• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

子どもにサンタクロースを信じさせることは大事?

子どもにサンタクロースを信じさせること(この場合は、存在そのものではなく、クリスマスの夜にプレゼントを持ってきてくれること)は教育上大事なことですか? サンタを信じていた子は、大きくなっても想像力の豊かな大人になりますか? サンタを信じなかった子は、信じていた子に比べて想像力に欠けた大人になりますか? サンタを信じた子と信じなかった子は、成長過程で明らかな差が出るのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 育児
  • 回答数14
  • 閲覧数156641
  • ありがとう数27

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12

No3です 補足しますね >私はサンタクロースを信じたことがありませんでした。実際プレゼントを持ってきてくれたことがないからです。しかし「目に見えるものしか信じない」のではなく、「科学的に証明されないものは信じない」です。 おっしゃることはわかりますよ。 私も昔から心霊番組やらUFOの類の番組は興味がないです。 いや、宇宙に生命体入る可能性は大きいと思うんですよ。 ただ、世の中にある宇宙人目撃情報みたいのは、眉唾物だと思います。 ただ、サンタは、妖精や、山の神みたいな、空想の世界のものとして否定する気は全くありませんし、 キリスト教布教+商業主義の副産物であることは否定もしません。 そもそも12月25はキリストの誕生日ではないし、 サンタが紅白の衣装を着ているのはコカコーラ社の陰謀ですし。 ただ、クリスマスになると、あちこち飾り付けしたり、誰かのためにプレゼントを考えたりといった、 家族や友人の喜ぶ顔が見たいからと、奔走したりあれこれ手間を惜しまないとことは、決して悪くはないと思います。 誰かが誰かの幸せを願っている、それをわかりやすい形にしたのがサンタクロースであると思います。 お正月には、100円のお賽銭で願うのは、まずは自分たちの幸せが最初でしょうが、 ときどきは、他人の幸せを祈ることって大事だと思います。 その機会の一つであると思います。 >しかし「クリスマスの夜にサンタクロースが姿を見せずにプレゼントを持ってくる」演技をすることに何の意味が???と考えてもわかりません。いっそサンタクロース姿の配達員に直接届けてもらえば?って思うんですが、伝説の通り、姿を見せずにプレゼントを届けないと意味がないことでしょうか? 本来は、伝統行事の一環ですから、、やる以上は「演技をすることを楽しむ」ことに意味があるんだと思います。 節分に「鬼が来るから豆をまく」ふりをしたり、 お盆には亡くなった方のために送り火をしたり。 そもそもどんな国だろうと、「文化」や「習慣化された儀式」は、たいてい非効率的で、理屈に合わなく、しちめんどうくさかったりするものです。 それこそが「味」なのです。 何気なくスルーしないでわざわざ形式化して手間暇かけるのが「文化」(行事なども含め広い意味でね)なのです。 理解しない人から見れば、「そんなの無意味じゃん」と思うのも当然です。 だったら理解しなくてもいいけれど、それをはなから否定するのは色気のないと思いませんか? >また枕元に届けるのが定番ですが、ツリーの下とか、玄関とか、ものにより人により変わったりするようですが、“枕元”でないといけない理由はありますか?靴下の中、っていう定説もありますが、靴下に入るようなプレゼントはなかなかないらしく、これにこだわる人はいないようですね。 ちなみに枕元は、日本などですね、キリスト教国では、ツリーの下にプレゼントを並べますが、むかしはツリーなんてどの家庭にあるものでもないですし。 枕元に置くのは、別に冷蔵庫の中でも、ふろおけの中でもいいのかもしれませんが、 単に、朝起きた時に真っ先に見つけ喜ぶ顔が見たいからでしょう。 とくに深い意味なんてないのだと思いますよ。 靴下に入るようなプレゼントだと限られますからね。 豊かになる時代とともに、そのへんは都合よく変えていっているだけですね。 そういう変化は、日本の伝統行事でもありますよね。 お正月前後だけ見たって 「年越しそばは何時に食べるのが正解なのか?」とか「年賀状はいつ書くのがいいのか?」とか「お年玉」の存在とか・・・ まあ、「それを言っちゃあおしめえよ」の仲間です。 商業主義のクリスマスに反感を覚えるのはとてもいいことだと思います。私も覚えます。 しかし、行事だの伝説だのに、「意味はあるのか」とまじめに向き合うのは、 間違いではないと思いますが、なんだか野暮な気がします。 今から120年ほど前、「サンタクロースっているんですか?」と新聞社に問い合わせた8歳の女の子、バージニア・オハンロンさんを御存知でしょうか。 クリスマスの有名なお話です。 新聞の編集者の方の回答が新聞に載り、なかなかいいなあと高校生の時に思いました。 商業主義のクリスマスやサンタですが、 少なくとも、こういう小さい子供たちが、一時期だけでも、サンタの存在に胸をときめかせる思い出は、 否定するものではないと思います。 このお話(回答)は日本語訳にされ絵本にもなっていますし、ネットでも、探せば読めるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様ご回答ありがとうございました。サンタクロースの演出は、「伝統行事の一環」と明言されたこの方をベストアンサーとさせていただきます。この場を借りてまとめてお礼申し上げます。 伝統行事と言うからには、地域により各家庭により違いがあって当然なわけで、クリスマスの祝い方も人それぞれでいいと思います。徹底的にサンタを演じるのも、子どもに直接プレゼントを手渡すのも、子どもに対する愛情には変わらないと思います。何をもらうか、よりもどんな渡され方をするか、っていうほうが重要だとは思いません。手間を惜しんでいるというより手間を楽しむということも必要性もわからない、というだけです。しかしこの場合世間の流れに逆らうと「子どもがかわいそう」になるのではないかという懸念だけです。私個人的にはサプライスはどうも苦手です…。プレゼントもらうにしても、一緒に買いに行って直接手渡されるほうが好きですね…。わざわざ遠回しなことをされると対応にも困ります。サンタを信じる子どもたちも、毎年同じ日に、毎年希望の品がもらえることがわかっていて、本当にわくわくするものなのかどうか疑問がありますが…。何が入っているかわからない福袋開けるほうがよっぽどわくわくすると思うんですけどね。

