• ベストアンサー
  • 困ってます

年金額

66歳すぎてますが老齢厚生年金と老齢基礎年金部分がありますが、老齢厚生年金部分の支給停止額と言うのが有りますが、この支給停止額というのは、いつになったら支給停止がなくなるんでしょうか(去年まで働いていました)宜しくお願い致します

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数198
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

あなた書いていることは、「在職老齢年金」による<支給停止額>のことだと思います。 60歳代前半と65歳以降では、計算式が違います。 また、雇用保険による失業給付(基本手当)を貰っている間は老齢厚生年金との調整があります。 3月31日退職の場合、資格喪失日が4月1日で、5月分から年金額の改定を行い、6月に受取ります。(4・5月分) つまり、退職後に受給額の改定をして、2か月半後に新しい年金受給額で受け取れると言う仕組みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございました。 働いているうちは、支給停止されると言う解釈ですね

関連するQ&A

  • 繰り下げ受給の年金額

    60歳から特別支給の老齢厚生年金を、65歳から老齢厚生年金と老齢基礎年金が支給されます。 老齢基礎年金は、66歳以後の申し出によって、申し込み時の年齢により加算された金額が支給されるいう記載がありました。 なんで、66歳以後の申し出になるんでしょうか? おしえてください。

  • 年金の支給開始について

    日本年金機構で年金の仕組みを調べているのですがいまいち分からないのでご教示ください 初歩的なことですがよろしくお願いいたします 厚生老齢年金は在職者で年金+給与額の合計によっては支給停止があるという事ですが この年金というのは老齢基礎年金(国民年金)のことでしょうか? 国民年金のみ加入→収入に関わらず65歳から支給開始 厚生年金加入→老齢基礎年金は収入に関わらず65歳から支給開始  厚生老齢年金の部分は60歳から支給開始(ただし収入と老齢基礎年金の合計額によっては全停止・または一部停止) 停止期間中も厚生年金に加入していれば、将来受け取る金額は更に増えるのでしょうか? それとも収入によっては支給がずっと停止される場合もあるのでしょうか 宜しくお願いします

  • 在職老齢年金について

    (1)65歳以上で、老齢基礎年金(国民年金)だけもらってる場合は 年収が例え100万であっても支給停止にならないという事でよろしいのでしょうか? (2)60歳~65歳の場合でも老齢基礎年金だけの場合は 年収がいくらあろうが支給停止にならないという認識でよろしいのでしょうか? (3)65歳以上で、厚生年金と標準報酬月額を併せて46万以下。 プラスして厚生年金基金や確定給付年金をもらってる場合、基金は参入されないので、 支給停止されないという事でよろしいのでしょうか?

  • 加給年金はどちらの年金を繰り下げても支給なし?

    加給年金は老齢厚生年金か老齢基礎年金のどちらを繰り下げても支給されなくなる? 65歳より老齢厚生年金と老齢基礎年金の支給が開始される資格のあるものですが、老齢基礎年金か老齢厚生年金かどちらか一方でも繰り下げをした場合、配偶者等に支給される加給年金はどちらを繰り下げても支給されなくなくなるのでしょうか。加給年金は老齢厚生年金と一体で、老齢基礎年金のみを繰り下げたときは、支給されるような気がするのですが。 ご存知の方教えて下さい。

  • 在職老齢年金の解除月

    68歳で在職中です。在職老齢厚生年金のルールにて、現在、厚生年金の全額が支給停止となっています。もちろん老齢基礎年金は65歳以降、全額頂いています。 で、来年3月31日付で退職予定で、4月1日からは○○十年振りに晴れて自由の身となります。 ところで、このような場合、現在全額支給停止となっている厚生年金は、来年の何月分から復活支給されるんでしょうか。正直者の素人は、当然来年の4月分から全額支給されると確信しているんですが、何か落とし穴でもあるんでしょうか。なにぶん、疑い深いたちなもんで・・・。

  • 妻の老齢年金

    私は会社員(厚生年金加入)、妻は第3号です。 定年まで在職すれば、65才以降老齢厚生年金及び妻の老齢基礎年金が支給されると思いますが、万が一66才に私が死亡した場合は、その後妻が受け取れるのは、老齢基礎年金だけになってしまうのでしょうか?

  • 65歳以後の在職老齢年金の支給停止について

    「在職老齢年金の仕組みにより加給年金額、経過的加算及び繰下げ加算額を除いた 老齢厚生年金の全部が支給停止された場合、加給年金額(扶養手当)も支給停止。 ただし、この場合であっても経過的加算の額及び繰下げ加算額については支給停止されない。」 と書いてあります。自分の勝手な解釈かもしれませんが、加給年金額は、扶養手当(付加)の様な為、全額の場合、支給停止だと思います。ただ、これ以上の事はわかりません。 支給停止されない経過的加算の額及び繰下げ加算額についても引っかかる所があるのですが、 経過的加算については、65歳以降「定額部分」と「老齢基礎年金」との差額調整として支給される。よよって、基礎年金の補填の為、そのまま支給される。 繰下げ加算額についても何となく分かるのですが、いまいち説明できる段階ではないです。 ご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

  • 夫の遺族年金と妻本人の厚生年金は両方もらえない?

    母の年金ですが、 父の遺族厚生年金をもらっています。母本人は老齢基礎年金のみで、自分の厚生年金部分は支給停止になっています。 母本人の厚生年金と父の遺族厚生年金と両方支給はされないのでしょうか。 父の遺族厚生年金のほうが額が多いので、どちらか多いほうのみ支給される、という考えでいいのでしょうか。 母に聞いても、最近物忘れがひどくなり、よく覚えていないそうです。 社会保険庁に行く前に、皆様に教えていただきたいと思います。もし上記の考えが正しい場合、そんなの常識だよ、欲ばるな、というお叱りも受け入れます。よろしくお願いします。

  • 年金

     在職老齢年金について、教えてください。 若い頃、厚生年金に3年程はいっていました。その後はずっと、国民年金でした。    このような場合でも、収入が多い場合には、厚生年金の比例報酬部分の支給停止となりますか。

  • 年金支給額変更

    私の父は66歳、生年月日は昭和17年4月です。母は61歳昭和22年5月生まれです。父は61で退職し、厚生年金を支給されています。母は60から年金を支給されています。今日、突然父の元に社会保険庁から、年金支給額変更の紙がきました。年間40万近く減額されていました。老齢厚生年金の支給停止です。社会保険庁に問い合わせすると、母親が60歳で年金をもらい始めたからだと言われました。ですが通知は今年の2月から老齢厚生年金の支給停止となっていて、60歳からもらったから停止というのであれば、何故今の時期なのかわかりません。それに、専業主婦の為の老齢厚生年金なんです、奥様が65歳になると停止になるんですよ。といわれました。私の母は、厚生年金は20年以上掛けていません。60歳でもらったといっても、月に2万で61歳では4万円です。かなり落ち込んでいます。それと、社会保険庁の電話の相手が言っていましたが、生年月日も関係があるといいました。そういう通知って突然くるものなのでしょうか?事前にないのでしょうか?その支給停止はなんとかならないのでしょうか? 詳しい方色々教えて頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう