解決済み

化学の質問です!!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7336540
  • 閲覧数133
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 84% (71/84)

銅粉15.9gを加熱し完全に酸化したところ、酸化銅(II)が19.9g生成した。この酸化銅に含まれる
Cu63とCう65の物質量の比は1:xである。

っていう問題なんですが、
自分のやり方のどこがいけないかわかりません。解答は別方法で納得したのですが、自分のミスがわからないので教えてください。

(自解)
 銅の式量は(63+65x)/1+x …(1) で Cu:CuO=1:1より
   15.9/(1) =19.9/(1)

これを解くとx=0.972    ???


正解はx=0.43です。  何が問題ですか??
マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 42% (1835/4283)

銅の原子量をAとすれば
A = ( 63 + 65 * x ) / ( 1 + x )
15.9gの銅を酸化銅にするときの酸素の量が銅を酸化銅にした時の質量の増加分ということになります。したがって次のようになりますね。
反応に使われた酸素の量は
15.9 / A * 16
酸化したことによる質量の増加は
19.9 - 15.9 = 4.0
したがって
15.9 / A * 16 = 4.0      (16は酸素の原子量)
15.9 * ( 1 + x ) / ( 63 + 65 * x ) * 16 = 4.0
15.9 * 16 * ( 1 + x ) = 4.0 * ( 63 + 65 * x )
254.4 * ( 1 + x ) = 252 + 260 * x
5.6 * x = 2.4
x = 0.428
したがってxは有効数字2ケタで0.43

あなたの式では酸素のことや酸化による質量の増加などを考慮する必要があるでしょう。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (161/638)

(1)式は意味がありません。(1+X)で除す(割る)対象は
15.9と15.9Xです。そうして夫々の商と相当する
CuO/Cu比(Cu63の場合は79/63)との積同志を加えた
結果が19.9となります。

>Cu:CuO=1:1より

Cu63とCu65のCuO/Cu比は同じとしていませんか
お礼コメント
chammimos

お礼率 84% (71/84)

ありがとうございました
投稿日時 - 2012-03-06 22:57:34
  • 回答No.1

ベストアンサー率 54% (1630/2966)

>(自解)
> 銅の式量は(63+65x)/1+x …(1) で Cu:CuO=1:1より
>   15.9/(1) =19.9/(1)

二行目の、Cu:CuO=1:1 の意味は?モル比ですか?質量比ですか?
三行目の 15.9/(1) =19.9/(1) の意味は?15.9と19.9を同じもので割った商が等しいということですか?


Cu63 から生じる酸化銅の分子量は63+16=79
Cu65 から生じる酸化銅の分子量は65+16=81
ですから、この銅粉から生じる酸化銅の分子量は
(79+81x)/(1+x)
です。よって

(63+65x)/(1+x):(79+81x)/(1+x)=15.9:19.9
これを解けばいいのではないでしょうか?
補足コメント
chammimos

お礼率 84% (71/84)

Cu:CuO=1:1 の意味はモル比です。 化学反応式の係数から引っ張りました。
入力間違えました。
15.9/(1) =19.9/{(1)+16}
です。銅と酸化銅のモル比が等しいという立式です。

これでどうでしょうか?
投稿日時 - 2012-03-01 22:39:26
お礼コメント
chammimos

お礼率 84% (71/84)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-06 22:57:54
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