• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

力学的エネルギーの保存

下図のように、水平右向きに一定の速さVで動く十分長いベルトがある。このベルトの上に質量mの小物体Aをのせる。Aとベルトの静止摩擦係数をμ0,動摩擦係数をμ(μ<μ0)とし、重力加速度の大きさをgとする。 Aにばね定数kの質量の無視できるばねの一端をつなぎ、ばねの他端を壁に固定する。ばねは常に水平な状態を保つものとし、水平右向きにx軸をとる。Aを原点Oでベルトの上に乗せて静かに手を離すと、Aは静止したままであった。このときのばねの伸びはμ0mg/kである。 また、下図においてAが原点で静止しているとき、Aに水平右向きの初速Vを与えると、はじめAはベルトとともに動いたが、x座標がmg(μ0-μ)/kの位置をこえると、Aはベルトに対して滑リ始めた。Aが水平左向きに動き出したときのx座標を求めよ。 解答では単振動の位置エネルギーを用いた力学的エネルギー保存則より、求めるx座標をaとして、(mV^2)/2+k{mg(μ0-μ)/k}^2/2=(ka^2)/2 という式から求めていたのですが、単振動の位置エネルギーを用いた力学的エネルギー保存則((運動エネルギー)+(ばねの振動中心からの弾性エネルギー)= 一定という関係)は、ばねによる弾性力のほかにどんな力が働いていても(この問題では摩擦力)成り立つのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数485
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

何度もすいません.#1です. 時間のない時に慌ててやるとろくなことがないと言う見本になってしまいました. こういう時に限って他の方の回答もつかないと言う・・・(愚痴) #1~#4はすべて破棄して仕切り直します.これで最後です.多分・・・ 1. 物体が静止している場合 動摩擦力とバネの力がつりあっているので,kl = μmgよりバネの伸びが l = μmg/k ここを原点とする. 2. 初速Vを与えてベルトと同じ速さで滑らずに移動している場合 静止摩擦力はバネの力と常につりあうように自然に調整され,等速で移動. 静止摩擦力のした仕事はすべてバネのエネルギーの増加分としてたくわえられる. 3. 物体がベルトを滑りはじめる位置 バネの力に等しい静止摩擦力が静止最大摩擦力に達したところなので,このときのバネの伸びl0はkl0 = μ0 mg より l0 = μ0 mg/k この座標をa0とすると a0 = l0 - l = (mg/k)(μ0 - μ) 4.滑りはじめてから静止するまで 初速Vで運動方向とは逆向きに[バネの力-動摩擦力]を受ける加速度運動でエネルギー保存則は (運動エネルギーの変化分)=(その間になされた仕事) 物体が静止して左向きに反転する時の座標をaとすると伸びはl+aなので滑り出してから静止するまでにバネにたくわえられたエネルギーは ΔU(バネ) = (1/2) k (l+a)^2 - (1/2) k l0^2 で,仕事はこれの符号を変えたもので W(バネ) = (1/2) k l0^2 - (1/2) k (l+a)^2 動摩擦による仕事は力の方向に座標でa0=l0-lからaまで動いているので W(動摩擦) = +μmg (a-[l0-l]) = +μmg (l+a-l0) 以上よりエネルギーの保存は 0 - (1/2)mV^2 = (1/2) k l0^2 - (1/2) k (l+a)^2 + μmg (l+a-l0) 整理すると (1/2)mV^2 + (1/2) k l0^2 = (1/2) k (l+a)^2 - μmg (l+a-l0) μmg = klという関係があるので,これを使うと >(mV^2)/2+k{mg(μ0-μ)/k}^2/2=(ka^2)/2  をl, l0を使って書き直した (1/2)mV^2 + (1/2) k (l0-l)^2 = (1/2) k a^2 になります.ということで,結果として >(mV^2)/2+k{mg(μ0-μ)/k}^2/2=(ka^2)/2  という式にはなりますが,k{mg(μ0-μ)/k}^2/2, (ka^2)/2がそれぞれバネのエネルギーをあらわしているというわけではありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

#1です.再度申し訳ありません.どうも頭が回っていないようで >エネルギー保存については 以下は忘れてください. 反転するまでは等速で動いているのでそもそもエネルギー保存則を使う問題ではないです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