質問者からの補足

新聞社に「サンタクロースって本当にいるんですか」と問い合わせた女の子の話、実は高校の現代社会の授業で取り上げられました。その時は、なんでそんな話を学校の授業で取り上げるのか、不思議に思っていましたが、今頃になってサンタクロースを本気で信じている子どもがたくさんいることを知り、今は理解しています。新聞社さんの答えは肯定でも否定でもなく(まあ、肯定寄りですが、完全肯定でもなかったような)うまくけむに巻かれたような気がします。 「文化」「伝統行事」という言葉が出てきていますが、クリスマスは日本の行事ではないのでそんなに古い歴史があるとは思えませんし、形式にのっとることだけが文化の継承とも思っていません。つまり時代により各自の都合により、変遷していってもいいと考えています。例えばおせち料理ですが、一品一品に意味があるとわかってても、自分たちの嫌いなものは作りませんし、桜玉が売り切れていたら魚肉ソーセージで代用したりと臨機応変に対応しています。手間暇かけることを否定するのではなく、あくまで自分たちのやり方でいいのではないか?という考えです。子どもが生まれた時のお宮参りは行きましたが、お食い初め、一升餅はあまり意味がわからないのでしませんでした。何がなんでもやらなきゃ!っていう気負いがないのでしょうか…?ただ意味がわからないけどみんながやるからやる、っていうよりちゃんと意味も含めて子どもに伝えていったほうがいいと思います。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14

 私への補足から再び。  教育で千人ほど見てきた上での経験則ですが、離婚は連鎖します。虐待と同じように。価値観が連鎖するとは思えません。明らかに育っていく上でのその一族に何かが欠けるモノがある故です。まぁ私の中では離婚は虐待の一環ですが。子供は正直に自分の一族の連鎖の異常さを吐露してくれますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
noname#151730
noname#151730

