• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブレーキとABSが信頼できる車種は?

アイスバーン、圧雪でのブレーキとABSの作動は、今でもメーカーや車種により、良いと思うのと酷いと思われる物があるように思います。 以前乗った車では、ブレーキを踏んだ途端四輪フルロックするものや、最近ではただ単に滑ると制動を解除し、しばらく制動が掛からない物や、良い物では様子を見ながらのブレーキングでも限界まで制動をかけ、滑ると解除しすぐ制動状態になり、相当改善されていると思う物もあります。 ブレーキとABSの作りが良いと思われるメーカーと車種、反対に悪いと思われるものは? ブレーキとABSでの危険な体験などありましたら教えて下さい。

noname#172758
noname#172758

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数6
  • 閲覧数594
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

ABS及びエアバック制御システムの製造現場で働いてます。 トヨタを始め、多くのメーカーの製品を作っておりますが、最近は生産コストの低減といった観点から、ここ10年の間に部品の共通化が図られ、どのメーカーも殆ど変わらない製品となって来ました。  昔は各車種ごとに、製品の大きさや、素子数、コネクタの形状など、全て異なっていたので大変でしたが、今は同じプリント基板に、ダイオードやコンデンサ、その他もろもろの素子が付いたり付かなかったりするだけで、後は、メーカーの要求した性能を出すことの出来るプログラムを、フラッシュロムに書き込みするだけです。  ですので、ABSの良し悪しは、メーカーの考え次第。 >ブレーキとABSの作りが良いと思われるメーカーと車種、反対に悪いと思われるものは?  同じ車種でも、設変が入って制御内容が変わってしまえば、製造日が1日違っただけで、全く異なったABSのかかり方になることもあります。  ですので、ABSは只のブレーキ補助装置ということだけ認識していて下さい。 >ブレーキとABSでの危険な体験などありましたら教えて下さい。  ABSが効いてしまったために、制動距離が伸び、オカマ掘りました。  タイヤロックが掛からないぎりぎりの踏み込み圧でブレーキを効かせるのが、一番制動距離が短いそうです。  万人これが出来れば、ABSなんて要らないんですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございます。最近のものはそうなのですか。 それでも、軽自動車などの廉価車は、例えば処理能力が遅いCpuを使用しているとかは、ないのでしょうか。 秋に購入した日産車以外どの車もない方が安全なのでオフにして乗ってましたが、作動は全然違います。今のは同じ踏力で持続しても、ABSが作動しても又、ロックまで制動を何回もかけにいきます。最大の違いは短い時間ロックさせることです。タイヤを瞬間でもロックさせないものは、短距離では止まりませんし、今までの他車では踏み直しても制動が掛からないないものばかりでした。(かなり滑る路面の場合です) ただ、ABSはオプションかオフにできるスイッチを付けて欲しい、今の日産車のレベルでもスケートリンクのような路面では、どうなるか不安ですし、ABSは北海道などで経験豊富なドライバーのレベルには到底達していないと思います。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#188107
noname#188107

あれこれ乗ったわけではないので、 他の車種メーカーについてはわかりませんが、 今乗っているのがトヨタエスティマ(2代目H16年式)で ごく普通に滑り出せばABSが効きだしますし、 その後も適切に作動していると思われます。 というか、それが当たり前だと思っていましたが、 そうでもないものもあるのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 エステマは、ホイルベースが長く重量がありますし、高級車なので、大丈夫と思いますが、エステマではありませんが、極端に滑る路面で四輪がフルロックしエンジンが停止(MT)した事が数回ありました。このABSはオフにしなければ、冬季恐ろしくて運転できませんでした。

  • 回答No.4
  • EleMech
  • ベストアンサー率52% (393/748)

この問題でよく勘違いされているのは、タイヤの性能を無視している事です。 ABS機構がいくら秀逸でも、タイヤが駄目なら結果は粗悪品になってしまいます。 実際路面と摩擦して減速させているのはタイヤなので、このタイヤの性能がかなり重要です。 悪いタイヤを履かせると、タイヤは早くスリップを始めてしまうので、ABSも早く介入してきます。 その結果、停止距離も長くなります。 これでは、良いABSでも歯が立ちません。 ブレーキが良くても同様です。 これは私が経験した秋の雨天時、下り坂を車速20km/hからの停止で、全く止まる事なくABSが動作し続けるも30mを滑走し続けた、恐怖の経験から理論を証明した形となりました。 結論は、ABSなど付いていれば良い程度で、タイヤの方が何百倍も重要だという事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございます。私は札幌で数十年冬道を走行してます。タイヤが重要なのは当たり前です、その上での問題提起でした。 冬は空気圧も重要です、標準より0.2キロは下げグリップ力を上げております。それでも、今の車でも、メーカー車種により差があるようですので、質問した次第です。

