• 締切済み
  • 暇なときにでも

日本のドラマのスケールが小さい理由

海外ドラマを好きでよく見ます。 海外ドラマって言ってもほとんどアメリカ制作のものですけど。 なんであんなに展開が早くておもしろい脚本がかけるのでしょう?? 日本のドラマは1話の展開が遅くて、スケール小さいなぁってあんまりおもしろみを感じません。。 予算規模の違い以外にこの差になってしまっている原因ってどこにあると思いますか? ぜひ論評お聞かせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数710
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.16

スケール小さいですかね。 アメリカと比べたらそりゃ小さいでしょう。アメリカはああいう芸能関係にはお金出しまくりですから、なんせ芸能関係はアメリカでの成功=世界での成功ですから、 ドラマにかけるお金、映画にかけるお金も半端でなく、そして 儲かるお金も半端じゃない(当たればですが) そして 役者や歌手がもらう額も半端でない。 儲ける人は数億でなく 数十億の世界です。 それだけ世界規模だから儲かる。 でも 韓国ドラマよりは日本のドラマの方が好きですね。 韓国ドラマは 日本の少女漫画の劣化版みたいなのばかりで、御曹司と貧乏な娘の玉の輿ストーリーばかり。 韓国には御曹司しかおらんのか?って思います。 最初のうちは面白かったが、最近では韓国ドラマもっと 底辺で頑張ってる男の話や 半沢直樹のような 底辺からのし上がる男の話もやれよって思います。 日本のドラマは地味かもしれませんが、結構底辺で頑張ってる人にクローズアップした作品も多いので。 大体、半沢みたいなのが おれは不幸だったっていえば説得力ありますが、韓国ドラマの御曹司が俺は不幸だなんていっても説得力ない。 カネがあるのは不幸にはならんだろって思います。カネがあればなんでも買えるんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本のドラマと海外ドラマを比べて

    最近は海外ドラマ(アメリカのもの)ばかりで日本のドラマは話に聞く程度です。そこで疑問なのですが、 (1)日本のドラマは基本的に1クールですがこれは制作費の問題なのでしょうか?今後何クールも続くドラマが実現されたりすることはありませんか? (2)どうして日本のはホームコメディか恋愛ものばかりなのでしょうか?これはテレビ局側の意向ですか? (3)日本のドラマには俳優の方たち以外に、俳優業が本業ではない人が多く出てますが、これは海外でも普通のことなのですか? (4)制作費は日本とアメリカでは一般的にどのくらい違うものなのですか? (5)最近は面白い海外ドラマが色々と紹介されてますが、それでも日本のドラマを見ている方にとって日本のドラマの魅力とは? 色々質問事項を書きましたが、いずれか一つでも構いません。皆さんの意見をお聞かせ下さい。

  • 海外ドラマと日本のドラマの違い

    アメリカなど英語圏でドラマシリーズは、画像が日本のドラマの様に チープには見えません。映画並みに経費をかけている印象があります。 (間違っていたらすみません) 1、日本のドラマは中にはセット撮影が主?なものも感じます。 フィルムや画像の取り方が違うのですか?カメラが違うのか?それとも 専門的な事に詳しい方おしえてもらえたら嬉しいです。 映画を撮っているカメラと同じなのでしょうか? 2、キャストのギャラも違うのでしょうか? 海外ドラマ(アメリカ・イギリス・カナダなど)はスケールが大きくシーズン1だけでも 20話以上ありかなり長いです。 どちらのドラマも好きなのですが、日本のドラマのような楽しみ方と 海外ドラマは全然ちがうので、ドラマファンの方や映像に詳しい方 どうか教えてください。

  • 海外ドラマと日本のドラマについて

    日本のドラマと、海外ドラマの制作の違いってあるんでしょうか。 日本はクール制ですが、海外ドラマはシーズン制で視聴率が取れないとすぐに打ち切りになってしまうと聞いたことがあります。 その辺の状況も合わせて教えていただけるとうれしいです。 宜しくお願いします。

  • 回答No.15

アメリカのドラマは最初から海外販売を視野に入れて制作されています。 アメリカ人だけではなく世界中の人間が見ても面白い物を作るという観点で制作されているからですよ。 日本のドラマはあくまでも日本人だけを対象として制作されているからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1597/6505)

