• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

亀田興毅は凄い?

亀田興毅はソコソコ強いボクサーですよね?あと、ビジネス価値の高い希有なスポーツ選手ですよね? 弱い相手との試合が圧倒的に多く卑怯だと私は思っているのですが、テレビの視聴率は高いしチケット売れてるみたいです。なんだかんだ言って、亀田惨敗を期待したり、色々と気になってボクシングの八百長的演出を日本人は楽しんでいるのでしょう。八百長でも、判定員の亀田コネでも、他の娯楽で楽しむ選択肢を捨ててワザワザ亀田の試合を見るのに時間を割いたのですから、亀田は日本の国益に貢献した誉れ高い人物では?私は嫌いですし、好きな選手を応援しようとする本来のプロスポーツの形とはズレますが。 内藤大助に亀田は勝ちました。内藤が八百長するとは考え難く、ベルト防衛に必死だったでしょう。負けてベルトを失って、内藤は悔しそうでした。内藤の顔面は腫れ上がって出血も多そうでしたが、亀田のダメージ低そうでした。素人目でも亀田の勝ち、判定も3-0。 3階級制覇しました。格下の相手を探して楽に勝とうと工夫するのは自由ですが、それだけで3階級制覇は難しいと思います。3人の世界チャンピオンと嫌でも戦いますから、相応の実力が必要です。疑惑の判定でも、相手は世界チャンピオンで、12ラウンド逃げ回るだけでも難しいと思います。並みのプロボクサーなら、逃げる避けるに徹しても、チャンピオンのスピードに追い付かれて前半でKOだと思います。 アンチ亀田に出来そうな事と言えば、ファイトマネーの財源を断ち切る事でしょうか。亀田の負ける無様さ見たくて試合会場に足を運ぶと、亀田の思うツボです。チケット買わない、テレビ見ない、八百長で亀田が勝つという台本があってしょーもない、この風潮が広がれば亀田に支払われるファイトマネーが減るでしょう。そして、他の日本人ボクサーを応援すれば、亀田は混乱して歯車狂うと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4846
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

当然世界王者なのですから、ボクサーとしては弱くはありません。ただ、現在日本人世界王者は9人もいます。そしてその中で、ボクシング通の中では亀田興毅の評価は下の方です。なぜなら、確かに3階級制覇はしていますが、ほとんどが王者決定戦で、世界王者に勝って世界王者になっていないからです。また、強豪とも殆ど対戦していません。強豪といえば、内藤(判定勝)・ポンサレック(判定負)・ウーゴルイス(判定勝ただし実際は負けている)だけです。同じバンタム級のWBC王者山中慎介と比べても比較になりません。山中選手はタイトル奪取こそ決定戦でしたが、世界的な有名なダルチニャン(判定勝)・元王者ロペス(KO勝)・最強の挑戦者ツニャカオ(TKO勝)と、強豪ばかりを相手に防衛してます。井岡・内山・佐藤らも逃げずに強豪相手に防衛しています。そこのところが亀田興毅が評価されない最大の理由です。それにあきらかな地元判定が多いです。過去にも沢山の地元判定はありました。ただ何かで上回っていました(良い悪いは別ですが・・)。有効打は相手が上でも手数が多いとか、前に出て攻撃を仕掛けているとか。有効打・手数は相手が上でも、ダメージの与えるパンチを打ち込んでいるとか。しかし興毅の場合は、有効打は負けているか同じかで、手数は圧倒的に負けていてる試合が多く、どうひいき目にみても勝ちはない試合が沢山あります。まあ、山中選手に勝てば、評価も変わると思いますから、ぜひ対戦してほしいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さんきゅー

関連するQ&A

  • 同意を求める質問について:そんなに亀田興毅が嫌いですか?

