• ベストアンサー
  • 困ってます

内部監査のオブザーバーについて

内部監査でオブザーバーという言葉をよく聞きますが,オブザーバーの立場とはどのようなイメージなのでしょうか? (1)被監査部門の立場で見学 (2)中立 (3)監査チームの立場で見学 (4)その他 申し訳ありませんが,どなたかご指導お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1702
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4202)

 (内部)監査のオブザーバーは監査チームに同行し、監査の様子を観察する人です。監査チームの一員にはならず、また監査を受ける人たちの一員でもない立場になります(ですから監査の活動に関わる発言、監査の実施に影響する発言、監査に支障や邪魔になる行動はしてはいけません)。  監査の様子を観察する目的は、 (1)監査のしかたを学び監査チームの一員としていずれ監査ができる力量を得ること、あるいは (2)いずれ監査を受けるときにスムーズに対応できる心得を得ること、 (3)監査が公平で客観的で監査ルールにしたがって適切に実施されているかを監査の監査人役としてチェックすること のいずれかになります。  ただ単に監査の様子を観察だけではなく、気が付いたことは事実関係(エビデンスなど)も含めてメモしておくことです。なお、監査には案内役を立てることもありますが、オブザーバーは案内役とは異なります。また技術専門家(スペシャリスト)を監査チームに加えることもありますが、それとも異なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 被監査部門の職員が監査チーム側に加わり,監査チームに同行する。ただし発言などはしない。というようなイメージでしょうか?

関連するQ&A

  • 内部監査

    ISO内部監査員になったのですが監査する部門が環境管理事務局で、活動内容がいまいちわからず何を質問していいか内容に行き詰まっています。 お力お貸しいただけないでしょうかm(__)m

  • 内部監査室を社内に置かないことについて

    当社は一応、上場をしております。 現在、会社組織を見直しております。 内部監査業務をアウトソーシングしようと考えております。 となりますと、現状組織に置いている「内部監査室」というものは社内組織には置かなくて良い、と思いますが、 その理解であっておりますでしょうか? もし、内部監査業務をアウトソーシングしても、「内部監査室」は置かなくてはいけない!というのでしたら、 「内部監査室」の業務は一体、どういったものになりますでしょうか? 何卒、よろしくお願い致します!

  • 内部監査部門につくためには

    現在、経理課長を拝命しております。決算業務のみならず、短信、有報などの開示業務も主体的に携わっております。これまでには、営業、経営企画を務め、その間に日商簿記1級、MBA(日本国内)を取得し、転職し現職に至っております。将来のキャリアプランの1つとして、そのまま管理系の頂点(当社においては管理本部長)を目指す一方で、公開準備、J-SOXなどにもプロジェクトとして中心的に携わり最近では内部監査にも興味があります。そこで、現在の会社で、そのまま内部監査になることは、内部統制上構わないのか、つまり現在は被監査部門ですが、内部監査になると、過去の監査対象が自分自身になり、矛盾を生じないのかお聞かせ下さい。 また、内部監査部門につくための(会社に対しての)効果的なPRなどお聞かせ願えれば幸いです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#153801

内部監査とはISO関係でしょうか?それとも企業の内部統制関係でしょうか? 私の経験でお話しします。 ・ISO9001 14001監査員を10年以上やっていました。 ISOということで (1)被監査部門の立場で見学  被監査部署の人材育成として発言はしないが内部監査の雰囲気を体験させる目的でオブザーバと  称することがありますね。書記役などをやらせます。  また、業務について外注依存が高くその外注作業が専門性が高い場合、その説明を  外注業者代表者に依頼する時にもあるようです。(そのプロセスの大半が外注)  (7.4.1 購買プロセス) (2)中立  ISO統括部署などが内部監査の定着を図るため模擬内部監査を行う場合に行なったことが  あります。 (3)監査チームの立場で見学 厳密には監査チームの立場ではありませんが、認証機関の監査の際、監査チームの案内を兼ね、 ISO外部監査に同席します。 認証機関より推奨事項など出された場合の対策用ということもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。企業内での内部監査です。

関連するQ&A

  • 内部統制・内部監査の基本書籍

    上場企業の内部監査部門の新任者です。内部統制・内部監査についてあらかじめ基礎知識を得ておきたいのですが何かおすすめの書籍はありませんか。

  • 内部監査の監視って必要ですか・・・?

    ISO9001の定期審査で、内部監査プロセスのシステムの有効性が明確でないと指摘を受けました。(実際そうですが・・・) 従って内部監査のプロセスを監視する必要があると考えて、「プロセスの監視及び測定」に『内部監査で行った品質マネジメントシステムのプロセスの有効性を監視する。』を追記しましたが、具体的な監視方法が考え付きません。 どのような監視(データ?)があるでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 内部監査の解釈

    ISO19011内部監査について質問です。この監査のための指針では「望ましい」という言葉が頻繁に使われています。これは、「~しなければならない」ではないので必須ではないってことですよね? 原文(英文)?が手元にはないのですが・・・ 監査のフォローアップについても「望ましい」とあり、ISO9001の是正処置では、「組織は~処置の有効性をレビューすること」とあるので、フォローアップ(処置の検証)の実施者は、内部監査員ではなく関連部署の責任者にしたいのですが・・・ 問題あるのでしょうか?