えーっと自分はハリウッド映画を殆ど見ないというか好きでないので何となくわかります。 予算が少ないのは大きいですが、予算をかけてもアメリカのドラマのようなものは作らないと思います。なぜなら日本の映画人、映像に携わる人でハリウッドものが良いと思っている人は少数だからです。 それが証拠にヨーロッパの映画祭に日本映画は出品され優秀な成績を収めますが、アメリカ映画で世界の賞を取るものは稀です。アカデミー賞は映画人にとってはどうでもよい、というか相手にしても仕方の無い存在ですし、完全な国内のお祭りに成り下がっていますからね。 日本の映画、ドラマの目指しているものは、ヨーロッパ映画なのです。決してスピルバーグは目指して無いし、タランティーノでもありません。韓国はそこを目指してますけどね。 日本のTVドラマで優秀なものは少なくなりました。半沢直樹なんかはどちらかといえばアメリカ志向でしょう。でもあまちゃんはヨーロッパ志向でしょう。 アメリカのドラマは全米で流れるものは何年も同じものが続きます。それに選ばれる俳優もこれだけで食っていけるそうです。でもその陰で日本に輸入されてないチンケなドラマも多いと思ってください。 ただ言えることは日本のドラマの優秀な作品はアメリカのドラマの数倍優秀。でも殆どはお手軽コンビニドラマです。でもアメリカの笑い屋ばかり使ったファミリードラマはもっと最低です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
noname#211806
noname#211806

「日本人は『大鑑巨砲主義的な人は少なめ』」が、正しいです。 ああ、間違えていた・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12
  • human21
  • ベストアンサー率37% (912/2416)

原因はいくつかあると思いますが、一つは日本のドラマは 10~13話で完結する点ではないでしょうか。 完結までの放送時間が短い為に、ストーリーが浅くなり 面白みに欠け、スケールも小さくなる気がします。 10~13話の理由ですが、視聴率が低迷したときの リスクを低くする為のようです。 もし失敗しても早くドラマを打ち切れるからです。 また、日本のテレビ業界には「柳の下にドジョウが7匹いる」 と言われています。 他局を猿真似した番組が多くあり、ドラマも例外ではないと 思われます。 ドラマの作り手側に才能が乏しい人たちが多いのでしょう。 私もアメリカ製のドラマを多く観てますが、他にも中国や韓国 イギリスなどの作品を楽しんでいます。 少なくとも日本より、はるかに面白いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

詳しい人ではないですけれど、脚本に関していえば、海外ドラマって複数の脚本家が関わっているケースがほとんどではないでしょうか。24にしてもプリズンブレイクにしてもそうですよね。 アクションやサスペンスが入るものだと、脚本家が複数だと複数の視点が入るから動きがダイナミックになって面白くなるという部分はあるんじゃないでしょうか。 私も半沢直樹を結構楽しんで見ましたけど、「誰が内通しているんだろう?この上司かな?それとも実はミッチーが最終回で内通者だと分かるのかな?」とドキドキしながら見ていたのですが、結局誰も内通しておらず、「やっぱり日本人はそういう筋書きは好まないのかな」と思いました。 海外ドラマは展開が早いものの、どっちがええもんでどっちが悪いもんか分かりづらいところが多いので、日本人はもっと様式美にのっとったドラマを好むんでしょうね。 ところで最近は逃亡者もシートベルトを着用して、という話がありましたが、今見ると「トラック野郎」ってアナーキーで面白いっすよ。蛇行走行をばんばんして(しかも反対車線に余裕のはみ出し)、挙句にパトカーや白バイがすっ飛んでるんですからね・笑。もうこんな破天荒な演出ができるのはアニメくらいでしょうが、アニメファン(というかオタク)は意外に保守的なので、もうアニメでもマンガでも破天荒なものはなかなか出てこないでしょうねえ。 ま、そういう時代なのかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • jackie2
  • ベストアンサー率33% (18/54)

スケールの大きさとは関係ないかも知れませんが、展開が面白い脚本ということで言えば、アメリカTVドラマに限らず、韓国の歴史物は、ポイントとなる史実は抑えながら、他は全くの創作でエンターテイメント性にすぐれた脚本になっていると思うのです。NHKの大河ドラマなどは中途半端でおもしろさに欠けているように思います。せっかく1年放送するのだから、もっとダイナミックに作ればいいのにと思ってしまいます。視聴率をかせぐがためにアイドルをつかったり、ひょうきんにして視聴者に媚びるのではなく、もっとスリリングな展開にすればいいのに、と思います。 ちなみに24も大好きです!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
noname#211806
noname#211806

アメリカは「国土が広い・開拓精神(フロンティアスピリット)・国としての歴史が浅い・国土の広さからか大雑把な性格の人間が育ち易い・エンターテイメント事業に対する価値観や考え方の違い」などが根底にあるかと。 対して日本は「国土が狭い・国としての歴史はそこそこ古い・国土の狭さからか繊細な性格の 人間が育ち易い」などが根底にあります。 何よりも「アメリカは国土そのものが広大である為に、どこでロケをしてもスケール感が半端ではないダイナミックさが映像に出てしまう事」があります。 対して日本は「国土そのものが狭い為に、アメリカと比べたらどうしてもスケール感やダイナミックさに欠けてしまう」訳です。 まして「ロケに使える場所に限りがある」のです。 「アメリカならば、『セット』とは屋外で組むもの」ですが、「日本では『セット=屋内で組むもの』」というか、「アメリカみたいに町1つ分や2つ分のセットを組める程の広さを確保出来るたりは不可能に近い」のです。 むろん、「アメリカでも屋内セットを使用する事」はありますが。 日本は「バブル」が弾けてから「不況続き」の中に「東北の震災」・・・。 「アメリカ人は大雑把でせっかちなタイプの人が多めで『大鑑巨砲主義的な人も多め』」、「日本はのんびり穏やかな人が多めで『大鑑巨砲主義的な人も多め』」というのもあるのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

 ドラマだけではなくて、アニメも含めてスケールが小さくて、爽快感が無いお話ばかりです。  海外ドラマと言えば、「奥様は魔女」、「可愛い魔女ジニー」など、奇想天外支離滅裂なお笑いと爽快感だけが残るドラマが数多くありましたし、人形劇でも「サンダーバード」など、面白くて壮大なお話が多かったですし、アニメでも「トムとジェリー」のようなスケール破りなものがありました。  それに比べると、日本ドラマは悪ふざけが許されないようで、スケール破りのお話はほとんどありませんでしたし、アニメでも制約が多い話ばかりで、スケール破りの話は「宇宙戦艦ヤマト」ぐらいだったように思います。「ドラえもん」がヒットしたのは、過去の米国ドラマのアイディアを模倣していたからでしょう。  スケール破りのお話が少ないのは、予算面の制約というよりも、放送局の都合が大きいように思います。滅茶苦茶なお話を制作すると、視聴者からの苦情が殺到し、政治家まで口を挟む国ですから、スケール破りの話が作りにくい上に、過去に成功した番組の模倣以外は予算を出さないスポンサーなど、放送局の体質が原因でしょう。  米国で大ヒットしたSF小説やSF漫画がありますが、日本で番組制作すると絶対にヒットしない駄作にしかならないのは、スケール破りの部分を萎縮した表現にしてしまう為ではないかと思います。  「宇宙戦艦ヤマト」の例を上げましたが、恒星間旅行の番組を制作するとなると、米国では都市宇宙船や巨大宇宙船。英国では月を宇宙船として使い、日本では戦艦大和にしかならないのは、放送局がスケールが大きな番組を嫌う体質を持っている以外に理由は無いでしょうね。  米国や英国の番組は常識破りの話を好んで使いますが、日本では型に填まった番組以外は認めない体質が根強く、常識破りの番組は視聴率を取れず、視聴者の不評を買うという意識が強いようです。  「宇宙戦艦ヤマト」が終わった後で、太陽系から外へ出ないアニメ番組ばかりが作られたのは、同じ理由でしょう。  日本では既成事実を打ち破るお話を危険視する体質を持つ放送局ばかりだと考えた方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#186089
noname#186089

