したのか
・表示されるエラーメッセージを具体的に
を補足にお書きください。(このような情報がないと、回答がしづらいです。)
お礼コメント
risuzaru

お礼率 80% (12/15)

ARCさん
ありがとうございます。
私は、先にMkLzh/ExLzhを解凍していました。アドバイスの順番でやったら、うまくいきました。
これから、動作のテストをやろうと思います。
それから、他の人にもお聞きしているのですが、
¥windows\systemの真下に\windows\system32というのをみつけてしまったのですが、これは前に解凍先をよく確かめずに解凍してしまった、UNLHA32のような気がします。
よかったら、中身の確かめ方を教えていただけませんか?
また、UNLHA32が2重になっている場合、削除したいのですが、そのやり方もついでにお願いします。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