あなたがお子さんに現実を教えればすべて片がつく事です。 他の回答者さんにそのように補足を入れてますよね?海外から入ってきた童話の世界の話を大の大人がはしゃいで我が子にする事ではないといいたいのでしょ? なら、仕方ないじゃないですか。 サンタはいない。 すべて夢物語だから信じてはだめ。 童話の世界も実は残酷物語だから読んではダメ。等など。 将来をにらんで正月も無い教育漬けに仕上げれば良いじゃないですか。 お子さんが成人して会社勤めを始めたときにあなたの教えが生きてきます。 クリスマスの賑わいを素通りして、お孫さんに同じ教育を施す大人になるのは見えていますよ。それでいいのですか?季節の行事の楽しさを知らない、友達も出来ないお子さんに育てたいならここで相談せず自我を通せば良いだけです。自分がそうだったからとお子さんまで犠牲にする親は聞いた事がありません。 お子さんの顔から笑顔を奪う事をするなら私はあえて批判的回答をするだけです。なぜなら現時点であなたが親としての子供への愛情を感じる事が出来ないからです。 せめて小学校に上がるまでは親が馬鹿になるくらい子供を楽しませても良いのではないですか?その権利さえ奪うのは親ではないと言い切ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私の文章をすべて読んでいただいているでしょうか?私はクリスマスもサンタクロースもまったく否定してはいません。ただ、プレゼントを直接手渡しではなく間接的に枕元に置く行為の大切さがわからない、と言っているだけです。ただそれだけで子どもへの愛情が感じられないなんてずいぶん飛躍した考えをお持ちですね。クリスマスのイルミネーションも、ケーキもツリーもテンション上がりますしクリスマスの象徴としてサンタクロースも当然存在します。自分はそんなことをしても楽しいとも思わないですけど、子どもが、友達のところには来たのに自分だけサンタクロースが来なかった、ということになったらかわいそうだから「サンタさんがプレゼントを持って来た」ということにしてあげています。自分の意思より子どもの思いを優先していますよ。それでも親ではないと言い切れますか?

  • 回答No.11

度々お邪魔しますm(_ _)補足の回答します! ・サンタ信仰者…… →信仰者じゃないです。ただ単に私の場合は母にやられたから自分の子供にも……っていう子供の反応を見てみたいという連鎖的なものですよ。私の子供には母も加わってますが…; ・子どもにサンタを信じさせないことを批判的なことが多いのはなぜでしょうか? →これも、そこの家庭がそうなんであれば批判はしないです。意固地に批判する人の気持ちは私には正直、わかりません! ・よく早くに現実を知った子が、「サンタは本当はいないんだよ」とわざわざ言うのはなぜだと思いますか? →恐らく、その子のお父さんお母さんが枕元におもちゃを置いてたのを見てもうたショックからでは……? 私は現実を知ってから暫くは誰にも言わず(友達いなかったので)放心状態でしたが、数ヶ月もすれば忘れて次のクリスマスには楽しんでましたよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にご回答いただき、ありがとうございました。やはり信じていた分、現実を見るとショックを受けるものなのですね。でも「うちだけサンタが来ない」というほうが子どもはもっと傷つくかもしれないもので…そっとしておきます。

  • 回答No.10
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11963)

ANo6です。 補足質問を頂戴いたしましたので、私のいう斬新なアイデアについて簡単に説明させていただきます。 私は、既に現役を退いてますが、現役時代は数々の「改善提案書及び試作品」を勤務先に提出して品質向上やコストダウン及び省力化に役立たせていただきましたので、勤務先での評価は高かったと思います。 中には「コロンブスの卵」的なアイデアもありましたが、それすら発想出来ない人は多いです。 空想のようなものが実現すれば素晴らしいことですが、実現出来そうもない空想より現実的で身近なアイデアのほうが役立つのです。 勿論、改善提案書は社内審査がありますから、審査が通らないアイデアは没になりますので、勤務先に損害を与えることはありませんでした。 なお、サンタやお伽噺を信じるかは子供の判断です。 しかし、無理に空想を信じ込ませるのは「親のエゴ」だと思うのです。 ちなみに、我が子達もサンタは私(父親)だと幼い頃から悟ってましたが、素直な大人に成長して素直な子供達(孫達)を育ててます。 孫達にとっては、祖父である私がサンタであり、父親(娘の夫)もサンタなのですが、クリスマスを楽しんでます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

サンタやおとぎ話、ファンタジーを信じるかどうかは子どもの判断、しかし無理に空想を信じ込ませるのは「親のエゴ」というのに同意いたします。 クリスマス当日までプレゼントを隠し、寝静まった後にこっそり枕元に置く、というのは、昔からの風習の人には自然な行動なのかもしれませんが、私には無理していることです。そういう習慣がなく、またそういう習慣が一般的だと認識していなかったのに理解しろというのは、価値観の押し付けだと思います。 あと、テレビなどのメディアに対して、特にクリスマスシーズンに「サンタの正体は親」だということをほのめかす発言等があるとクレームを入れる行為は、どう考えても行き過ぎています。人それぞれ価値観は違いますので、配慮がないとも思いません。

  • 回答No.9
noname#196554
noname#196554

クリスマスにサンタからプレゼントをもらう事は、想像力うんぬんではなく「文化」として教育上大事な事だと思います。かつては西洋の文化だったものが、もう何十年も前から日本の家庭にしっかり根付いている。文化は年代により色々と形を変え、人々の生活に密着した共通の慣習としてその人のアイデンティティの確立やパーソナリティーの形成に関与します。そういう意味で何らかの差が出るでしょう。 文化がなければ人間は進歩しません。 そんな文化の中で育った私からすれば、サンタがプレゼントを持ってこないクリスマスなんてクリスマスじゃない!クリスマスが来ないと年越せない!とまで思ってしまいます。毎年子供達のために相当盛り上げてますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

クリスマスにサンタクロースからプレゼントをもらうという文化は、親から教えられませんでした。毎年ツリーもケーキも用意してくれていましたが、サンタからのプレゼントはありません。あるとしたら親か親戚からブーツに入ったお菓子のみ。お正月に親や親戚からお年玉をもらいますが、いったん受け取って、親経由で銀行行き。何か人間的に欠陥がありますか?思い当たるふしがあるとしたら、今まで本当に好きだと思える仕事に出会えませんでした。結婚しても経済的に問題ないのに仕事を辞めたくない女性の気持ちがわかりません。なんでそんなに仕事が好きなのか?ってうらやましいです。

  • 回答No.8
noname#155097
noname#155097

>教育上大事なことですか? はい。とても。 >サンタを信じていた子は、大きくなっても想像力の豊かな大人になりますか? 想像力だけでなく、創造力も伸ばしますし、 感性が豊かになります。 >サンタを信じなかった子は、信じていた子に比べて想像力に欠けた大人になりますか? ひねた子供になります。 よって夢のない大人になります。 >サンタを信じた子と信じなかった子は、成長過程で明らかな差が出るのでしょうか? 明かな差が出ます。 これは宇宙開発に携わっている人の伝記などを読んでみれば明らかです。 ウルトラセブンを見た子供が宇宙飛行士になったように。 突拍子もない夢物語に胸を踊らせた子供たちが、今では 最先端の科学技術を推し進めている人たちになっています。 日本では手塚治虫を愛読した子供がロボット工学に進み、 キャプテン翼を読んだ子供たちがプロのトップ選手になっています。 サンタを信じた子供はなにになってるんでしょうね。 きっと困った人がいたらそっと手を差し伸べるいい人になっているのでしょう。 中には国連の難民支援の活動をした人になっていたりするのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はっきりお答えいただきありがとうございます。しかし子どもが皆、最初からサンタを信じているのではなく、親や外部の情報によってサンタクロースを認識します。中には親がサンタをお膳立てしたにもかかわらず早くからサンタは親だと思っている子もいるようですが、幼いうちからの親のお膳立てがなければ信じろというのは無理な話です。 ロボット工学に携わる人は皆、手塚治虫のファンですか?サッカー選手は皆、翼くんのファンですか? 夢を実現した結果、お金儲けにつながったのは純粋で、最初からお金儲け目的(もしくはお客さんのため)で商品開発などに関わるのは不純ですか? あと夢だけでは生活できません。仕事には向き不向きがあります。見果てぬ夢を捨て切れずに30過ぎてもニートのような生活をするくらいなら、早々と見切りをつけて現実を見ることも大切だと思います。 夢を持つ子=かわいい、早々と現実を知る子=かわいくない、というのは大人の固定観念だと思います。

  • 回答No.7

所詮、商業ベースで湾曲捏造された遊びです。 時間の問題で消え往く遊び、時間と共に進化(?)していきます。 サンタの原型の話は怖い話だとか良く聞きます。 本場の米国でもプレゼント禁止運動が年々盛んになっているそうですよ。 家族関係を壊す悪癖だ!貧富格差の増長行為だ!等々です。 バブル期の大人が作り踊らされた遊びです。 本来、子供は遊びにお金は使いません。 ゲームもおもちゃも大人が自分で遊びたいから作った様なものです。 お年玉、七五三詣り、端午の節句、クリスマス、誕生日会・・・・? バレンタインディー、ホワイトディー・・・????? 大人は自分で自分の首を絞めている事に気付くのが遅いぐらいです。 我が家の子供達は大人になったら恋人とだけするそうです。(^^) サンタの次に来るキャラクターを作ったら大金持ちになれますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