小生、昨今の海外ドラマをほとんど観ておりません。 「奥様は魔女」とかマリオネットですが「サンダーバード」を 再放送で観た世代で、 「火星年代記」なども、大好きな海外ドラマのひとつです。 数年前、BSで「コンバット」を観ました。 また、深夜でどのシーズンかわかりませんが、「24」に見入ったことがあります。 (ホワイトハウスが襲撃される話です。 テレビを観ながらアルコールを摂取し、 テレビをつけっぱなしでうたた寝をし、 深夜目覚めると、たまたま放送していてたその番組に ハマってしまう、というパターンです。 ちなみにアニメ「GIANT KILLING」もこの、パターンでハマりました(大汗) これは、小生の意見ではないのですが…… 先日、「たかじんのそこまで言って委員会」で、 宮崎哲弥さんが、 邦画と洋画の違いについて、 「邦画は文学」で「洋画はエンターテイメント」だという意の 発言をされていました。 これは、テレビドラマでも、通じる部分もあるのだと思います。 展開は遅いかもしれない。 が、じっくりと観ると心に沁み入るテーマがある。 川柳に例えるならば、 日本のテレビドラマは「人間川柳」 海外のテレビドラマは「時事川柳」 となるのでは、と考えたりします。 あと、日本のドラマは、 スポンサーに媚びへつらい、 その中に含まれるのかもしれませんが、 法令順守にこだわりすぎるきらいがあります。 その点でもスケールを小さくしているのではないでしょうか? よく言われることですが、たとえば交通事故のシーン。 日本のドラマであれば、 その加害者は、ダンプなどの大型車や二輪車。 まず間違いなく「普通乗用車」は、ありません。 これはテレビ局にとって、「大きなお得意先」である、 自動車業界に気遣ってのこと、です。 故野沢尚さんがシナリオ版「ふたたびの恋」で、 見事に皮肉ってくれました。 またドラマ「名探偵の掟」の1エピソードでも 「大人の事情」だと、表現しています。 コンプライアンス重視の点でいえば、 「ラストフレンズ」での破綻が、一例になるのではないか、 と思います。 (物語途中、DVは犯罪だという台詞を吐いた登場人物が、 その人物に暴行を受けた際、 警察に訴えようとはしなかった、という流れがありました。 そんな人物であれば、泣き寝入りなどせずに、 さっさと警察に届け出るのでは、と思います。 もちろん、報復を恐れ、 警察に届け出ることに二の足を踏んだ、という解釈も成り立つとは思いますが 当時、このドラマを観ていた小生は、疑問を感じざるを得ませんでした) また何かのバラエティ番組で とある俳優さん(すみません、どなただったか失念致しました)で、 日本のドラマでは、追手におわれる逃亡者が、 自動車を使って逃げようとする際、 緊急を要するというのにもかかわらず、 わざわざシートベルトを着用する、ということに 苦言を呈しておられました。 念のため、小生の好むドラマの傾向を綴っておきます。 「鹿男あをによし」のように、 無駄にスケールの大きな物語に惹かれます。 他に「ストロベリーナイト」なども ハマったドラマのひとつです。 長文失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 海外ドラマに比べて日本ドラマの制作費が少ないのは?

    私は、日本のドラマの場合、SFものやファンタジーなものになると、制作費も少ないのか、役者さんの演技も作ったような感じがして、あまり面白くないのです。 SFものやファンタジーなものになると、実写版よりもアニメのほうが面白いと思うのです。 海外ドラマに比べて日本ドラマの制作費が少ないのは?なぜでしょうか? また、海外ドラマの役者の演技のほうが、上手いと感じるのは私だけでしょうか?

  • 日本のドラマのクオリティとジャンル

    些細な質問です。 なぜ日本のドラマは海外ドラマ(アメリカ)の持つようなスケールやクオリティが出せないのですか?? そして、なぜ日本では本格的なアクション、SF、サスペンスなどのジャンルの作品が登場しないのですか??     24は大統領候補暗殺、核爆弾、細菌兵器、サイバーテロなどスケールがかなり大きい話です。物語中には爆発物、CG、本格的なセットが数多く使用されています。 他にはダークエンジェルのような非現実的な世界観、独特な設定の作品があります。 X-ファイルのエイリアンを題材とする作品は日本のドラマではありません。   日本のドラマはホームドラマ、学園ドラマ、恋愛物ばっかりに感じます。 演出もベタなものだったり、子供だましなものが多い気がします。 セットも明らかに偽物とわかることが結構あります。     「予算の違い」と言われればそれまでですが しかし、日本のドラマはクオリティを追及する面で既にさじを投げている気がします。

  • 日本のドラマは何故つまらない?

