• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

第二次世界大戦中、銃剣を使ったのは日本軍だけ?

日本軍は銃剣による白兵戦を得意にしていましたが、 他国は銃剣を使用しなかったのでしょうか? 欧米は自動小銃などに力を入れていたと思いますが、 中国、ほかのアジアの国はどうだったのでしょうか? また、もっと過去に(南北戦争など)欧米で銃剣が使用されていた時期はありましたか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1034
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

銃剣は別に白兵戦のときにだけ使うとは限りません。缶切り代わりにしたり、ロープを切るのに使ったり、箱詰めされている荷物の中身を取り出すために使ったり(段ボールを開けるときにカッターを使いますよね)、鉄条網をとっさに切るのに使ったり、兵士だって四六時中戦争しているわけじゃないですからね。 アウトドアの達人だと、ナイフ1本で何役もこなしたりします。戦争しているときに荷物をそんなに持ち運ぶわけにもいかないですから、ナイフは手放せないと思いますよ。 だから、現代の軍隊でもみんなナイフ(銃剣)を持っているのです。 ちなみに銃剣の歴史はちょっと話すと長いです。元々、火縄銃が戦場に登場したとき、ヨーロッパの軍隊では火縄銃の兵士と槍を持った兵士が一緒に集団になって戦っていたのです。敵と離れているときは火縄銃の兵士が戦い、近づいてきたら槍を持った兵隊が出てくるのです。 歩兵(火縄銃も含む)にとっていちばんの脅威が騎兵です。騎兵に突っ込まれたら怖いので槍兵は欠かせませんでした。 とはいっても、銃の性能が上がってくると、段々槍兵の出番が出てこなくなりました。んで、そういう中で自然に銃にトゲをつけたら槍代わりに使えるよねという意見が出てきて、最初は銃口にトゲ(パイク)を突き刺してとっさの槍代わりにして騎兵に備えました。 でも、銃口にモノが挟まってると銃が使えないので不便だとなって、自ずと銃剣のスタイルになったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦中の日本がした戦争は、日中戦争から含め、それと太平洋戦争ですか? 太平洋戦争で負けたため、日中戦争は勝敗なく終結したのですか?同時進行だったわけですか?日中戦争が途中から太平洋戦争と同化していくのですか?中国は連合国側だからアメリカに負けたということは日中戦争も中国に負けたことになるのですか?日中戦争にアメリカも加わったのですか? 日本に原爆がおとされて終戦しましたが、他の国も同時に終戦となったのですか? というのは、連合国と枢軸国はそれぞれの国があちこちで違う戦争をしていてその総称が第二次世界大戦ではないのですか? それぞれの国では他の戦争名があるのではないのですか? そこが良く分かりませんが味方と敵にはなっているけれど全く同じ戦争をしていたわけではないと思っていました。イギリス、フランスはドイツやイタリアと別の戦争をしていたのですよね。 それで原爆投下を知って他国も戦争をやめたということでしょうか。 勝敗つかずとなるのですか? 日本は太平洋戦争でアメリカと、日中戦争で中国と戦った。と思っていますが、連合国のほかの国とも太平洋戦争で戦っているのですか? 枢軸国側の他国も日本とともにアメリカと戦ったのですか? もしくはそれぞれきまった国同士が戦ったのですか? 歴史上で日本が戦争をした相手はアメリカと中国とロシアのみですか? 教えてください。

  • 第二次世界大戦の回避

    山本五十六など比較的力のある人が三国同盟に反対していた人がいたのですから、当時本当に戦争回避できなかったのでしょうか?「紺碧の艦隊」というのを見たのですが、あまりに空想甚だ過ぎて、ふと戦争回避でのもしもの世界を思っただけです。 最終的に満州国を諦めたり、赤字の朝鮮を解放したりしていれば、中国・韓国から今ほど酷い日本バッシングは無かったように感じています。 ハワイやダーウィン、中国、韓国での日本軍攻撃は残忍そのものでしたし、他国の所業やその他での所業はともかく、当時の日本でもまともな解決方法があったのではと思いました。 たられば論ですが、どういったものでしょうか?

  • 日本軍は残虐だったのですか?