    こんにちは、亀田関係の判定に対する質問も落ち着いてきましたので、質問させていただきます。 今回、試合結果はともかく素人にとっては面白い試合だったと思いませんか? 確かに亀田の分が悪いかなとは思いましたが、試合としては面白かったし、 結果はともかく私はいつも同じ様な一方的な試合展開と比べ今回の試合は亀田選手の試合の中でいちばん面白いと思いました、 でも、判定が不満だったがために試合自体が面白くなかったと言う話もおかしいなぁと思うんです(^_^;) 例えばあのとき試合が終わって判定の結果が出る前に面白かったか質問したらどれくらいの人が面白くなかったと言ったでしょうか、 それが亀田選手がチャンピオンになったからといって「八百長」とか「もうボクシングの試合は見ない」とか急にそんなことを言い出すのは 私から見ればそういった方々はほんのわずかでも亀田選手に良く思っていない部分があるからではないでしょうか? 今回試合終了後の亀田選手に対する同様の内容の質問の乱立は、今回の判定に対する不満をきっかけにそれが形となって噴き出した様に見えます。 質問する方も「八百長ですか?」と同意を求め回答する方も「間違いなく八百長」とか言うのはちょっとナンセンスに見えて仕方がありません(^_^;) あくまで世界ボクシング協会のジャッジなんですから、 「間違いなく八百長」とか、「ランダエタに金を払った」とかTBSやWBAの幹部でもないんですから実際わかるものではないじゃないですか(^_^;) 疑惑の判定なのは質問せずともわかりますし、それをここで同意を求める様な質問をするというのは やはり、アンチ亀田の方達は多いんでしょうか? ここで質問ですが、皆様は今回の亀田選手に対するTBSへの抗議やここでの質問の乱立についてどう思いましたか?

  • 亀田興毅も、分かっていたんですか?

    相手のチャンピオンが八百長だったのは一目瞭然ですが、亀田興毅の方も、八百長だと知ってやっていたのですか?。 興毅の方もきょとんとしていましたし、解説者も負けをほのめかしていましたし。

