締切済み

映画業界の求人

  • 困ってます
  • 質問No.8304746
  • 閲覧数314
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 73% (102/138)

某映画(配給や宣伝)やTV制作などの求人を専門するところがあるのですが、
同じ会社が、同年で何度も募集しているのを見かけるのですが、このような業界は人員の出入りが激しいのでしょうか。
映画配給や宣伝に昔から興味があり、学校にも通った経験はあり、もちろん求人応募もしましたが、まったく通りません。
よく映画業界の人ほど、映画を観ていないというのを耳にしたことがあります。
悲しい。個人的にはたくさん観て、ナンボというか、作品をたくさん知らなくては、まずは観なくては話にならないと思うのですが…欧米の業界の人は皆そうなんですが…
求人で3.4ヶ月ほどして、また同じ会社が募集していることが多々あるのですが、やはり、映画好きではこなせないのでしょうか。あるいは激務でも従順なる犬、イエスマンにならなくては勤まらないのでしょうか。

長年、業界(特に映画配給宣伝)に携わっている方にお聞きしたいです。
募集要項で人の何を見るのか、知りたいです。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 52% (33/63)

今はその業界におりませんが、配給会社や、
TV制作に携わっている友人や知人がおりますので、
知っている範囲で回答させていただきます。

まず、やりたいお仕事は何でしょうか?
プロデューサーなのか、営業なのか、宣伝なのか。
職種によっても大きく変わります。

「順中なる犬、イエスマンが求められているか」という質問の答えですが、
映画配給関連では、ほぼイエス。TV制作会社では、完全にイエスです。

続いて求人について。
TV制作ですが、この求人はほぼ「AD」です。
こちらは大手・子会社に関わらず、肉体的・精神的にものすごくしんどいです。
特に子会社等の雇用条件は良くないので、離職率がかなり高いです。

配給会社の場合、大手は学歴が物を言います。
未経験(新卒)の場合、いわゆる学歴で有名な大学でないと、
まず無理だと思ってください。
※他配給会社で数年の実務経験があると、転職で入れる可能性はあります。

なお、大手となると色々な部署があります。
映画関連部署は、社内でもかなり人気が高いので、
未経験・新卒で配属されるのはまず無理で、
確実に配属される方法はない、と思ってください。

続いて資質について。
まず、映画業界に入っている人は、ほぼ間違いなく映画が好きです。
これは条件には全くならないと考えて下さい。
個人的には、面接ではその部分はアピールしない方が良いと考えております。

実は私自身、関連業種に勤め人事業務を行っていた時期がありますが、
「どれだけ映画が好きか」をメインでアピールする履歴書を大量に目にしてきました。
そして、それだけしかアピールポイントがない人は、書類審査で真っ先に落としました。

まず、「映画を観てナンボ」というのは、
好き・情熱の度合いを測るといった意味ではないんです。

例えば面白くないけど売れた作品などをたくさん観たりして、
分析力をつけデータを残し…こういった意味では「観てナンボ」は正解です。
ーというのも、常に面白い作品ばかり提供できる訳ではありません。
映画制作会社から、抱き合わせで欲しくない作品(フィルム)を買う事があるのです。

特に下っ端の時は、「駄作」を非難される覚悟で世に出す事が多い。
そういった時、「映画好き(=こだわりが強い)」人ほど、仕事に影響が出ます。
なので、冷静に作品を扱える『映画が特に好きではない』人の方が、良い仕事をする事も。


最後になりましたが、面接時のポイント。

制作会社では「従順度」「体力」「精神力の強さ」がポイント。
大手配給では「学歴」「どの部署でもOKか」が基本。
他配給会社では「コネ(同業者の転職が多く、世に求人が出る前に埋まる事が多いため)」
と耳にした事があります。

あとは、宣伝・営業の場合、
「お酒がのめる」「ノリの良さ(高いコミュニケーション力)」は、
かなりのポイントかもしれません。


意外かもしれませんが、この業界、体質がかなり古いのです。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