• ベストアンサー
  • 困ってます

『智恵子抄』の映画?

たしか10年位前に放送されたドラマか映画で、高村光太郎と智恵子の出会い~智恵子の死くらいまでを描いた作品をもう一度見たいです。 出演者や監督名などは一切不明です。 ラストシーンの智恵子が病床でレモンをかじったときに『檸檬哀歌』の朗読があり、光太郎役の人が鼻水を垂らして泣く(汚い話で申し訳ありません)というものです。 タイトルやレンタルの有無など情報お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「日本名作ドラマ 智恵子抄」というのが、10年前に放送されたようです。 ビデオなどにはなっていないようです。 参考URLで、「智恵子抄」と入れて、検索してみてください。

参考URL:
http://www.tvdrama-db.com/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありました! たぶん94年のコレだと思います☆ こういうサイトがあるんですね・・・。 知りませんでした。 ありがとうございました!!!  (ノ´▽`)ノ{+++THANK YOU+++}ヽ(´▽`ヽ)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

良い役者使ってますね。 下のURLに詳細が出ています。

参考URL:
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD22177/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! ほんとですね~ 豪華ですねぇ★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★ 『智恵子抄』は私が観たもの以外にもいくつか あるようなので、見比べてみようと思います~ 情報ありがとうございました!

関連するQ&A

  • レモン哀歌について教えてください!お願いします!

    高村光太郎さんのレモン哀歌についてわからないことがあるんですけれど教えてください。 口語詩なのか文語詩なのか。 自由詩なのか定型詩なのか。 抒情詩なのか叙事詩なのか劇詩なのか。 他にも何かあったら教えてください。お願いします・・・。

  • 映画 智恵子抄

    高村光太郎の智恵子抄がビデオ化されているのを手に入れたいので探しています。

  • 「素晴らしい風船旅行」 ジャック・レモンについて

    アルベール・ラモリス監督の 「素晴らしい風船旅行」に ジャック・レモンが出演していると、あるサイトにあってのですが、何回観てもどこに出ているのか分かりません。 とても気になっています。 出演シーン?や役柄など分かる方がいれば 教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 映画のタイトルが知りたい

    友人が5~6年前に「日曜洋画劇場」または「金曜ロードショー」で見た映画をもう一度見たがっているのですが、タイトル、出演者、監督全てわからないのです。 わかっているのは、親子の物語で、父が犯罪者(?)なのか各地を変装しながら(女装もあり)逃亡を続けており、最後は家族と列車で逃げようとするが父が乗り遅れて追っ手に捕まり殺されてしまう。子供はゴミ箱の中か何かに隠れていて助かり、大きくなった子供の回想録という形のラストシーンということ。 時代背景は現代よりはちょっと古めの感じ、出演者はアジア系ではなく、西洋系の俳優らしいです。 ビデオ店にいってもまったく手がかりがなく途方に暮れてしまいました。 こんな少ない情報ですが心当たりある方は回答お願いします。

  • 邦画『ラストシーン』の老俳優

    中田秀夫監督の『ラストシーン』で三原健という老俳優役で出ていた 老俳優は誰ですか?過去の出演作品などありますか・・知りたいです。 http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=234822#Reviews

  • ビリー・ワイルダー追悼

    以前ジャック・レモンのときにも同じ趣旨の追悼をしたんですが、 私の敬愛している大監督ビリー・ワイルダーがついに天に召されてしまいました。 95歳・・・・天寿を全うでしょうか・・・。 生涯で30本にも満たない監督作品ですが、みなさんの思い出に残るB・ワイルダー作品はどの作品ですか? 1本に絞るなんてそれは無理な話かもしれませんので、何本でも。 感想やエピソードを交えて下されば幸いです。 ちなみに私は「第17捕虜収容所」でしょうか。 W・ホールデンがしぶかったなあ。 ラストの収容所での口笛のシーンが忘れられません。 それと、「サンセット大通り」。 冒頭のプールに死体が浮かんでいるシーンから始まる サスペンスっぽいあの仕掛け。 G・スワンソンの往年の大スターとしてのプライドと 陰りが・・・・。 合掌

  • タイトル不明。30年以上前の刑務所の映画

    子供の頃、テレビで観た外国映画のタイトルがわかりせん。 刑務所に収監中の囚人が夜になると、刑務所を脱獄して町で殺人を繰り返し、朝が来る前にまた刑務所に戻ってくる、という内容です。刑事が囚人の独房に踏み込んだ時、囚人は平然を装っていたが、服の中に紛れ込んでいたハトが出てきてトリックがバレるというラストでした。 いかんせん記憶が曖昧で、上記のおぼろげなストーリー以外に、出演者、監督などの情報一切ありません。 なんとなく憶えているのは、囚人が看守とのチェス中にわざと看守を怒らせて、そのスキをみて合鍵で扉を開けるシーンと、刑務所の塀をロープ代わりのシーツで下りていくシーンです。 タイトルわかる方いらっしゃいましたら教えてください。 何卒、宜しくお願い致します。