  • 亀田興毅タイトルマッチ

    家族で亀田選手の試合を観戦していたのですが、 ファン・ランダエタ選手にボロボロにされたのに、 ジャッジで亀田選手が世界タイトルを獲得しました。 その試合結果に家族揃って八百長だと絶叫していました。 そこで、今日の亀田選手の試合を見た方にお聞きします。 あなたは、亀田興毅選手とファン・ランダエタ選手どちらが世界タイトルを獲得していたと思いますか? また、八百長だと思いますか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ボクシングの業界的な視点なら、亀田一家は間違いなく「史上最強」です。 何も強い者が勝つ世界ではありません。「勝った者が強い」世界です。 そして、プロモーターが自らが手がける選手を世界最強にするのは、そう難しいことではありません。そう、「王者になる」ことのみ唯一絶対の難関といってもいいのです。下に示した「王者としての圧倒的有利点」を全て跳ね返すボクサーとしての技量、そして試合をひっくり返すある種の政治力が求められます。弱小プロモーターの下に世界王者は決して生まれません。 そして王者になってしまえば、今度は「負けるわけのないランク下位選手」とだけ試合をして勝ち続ければいい。これは何も亀田一家に限らず、世界中の敏腕・辣腕といわれるプロモーターの全てが行なっていることです。 もちろん、そのあまりのプロモーターの行為に憤った各コミッションによって、数試合に1試合は「指名試合」として、同階級の暫定王者かランキング1・2位選手との試合が組まれます。でも、それでも王者サイドが圧倒的有利なのは間違いないのです。 (昨今暫定王者や正規王者、スーパー王者に休養王者など、同じ階級3人も4人も王者がいるのは、実はこういう理由があります。かつてはそんな指名試合という制度自体存在しませんでした。それでも連続防衛数がそれほど伸びないのは、当然あらゆる方向からの目先の利益に惑わされた挑戦者サイドによる「ブック破り」が頻繁にあったからです) 指名試合の相手になるには、ランキングを上げるか暫定王座決定戦などで勝利して権利を得なければいけません。当然勝利のためには試合だけでなく背後の諸々の力学に勝利して挑戦権を得る必要があります。決して楽な道程ではありません。 一方王者サイドとすれば、その間の試合は勝てること前提。つまり「公開スパーリング」を金取ってやってるようなもの、といえば分かりやすいと思います。 そうなると、王者サイドは防衛戦さえも指名試合への調整試合と位置づけ、わざわざ指名試合で対戦しそうな選手と同タイプの若干格下を挑戦者に試合をすることで、指名試合対策の実戦までこなせる。何もかもが王者に都合よく展開します。 こんなことやってないのは、試合が直接賭博の対象になっている中南米か日本くらいです。前者は主に試合関係者全てに危害が及ぶ可能性があるから。一方後者は単純に「公明正大」をモットーにしているから。 だからなおさら、日本での試合で日本選手が不可解な判定で防衛したりした際、日本中から批判を浴びるわけです。世界でそんなことはまずありません。仮にそんな批判が出る試合があると、試合そのものについては統括コミッション(WBAなど)以上に力を持っている「試合会場を管理する地域コミッション」が黙っていません。試合会場への出入り禁止で済めばいいですが、横の連携で地域全体での興行の全面拒否に繋がってしまいます。だからこそ少なくとも試合に入れば地域コミッションの納得行く結果(試合も地元選手が優勢、もちろん勝利で利益ウハウハ)に自然と導くだけのプロモーターの技量が必要になるのです。疑惑の判定なんてもっての外です。 ※特にアメリカの格闘技界はボクシングもプロレス・MMAも含め、地域コミッションの力が絶大です。有りもしないドーピングで失格になる選手が出た場合、まずそこを疑うべきでしょう。 少なくとも一方の選手の地元で試合をするならKO以外は負け覚悟、そのくらいのハンデがあるのが当然です。だから試合を主催する興行主は必死に自国開催のために興行権を持つ各コミッションに「金」を積むのです。所詮政治力です。 その意味では、亀田一家は日本のどのジム・プロモーターよりも「ボクシング興行」の分野では最先端だと世界的には認識されているのだと思われます。多分に当初所属していた協栄ジムの影響があったのは否定出来ませんが。 ※協栄は世界に名の通るプロモーターでもあります。 みなさんよく八百長~と言っていますが、興行によって利益の生じるプロスポーツに「シナリオのない試合」があると思ったら大間違いです(もちろん団体競技も例外なし)。そんなにボクシングで真剣勝負が見たいなら、プロは諦めてアマチュアボクシングの大会を見てください。技量は粗いですが間違いなくガチです。名誉と成績しかかかっていない分、選手もセコンドもジャッジメントも真剣です。もちろん、それを観戦するファンも真剣そのもの、ヤジや怒号などとんでもない雰囲気が試合全体にあります。 金がかかっての真剣勝負、すでにそんなものどこにもない、と認識した方がガッカリ感は薄くなると思いますよ。 (もちろん、上記亀田ジム関連の評価は「皮肉8割嫌味2割」です。でも仕方ないのです、主要団体であるWBCもWBAも、金にキレイな団体ではありません。ましてこれからJBCが加盟するIBFにWBOなんて、老舗2組織から儲け話であぶれた連中が独立して作っただけのもの、絶大な権力を持つコミッションに集まる権力と財力、プロボクシングはあくまでその「分け前」を争っているだけ、と理解するのが現実的なのです。純粋なのはランカーになる前、くらいに考えた方がいいかと。上に書いた「疑惑の判定はもってのほか」が亀田一家に唯一足りない点でしょう。毎回、判定勝利は疑惑だらけですし。仕方ないですよね、表向きプロモーターは長男自体がやっているわけで、いくらボクシング興行の感覚に優れていても、興行主は場数を踏んで初めて覚える技もありますから。自然な試合の流れで自分の勝利、に持っていく技術はまだまだ甘いといったところでしょうか。その点協栄の金平親子にはまだまだ足元にも及ばない、といったところでしょうか。勝敗のために毒物飲ませるのはいかがなものかと思いますがね) 非常に長文です、失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さんきゅー

  • 回答No.2

>亀田興毅は凄い? 凄いと思います。 >亀田興毅はソコソコ強いボクサーですよね? たいへん強いボクサーだと思います。 >あと、ビジネス価値の高い希有なスポーツ選手ですよね? はい、そう思います。あの偉そうな言葉遣いが良いです。 >亀田は日本の国益に貢献した誉れ高い人物では? はい、そう思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さんきゅー

  • 回答No.1
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11758)

一家全員の性格を改めれば 素直に応援できます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さんきゅー

関連するQ&A

  • ボクシングの亀田興毅の試合の八百長判定について

    今日の亀田興毅の世界戦(vsノルディー・マナカネ)ですが見事なまでの八百長判定で亀田が勝ちました。まあジャッジを買収したと思うのですが、そんなことするなら八百長負けしてくれる相手を選択して試合でボコボコにされてもらったほうがいいと思うのですが、試合相手の買収のほうが難度が高いのでしょうか? このような判定で試合を勝ちにしてもらってチャンピオンにのさばっても視聴者は呆れるだけでしょうし亀田の人気は下がる一方だと思います。理由を教えていただけたらありがたいです。

  • 亀田興毅をドローにしたジャッジは妥当か?