    日本のドラマはつまらない・・・とよく耳にするようになった昨今。 日本のドラマがつまらない理由って何でしょうか?また、どのように改善されていくべきなのでしょうか?一ドラマファンとしてとても気になります。 是非、皆さんのご意見を聞いてみたいと思います。 また、日本でも人気のある海外ドラマみたいな質の高いドラマは、果たして制作される日は来るのかもご意見お願いします。 自分が考えるつまらない理由は、 (1)ネタがない (2)ドラマに掛ける予算がそれほど潤沢ではない (3)勢いのあるタレントを起用して視聴率を稼ごうとしすぎてる (4)演技力のある人間より、顔が売れているタレントを起用している (5)面白くないドラマに日本人が慣れきってしまっている? (6)特定の俳優ばかりを各局のドラマ制作陣が使う (7)演技力の無い有名タレントを平気で主役に起用(例え視聴率は上がっても、ドラマの質自体は低い) (8)漫画が原作のドラマが増えた 適当に挙げてみました。しかし、どう改善されていくべきなのか分かりません。 にしても、特定のタレントや女優ばかりを目にするドラマばかりが増えた気がします。裏で何か大きな力でも働いているのでしょうか?この点についても、ご意見お待ちしてます。乱文ですみませんでした。

  • 日本のドラマの映像について

    こんばんは。 タイトル通り、日本のドラマの映像に関する質問です。 アメリカで制作されているドラマ(LOSTや24など)と比べて、日本で制作ドラマの映像はどうも軽い感じがします。 画面を揺らす演出をしている日本のドラマありますが、どうも安っぽい感じがしてしまいます。 なぜ、このような違いが生まれるのでしょうか?

  • 日本のドラマと海外のドラマ、制作上の違いは?

    日本のドラマは、大体20話前後で、撮影完了してから放送するのですが、 海外ドラマは、結構放送しながら撮影し続ける作品が多い気がします… 特に人気作は、果てなくシーズン2,3,4撮り続けて位ますね・・・ もちろん、人気だから、続編出るのが分かりますが、 じゃ、何故日本はそうならなのか、非常に興味あります! 日本のテレビ制作は、海外のドラマとは、組み上ではそんなに違うのでしょうか? 知っている方、是非教えて頂きたいです!

  • 海外ドラマと日本のドラマの差って?テレビ業界の構造自体が問題?業界人、ドラマに詳しい方ご意見お願いします

    海外では、『24』『プリズンブレイク』『LOST』『CSI』・・・といった世界中に人気のあるドラマが、多数制作されています。 そういった海外ドラマを見た後、日本のどのドラマを見ると、明らかに“差“を感じます。 その理由を自分で調べたり、掲示板で意見を伺ったところ、 ・視聴者より大手芸能プロダクションの顔色を伺っているために、演技経験の浅いタレント、モデルを使っているからドラマの質も下がる。 ・漫画が原作のドラマが増えてきたが、あまりに漫画に頼りすぎ。 ・漫画が原作のドラマでも成功しているドラマもあるが、あまりに原作の内容とかけ離れていたり、空回りしているドラマも少なくない? ・オリジナリティのあるドラマがめっきり少なくなった。 ・ドラマのスポンサーに付く企業によって、ドラマのシナリオやセリフが変えられたりする事もあり、制作サイドが自由にドラマを作れない。(これはまあ普通か) といった原因がある様です。(ザっと挙げただけですが) ドラマの制作サイドに原因があるというより、日本のテレビ業界の構造自体に問題がある様に感じました。 そこでふと疑問に思ったのですが、最初に挙げた海外の名作ドラマ(『24』や『LOST』等)が制作されていく過程には、日本のテレビ業界の様な歪みはあまり無いのでしょうか?あまり無いからこそ、世界中でブームを巻き起こす様な人気ドラマが制作されていくのでしょうか? また、日本のドラマが今より更に面白くなるには、どういった動きが必要なのでしょうか?そして、今後はどの様に変わっていくのでしょうか? 日本のテレビ業界にお勤めの方、業界に詳しい方に、そのあたりの事情や意見を伺いたいです。宜しくお願いします。

  • 最近のドラマの脚本はマンガばかり・・・

    最近の民放のドラマの脚本がマンガのものがあまりに多いと思いませんか? 昔からマンガが脚本のドラマはありましたが、ここ2~3年でこの類のドラマが一気に増えたと思います。マンガであれば、そのストーリーを知っている人も当然多いわけで、視聴者側もドラマの魅力が減るのも必至です。最近のドラマの視聴率が低調なのもこの辺に理由があると思っています。 一昔前までは、野島さんや北川さんなどの有能な脚本家の制作したドラマが社会現象になるほどの大ヒットを連発していましたが、最近はこの方たちが製作したドラマもめっきり少なくなってしまいました。 今の脚本家の中には他に優秀な人材はいないのでしょうか? 何故、今のドラマ界はこんなにもマンガに依存してしまうようになってしまったのですか? このままでは日本のテレビドラマ界はダメになってしまいますよ。

  • ドラマフルハウスみたいな面白いドラマを教えて下さい!!

