-PR-
解決済み

ダイエットペプシ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.74754
  • 閲覧数369
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 84% (27/32)

チンパンジーが出てるダイエットペプシのCMは、
コカコーラとどっちが美味しいのか?っていう感じで
比べてますけど、ペプシって、サントリーの商品で
コカコーラとは別会社ですよね。
ああいうCMって許されるものなんでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 48% (127/261)

『比較広告』についてですね?
これらは欧米では当たり前の宣伝方法です。

許すとか許さないとかの問題ではないんです。
確かに以前までは業界内で他者との『比較』をする事については、『拒否反応』がありました。
これは日本の文化と言うか慣習と言うか…いうなれば、『他人を蹴落としても自分が得をする』的な考え方に抵抗があるからです。

これに一石を投じる形で約12~3年前に比較広告を始めたのが、やっぱり『ペプシ』でした。
このときの評判は若者には大変良かったのですが、やはり年配者や、『エコノミスト』などからは批判が相次いで、たしか…半年くらいで打ちきりとなりました。

しかし、時を経て、日本人の考え方とかにも変化が出たのでしょう。
再度このような宣伝を打ち出すようになりましたね。
でも、それをやり始めたのは『ペプシ』ではありません。
外資系会社ではなく、純粋な日本の『会社たち』なのです。
そう…思い出されるのは『マイライン』のCM。
各社が料金をいろいろな形で比較していますよね。
CMではそれほど露骨に『名称』をあげて比較はしていませんが、雑誌広告ではきちんと会社名で比較をしています。

要は、広告媒体に関するものの考え方なんです。
時代が変わって、消費者は『いいもの』を選ぶ権利がある。
でも、全てを購入する事は出来ないから、なにか比較する尺度がほしい。
そんな考え方に消費者が変わって来ている事を、広告会社もリサーチとかを重ねて知っているから、このような宣伝方法に変わってきたのです。
お礼コメント
bajiru8

お礼率 84% (27/32)

回答、ありがとうございます。
とてもわかりやすい説明で、納得しました。

確かに電話会社の広告等では、他社との比較を出していますね。
私たち消費者にとって商品の比較が簡単にできるということは
本当に、喜ぶべきことだと思います。
こういうCMがこれから増えてくるのでしょうね。
投稿日時 - 2001-05-11 21:52:00
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