    ポン作とのタイトルマッチ、私は中差でポン作の勝ちと見たが、亀田の試合では何でもアリだから、判定を聞くまでは分からないと思っていた。 ポン作の勝ちにした二人の採点は妥当としても、あのドローは何だ? 18年前薬師寺と辰吉の試合、どう見ても薬師寺の勝ちなのにドローを付けたジャッジを思い出した。 今回、ようやく亀田の実力通りの結果が出たことで胸をなでおろしたボクシングファンも多かったと思うが、もう少し接近した内容なら、亀田の手が挙がっていた。 直後の報道番組でビートたけしが「TBSの実況は、亀田のパンチが当たったとしか言わないので、亀田の圧勝かと思った」と言っていたが、全くその通りで、再び官民あげての亀田応援キャンペーン、疑惑の判定騒動が繰り返されるところだった。 それにしても、プロのジャッジだというのに、人によってこれだけのバラつきがあるのはいかがなものか。 WBCのオープンスコアリングで少しは判定も透明化したが、まだまだ信用はできない。 ある程度、誰がやっても同じ結果になるような、判定基準を確立する必要があるように思うのだが…。

  • 亀田興毅選手のファンです

    来る11月29日にWBCフライ級チャンピオン内藤大助に挑戦する試合を見に行きますが興毅は、なぜあんなにバッシングされるかわかりません。今度の試合でも内藤を応援する人が多いようですがこの人たちは内藤のファンと言う訳ではなく単にアンチ亀田の感覚で内藤を応援する感じです。 なぜ興毅は嫌われなければならないのでしょう? ゴルフ界で石川遼という人がテレビで話している姿を見れば確かに言葉を選び歯の浮くような奇麗事の様に聞こえる事を喋っています。 あんな感じの人間が良いのでしょうか? 仮に亀田兄弟が石川遼クンみたいな感じで話せばどうでしょうか? 注目されたでしょうか? キモくないですか? 格闘技ですがら多少は喧嘩腰で良いと思いませんか? ましてや日本人は外国人選手からナメられがちですので亀田興毅の様な向こう意気の強い実力ある選手が必要と思いませんか? もっと日本の格闘技を盛り上げるタメのも亀田を応援して欲しいですがいかがでちょうか?

  • 亀田興毅は、指名試合で坂田と戦うのでしょうか

    昨夜は、内藤、坂田両チャンピオンが快勝し、ベルトを守りました。試合後、内藤選手のインタビュー中、亀田興毅がリングにあがり、しきりと内藤選手に試合をしようとアピールしていました。 ところが、現在亀田はWBAの1位で、次回の坂田選手の指名試合を行う義務があると思います。この指名試合は、チャンピオンは拒否することができず、挑戦者も拒否をすることができないと建前ではそうなっているかと思います。 つまり、亀田興毅は、内藤選手と試合をすることはできないのではないでしょうか。協栄ジムの金平会長は、この亀田興毅のパフォーマンスに激怒したとのことですが、これは、坂田との交渉が進んでいたことを意味していたと思われます。としたら、亀田の昨夜のリング上での行動は、試合をあおるためでなく、単なるブラフなのでしょうか。指名試合に詳しい方の意見をお待ちしています。

  • 亀田の実力

    言動などに反感を持たれる方も少なくないのは理解できます。 が、関係者でもなんでもない一般の方々が根拠もなく、試合を八百長と決め付けることには納得できかねます。 KOで勝っても八百長、昨日のように判定まで闘って勝っても「視聴率稼ぎのために引っ張った」八百長・・・。 某Q&Aサイトでは「亀田レベルは、オレならパンチ一発で倒せる」のような勇ましい発言が多数見受けられます。 こちらは単なる素人ですが、昨日の試合は八百長のようには思えませんでした。 対戦相手も次に進むためにはぜひとも勝ちたい試合だったはずです。 亀田は実際どれくらいの実力なのでしょうか? 好き嫌い抜きで、客観的なご回答お願いいたします。