クリスマス、お正月、節分、バレンタインデー…これらがなかったらこの時期は寒さに耐えるだけのつまらない冬になってしまいます。特にウインタースポーツもしない私にとっては。商戦に踊らされるのも経済活性化のためには必要だと考えます。サンタの赤い衣装はコカ・コーラ社が考えたそうですね。こういう雑学は行事ごとに教えていきたいと思っています。しかしプレゼントをサンタが間接的に置いていく、といううシチュレーションがイラっとくるのです。直接渡せるのにわざと渡さない、自分が買ったのにサンタが…と言う。遠方や忙しいとか恥ずかしいのならともかく、贈り物というのは直接手渡してナンボやと思っているので、わざとそんなことをして、本当に喜びが倍増するのか…わかりません。

  • 回答No.6
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11963)

私は、56~57年前にサンタクロースは幼稚園の園長先生だったことを素早く見破った観察力の鋭いマセガキでした。 そして、クリスマス・プレゼントは父親が枕元に置いてくれるのも見破ってましたから、サンタクロースは架空の人物と理解してた夢のない幼児でしたが、観察力と発想力は豊かで好奇心旺盛な子供でした。 想像力は架空のことを想像するので夢はありますが、現実離れしてることを想像しても実社会では無意味な場合が殆んどです。 それよりは、斬新なアイデアを発想出来る発想力豊かなほうが教育上も実社会でも有利なことが多かったです。 親が、架空のことを本当のことのように信じ込ませることは「嘘つき親」になりますから、架空と現実は分けて教えるべきと思います。 しかし、お伽噺は子供に夢と希望を与えますし、善悪の判断や教訓を教えるので無駄とは思いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

斬新なアイデア=ビジネスでは常識にとらわれてはいけない、などとよく言いますね。これってリスクがあると思います。周りの反対を押し切ってやったことが大成功、なんてサクセスストーリーも聞きますが、一般的にリスクをおかしてまで思いきったことってなかなかできませんね。想像力は、クリエイティブな仕事に就くのには有利だと思います。想像力…たとえばドラマの展開を想像していて、そのとおりになったりしたら、つまらなくないですか?思ったとおりにならないから面白いんです。しかしサスペンスドラマで思ったとおりになった時は嬉しかったりしますけどね。

  • 回答No.5

サンタをやるかやらないかは親の自由で、別にどちらが良い、悪いというものでもないと思います。 サンタは親が出来る手っ取り早いファンタジーではありますが、サンタ以外にも不思議な出来事っていっぱいありますので、別にサンタにこだわらなくても良いのでは? ただ、私自身は親にサンタをやってもらって、25日の朝に枕元にプレゼントがあるという不思議体験が楽しかったので、自分の子どもにもやろうと思います。 「サンタなんて居ない」と教えられ、クリスマスプレゼントを一度も貰ったことの無い夫と比べて、想像力に差があるとも思いません。 サンタを信じる=想像力が豊かかどうかは?です。 どの道サンタがいないことを知ってショックを受ける時が来るわけですし。 想像力が豊かになるかどうかは、サンタ云々よりも、親が絵本の読み聞かせをしたり、一緒に空想のお話を作ってみたり、そういう子どもの感性を育てる教育をしたかどうかなのではと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

絵本の読み聞かせ、まったくと言っていいほどしてきていませんでした…。まずいでしょうか?幼稚園では週1回、絵本の貸し出しがありますが、読まずに返す時もあります。気に入った本は何度も読み返していましたが、なぞなぞの本でした。私自身、想像力も妄想癖もないと思います。

  • 回答No.4

 子供が小さい頃は、職場の同僚とサンタのカッコを交代でして渡したり、夜中に嫁さんに子供をたたき起こさせて、こっそりと私が去っていく赤い背中を見せたりしましたね。外は寒かった。  ある時に「実はね」と下の娘から「去年くらいから、お父さんであることは知ってたけど、黙ってた」と、言われました。それから「秘密を知ってしまったら、もうプレゼントは終わりやなぁ」とコスプレは辞めましたが、一生懸命している親に気を遣えたことは、教育成功と考えます。上の息子は気を遣い続けていてくれたのですわね。  子供達もそれが楽しかったら、自分の子供にすると信じています。それは、幼稚園小学校に入ってからの友達に対する、気を遣うところと、大事な人なら、ここではっきりモノを言うところを育む社会性につながると実感してます。教育に携わりますが、懇談で親とケンカする子供は、仲良し内でも、仮面で付き合います。気を遣うところとわがまま言うところがまるで逆です。故に、尖った小さいグループを作ります。  この行事ごとで一番大事なのは、想像力と言うより、その子が家庭を持ってからの、離婚の確率が減る「家庭力」育成だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