    私のイメージする日本人って、あまり残虐なことが できないように思います。 中国・欧州の歴史を見ると残虐な刑がいっぱいです。 それに比べて、日本の歴史では、子どもだからと 頼朝を生かしておいたがために、滅びてしまった 平家の例を上げるまでもなく、どこか非情には なりきれない民族に思えるのです。 ですが、アジアの一部の国では、日本人は残虐だと 宣伝しまくっています。もちろん戦争ですから相手を 殺してしまったのは確かでしょうが、他国兵士に比べ 特別残虐だとは思えません。 本当に日本軍は、残虐なことをしたのでしょうか? その証拠もあるのでしょうか? よろしくお教えください。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#147438
noname#147438

とんでもありません。住建を持たない歩兵は全く有りません。自動小銃にも白兵戦に備え住建は付いてますよ。 後の質問は、馬鹿馬鹿しくて答え様がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1494/4441)

ただの「懐かしのテレビ番組」の話しになるけど・・・ ライフルに銃剣を装着しようとする新兵に「白兵戦じゃなければ銃剣はいらない(大意)」と古参兵が注意するシーンが「コンバット!」にあったな と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

ナガンを例に取ると、 ただ長ければ良い。 フェンシングのように突く事だけ考える。 と、合理的(それだけが目的の物)でロシア人らしい考え方です。 http://b-boxgunsite.com/shopdetail/011010000013/ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3M1891/30 ソ連軍同様にナチスドイツもモーゼルライフルと言うボルトアクションでした。 http://ja.wikipedia.org/wiki/Kar98k 何となくこの国は美しさなどの付加価値を追求します。 http://www.no1shop.jp/annai/denix/803314ss.html 3式戦闘機飛燕の20ミリモーゼル(マウザー)式機関砲はマ式と呼ばれ 初速が高く極めて貫徹能力に優れていました。 爆撃機と戦闘が出来る機体を重戦闘機 戦闘機と戦闘が出来る機体を軽戦闘機 当時の日本の技術力では軽戦闘機と重戦闘機を分けて作るしかありませんでした。 飛燕はこの両方を軽々とこなしました。 しかし、マウザー機関砲は国産化する事が出来ませんでした。  http://ja.wikipedia.org/wiki/StG44_(%E7%AA%81%E6%92%83%E9%8A%83) ドイツ軍はSTG-44で自動化に力を注ぎます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/StG44_(%E7%AA%81%E6%92%83%E9%8A%83) 日本軍の38式歩兵銃は日本人の体系に比して長いです。 これに銃剣を装着して体格の劣りを克服しました。 http://ktw-co.gonna.jp/jyuken.html 日本軍も米軍の小銃を真似た試作品を製造しますが 「一発打ツト反動デ再照準ノ時間ニ多クヲ要ス。九九式ノ時間トホボ互角。」 と、ボルトアクションの99式小銃と連射能力は互角と判断していました。 また、無駄撃ちで返って命中弾が減ると考えました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

日本軍…三〇年式銃剣(刃渡り50cmほどの薄刃ヤタガン銃剣) 米海兵隊…M1905銃剣(刃渡り50cmほどの広刃諸刃銃剣) 米陸軍…M1905/42→M1銃剣(刃渡り30cmほどの広刃諸刃銃剣) 英軍…P1907銃剣(刃渡り50cmほどの薄刃ヤタガン銃剣) ドイツ軍…M33銃剣(刃渡り30cmほどの薄刃諸刃銃剣) ソ連軍…M1890/33スパイク銃槍 一番ゴツイ銃剣を使ったのは米海兵隊です 日本軍の銃剣は1856年型ヤタガン銃剣(英国)の流れ汲む軽量銃剣として画期的でした 現在、銃剣は都市型戦闘に於いて役割が高まっています 戦後、銃剣戦闘をしたのは銃剣白兵戦闘戦術に主眼を置いている英軍だけです 日本軍は健軍以来、銃剣主体の戦闘はほとんど行った事がありません それは軍歌「歩兵の本領」の本当の歌詞を見ればわかります 退くことは我知らず 見よや歩兵の操典を 歩兵の戦は射撃にて 敵をひるませ其の隙に 前進前進又前進 肉弾とどく処まで 我一軍の勝敗は 突撃最後の数分時 戦後に改ざんされた歌詞は以下の通り 退く戦術我知らず 見よや歩兵の操典を 前進前進又前進 肉弾とどく処まで 我一軍の勝敗は 突貫最後の数分時 歩兵の威力はここなるぞ 花散れ勇め時は今 前者は射撃戦闘で敵を怯ませて、それから突撃して殲滅するという内容 後者は歩兵の戦闘方法は銃剣白兵こそが華!それが我が軍の戦法

