• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

to have been

  • 質問No.7532289
  • 閲覧数70
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 76% (148/193)

Working hard is thought to have been good thing.
この文の訳と、to have been good thingと to be good thingのニュアンスの違いを説明していただけますか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 63% (6646/10386)

ニュアンスというか,完了形 to have been a good thing
だと,is thought「今思われている」に対し,「よかった」という過去(あるいは完了)

to be a good thing だと,is thought と同じ「今,よいことである」

懸命に働くことは,かつてはよいことだった(今まではよいことだった)と思われている。
懸命に働くことはよいことだと思われている。

昔と違って今は勤勉がよいこととみなされていない,という上の方がいいたいことでしょう。
補足コメント
phy0

お礼率 76% (148/193)

ご回答ありがとうございます。実は、仕事のメールでto have been a good thing を使ってしまい、相手に失礼なメールになったことをご回答を拝見してわかりました。完了形have ~というのは継続的な意味があるものと思っていました。「(昔からずっと今まで)良いことだと思われ続けてきた。(そして、これからもそう思われ続ける)」という使い方をするものと思っていましたが、「完了形」だから、当然、どこかで終わってるわけですね。私の上記のような意味を表現するには、どういえば良かったのでしょうか。
投稿日時:2012/06/16 08:34
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