離婚理由は“相手と違う価値観”の部分を妥協できるかできないかにあると思うのですが…?確かに積極的に子育てにかかわるパパは、サンタさんを積極的に演じてみたり、子どもとのレジャーにも仕方なくお付き合い、ではなく自分も一緒に楽しんでいるイメージがあります。サンタさんを演じることはその中の一部であり、全部ではないと思います。

関連するQ&A

  • サンタクロースを信じている子供へ

    友人のお子さんが小学生です。サンタクロースがそりに乗って、プレゼントを運んでくれると信じているようです。その子供の夢をこわさないプレゼント方法は、何がありますか? 24日から不在であるため、デパートで実施している、サンタクロースからのプレゼントは日程的に無理だそうです。 何か、ありますか?サンタさんからの手紙は頼んであるそうです。 出来れば、サンタさんに手紙を書いて、それを持ってきて欲しいと、子供は願っているようですが・・・。(おもちゃらしい) 別の方法でも構いません。よろしくお願いします。

  • サンタクロース、いつまで信じていましたか?

    小学校3年生になる娘が居ります。 先日、17歳の姪との会話でクリスマスプレゼントの話題がありました 娘はサンタクロースからもらうと答えた所、姪が「え?サンタなんてまだ信じてるの?」と言ってしまい、私も慌てて姪にサインを送りその場をしのいだのですが・・・ 小学校3年生ともなれば実は親が夜こっそりプレゼントを置いているのを知ってる子も居ると思います 時期は近いので子供同士話題になるかと思いますが、もし他の子からサンタなんて居ないと話を聞いてきてそれが本当かと聞かれたらどう対応したらいいでしょうか? こんな質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

  • サンタクロースからクリスマスプレゼントをもらう価値

    クリスマスプレゼントは親からではなく「サンタさんから」もらうことって、同じものでも価値の高いことですか? 私自身はサンタクロースからもらったことはなく、親からも一回ぐらいかな?あとは親せきの人からお菓子のブーツを何度かもらった記憶があるくらいです。それでもクリスマスケーキを食べることが毎年楽しみでした。 子どもの枕元にプレゼントを置いてサンタさんが持ってきたように演出することが一般的なことだと認識したのは子どもを持ってからで、非常に驚いています。私はそういう行為ですら、物語の中のことで、実際やる人ってごく一部の人だと思っていました。 私はサンタクロースの存在を否定するつもりもなければ、積極的に崇拝させるつもりもありません。信じる信じないは、子どもの意思にまかせるつもりです。子どもは幼稚園児と2才児です。クリスマスプレゼントは一緒に買いに行きますが、サンタクロースからということにしています。近い将来、矛盾的に気付くでしょうが、その時は、「サンタクロースは実際にいるが、(これは本当ですから)クリスマスプレゼントをくれる人のことのこともサンタクロースって言うんだよ。」とでも説明しようと思います。 サンタさんを信じさせるためにサンタさんへおねだりの手紙を書かせたり、内緒でプレゼントを買いに行ったりといったことをするつもりはありません。しかし、サンタ崇拝者の方は、子どもの夢を守るために誰かがサンタクロースの正体をばらすような発言をすると「子どもの夢を壊すな!」と、攻撃的になる傾向があるようです。テレビでそういう発言があったりすると抗議の電話があったりするそうで、テレビ局のほうもナーバスになっているのでは?と思います。 そこまでして守りたい子どもの夢の価値って何でしょうか?よかったら教えてください。 決してサンタクロースを否定するわけではありませんが、必死で守るほどの価値がわからない、ということです。私からしてみると、毎年両親からクリスマスプレゼントをもらえるだけでも充分幸せだと思うのです。それにサンタという付加価値を付けることによって、どれくらい大きな利益を得られるのか、知りたいです。