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2622)

 歩兵が銃を主兵装にしはじめた時代から現代まで、銃剣はポピュラーな武器です。日本だけじゃありません。使わなかった国はないと思います。  余談ですが、第二次世界大戦で自動小銃に力を入れていた(入れたかった)のはどこの国も同じですが、実際に成功したのはアメリカだけです。イギリスもドイツもソ連も、歩兵は日本の三八式と同じボルトアクションライフルが主な装備です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#147259
noname#147259

こんにちは。 私が説明するよりも、こちらのURLを見た方が早いでしょう。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E5%89%A3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中国では、第二次世界大戦とは言わない?

    『中国では、第二次世界大戦とは言わない?』で、お願いします。中国は、よく日本の事を『帝国主義』だの『右翼勢力』だの、言います。また、世界各国言い方は様々なのかも知れませんが、日本では『第二次世界大戦』や、『太平洋戦争』等言いますが、中国はしきりに『反ファシスト戦争に勝利した』等言いますが、実はこの戦いに置いて、中国は、日本と言う強敵に抵抗しただけで、『反ファシスト戦争に勝利した』と同時に、この抵抗により、他の同盟国から認められ、イギリスと言う、当時本当の意味で、中国を屈服させ、支配下に置いていた国からの『解放』と言う、本当の意味での『ファシズム』に勝利した気でいるのでしょうか?だとすれば、欧米列強が反対する中、多大な犠牲の元に、中国を組み入れたアメリカの、大失敗と言わざるを得ないのでしょうか?

  • 第二次世界大戦の始まりの原因

    最近、戦争の事でアジアに批判されている日本ですが最初に何故日本は戦争を始め、真珠湾への攻撃などをしたか興味をもっています。 中学の時習った事は、日本の「アジア進出」という”欲望”から始まったと習いました。しかし面白い事にその学校は国から学校と認められていない国際学校で、先生は教える免許を持っていなく、更にその歴史の先生は未だ韓国国籍のコリアン2世(日本を悪く教えるかもしれない)。今思うと、本当に信じていいのかどうか疑惑に思います。 前テレビで聞いた説は、当時アジアは欧米に”攻められ”部分的植民地になり始めて来ました。そして日本は植民地になるならば戦争をはじめ、負けてもいいからという気持ちで攻めるという事で攻撃を始めたと聞きました。映画、「パール・ハーバー」や「硫黄島からの手紙」などを見ていると、日本は戦争を始めるうえ、欠点が多いのに何故やったのかと思いますが、今まで言った2つの説の両方もつじつまがあいます。 できれば回答に対し強い証拠のようなサイトなどあればお願いします。

  • 日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国があるのですか

    先日、テレビでパラオは、過去の戦争で日本軍がいたのですが、すごい親日国だということを知りました。 過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。 韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか? すみませんが、お教えいただけましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 日本軍がアジア諸国にしてきた事

    アジアの国を旅行することが多いのですが、アジアの中では大概どの国に行っても日本軍の爪跡が残っていてその度に日本人としていろんな事を考えさせられます。 でも私自身昔日本がそれらの国に対してどういう侵略をしたのか知りません。学校では教えていなかったと思います。 中国や韓国のように日本の事をあまりよく思っていない国もあれば、台湾やその他の国々のように親日の国もありますよね。 歴史的な背景を大雑把でもいいので知りたいのですが、わかりやすくこれらのことを書いてあるサイトなどはご存知ないでしょうか? (ここには書き切れないとおもいますし。)

  • 第二次大戦について

    問1日中戦争やアジア太平洋戦争で日本は悪くないとかアジア解放のための戦いとか言っている人(ただし、欧米勢力がいったん排除されたことにより結果的にアジアの独立運動を加速させたことは認めますが)に中国のチベット人虐殺を批判する資格はないのでは?むしろチベット解放のためと主張している中国と同レベルではないでしょうか? 問2先の大戦は日本はアジア解放のための戦いだったといっている人に限ってチベット侵略を批判しますが(チベット侵略以外も)、そういう人がチベット侵略を批判するのは人道主義とかチベット人がかわいそうからではなく中国を批判する口実が欲しいだけではないでしょうか? 問3むしろ先の大戦で中国や東南アジアの人々に迷惑をかけたと反省している人こそチベット侵略を批判する資格があるのではないでしょうか? アジア解放のためだと主張している人には、日本軍がアジアの国々でどんな蛮行を働いたかを教えてあげたいですね。 そして、チベット解放のためとか主張している人には、中国軍がチベットで働いている蛮行、チベットの民の苦しみを聞かせたいですね。 (ただ中国の場合は、一党独裁で情報も制限されている環境なので中国共産党よりの考えになるのは仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんね。日本人も戦時中はアジア解放のためと信じてましたから。ドイツも大戦中は、ユダヤ人虐殺を容認していましたから)

  • 19世紀半ば、なぜ日本は植民地にならずにすんだのか?

    1853年、ペリーが来航し、日本に開国を迫ったのは、アメリカが日本を植民地にするのが目的だったと思います。 アメリカが日本を植民地にできなかったのは、アメリカで南北戦争が起きたからだと思いますが、他の欧米列強もいたのに、なぜ、日本は、他のアジアのほとんどの国のように、植民地にならずにすんだのでしょうか?

  • 第二次世界大戦の歴史の認識の違いについて

     私は大学生です。  私は中学校(公立でした)までの歴史の授業で、「戦前日本軍は侵略を行い、アジア諸国の人々に非常な迷惑と大きな損害を与えた。日本は素直に自らが行った行動を深く反省して謝罪しなければならない。再びこのようなことを起こさないためには決して軍隊を持ってはならないし、戦争してはならない」というようなことを教えられました。  私はそれをその通りだと素直に受け入れ、「日本はしてはならないことをしてきた」「戦前に日本が取った行動はまちがっていた」「日本のせいで被害を受けたと主張する人がいるならば、時間がたった今でもきちんと謝って許してもらいたい」と考えてきました。  メディアで「憲法を改正して軍隊をもとう」「日本は侵略戦争などしていない」「南京事件はでっちあげだ」「嘘八百を並べる中国や韓国に騙されてはならない」などと主張する人に対しても、「悪いことをしてきた日本を正当化して恥ずかしくないのか?」とか「また軍隊をもつなんて、どうして悲惨な歴史から学ばないバカな人なんだろう」などと本気で考えていたし、そういう主張をする人を危険視してきました。  しかし、大学生になって、歴史にとても詳しい人と知り合いました。「南京事件で犠牲になったといわれる人数は中国のねつ造で、そもそも’南京事件’という事件も東京裁判で突如現れてきた。裁判で、日本を有罪とする証拠が思った以上に少なくて、そういう事件があったことにしなければ日本を悪者にできなかったという背景からでっちあげられたんだよ」「中国が日本兵の行った残虐行為の証拠として挙げている写真は一枚として本物と認められていないし、数々の写真は中国が日本を悪者にするためにねつ造した。事実でないことだからねつ造しなければならなかったんだ」「従軍慰安婦も、日本軍が強制的に女性を連行したのではない。それを表わす資料も出てきている」「日本を悪者にして批判することで中国も韓国も国をまとめる手段にしているだけだ」と私に話しました。  私は歴史や政治に全然詳しくありません。今も昔も本当に恥ずかしいくらい無知です。が、その人の言葉を聞いてまずは反発しました。そんな都合よく考えることが許されるのかという気持ちでいっぱいでしたが、反論しても様々な筋の通った答えが返ってきました。徐々に、その人が言う話のほうが説得的に思えてきたのです。よく考えると私は学校で教わったあいまいな知識を検証することもなくぼんやりとしたイメージで肉付けしてきたのかもしれないと思い、本当のことを知りたいと強く思うようになりました。しかし、何が正しいのかわからないのです。その知人から聞いた話を家族にすると、「この子はどこでそんな恐ろしい知識を刷り込まれてきたの?」という冷たい目で、怪しげな宗教に洗脳されてしまったのかという目で見られ、とてもつらい気持ちになりました。私も知人に出会い、学校で教わってきた内容に疑問を持つ前であれば家族と同じ反応をしたと思うのですが、愛する家族に理解されないどころか、恐ろしいものを見るような目で見られるのはショックでした。  私は日本を正当化もしたくないし、不必要に恥じることもしたくありません。ただ本当のことが知りたいのです。どうしたら本当のことがわかるでしょうか?  長くなり申し訳ありません。ご回答よろしくお願いします。