  • 回答No.3
  • Sasakik
  • ベストアンサー率34% (1575/4612)

この辺のテストに関しては、自動車専門誌N誌のDSTが得意とする分野だったけど、同誌が廃刊になっちゃったから・・・ ごく初期のABSは、チューニングが千差万別というか・・・ メーカーにも迷いがあったようで、初期段階からガッガッと動作していたり、ペダルから足を離すまで動作を続け徒に制動距離を伸ばす”本末転倒”なチューニングもあった(実体験あり)。 20年くらい前から、コントロール性を重視して、動作開始の最低速度や動作を解除する最高速度が設定されるようになった。 で、ABSの機能を「制動距離短縮」だけと勘違いしている人も少なくないようだけど、元々は「制動時などにおけるコントロール能力の維持」を重視して開発されたモノ。 制動距離短縮能力とコントロール能力を完璧に両立できれば問題ないけど、現状では、相当高度ではあるけど、極限における両立は出来ていない。 最新のチューニング傾向としては、ペダル操作で動作の程度を変化させるようなチューニングもあって、    フルブレーキング(ペダルに急激かつ強い圧力がかかる)=緊急ブレーキ を判断されて   制動距離優先の動作 となるけど、ペダルの踏み方にゆとり(甘さ)が認められると、コントロール性を重視した動作になるため、制動距離短縮は二の次になる傾向があるらしい。 ここで問題となるのは、   実は、フルブレーキングは難しい ということ。 シートに深く腰掛ける習慣がない人が少なくないようだけど、そのような運転姿勢では、速く・強く・深くブレーキペダルを踏む(蹴っ飛ばす)コトが出来ないため、ABS制御システムが緊急性を検知するまでのことがフルブレーキングが出来ずに、コントロール重視の動作になる。 また、多くの人、無意識にフルブレーキングを避ける傾向があり、サーキットでのドライビングスクールを受講するような”多少は腕に覚えがある”くらいのドライバーでも満足に出来ない(ペダルを踏みきれない)。 ブレーキペダルをガツンと踏むことは、意識した訓練が必要な”高度なテクニック”だったりする。 15年くらい前に、自動車雑誌の記事を読んでから、フルブレーキングの意識を持つようになってから、コントロール能力が向上した(ような気がする・・・) 質問者サマには誤解がないと思うけど・・・未だに勘違いしている人がいるようだけど、ブレーキペダルへのキックバックは、「動作感の演出(のための機器がある)」であって実際のABS動作とは別問題なので、「キックバックがない=ABSが動作していない」のではないので、念のため。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございます。 私は札幌で数十年冬道を走行しておりますので、ABSに関しては経験豊富です。最近の車でも差があるようですので、その上での良い物とそうでないものの情報が知りたかったので問題提起しました。

  • 回答No.2

同じメーカーでも車種が違えば中身は全く違いますよね。 それに同じ車でも、タイヤの性能、乗車時の重量でもかなり印象は変わってきますから、単純に比較するのは難しいですね。 私はとあるメーカーの、同じ車種で2世代乗りました。古い方のABSは、作動時「ガガガガガガ」だったのが、新しい方に乗り換えたときは「ガーーーー」でした。 少しわかりづらい表現でしたね(笑 古い方はABS動作時のポンピングの動作間隔が遅く、新しい方は非常に小刻みに早い間隔でのポンピング動作でした。 さすがに新しいほうが制御が細かく、踏み込んだ時の安心感が違いました。古い方は制動が伸びる印象がありましたが、新しい方はそれがかなり改善されていていました。 以前寒冷地の高地に住んでいた時のこと。 シャーベット状の路面で下り坂、減速しようとブレーキにちょっと足を載せただけでABS作動。 ABSは作動すれど、ハンドルもブレーキも効かず、下り坂の終わりがT字路。 あわや路肩に落ちるかと思い、逆にブレーキを離しました。FF車だったので、タックインでくるりと曲がり、なんとか回避したことがありました。 ほんとうに路面状況が悪い時は、ABSも無力です。この状況ではABSの有無は殆ど関係ないと思いますが、もしABSなしの車でブレーキを踏んでいたら、車体がクルッと回って路肩に落ちたかもしれないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございます。確かにメーカーにもよると思いますが車種が変われば違うとも思います。 ホイルベースが長く重量のある車は比較的ABSが作動しても安定した制動がかかると思います。 今まで乗った車は、ABSが作動すると、下りのアイスバーンなどでは、制動を全く逃し、そのまま踏み込んでも制動がかからないものが殆どでした。 ですが、秋に購入した日産車は、先日アイスバーンを60キロ位で走行中、隣の車線を並走していた軽自動車がグリップを失い私の車線に横滑りしながら進入して90度になり停止しました。私も柔らかく包込むようなブレーキで停止させましたが、踏み直ししない状態でも再度ブレーキがかかり、今までにない、優れたABSの制御でした。 このように、メーカーにより、又車種によりABSの良し悪しは、あると思います。

  • 回答No.1
noname#177887
noname#177887

アイスバーンとかだと、タイヤの性能がかなり影響しますから、一概に車のみでもないです。 ブレーキの限界性能?は、そこまで限界になったことが、ほとんどないので解りません。 ただ、ABSには助けられたのが1回だけあります。 高速道路での前車の急ブレーキを避けるのにパニックブレーキをかけたとき、スピン一歩手前までコントロールして事故を回避できたのは、ABSのおかげです。 ちなみに、10年落ちのトヨタのハイトワゴンでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございます。 タイヤの性能の差は大きいですね。 メーカーや製品でも違いますし、使用年数でも違いますね。 メーカーよっては長く使用できる物もあるようですが。

関連するQ&A

  • ABSと制動距離について

    ABSがあるほうが制動距離が伸びることがある、という話をよく聞きます。雪道や砂利道では、タイヤをロックさせたほうが、小石や雪をラッセル車のように押すので止まりやすい、という話を聞いたことがあり、ナルホドと納得できたのですが、つるつるのアイスバーンでも、ABSが作動したほうが制動距離が伸びる、とよく聞きます。これはなぜでしょうか。アイスバーン上には小石も雪も無いので、タイヤがロックした方が(ABS無し)、ロックしない状態(ABS作動)よりもよくすべるような気がするのですが… 誰か、アイスバーンでABSが作動するとABS無しよりも制動距離が伸びる原理を教えてください(車速、踏力は同じとします)。よろしくお願いいたします。

  • 雪道でABSを作動させたらブレーキの踏み量は無関係

    雪道でブレーキをかけるとほぼ確実にABSが作動します、ブレーキを50%踏もうが100%踏もうが制動に変化はありませんか? 備考 雪道でABSを作動させないブレーキの習得に挑戦しましたが出来ず諦めて、冬のブレーキはONかOFFで踏んでいます、この間追突されましたがw

  • ABSが作動?

    久しぶりに実家に戻りスキーをした帰りなんですが、車でアイスバーンの下り坂を走っていてブレーキを踏むと、がりがり・・・といったような音とブレーキペダルがキックバック?したようなカンジになりました。これってABSが作動したってことなのでしょうか? アイスバーンでブレーキをかけた割りにステアリングの効きは良かったです。

  • ABS装備車の停止距離は長いですか

    『ABS車の停止距離はABS未装備車より長くなる』旨の投稿を目にしますが本当でしょうか。  道路状況や車両の違いで停止距離が変ることは当然ですが、仮の話として同一道路状況、車両もABSの有無だけが違う場合のパニックブレーキ(タイヤがロックするほどの急ブレーキ)はABS車の停止機を離が延びるのでしょうか。  積雪・凍結地の住人ですがアイスバーンでのブレーキングでたまに『ガツッ、ガツッ』音とともに強い制動力を感じ明らかにABS非装着車(会社の車ですが)と違います。  ABSはタイヤロックさせないことでスピン防止の代償として停止距離が伸びるとは考えられませんので、パニックブレーキでもABS車が停止距離は短くなると思います。『ABS車の停止距離はABS未装備車より長くなる』は根拠の無い都市伝説と思いますがいかがでしょうか。

  • ABSってこんなに簡単に作動してしまうもの?

    先日,下りの坂道でうっすらとした粉雪程度(ほとんど積ってはいない)の路面を走っており,前に車の渋滞が見えたのでかなり前からゆっくりとブレーキングしました。 すると,ブレーキペダルが石になったんじゃないかと思うような固さとなり 振動もガガガガガ。。。となったのであわてて一度ブレーキングをやめ、 すぐにもう一度強くブレーキングしました。結果止まってはくれたのですが, 危なく前の車にぶつかりそうになりました。その後の下りも普通にブレーキングするだけでガガガガガ。。。 後輪も滑っていつ前の車にぶつかるかとものすごい恐かったです。これってABS作動でしょうか? ノーマルのラジアルのタイヤだとこんなにもあっさりABSがかかってしまうのでしょうか?ブレーキパッドは替えたばかりで車は4WDの車です。

  • 日産のABSについて

    現在、V35型のスカイライン250GT fourに乗っています。 北海道に住んでいてアイスバーンの路面の時にブレーキを踏むとABSが作動するのですがABSが作動しているにも関わらず車が斜めを向いてしまいます。 前の車はオッティでしたが急ブレーキをふんでもそのような事はありませんでした。 車の故障、不具合等ではなく単に古いからABSの技術が未熟という事でよろしいのでしょうか? 狭い道などで車が斜めを向き対向車とぶつかりそうになった事もあります。 どなたかご教授お願いします。

  • ABS制動で制動距離は縮まりますか?