  • 幼稚園の頃、サンタクロース・・・

    三十代女性です。サンタクロースをいつごろまで信じていたか、等という話を聞くにつけ、ちょっと疎外感を覚えます。 私は、少なくとも幼稚園の頃には、サンタさんは、(決して「いない」などという全否定ではないのですが)キティちゃんや桃太郎などと同じく、「お話の中の存在」とはっきりわかっていました。誰に教わったわけでもありません。普通の家庭に育ったので、25日の朝、枕元にプレゼントがあるといった経験も、ちゃんとしています。それでも、「わかって」いたんです。とにかく本をよく読む子だったので、想像力が付いた(いるという想像力ではなく、その逆)のかもしれません。 よく覚えています。私の通う幼稚園のクリスマス会に「サンタさん」が来たときも、「園長先生の変装だ」とわかっていました。でも、そんなことは口に出さずに、わかった上で楽しんでいました。友達が興奮した様子で私に「サンタって本当にいたんだね!」と言いましたが、それにも調子を合わせていました。 こんな子どもって、特殊ですか?早熟すぎますか?自分ではそう思いたくないのですが・・・。ご意見教えてください。また、「私も子どもの頃そうだった」という方がいたら、私だけではないとわかって嬉しいのですが。

  • サンタクロースなんていないと知ったのはどんな時?

    もういくつ寝ると・・・クリスマスです。 クリスマスの主役と言えばやはりサンタクロースですね。 私はいつもこの時期になると、サンタの存在を信じてプレゼントを心待ちにしていた幼い頃のことを思い出します。 寂しいことですが、そんな子供もいつかは「サンタなんていない」という現実を知る日が来るんですよね。 皆さんが「サンタクロースなんていない」と知ったのはどんな時でしたか? その時の何か変わったエピソードなど、ありましたら是非とも教えていただきたいです。 ちなみに私は小学4年生の頃でした。 プレゼントにもらったゲームボーイの説明書の裏を見ると、購入した店名欄に最寄のゲームショップの名前が・・・。 幼心に持っていた「多分サンタはいないんだろうな」という疑念を決定的なものにしてくれた出来事でした。

  • サンタクロースの絵本を探しています

     こどもにサンタクロースの由来を絵本で教えたいです。 貧しい家に金貨が煙突から入って赤い靴下に入った、といった内容だったと思います。 実際にサンタクロースはいないけれど、この話に大人が共感してサンタを演じてプレゼントをあげている、大人になったら自分のこどもにサンタを信じさせてほしい、世界中の大人がこどもに夢を与えるために続いている といったことを絵本を使って話してあげたいです。 昔に比べたらサンタのことに気付く年齢が早くなった気がします。 単純にサンタは親だった、ではなく夢と希望のある話であることを子供たちに伝えていきたいです。 よろしくお願いします。

  • サンタクロースからのプレゼントはいつまで?

    小学4年と幼稚園年長の子供がいます。 上の子は、小さい頃「サンタクロースなんていないよ」と言っていたのに、小学生になってから「サンタクロースはいる」と言い始めたので、クリスマスに枕元にお菓子の袋などを置くようになりました。 (それとは別に親としてもプレゼントを渡しています) しかしもう4年生だし、そろそろもう信じないと言い始める頃かと思い、さりげなくさぐりを入れると「いる」との返事でした。 もしかしたら、プレゼントが欲しくてそう言ってるのかなあとも思いますが、「あんまり高いものを欲しがると、サンタさんが困るからおもちゃはお母さんが買って(え?)」と言います。 下の子は、サンタクロースがいると信じきっていて、手紙を書いたりしています。 上の子が小学生のうちはサンタクロースのプレゼントを続けるつもりですが、下の子と4学年違うので、そこでやめてしまうと下の子がかわいそうかなと思います。しかし、下の子だけもらえると自分だけもらえなかったと、上の子がすねそうな気もします。 まだ先のことだから、今考えなくてもいいかなあと思いつつ、でもちょっと気になってしまったので、よいお考えがありましたらお願いします。

  • サンタクロースの住所ってあるのですか?