  • 歩兵の戦術について

    歩兵の戦術の歴史について無知なので詳しい方教えてもらいたいんですが。 南北戦争の動画を見たんですが、ピケットの突撃で南軍は横陣形でゆっくり歩いていきますよね? どれほど兵が死のうとも。あと独立戦争でも同様ですよね?何故日本軍みたいに銃剣突撃でワッといかないのかほんとに不思議です。当時は砲弾の命中率が低かったり、傭兵が多くて逃亡の恐れがあったとか背景は分かるんですが、命中率の低いライフルや大砲を使うより大軍で敵陣に向かい駆け足で突撃して切り殺したほうが効果的じゃないですか?白兵戦の訓練受けてなかったんですか? まして当時は機関銃はなくてライフルの装填も時間がかかりますから、日露戦争の日本軍はロシア軍の機関銃でだいぶやられましたけど、ライフルと大砲の単発射撃だけならたとえ逃亡兵が出ても白兵突撃の効果は絶大だと思ったんですが。ゆっくり行進していては何のための剣なのかと思いました。 当時の軍人は白兵突撃は思いつかなかったんですか?皆逃亡する可能性があったということですか? 両軍ともいつもあのような戦い方をしていたのですか? あともし逃亡の恐れの無い正規軍なら白兵突撃してましたか? 無知ですみませんが率直に疑問に思ったもので お答えいただけるとありがたいです。

  • 第3次世界大戦は起こるのか、日本はどうなるか

    アメリカとイランの情勢が緊迫しています。中東は以前からずっとくすぶっていますし、すでに戦争ははじまっているも同然という声も聞きます。私の中での大きな戦争のイメージとは、爆弾を落としあうことが戦争のイメージとなっています。(サイバー戦争や経済戦争も知っていますが) このイメージ通りに、第2次世界大戦のような爆弾の落としあいに発展はするのでしょうか?それこそ、核兵器とか。どこかの国が核を落とせば、おそらく他国も核で報復をしますよね。ただ、それをしたら世界はあっという間に荒廃するからあくまでも「核の傘」に守ってもらうだけの抑止力にすぎない、とも言いますが、人間追い詰められたら何をするかわかりません。 日本は、というか安倍さんはアメリカを牽制するとは思えません。アメリカが理不尽なことをし、国際社会から叩かれても日本はアメリカについて行く気がしてなりません。そうなれば、憲法9条はまだ改正されていませんが、中東に自衛隊を派遣をするかと思います。そうすれば、対アメリカの国から日本もにらまれることになりますよね。中国、ロシアは中東側のイメージなので、日本も攻撃されないか不安です。ただでさえ、北朝鮮も落ち着きませんし。 違っていたらお恥ずかしいですが、第2次世界大戦、第1次世界大戦は資源や植民地による理由が大きかったと思います。それならば、今後起こるかもしれない第3次世界大戦を行う理由はなんですか?自国を守るため?それともまた資源や利益のため? 話がそれてしまいましたが、2020年、第3次世界大戦(経済戦争やサイバーなどではなく爆弾が落とされるような戦争)に発展しますか?日本は攻撃されますか? 詳しい方がいましたら回答をお願いします。