  • 内部監査員の資格

    先日ISO9001に基づき、内部監査を実施した際、被監査部門から、「監査員の一人は被監査部門の取り扱っている情報を共有して内容確認欄に確認印を押しているので監査員として、適切でない、監査不適合である。」とのやり取りがありました。 被監査部門が取り扱っている主な記録について、記録の初期情報を関係部署が確認するということで監査員の一人は確認印を押しているのですが、それだけで被監査部門の業務プロセスに関与し、「監査員は自らの仕事に監査してはいけない。」という事項に値するのでしょうか?組織とは横断的に業務を行っていくので一つの部署が行う仕事でも内容の確認ということは他部門にわたって行われているかと思います。 監査を行う際の資格の前提となる、自らの仕事の定義、若しくは範囲についての考えを教えてください。

    • 締切済み
    • ISO
  • 内部監査のキャリアについて

    大学卒業後、経理財務系の仕事をしています。 管理職にも昇格し、仕事には自信があるのですが、 正直、飽きた感があります。 仮に、さらに上職につけたとしても、責任が重くなるという点に 今は頑張ろうというより、嫌だなあという気持ちが・・・ でも、平社員に戻るとアホな上司だったら嫌だという気持ちもあり・・・ 今回、転職を考えており、今までの経験も活かせることから、 内部監査の仕事に興味を持ちました。 ただ、会社によっては、閑職だったり、定年に近い人が行く部署だったり することもあるため、職種変更に不安を感じています。 内部監査のキャリアは、一般的にどのような位置づけなのでしょうか? 大手や金融系、米国企業などは、いちキャリアとして認められているのでしょうか? ご存知の方がいましたら教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 内部監査業務につくひととは

    内部監査業務につくひととは、どんな能力レベルなのでしょうか? 今の職場に部長レベルとして女性が転職してきました。前職での担当はは内部監査だったらしいのですが、とにかく会計知識もなければ、会計システムに入って、元帳など見ることすらできません。おそらく、決算実務の経験がないので、システムを操作するということもわからないのでしょう。 結局今は勝手に自分は社長と本社対応をするといい、分析と予算を女性社員とすると言ってますが、分析もこちらが作った決算書を見てどうこうしてるだけです。分析とは、システムの中を見てトランザクションを見たり、いろいろなデータ資料を見ないとできないと思いますが、、。 ですから、たいていは、すべて実際決算資料を作成しているひとに聞いてきます(そのほとんどがシステムを見ればわかるようなことです) また、そのあと、課長レベルで男性が入ってきましたが、こちらも、以前は内部監査をしていたそうで、リストラにあったそうです。この男性も、おそまつなものです。仕訳ひとつ満足にできませんし、決算書について「なぜこれがマイナスなんだ」と女性部長と同じレベルで聞いてきます。経理のわかる人ならわかると思いますが、システムの元帳みればそんな原因わかりますよね。 そこで疑問です。内部監査の業務に就く人は、レベルはどうなんでしょうか?会計知識もシステム知識もなくてもできるものなのでしょうか?アホが就く仕事ですか? これまでのイメージは、会計士レベルの知識、なおかつIT知識もある人が執り行っているのだとおもってました。

  • 内部監査 -充実した日々とするには

     よろしくお願いします。 私は男性で年齢は50才近い者です。 在職している会社(約100名勤務)で経理部から内部監査(私1名の部署)に異動となりました。 困っているのは、正直、忙しくないということです。 監査(支店へ出張します。)とその準備と出張後の報告書作成。 一ヶ月で仕事らしい仕事をしているのは4~5日です。 なんとか打開するヒントはないかとnetで調べたところ内部監査や監査役は定年間際の 人が就くのが一般的でいわゆる閑職との事-ショックでした。加えて業務充実への手掛かりは netからは得られませんでした。在職している会社はISOとは無関係です。 内部監査のお仕事をされている方、またこの方面にお詳しい方、 業務充実へのアドバイス、また良い書籍等ございましたらお教え願えませんか。 多忙であった経理部在籍時より現在の方がはるかに精神的に疲労こんぱいしております。 何卒、ご教示の程をよろしくお願い致します。

  • 内部監査室長に任命されましたが・・・

    人事異動で内部監査室長に任命されました。 しかしながら、内部監査のなの字もわからず、何をどうしていったら良いかの途方に暮れています。 前任者は退職予定で、引継や指導もありません。また、部下がひとりつくのですが、その人も数か月前に異動となったばかりでほとんど実務経験はありません。 早々に業務に入り、また目下の課題として関連会社と自社の内部統制の構築も同時に行わねばならないのですが、当方、一般常識レベルの会計的知識もなく、数字も苦手、社内事情にも疎いです。 こんな状態でもとりあえずやらねば・・・とは思っていますが、どんなことから手を付ければよいのでしょうか? おすすめの本やセミナーやサイト、また必要となる知識、心構えや取り組み方、体験談等々、何でも良いので参考になることがあれば教えてください。 宜しくお願い致します。  

  • 内部監査プログラムについて

    せいと申します ISO-9001の定期審査があり、審査員より監査プログラムが違うと 指摘されました。当社では年間内部品質監査計画書で年間スケジュールを決め 監査部門ごとに個別計画書を作成しています。この年間計画と個別計画で 監査プログラムとの判断をしていました。 監査プログラムは、ISO9000の定義では「ある目的の達成に向けた、決められた期間内で実行するように計画された一連の監査」ですがどうも具体的にどんな事なのかよく判りません。 具体的にどうしたらいいのかアドバイスをお願いいたします。

    • ベストアンサー
    • ISO
  • ISO14001の認証取得と、内部監査員の心構え

    お世話になっております。 ISO14001の認証取得の立ち上げで、苦労したことやその苦労をどう乗り切ったかをお教え頂くと幸いです。 また認証取得して、内部監査員のリーダーとしての心構え(ISO9001も含めて)などもお教えいただくと、とてもありがたいです。改善事例(ISO9001も含め)を頂くと、更にありがたいです。 これから立ち上げしていき、メンバーとして必然的に内部監査員の取得もします。 ISO9001の方は取得していていますが、監査リーダーの経験を有していません。 宜しくお願い致します。