• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アテニア=ファンケル???

  • 質問No.756821
  • 閲覧数7456
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
アテニア化粧品を愛用していますが、先日購入した化粧水のビンに、
製造元 ファンケル美健と書いてあるんです。
これを見て、アテニアとファンケルは同一の会社??という疑問がわきました。
くだらないことなので、お暇な時に宜しくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 62% (339/544)

poyopoyow1414さん、おはようございます。

↓アテニアHPにはファンケルグループとかいてあります。
アテニアはアテニアで株式会社ですが、グループでまとめて同じところで製造しているんでしょうね。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 35% (748/2137)

私が 以前に派遣で指導に行っていた工場で、見てはいけないものを見てしまいました。 ファンケルは、下請けの
工場で 充填・包装してます。 たぶん商品により 他の工場で生産していると思います。

町工場の 完全分離された棟で 作られてます。
普通の従業員は、自分の担当する商品の区域しか、通路を
通ってはいけないけど、 私はまったくその他の商品の
研究指導に行っていたので 自由に行けました。

衛生には 充分に注意しているとは思いましたが、
CMのイメージとは 異なりますね???。

そこの場所に 二度と行くことは無いので、書きこみさせていただきました。

私のも だいぶ 余談ですね??
  • 回答No.3

ベストアンサー率 50% (116/228)

おはようございます。

もうすでに回答が出そろっていますが。。。
わたしの知っている限りでの補足を。

#2さんが仰っている通り、アテニアは「(ファンケルの)連結子会社」という事になります。「同一の会社」では少し語弊がありますね。

もともとファンケルは無添加化粧品の会社として1981年にスタートしました。
ファンケルとしてだけでもそれなりに業績を上げていましたが、無添加のため殆ど全ての化粧品が「小ビン(当時は10mlの小ビンでの販売でした。わたしの記憶が正しければ、たしか価格は1500円。)」の販売となり「こんな小さいビンではバシャバシャ使いたい人には不向き」という面がありました。
そこでお肌への優しさはそのままに、極わずかな保存料だけを入れて同じような物を作り出したのがアテニアです。(1989年2月設立)
わたしはファンケルからアテニアに乗り換えたクチなのですが、防腐剤や極わずかな添加物ならお肌への負担は全然なかったし(あくまでわたしの場合。)それなら思う存分使えるアテニアの方がいいと当時思った記憶があります。
アレルギー性のお肌の方や絶対に無添加がいいという人にはファンケルの方が合っているのでしょうが、どちらを選んでもかなり良い化粧品には違い無いと思います。ちなみにわたしは、そのまま今もアテニアを使い続けています。

高品質で低価格な化粧品の販売というポリシーはどちらも同じです。

こんな所ですが、少しでも御参考になれば嬉しいです。

tokyo24
  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (5405/10617)

アテニアは、ファンケルの連結子会社です。
ファンケル美健も同様に、連結子会社になります。

http://www.fancl.co.jp/corporate/index.html

http://www.attenir.co.jp/profile/index.html
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