  • ボクシング内藤対亀田について

    内藤対亀田の試合が決まりましたがどちらが勝つと思いますか?またどちらを応援しますか?教えて下さい、その他何ラウンドで倒すとか判定までいくとかの回答もお願いします。

  • 亀田興毅の扱いについての疑問

    なんか、TBSを中心にボクシングの亀田をマスコミが報道してますが どうして、あんな傍若無人でやくざな性分の人間を茶の間に流し込むの ですか? ハンバーガー食って記者会見?  ボクサーに品行方正を求めるのは、 おかどちがいだとはわかっていますが、それにしてもあいつはひどい。 目上の人間にため口、対戦相手に失礼な行動。 興味を持つのがヤンキーだけだったらわかるのですが、普通の人間 でも高い金払って試合観に行ったり、視聴率高かったり・・・。 週刊誌で、あの連中の裏でやっている事が次第に暴露されていくのを 見て、ますます怒りややるせなさを感じます。 私は、頭の固い野暮な人間なのでしょうか?

  • 亀田 内藤 判定になった場合

    今週亀田と内藤の試合があります。もし判定に持ち込まれて、判定で亀田が勝ったとしても今回は亀田の負けととらえても良いですか? 判定で終わるなんて許されない試合ですね。

  • 亀田の防衛戦について

    12月20日に行われた亀田の防衛戦について疑問があります。 まず弟の大毅の試合ですが、 相手は40代で7年間ほど試合をしていなかったので勝って当たり前 みたいなものです(私はお金目的での八百長だと思っていますが)。 兄の興毅の試合に疑問があります。素人なのでよく分かりませんが… ボクシングってグローブをはめる前に、手にテーピングをグルグルに しますよね?  そこで思ったのですが。 13ラウンド終了後にポイント集計をして判定になりますよね。 テーピングは試合が終わるまで外してはいけないんじゃないんですか? 延長戦も起こりえますよね。 しかし、亀田は13ラウンドを終了しポイント集計中に、 ハサミでテーピングを切って外していました。 ということは、 この後の延長戦は最初からないと決まっていたのではないでしょうか? となると、 試合をする前から亀田の初防衛と決まっていたんじゃないんですか? どうなのでしょうか? 今回も八百長なんでしょうか?

  • 内藤vs亀田

    私は秋田県に住んでるためにTBSが放送されません。 で、ケーブルTVに加入して岩手県のTBS系列の番組は見れるようになりました。 しかし、内藤選手の世界戦とか亀田弟のゴールデンタイムじゃない深夜の時間の試合は全然見れません。 内藤選手が夏に世界戦した相手は17戦(くらい?)防衛しててかなり強いとスポーツ新聞で読みました。 実際に2回戦って完敗してて、下馬評は圧倒的に不利なのは分かってましたから、放送は深夜だからうちでは見れないし、どうせ負けるんだなーと試合すら忘れてました。 しかし、翌日ベルトを奪取したとの記事を見て、喜びました。 判定なのでどっちが勝ってたと見方も変わるでしょうが、皆様方にはどのように見えたでしょうか?内藤選手の勝利にも納得いくでしょうか? それで、亀田選手との10月の試合では下馬評は8・2で内藤選手が有利だと言う記事も見ました。 実際、それくらい実力差があるでしょうか? また、既出のように亀田次男のことは、亀田長男のゴールデンタイムで放送で一緒に試合があたっときしか見てません。 それで、先月の日刊スポの記事に「内藤」と呼び捨てをしてて、内藤選手も32か33歳で亀田次男は18歳。内藤さんの方が一回りも年上なのになんで呼び捨てなんだ!と不満を書いてました。 これは演出で亀田次男が呼び捨てにしたんでしょうか?それとも本当に普段から呼び捨てで呼んでるのでしょうか?だとしたら、親の教育を疑ってしまいます。ゴキブリに例えた記事も読みました。 当然、そういう経緯もあり、内藤選手をもちろん応援しスカっとしたKO勝ちして欲しいです。 長文で支離滅裂ですみませんが、皆様方のご意見をお聞かせください。 なお、19時から放送なので秋田県でも見れるので楽しみです。