• 締切
  • すぐに回答を!

労働基準法 労働時間について

  • 質問No.7711638
  • 閲覧数435
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 53% (58/109)

労働基準法で、労働時間が決まっていると思いますが、以下の場合、どのような事が
考えられますでしょうか。宜しくお願いします。

(1)正社員として、会社に勤め、契約上の内容で、月9日休みで契約している。
(2)会社は派遣会社の様な会社で、クライアント先での会社で、仕事をしている。
(3)クライアントとの契約でも、月9日の休みを取ると契約している(契約書あり)
(4)クライアントの会社の社員は、月5日休みで、現在そこの基準に合わせて仕事をしている。
(5)家から、クライアント先まで、直で出勤する為、会社に立ち寄ってタイムカードを
 きったりする事はしていない
(6)クライアント先でも、タイムカードは無く、契約した内容の時間で働いて帰る。

この様な勤務を5年位しています。この場合、私が、労基に契約違反の申し立てをした場合
どのような処置があるのでしょうか。
また、タイムカードが無い時点で、この様な労働内容を表明出来ない時点で、
あきらめた方が良いのでしょうか。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 25% (112/440)

(1)36協定は結んではいません。
会社の過半数が合意した代表者が合意していれば結んでいます。
組合あれば組合の代表者。
結んでない事は無いです(絶対残業越える人間出るので)
個人で結ぶものではないです。

(2)見込み残業代込の固定給になります。
得に問題ないです。

(3)一日平均で11時間拘束の2時間休憩
8時間で1時間の休息があれば問題ないです。

(4)例外で週に1~2回 13時間拘束の2時間休憩
全然問題ないです。

(5)契約上月9日休みで契約している
就業規則に則ります。
(これが労働基準法に違反しているのなら労働基準監督署に言えばいいです。)
(就業規則は労働基準監督署提出されています、労働基準監督署で盲印保存されています。)
個人契約なんて何の意味も持ちませんが、会社の人事に言って内容が違うなら内容改めさせればいいだけです。(あくまで基準契約です。)
(単なる会社との個別契約なので個人と、人事との取り決めですので、労働基準法とは関係ないです)
これを拒んだら、契約不履行で、民事裁判ですね。

どちらにしろ、労働基準監督署は本人対会社の解決をするよう言われますが。
就業規則は、出向であれば出向先の就業規則になります。
特定派遣であれば、派遣元の就業規則になります。

(5)の部分で会社に強く言うのが関の山。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (4042/14669)

これだけだと、合法か違法か判定する材料に欠けます。
そもそも、先の方にもあるように、36協定があれば基本の労働時間を超過する事ができます。
第一、挙げられた条件には労働 「時間」 が記載されていません。休日数だけでは、1日に何時間労働しているかで全く違ってしまいます。
(5日でも同じ事)
タイムカードはどうでもいいです。証明がしやすいか面倒かの違いしかありません。
まして、契約した内容通りで変わらないなら、いちいち、毎日の残業時間とか証明する必要がありませんから簡単です。

で、労基法で決まっているのは原則論だけであり、ILO条約を批准していませんから、極端な話、1日に24時間、毎日労働させても罰則に引っ掛かる事はありません。(まあ、問題にはなるでしょうけど)
一般に、労基法の基準通りだと1ヶ月の労働時間は約172時間前後になりますが、通常はそれに時間外が加わり、+100時間、272時間ぐらいにまでなれば過労死の危険性が高まるとされています。といって、それを強制的に禁止する法律はありません。
http://labor.tank.jp/wwwsiryou/messages/58.html
この基準は超えますが、罰則はありませんから特段の処置みたいなものはありません。

よくある特定派遣のように思えますので、その点でも違法性は感じられません。
(2重派遣は、クライアント先からさらに別へ派遣される事)
補足コメント
pannpikinn1014

お礼率 53% (58/109)

詳しく回答ありがとうございます。
労働時間の件ですが、
一日平均で11時間拘束の2時間休憩
例外で週に1~2回 13時間拘束の2時間休憩

上記の内容だと、272時間は行かないので、問題ないという結論になりますね。

 元会社との契約で、月9日休みの契約
元会社とクライアントとの間でも月9休の契約
これが、5休なのは問題ないのでしょうか
投稿日時:2012/09/23 00:03
  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (7/18)

残業台の請求は請求日から遡って2年までです(ただし協定がある場合は除く)

36協定
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hama/36kyoutei.htm

またタイムカードがない場合でも、帰宅時に電話、個人的にメモ等があれば証明できる場合があります

元会社との契約書はあるんですか?名ばかり正社員の二重派遣の気がするんですが

http://www.eshigotosagashi.com/1-5.html


そのほか参考

.「ブラック企業から残業代を回収したところまでの一連ツイート」

「労働基準局は役立たず」なんて言うヒトがいるけど、私の場合はそんなことなかった、きちんと仕事してくれた。「あのう会社が残業代支払ってくれないんですが…」 とか言っちゃうと相手にされない。「労働基準法第35条違反の告発に来ましたので手続きしてください」みたいに言うと役人は動く(笑)

http://togetter.com/li/64324
お礼コメント
pannpikinn1014

お礼率 53% (58/109)

回答ありがとうございます。
元会社との契約はあります。元会社が色々なクライアントと契約しており
そこの現場に私の様な社員が派遣されて、毎月契約金を頂いて、
元会社より、給料が支払われるといった感じになっています。
URLを見ましたが、二重派遣では無いと思います。
親切にありがとうございます。
投稿日時:2012/09/22 23:49
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (25/93)

 タイムカードの無いのはブラック企業とお役人様だけ?

 労働基準監督署はブラック企業に手出しが出来ない!

 マイタイムカード(手帳等に勤務時間を記入おく)を作成してください。
お礼コメント
pannpikinn1014

お礼率 53% (58/109)

回答ありがとうございます。
手帳に記入する様にします。
投稿日時:2012/09/22 21:41
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (112/440)

得に、派遣会社なわけでも無いのなら、出向または請負と言うかたちですね。

労働基準法に抵触している内容は見当たりませんが??
タイムカード無くても、基本問題ありません。

見越残業代込みの、固定給なら得に問題ないです。

何が問題だと考えているのでしょうか?
36協定結んでいれば、月に4日休暇あれば問題無いですし、週40時間越える分は残業代と言う形での支払いなら得に問題ないです。

どの内容が労働基準法に抵触しているか、示した上での質問され他方が、判断しやすいです。
補足コメント
pannpikinn1014

お礼率 53% (58/109)

回答ありがとうございます。
(1)36協定は結んではいません。
(2)見込み残業代込の固定給になります。
(3)一日平均で11時間拘束の2時間休憩
(4)例外で週に1~2回 13時間拘束の2時間休憩
(5)契約上月9日休みで契約している

上記の内容で、(3)(4)(5)の部分で問題があるのではと思いました。
投稿日時:2012/09/22 23:46
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