    アメリカのドラマ、フルハウスが大好きです。 フルハウスみたいに面白くて、ほのぼのしてて、できればファミリーもので、日本以外のもので、DVD化されてるもので、5才の子供も見れる、おすすめのドラマがありましたら是非教えて下さい。 上記の条件に合わなくてもいいです。 他の海外ドラマはアリーマイラブとビバリーヒルズぐらいしか知りません・・・。 宜しくお願い致します。

  • アメリカの脚本家の仕事について

     私には脚本家を目指している弟がいるのですが、彼は将来的には、脚本家という仕事が日本より確立しているアメリカに行きたいんだそうです。まだ本人も悩んでいて私も意見を求められるのですが、私はそもそも脚本家という仕事が具体的にどういうものなのかを知らないので、賛成も反対もできないでいます。  脚本家という仕事に詳しい方、よろしければどんなことでもいいのでご回答ください。ちなみに今の私は以下の点についてとくに疑問を持っていますので、ご回答いただけたらと思います(アメリカの事情に触れていただけたら幸いです)。  ・脚本家になるにはどうすればいいのでしょう?  ・脚本家は基本的に、仕事の依頼を受けるもの? 脚本を売り込むもの?  ・脚本を書く、ということ以外にどんなことをしているのですか? 脚本を書き上げた後、ドラマなどの制作自体にどう関わっていきますか?  ・脚本家の収入源は脚本料(というのがあるんでしょうか;)ですか?  ・ドラマ、映画などの依頼を受ける時、ストーリーは脚本家が考えるもの? それとも脚本家は決まったストーリーに沿って脚本だけを書くもの?  ・ドラマ、映画、舞台の脚本はそれぞれまったく違うのですか? ドラマが映画化されたり、舞台化されたりする場合はどうなるんでしょうか?

  • ドラマ好きのみなさん、日本のドラマ面白いですか?

    私は普段ほとんどドラマは見ないのですが、新しく始まった「ドリーム☆アゲイン」が面白そうだったので見てみました。 まずはあまりに反町さんが野球がヘタッピだったのにはびっくりでこれなら巨人ファンで野球が上手くて有名なギバちゃん(柳葉敏郎)のほうがよかったんじゃないのと思いましたが、まあ日本のドラマはまず主演ありきだそうですからそれは大目に見ました。 けれども、どうにも演出の拙さが耐えられません。例えば、冒頭に戦力外通告を受けるところがありますが、あそこをなぜあんな簡単なシーンで済ませたのかが分かりません。球団の制服組の人がタバコを落ち着かなく吸いながら「君は長年チームに貢献してきたけど・・・」とかなんとかごにゃごにゃいいながら「実は君は来年の構想に入っていない」とここでおごそかに解雇通知書を出したほうがリストラの重みがでると思いますがどうでしょう。 また、野球のスイングをやらされるシーンでもあれは現実味が全然ありません。いくらなんでも元プロ野球選手に「下請けだろ」なんて口をきく非常識な奴なんていないでしょう。どうせなら、上司と一緒に挨拶に行って上司が「こいつ、元プロ野球選手なんですよ。知りません?小木って」といわせて、それで相手が「いやあ、スイング見たいなァ」といったところで上司が「ちょっと見せてやってよ。ウチ、下請けだろ」と強要させたほうが現実味があると思うのですがどうでしょうか。 そんなこんなで30分と持たずに見るのをやめてしまいました。どうにも、日本のドラマはこういう「視聴者を引き込む力」が弱く感じて仕方がありません。最近はどこの局でもドラマの視聴率が低迷しているそうで、それは「荒唐無稽なマンガを原作にしているからだ」なんていう声が強いそうですが、私には脚本と演出の拙さが原因に思えるのですがドラマ好きのみなさんはどう感じていますか?