#1です.訂正板です. >求めるx座標をaとして、(mV^2)/2+k{mg(μ0-μ)/k}^2/2=(ka^2)/2  という式がおかしいということと,座標と伸びが混乱しているようだということは同じで, 最初の静止していた時のバネの伸び l = μmg/k 静止摩擦に打ち勝って左に反転する時のバネの伸び l0 = μ0 mg/k という定義もそのまま使います. >Aが水平左向きに動き出したときのx座標を求めよ。 を解答すればいいだけであれば,ここまでですでに答えは出ていて, a = l0 - l = (mg/k)(μ0-μ) です. エネルギー保存については,摩擦力のような非保存力が働いている場合, (運動エネルギーの変化分)=(その間になされた仕事) という形になりますので,左辺をΔKとすると速さVから左向きに反転する瞬間に速さ0になるので ΔK = 0 - (1/2)mV^2 = -(1/2)mV^2 右辺の仕事は摩擦力fとバネによる仕事があるので W(摩擦力)=∫f v dt W(バネ)= ∫[l->l0] (-kx)dx = -(1/2)k [ l0^2 - l^2] でエネルギー保存則は -(1/2)mV^2 = W(摩擦力) -(1/2)k [ l0^2 - l^2] これより W(摩擦力) = (1/2)mV^2 -(1/2)k [ l0^2 - l^2]      = [ (1/2)mV^2 + (1/2)kl^2] - [ (1/2)k l0^2 ] となり,力学的エネルギーの差の分だけ摩擦力のした仕事があります. ここの摩擦力fは静止摩擦であるので積分の実行ができず, 力学的エネルギーの差から求める量となります. ここでW(摩擦力)として失われた力学的エネルギーは,物体から受ける摩擦力に逆らってベルトを等速で動かすために使われているはずです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

#1です.すいません. >この場合は,摩擦力は働いていますが, 以下は取り消させてください.多分間違っています. あわててさらに間違えてもいけませんので, 今は取り消しだけとさせていただきます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

状況の確認ですが >Aを原点Oでベルトの上に乗せて静かに手を離すと、Aは静止したままであった。 これは観測者から見て静止であり,ベルトの上を滑っている状態と言うことでいいですね? >Aに水平右向きの初速Vを与えると、はじめAはベルトとともに動いたが、 この初速Vはベルトの速さと同じで,ベルトに対して静止した状態で動いているということでいいですね? 以下これを前提に回答します. 物体が静止している場合,物体にはバネの力とベルトからの動摩擦力が働き,静止しているということはこの二つの力がつりあっているので,このときの伸びをlとすると k l = μmg これからこのときの伸びは l = μmg / k なので >Aは静止したままであった。このときのばねの伸びはμ0mg/kである。 にでてくる摩擦係数は,滑っているので動摩擦係数μです. >ばねによる弾性力のほかにどんな力が働いていても(この問題では摩擦力)成り立つのですか? この場合は,摩擦力は働いていますが,ベルトの上を滑ってはいないので摩擦力は仕事をしていません.なので成り立ちます.ただし, >求めるx座標をaとして、(mV^2)/2+k{mg(μ0-μ)/k}^2/2=(ka^2)/2  という式は変です.どうも座標と伸びが混乱しているようですが,バネの位置エネルギは伸びの2乗に比例するのであって座標の二乗ではありません.簡略化のため 最初の静止していた時のバネの伸び l = μmg/k 静止摩擦に打ち勝って左に反転する時のバネの伸び l0 = μ0 mg/k と定義します.l伸びたときが座標原点ですから,反転した時の座標はa = l0 - lです. このlとl0を使うと,左向きに反転した時には速さが0ですから,エネルギー保存則は (1/2)mV^2 + (1/2)kl^2 = 0 + (1/2)k(l0)^2 で,上の定義式を代入すれば (1/2)mV^2 + (1/2)k(μmg/k)^2 = (1/2)k(μ0mg/k)^2 = (1/2)k(a + μmg/k)^2 です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 力学的エネルギー保存則

     私は高2のzerosikiです。  早速ですみませんが、教科書でこんな問題が出ました。    ばね定数kのばねの上端を固定し、下端に質量mのおもりを取り付けると、ばねは自然の長さからaだけ伸びてつりあった。この状態から、速さvでおもりを下向きにはじいたところ、ばねは更にxだけ伸びた。このときのaおよびxを、k、m、v、および重力加速度の大きさgのいずれかを用いて求めよ。  この問題を解くにあたって、運動エネルギー、重力による位置エネルギー、弾性力による位置エネルギー、この三つのエネルギーの力学的エネルギー保存則での関係をうまく式にできません。  急いでいます。だれか、できるだけわかりやすく教えてもらえないでしょうか?