  • 映画のタイトル

    こんにちは。 3~4年前に見た映画なのですが、タイトルが思い出せず困っています。 ストーリーは一人の女性が一人の男の家に数ヶ月間監禁される(監禁の理由は忘れました)。捜索願いで警察(多分)が、彼女のことを捜索するが見つからず(警察は何度かその男の家には来ていたと思う)、彼女もなんとか逃げようとするが、警察がやっと彼女の監禁場所を断定して突入したときには、彼女は既に死んでいた。彼女はろくに食べ物も与えられていなかったはず。たしか、ラストのシーンは彼女が脱出しようとしたけれど、それから数日後・・・見たいな感じで彼女の死が分かるような感じだった気がします。 題名は、なんとか監禁、みたいなかんじの副題がついていたような気がしますが、ついていないかもしれません。でもインパクトのある題名だったと思います。 出演者は特に有名という人も居なかったと思います。私の記憶では監禁される役の女性は金髪のロングヘアーだったようなきがします。あと警察側で、彼女が男の家に監禁されていると証拠を掴んだ?捜査員は女性で、積極的にこの事件を解決しようとしていた役だったと思います。 情報が乏しいうえに、ほかの映画と被っているところもあるかもしれません。難しいかもしれませんが、もしお心当たりがありましたら、どうかよろしくおねがい致します。

  • この映画(洋画)のタイトルを教えてください!

    こんばんは。 かなり前、スカパー! で見ていた映画なのですが、 最後の最後クライマックスの所で雨天のため視聴できなくなり、 それ以降タイトル、出演者も分からずラストがずっと気になっています。 あの日からずっと調べているのですが…… ストーリーは、チアガールらしき少女を男がビルから双眼鏡で覗いている所から始まり、 次のシーンで男が少女に声を掛け、二人はそのまま車に乗ってどこかへ行ってしまいます。 その次のシーンで(たぶん2、3年後?)祝福されて結婚式を挙げる二人。 またシーンが変わり、今度は「子供が出来ないのはお前のせいだ」と、男が妻(元・少女)に暴力を振るっている。(おそらく日常的に) 夫の暴力に耐えかねた妻は家を出て行って、バーのような所へ。 そこで出会った殺し屋?かもしくは警官(どちらだったか記憶が曖昧です)に、暴力夫のことを打ち明けて、夫をその人と一緒に殺すことに。 その日から妻が殺し屋(?)と銃の練習をする。 夫の方は妻を必死に捜し始める。 それで、この後、(あんまり覚えてないんですが)全く関係なさそうな他人物達のシーンがありました。 気持ち悪い長髪男と女がイチャついてたら、女が急に男に袋を被せて窒息死させる……みたいなシーンです。(窒息死は女の方だったかもしれません) で、妻と殺し屋が夫の家に忍び込みます。 妻は夫を殺すため、殺し屋は夫に不利な証拠(?)か何かを探し出すために。 そしたら、急に夫が帰ってきて、異変に気づいて銃を向けて、「誰だ!」みたいなことを言ったら、 殺し屋が「俺だ!!」って言ったところで、『雨天のため~』になって視聴困難になってしまいました。 もう、3年くらい前のことなので記憶も曖昧で、間違ってるシーンもあるかもしれませんが こんな感じの映画(洋画)でした。 タイトルは英語表記だったと記憶してます。 何かご存じの方、タイトルを知ってらっしゃる方、お願いします。

  • 記号的?で強烈な作品が見たいです(デビルマン等)

    先日、1stガンダムでララァが死ぬ話を見て、 かなりショックでしたが、演出がすごく強烈というか、 抽象的だけれども、有無を言わさぬような、 記号的なのにすごく真に迫るような表現というか、 とにかく圧倒されました。 こういったシーンは文庫本でデビルマンのラストを読んだ時以来久しぶりで、 他にこんな演出のシーンのある作品があれば見てみたいと思いました。 エヴァ(ラスト)、寄生獣(田村玲子)、スラムダンク(山王戦)、 ベルセルク(蝕)、BECK(ライブ)などは、 圧倒されましたが、今回求めている圧倒とは違うのです。 あまり上手く言えないのですが、 セカイがすごいとか感動がすごいというより、 個人を記号で描写するところの圧倒というか、 富野監督の言われるテーマの「主体」の描写なのかわからないのですが、 そんな圧倒をされる作品が他にあれば、ぜひ見てみたいのです。 もしお心当たりがあれば、漫画でも、アニメでも、何でも、ぜひご紹介ください。 よろしくお願いします。