    よく、ABSは制動距離を縮める目的ではありませんと書いてあるのでABSは制動距離が伸びると言われる方がいますが、ABSはスリップ率10%程度の最大制動力を発生するポイントでブレーキを自動制御する技術です。 であれば、ABSを思い切り踏みつけ自動制御させた時が一番早く止まれるのではないでしょうか? 砂利道や雪道の特殊な場合を除いて、一般的な路面の場合、ABSを思い切り踏みつけるよりも短い距離で停止できるテクニックなんてあるのでしょうか。 ABSが作動しないようにブレーキを踏むという方がいますが、ちゃんと測定した結果、短距離で止まれるのでしょうか? どうぞ、教えて Goo!

  • 凍結路でABS作動時のブレーキング

    ミラーバーンでABSが作動した時のブレーキングはどうしたらいいのでしょう?(FF乗用車MTの場合) ミラーバーンでは、ブレーキペダルを軽く踏んだだけでABSがかかります。このとき、もっとしっかり強くブレーキペダルを踏み続けたほうがいいのでしょうか? (なるべくスピードを出したい、というのではありません。時速20km以下の場合の対処法です。) たまたま一輪だけABSが作動したのなら、残りのタイヤはまだスリップしていないのだからもう少しペダルを踏んだ方がよさそうですが、基本的にはスリップする手前、つまりABSが作動する直前のブレーキングの方が摩擦力は大きく保てるようにも思い、いつも悩んでしまいます。MTなので低速でABS作動するとエンストを誘発するようですし‥‥‥ ABSは全輪独立に作動するのか、一輪でもスリップしたら全部のタイヤ同時に作動する(ブレーキ力がゆるむ)のかも取説には明記されておらず、ABS作動時の対処法についてはとても悩んでいます。 どなたかこんな私でも納得できる説明をしてくださる方、宜しくお願いいたします。(説明書には確か、しっかり踏め、という旨だけ書いてありますが本当にそれがベストなのか納得していません)

  • トヨタ車のABS

    以前乗っていたキャミは下りのツルツル路面では4輪フルロックしエンジンが停止し滑走するなどABSをキャンセルしなければ危なくて乗れない車でした。 今乗っているノアも滑っていないのにABSが作動したり、作動にムラがあり雪道の長距離では非常に疲れます。 作動すると、路面によっては無ブレーキのような状態にもなり欠陥ABSではないかと思うこともあります。 ノアの前のセレナでは、スケートリンクのような路面でなければ作動することはなく、安心して乗れましたが、トヨタ車のABSは、このような傾向があるのでしょうか。 TRC、横滑り防止装置のようにオフスィッチを付けて欲しいと思うのは私だけでしょうか ? TRC、横滑り防止装置もディラーでは、雪の時期はオフで走行した方が良いという人もおり、私も滑りやすい路面や深い雪ではオフにしますが、このような装置は本当に安全で必要なものか疑問に思います。

  • ABSの誤作動と解除スイッチ

    函館七重浜でハイエースらしいワゴン車が文具店に突っ込む事故がありその映像が3度繰り返し放送されました。 運転者はブレーキを踏んだが掛からなかったということでしたが映像では運転席側の前後輪のタイヤが鮮明に映っており両輪とも全く停止してました。 車は相当の速さで建物に衝突し車体が半分以上めり込んでましたので以前から言われているABSによる4輪フルロックの状態に陥いつたものと思われます。 北海道では昨年初冬から岩内港で2台岸壁から転落し先月には白老港で1台が転落し4人くらい亡くなってます。 いずれも釣り客の車で15センチくらいの車止めがしてありそれを乗り越えての海中転落だそうですが普通では考えられない事故でどうしてもABSを疑ってしまいます。 緊急ブレーキでも解除スィッチが付いてるのですからABSも解除スィッチを付けるべきではないでしょうか? 現在の北海道の雪の多く交通量の多い都市では除雪もしっかりとし大量に融雪剤が散布されており融雪剤が撒かれた所はABSの誤作動は少ないようですが、融雪剤が散布されてない道路は異常動作が多いようです。 あまり雪が降らず融雪剤が散布されてない地域の方の方がABSの誤作動には気をつけた方が良いのではないかと思います。 雪の少ない地域でも雪の予報で冬用タイヤを装着するのは常識になり昔のようなこともなくなってつてきてると思います。 スタッドレスで走行し雪に慣れればABSはない方が余程コントロールしやすいです。 ですので解除スィッチはどうしても付けて欲しいと思います。