解決済み

縄文時代以降、何回生まれ変わったかの計算式

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7337808
  • 閲覧数394
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

縄文時代の人を最初の御先祖様と考えた場合、自分が生まれるまでに、その間に何人いたのかを、大雑把で良いので知りたいのですが、計算式が成り立つのかどうか分かりません。

私が生まれたのは1977年です。

・仮に、縄文時代は平均寿命が30歳だと聞いたことがあるので、人生30年とします。
・江戸時代は、織田信長の歌の通り、人生50年とします。
・また、明治・大正生まれの祖父母の平均寿命が90歳なので、人生90年とします。
・父方の墓誌を見ると、江戸時代の1714年に10代前の名前が書かれているので、亡き祖父母を合わせると、10人います。

どうやって計算したら良いですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (1487/3332)

世代(generation)という言葉を覚えてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E4%BB%A3

1世代を何年とするかで計算結果が違ってきますが

本来、精度の高い議論をしようとしているのではありません。

縄文時代の始まりは今から16000年~15000年前とされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%99%82%E4%BB%A3

仮に16000年とします。

1世代を30年とするのが多いので単純に530世代となります。

歴史家は100年を4世代(つまり1世代25年)とすると簡単と教えてくれます。

そうすると

640世代があったことになります。

まあ、600世代前後でしょう。
お礼コメント
noname#150121

まず、世代と縄文時代の始まりの捉え方から間違っていましたね(汗

縄文時代の始まりを16000年前とし、1世代25年を基本とすると、非常に計算が楽ですね。

大変参考になりました。アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-02 22:10:52
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (185/853)

現在までに何人いたかは、出産時の年齢で計算すべきです
寿命(死亡時の年齢)は関係ありません。

大雑把に0年~1000年までは15歳で出産
1000年~2000年は20歳で出産とすると

(1000÷15)+(1000÷20)=66+50=116

となり116人となります。
お礼コメント
noname#150121

そうですね、寿命ではなくて出産時の年齢で計算すべきですね!

こういうときは、大雑把に、まず1000年で1単位に分けて出産年齢を決め、それぞれ年齢で割って、後で足す計算式になるんですね。

過去に、100人もの人がいる計算になるんですね@@!

大変参考になりました。アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-02 18:04:55
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (2662/11920)

平均寿命云々よりも、生殖可能年齢を考えるべきではないか?

平均寿命は時代によって大きく変化するが、生殖可能年齢は極端な変化はないと考える。
(晩婚化はごく最近の事象なので無視)

そうすれば、昔は十代半ばで元服(一人前)になった。
一人前になれば、婚姻や子作りをする。

そう考えれば、20~25年で新しい世代が誕生する。
「生まれ変わった」というのが世代更新の意味であれば、20年で一世代交代と考える。

縄文時代<-第一世代目を何年前に設定するのが妥当か?という方が悩ましい。
お礼コメント
noname#150121

そうですね、よく考えたら、寿命ではなくて生殖可能年齢で考えるべきですね^^;
そう考えると、約20年で一世代交代ですね。

大変参考になりました。アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-02 17:57:57
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