  • 力学的エネルギー保存の立式のしかたを教えてください。

    力学的エネルギー保存のところを学習しはじめたのですが、立式のしかたがよくわかりません。 よろしくお願いします。 問題 一端が床に固定され、他端に質量mの板が取り付けられたばねがある。板の上に同じ質量mの物体Aを載せたところ、ばねは自然長からx0縮んで静止した。 板を、さらに2x0押し下げて静かに放した。そして、ばねが自然長になったときに物体Aは板から離れて飛び出した。重力加速度の大きさをgとする。ばねが自然長になったときの速さv0はいくらか? 解答は、 エネルギー保存をつかう。位置エネルギーの基準を一番下にとる。図をみながら、エネルギーの流れを書く。 1/2k(x0+2x0)^2=1/2(2m)v0^2+(2m)g(x0+2x0)---A ∴v0=(3gx0)^2 とありましたが、そもそもこの公式の意味がよくわからないんですが、 右辺と左辺はどのように立式するのでしょうか? テキストには、運動エネルギーKと位置エネルギーや弾性エネルギーUの和を力学的エネルギーという。 E=K+U=一定---B とあります。 問題をこの式のとおり立てるとすると、左辺のEは未知のはずじゃないんでしょうか? そして右辺は、まずは運動エネルギーは1/2mv^2 式BによるとそれプラスUですが、このUというのは、テキストによると、位置エネルギーも弾性エネルギーもUです。この場合、どちらを使うのですか?解答によると、位置エネルギーを使っていますが、どうしてですか?弾性エネルギーもありますよね? あと、もう一つわからないのが、どの状態のときで立式すればいいかということです。 位置エネルギーも運動エネルギーもばねが自然長のとき、3x0押し下げたときでは、値が異なると思いますが、 どこの状態で立式するのでしょうか? エネルギーは保存されるのだから、どの位置でも一緒だとは思いますが。。。 以上のとおり、この式の使い方、立式の仕方がよくわかりません。 どなたかアドバイスをよろしくお願いします。

  • 物理 力学的エネルギーの問題です。

    図のように、水平面上に質量mの物体を置き、壁との間をばね定数kのばねでつないだ。ばねの自然の長さからの伸びをxで表し、面と物体の間の静止摩擦係数をμ、動摩擦係数をμ'、重力加速度の大きさをgとする。次の問いに答えよ。 問1 ばねが自然の長さにある状態から、図のように手で水平に物体に力を加え、ばねを引き伸ばした。ばねの伸びがxになるまでに、手のした仕事はいくらか。正しいものを、次の(1)~(8)のうちから一つ選べ。 (1)(1/2)kx^2 (2)kx^2 (3)μ'mgx (4)μ'mg (5)(1/2)kx^2+μ'mgx (6)(1/2)kx^2+μ'mg (7)kx^2+μ'mgx (8)kx^2+μ'mg 問2 問1の過程の最後に手を止めて静かに放したところ、物体は静止していた。手を放した後も物体が静止しているようなばねの伸びxの最大値x[0]はいくらか。正しいものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。 (1)μmg/k (2)2μmg/k (3)μ'mg/k (4)2μ'mg/k 問3 問2の実験でばねの伸びがx<x[0]のとき、物体に作用している摩擦力はいくらか。正しいものを、次の(1)~(6)のうちから一つ選べ。ただし、図の右向きを正とする。 (1)kx (2)-kx (3)μmg (4)-μmg (5)μ'mg (6)-μ'mg 解答と解説をよろしくお願いします。

  • エネルギー保存則

    下図の位置(点R)にいるときの速さをエネルギー保存則を用いて解きたいのです。 問は電車の天井から、長さ Lの意図で質量 m の小球がつるされている。    静止していた電車が水平方向右向きに加速度αで等加速度運動を始めると、    小球は糸が鉛直と角θをなす間で振動した。 初期位置を基準としてエネルギー保存則を用いると     0     = mg*L(1-cosθ) + m*v^2/2 (初期位置)       (点R) となり、明らかにおかしいのがわかりますが、どこがおかしいのでしょうか。 初期位置(基準)よりも点Rの方が高いので重力による位置エネルギーは持つはずです。

  • 位置エネルギー

    弾性力による位置エネルギー ばね定数K[N/m]のばねをなめらかな水平面に置き、一端を固定した。他端に物体をつけて引っ張り、ばねをX[m]伸ばした。 (1)X[m]伸びたばねが自然の長さに戻る間に、ばねが物体にする仕事は右のグラスのどの部分か。斜線で示せ。 (2)(1)で示した仕事の大きさは何Jか。 (3)X[m]伸びたばねによる、弾性力による位置エネルギーは何Jか。 分からないので 公式もお願いします!!

  • 物理 力学的エネルギーの問題

    問16、ばねに0.20kgの物体をつり下げて静止させたところ、自然長からの伸びは5.0cmであった。次の問いに答えよ。ただし重力加速度を9.8m/s^2とする。                      (1)、静止した位置で物体がもつ弾性力による位置エネルギーを求めよ。                (2)、このばねから物体を外し、ばねをなめらかで水平な床の上においた。質量0.20kgの物体が    速さ2.0m/sでばねに衝突すると、ばねは最大何cm縮むか。                      この問題の解説を途中式を含め丁寧に教えてもらえるとありがたいです。

  • 物理基礎の力学的エネルギーの問題

    バネ定数kのバネの上端を固定し、下端に質量mのおもりを取り付けると、バネは伸びて釣り合った。この点Aとする。重力加速度の大きさをgとし、バネは鉛直方向にのみ運動するとする。 点Aでのバネの伸びa(m)を求めよ。 という問題だったのですが、できてなかったです 何が間違っているのか教えて下さい>< 勝手に自分で点Aを基準水平面として、自然の長さの時の力学的エネルギーは-mga(弾性の位置エネルギーはない) 点Aの時の力学的エネルギーは1/2ka^2(点Aが基準水平面なので重力の位置エネルギーはない) 力学的エネルギーは一定なので、 -mga=1/2ka^2 -2mg=ka (-2kg)/k=a と考えたんですが 答えはa=(mg)/kでした・・・ 自分で基準水平面をつけた所が悪かったのでしょうか? ___ | | |自然の長さ |___ ❘ ❘ a(m) ❘___ ❏A点

  • 高校物理

    次の問題の(3)の導き方と答えを教えてください。 2つの壁に挟まれた水平な床面上に質量mの物体Aを置く。壁はともに床に固定されて静止しているが、右の壁の位置は変えることができる。Aにばね定数kのばねの一端をつなぎ左の壁に固定する。図1のように、Aと同じ質量の物体BをAの右側に置き、AとBが接触したまま、ばねが自然長からa(a>0) だけ縮んだ状態にして、初速度0 で放したところ、ばねの自然長の位置でBはAから離れて、床に固定された右壁と弾性衝突して速度の向きを変え、Aに衝突した。 ばねの自然長の位置を座標の原点として、水平右向きにx軸をとる。A, Bの大きさ、ばねの質量、床面との摩擦、空気抵抗はすべて無視する。 (1)AとBが衝突する位置を求めよ。 ( 2 )右壁の座標をx=R₀とする。R₀はいくらか。 (3)Bと衝突した後、Aは単振動する。AとBが衝突してからばねの縮みが最大となるまでの時間、およびばねの縮みの最大値をそれぞれ求めよ。      よろしくお願いいたします。

  • 力学的エネルギーの問題が分らないので教えてください

    斜面S0,S1と水平な床がなめらかにつながっています。斜面S0および床は摩擦のない面であり、斜面S1はあらい面です。床から高さhの斜面S0上の点Pより、質量mの小物体Aを斜面に沿って下方に速さv0で打ち出しました。斜面S1の水平面からの角度をθとし、重力加速度の大きさはgとします。また、斜面S1と小物体Aの間の静止摩擦係数をμ`とします。 (1)小物体Aの運動エネルギーをK,水平面を基準とした重力による位置エネルギーをUとしたとき、点Pから打ち出されて点Qで止まるまでの時間tとの関係を表したグラフとして適当なものをそれぞれ選んでください。 (1)重力エネルギーK: (2)位置エネルギーU:

  • エネルギー保存則,訂正

    下図の位置(点R)にいるときの速さをエネルギー保存則を用いて解きたいのです。 このとき小球の速さは最大である。(θ=Φ/2) 問は電車の天井から、長さ Lの意図で質量 m の小球がつるされている。    静止していた電車が水平方向右向きに加速度αで等加速度運動を始めると、    小球は糸が鉛直と角θをなす間で振動した。 初期位置を基準としてエネルギー保存則を用いると     0     = mg*L(1-cosθ) + m*v^2/2 (初期位置)       (点R) となり、明らかにおかしいのがわかりますが、どこがおかしいのでしょうか。 初期位置(基準)よりも点Rの方が高いので重力による位置エネルギーは持つはずです。