  • なぜ日本軍を信頼できるのでしょうか

    なぜ日本軍を信頼できるのでしょうか。 安全保障関連法という法律が無理やり制定されました。その真意には先行きに軍隊を作りたいという気持ちがあるようです。その方々はどうやら日本軍が軍として役に立ち、国民に幸福をもたらすと考えていらっしゃるようです。要するに日本軍を信頼している。新しいはやり言葉でいうとリスペクトしているらしくみえます。 なぜあなたは日本軍を信頼できるのでしょうか。それが私には不思議です。 まず世界全体一般軍事について、戦争の全てについてよく聞くことですが、始まりの大義名分とは自国防衛、平和のためといいながら、実のところは侵略です。たとえば国連軍が派遣した核排除のためのイラク戦争でさえ、核はなかったのに内政に干渉し、一国を滅ぼしたことは事実です。 核保有の疑いは言いがかりにすぎず侵略行為でした。このように「国際平和・自国防衛」の戦争は全世界の歴史に一つたりとありません。専守防衛戦争も同じく世界に皆無です。 平和と命を失うばかりの軍に資金と名目を与えてはなりません。  以上は世界一般の話ですが、ご当地、昔の日本を振り返れば、特に中国で英米蘭支配進行中の大陸の時勢に悪乗りして日本軍が中国を侵略しました。もちろん朝鮮でも併合という侵略行為をしてきました。 シナ事変・日中戦争、その日本の侵略を抑制阻害しようとした英米の経済封鎖・エネルギー封鎖があり、それに耐えない情けない軍の反抗が太平洋戦争へ続きました。 開戦の真珠湾攻撃では宣戦布告の前から作戦を開始して、いわゆる敵の寝首をかく卑怯な夜討ち戦法というわけです。70年後、いまだに米国人の怒りを新たにさせる出来事です。 さらに悪いことに沖縄戦では住民の命を盾に日本皇軍が逃走しました。国民の命さえ友軍が奪ったのです。あなたに怒りは生まれませんか。気にしませんか? またインパール作戦では誤った戦法の命令から、兵士の万死、憤死、餓死、犬死をさせる程の悪行を重ねたのです。万死、憤死、餓死、犬死のどれが表現に適するかあまりの悪行に表現がしきれません。70年後の今ご存じない方も多いでしょうがWEBや図書館で調べてみてください。 良いことなし、およそ信頼に能わない日本軍です。 このような皇軍評価では、「自分の父や親戚の苦労を無にするか!「軍神英霊の御霊を粗末にするな」「戦死を犬死と呼ぶな」、「泉下におられるであろうお父さまがお嘆きだ」とか言い出す御仁がいます。そのような流れでは、そのあとに反省や評価や信賞必罰が続けられません。 当然ですが、反省の声がないことから、日本の軍隊には進歩がないのです。 すでに軍備について最先鋭新鋭の設備と世界に誇る戦機量を持つ日本ですが、レベルは小学生に自動車を買い与えたようなものです。 インパール作戦の何が悪かったのか、兵站です。無補給のまま、めいめいが背にした3日分の食料で1か月行程の山路を生きて超えることはできません。銃器、戦器も補給できません。いまだに何も進歩していません。 日本軍の兵站技術の歴史は織田信長の戦国時代からほぼ進歩していません。現地で軍票により購買、物々交換、野盗となって近隣住民食料を略奪のどれかです。太平洋戦争のアジアでは補給艦隊が全滅したこともあり、主に略奪です。 父の話によると軍営においては毎日営舎内で上官命令による互いの盗みあいと拳骨ビンタの嵐が新兵を襲うそうです。すると上官の調達命令に躊躇なく、盗みであっても命令に従う兵卒を作れたのでしょう。するとよい人には過酷な地獄の生活です。兵営では校長先生、教師、神父、僧侶の名のある人間は首をつって死ぬしかない暮らしだったそうです。 名士の皆さんに生きざまを公衆に強く主張できる場があれば、犬死ではなかったかもしれません。 そんな場がない軍隊だったので、便所の中で首を吊っていたそうです。3人にであった、知るだけで2ケタの人数を数えたと父は述べていました。悲惨な死を迎えた名士たち、その生き様主張の場も昔も今もいまだにありません。 兵站補給線は米軍が日本軍の補給艦隊を狙い撃ちして全滅させ、結果米国が全面勝利を得たように、戦争の勝負を分ける最前線です。もし私が軍に入れば狙いは兵站補給線です。真っ向から等しい力が対峙するような前線では火ぶたを切らず静かに息をこらし時期を待ちます。  もし精鋭部隊と新兵部隊の区別がつけば、新兵を狙います。父によると新兵20人以上の働きが古年兵1名で成しえるそうです。古年兵と同等の力は前線経験2年以上ないと得られぬそうです。私も最精鋭の外人部隊と戦いたいとは思いません。ですからイスラム兵が戦地で日本兵と米兵を見たら、決して米軍を狙わず日本兵を狙うのが道理です。日本軍の任務は最も危険なのです。 日本では職業軍人でも戦地で見れば新兵の日本兵がもし兵站補給線にいれば、敵から見ればカモが葱を背負って歩いているのです。 なぜあなたは日本軍を信頼できるのでしょうか。それが私には不思議です。良いことなし、およそ信頼に能わない日本軍です。

専門家に質問してみよう