    去年のクリスマスの事です。 僕の親戚の弟は、いままでサンタクロースからプレゼントを貰ったことがないそうです そこで僕はその子に 「今年こそ来てくれるようにサンタにお願いしてあげるから、なにが欲しいのか言ってごらん」っと 問いました。 そしてその子は「36色のエンピツが欲しい」と言ったのです。 早速僕は、電話帳でサンタの電話番号を調べましたが どこにも載っていなかったので サンタクロースについて研究している友人にお願いしました そして3日後、ようやくサンタの電話番号が分かり、早速電話をしました。 日本語も話せるようだったので、僕は「クリスマスの日に36色のエンピツを〇〇に届けて下さい」と お願いしました。 サンタクロースは「そうか・・あの子の家は目立たないから気づかなかった、今年こそ届けよう」と 約束してくれたので。これであの子もきっと良いクリスマスを迎えられる事だろうと 僕は安心しました。 そしてクリスマスイブになり、僕はあの子の事を思いながら眠りました、その時いきなり外から 「ドシーン、ドシャーン!」となにかがたくさん振ってきたような凄い音が聞こえました、 僕は驚いて外に出て、よく見てみるとあの子の家の方から聞こえたのが分かりました 僕は急いであの子の家に急いでたどり着いた時、驚愕の光景を目撃しました。 あの子の家の屋根に、赤や青などの煙突が突き刺さっていたのです。 どうやらサンタクロースは、電話の僕の声を聞き間違えて 「36色のエンピツ」ではなく「36色のエントツ」だと勘違いしてしまったようなのです。 あの子の家族は命は助かりましたが、家を失い僕の家に居候という形になってしまいました。 怒りが抑えられなかった僕は、サンタに苦情を言おうと電話をしましたが ずっと音信不通になってしまいました それでも僕はサンタクロースに文句を言って、責任を取ってもらわないといけません 電話番号は分かってもサンタの住所が分かりません、どの友人に聞いても ぞんなのいる訳ないだろと信じてくれません。 どなたかサンタクロースの住所を知ってる方が入れば ぜひ教えて下さい ささいな情報でも構いませんので お願いします。

  • サンタクロースがやって来た!

    こんばんは。 pokapokatenkiです。 街はクリスマス商戦が始まりまして、ケーキの予約、あちこちの店で飾りつけが始まりました。クリスマスと言えば「サンタクロース」ですが・・・・こういったシチュエーションを考えてみました。 クリスマスの夜、普段通りにあなたは眠りに就きます。サンタクロースがあなたにプレゼントを渡す夢を見ました。サンタクロースはプレゼントを渡した後、あなたに本当の姿を見せます。それが誰だと一番嬉しいですか? 子供みたいな質問ですが・・・・。是非教えてください!

  • サンタクロースの住所ってあるのですか?

    去年のクリスマスの事です。 僕の親戚の弟は、いままでサンタクロースからプレゼントを貰ったことがないようで なんとかしてあげようと、そこで僕はその子に 「今年こそ来てくれるようにサンタにお願いしてあげるから、なにが欲しいのか言ってごらん」っと 問いました。 そしてその子は「36色のエンピツが欲しい」と言ったのです。 早速僕は、電話帳でサンタの電話番号を調べましたが どこにも載っておらず どうしようかと悩んでる時に、僕の友人が「サンタについて研究している人を知ってるよ」言い サンタクロースについて研究している人物に会って、電話番号を調べてほしいと お願いしました。 そして3日後、ようやくサンタの電話番号が分かり、早速電話をしました。 「はい、ジャパニーズの方だね、なにか私に御用かな?」とサンタクロースは 日本語も話せるようだったので、僕は「クリスマスの日に36色のエンピツを〇〇に届けて下さい」と お願いしました。 あの子の家の場所と事情もすべて話し サンタクロースは「そうか・・あの子の家は目立たないから気づかなかった、今年こそ届けよう」と 約束してくれたので。これであの子もきっと良いクリスマスを迎えられる事だろうと 僕は安心しました。 そしてクリスマスイブになり、僕はあの子の事を思いながら眠ろうとしたその時、いきなり外から 「ドシーン、ドシャーン!」となにかがたくさん振ってきたような凄い音が聞こえたので 僕は驚いて外に出て、よく見てみるとあの子の家の方から聞こえたのが分かり 急いであの子の家に急いでたどり着いた時、驚愕の光景を目撃しました。 なんと、あの子の家の屋根に、赤や青などの煙突が突き刺さっていたのです。 どうやらサンタクロースは、電話で僕の言葉を 「36色のエンピツ」ではなく「36色のエントツ」だと 聞き間違えてしまったようなのです。 あの子と家族の命は助かりましたが、家を失ったため 僕の家に居候という形になってしまいました。 それだけではありません。 怒りが抑えられなかった僕は、サンタに苦情を言おうと電話をしましたが あの事件以来、ぱったりと音信不通になってしまったのです それでも僕はどうしてもサンタクロースに文句を言って、責任を取ってもらわないといけません 電話番号は分かってもサンタの住所が分かりません、どの友人に聞いても ぞんなのいる訳ないだろと信じてくれません。 どなたかサンタクロースの住所を知ってる方が入れば ぜひ教えて下さい ささいな情報でも構いませんので お願いします。