• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

もし捕食者が究極的に進化したら、生態系は?

生命が陸に上がって4億年、もし、あと10億年し 捕食者が、 ・可視光以外の電磁波を可視する能力、 ・電磁波による見えない相手の歩行の検知能力、 ・超音波のように電磁波をうち隠れた相手を探す能力、 ・今より恐ろしく進化した運動能力、 ・無駄の無い狩り方の選択能力、 ・平常時の脳や筋肉の省エネ能力、 ・もっと未知の感覚器を備える可能性 ・遠距離からの電磁波攻撃で動きを麻痺させ狩る能力 などを身に付け、知能も高まった場合、 どんな生態系になると思いますか? まずは捕食者はエサの食い過ぎ~エサの枯渇で 餓死を繰り返し、増え過ぎない形になると思いますが、 エサになる被捕食者は、こうした驚異的な捕食能力から どう進化して逃れると思えますか? その捕食者が飛行でき地形的に逃げるのが困難だと、 ・強烈で複雑な毒を持つ ・土に深く潜って生活 ・植物と半同化して枯れた土地に逃げ住む ・捕食されない防御能力を手に入れる ・体を捕食しても消化できない妙な進化をする ・油虫とアリのようにいっそ共生関係に肉を差し出す などが思いつきますが、 どんな生態系になっていくのでしょうか。 陸は、一見動く物の少ない植物の天国の地獄?と化し、 海に多くの陸上生物が逃げて行くでしょうか。 それとも捕食者の固体の増加が収まった後、 食べすぎ=エサ枯渇=餓死 の方程式が本能に染み付き 捕食者は自ら食べ過ぎず、縄張りを持ち維持し、 まるで家畜を飼うような生活と安定が起こるでしょうか? (あえて文明を持つ話しだけは抜きで。) 未来の生態系、または捕食者/被捕食者の例を ご想像しお聞かせ頂けますと幸いです。 よろしくお願い致します。

noname#202167

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数450
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • el156
  • ベストアンサー率52% (116/220)

その捕食者の近所には必ず捕食者に拮抗する能力を備えた被捕食者が生息していると思います。 そうでなければ捕食者はそのように進化できないからです。 進化は突然変異と自然淘汰によって起きます。突然変異によって新たに生まれる能力に、そのコストを上回る利点が無い限り、淘汰圧は働きません。そうでなければ突然変異は一時的なゆらぎで終わってしまい、その先へは進めません。 進化は斬進的にしか起きませんから、それだけの進化が起きるには継続的に淘汰圧が働く必要があります。 被捕食者が捕食者とともに進化しない限り、継続的な淘汰圧は生じないと思います。 リチャードドーキンスの「盲目の時計職人」という本をお勧めします。私もこのサイトで教えて頂きました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧で解り易い説明、ありがとうございます。 唐突ではなく、 >必ず捕食者に拮抗する能力を備えた被捕食者が生息している この条件が確保されないと、 一方的になりすぎれば一時的なゆらぎで終わるのですね。 被捕食者が拮抗するように進化できて始めて 生態系は進化(変化)して行けるのですね。 10億年もしたらその小さな積み重ねも 凄い事になっている気がしますね。 人類は早めに文明を作れ る地球の歴史の上に生まれて 幸いな方だったと言えるのでしょうか。 「盲目の時計職人」そのうち読んでみたいと思います。 ご回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生態系モデル

    うさぎ(被食者)ときつね(捕食者)の生態系における生存闘争モデルは 教科書やネットなどで見られますが、 例えば、きつねより強者の追加のように、 3つもしくは3つ以上に拡張したいと考えております。 うさぎときつねのように、エクセルなどで解ければいいですが。 リンク先やおすすめの教科書など教えていただければ幸いです。

  • アノマロカリスは本当に生態系の頂点にいた?

    この間、国立科学博物館の生命大躍進を見てきました あらゆる時代の貴重な化石、特にその時代の生態系の頂点の生物が豊富に展示されていて感涙ものだでした。 特にカンブリア紀の化石はアノマロカリスも含めて最高の展示だったのですが、見ているとだんだんと前々から感じていた疑問が大きくなって来たので教えて下さい。 普通その時代の生態系の頂点にいる生物は、獲物を上手に捕食するために目を前の方に2つ並べて距離を正確に計測できるように進化します。 しかしアノマロカリスに関しては獲物は下にいるはずなのに目は上、明らかに近い仲間のフルディアも左右に馬のように着いてまるで草食動物のようです。 何故なんでしょうか? 自分なりに考えてみたところでは、オパビニアなどは、獲物は下にいるはずなのに何故か目は上向きに5つもあったりします これはアノマロカリスに比べれば小さいのを考えれば、目はもっぱら外敵を見つけるのに使って、オパビニアの像の様な吻は、海底近くを低空で泳ぎながら 地雷探知機の様に海底を撫でる様に獲物を探していくという生態には適した構造になります。 ですが、アノマリカリスに関してはオパビニアの様に外敵が存在する生き物ではないはずなのに、目はまるで外敵を探すのに適するためにある様な位置にあります。 この矛盾が今でも消えません。 この矛盾を解決する様な説があるとすればどんなものがあるでしょうか? おそらく、学者の先生方も確かなことは言えない突飛な意見が許される世界の様に見えますので、あまり頭を硬くしないで様々な意見を聞いてみることができたら、と思っています。 自分なりに考えた説では アノマロカリスより巨大な遊泳性の捕食者がいた。 という説を考えています。 つまりは体長5mとかの巨大ピカイア・もしくは巨大クラゲの様な生き物が、泳ぐにしても這うにしても海底近くを生きていたアノマロカリスを上から襲って食べる様な生き物です。 そんな巨大で体の柔らかい生き物は化石になる可能性がほぼ無いので、アノマロカリスの目の位置の矛盾が解決できそうだなって感じました。 そのうえで、歯はサメの様に何度も生え変わるのではなくて基本同じ歯を一生使い続けるか、そもそも歯の無い生き物なら歯の化石も出無いでしょう。 まぁ、自分でも突飛なアイデアだと思っていますので、単純に面白いと思いますので、上のアイデアは忘れて他にもご意見募集してみたいです。

  • 【生物の進化について】

    抽象的な質問で申し訳ありません。 生物の進化について伺います。 自然界には、捕食する側にとって「毒」を持つ、 例えば有毒植物や有毒動物が存在しますよね? 種を守るという意味では、これ以上ないというくらいに 強力な鎧になるように感じますが、当然ながら、 すべての生物が毒(捕食する側が生命活動に支障をきたすという意味での毒)を 有しているわけではありません。 そこで疑問に思ったのは、 ◇外的・内的に、どのような理由、 また意味から前述の毒を有することになったのか。 また、なぜ毒を持つ種になったのか。 ということと、少し哲学的かもしれませんが、 ◇毒を有するもの、有さないものを含めて自然界における生態系に見られる 弱肉強食の図は、きれいな三角形をつくりますが、 その三角形の頂点に位置する生物が、なぜ頂点にいるのか、 頂点になった理由、頂点の意義、意味、また役割はどのようなものなのか。 長々と申し訳ありません。 皆様の考えを伺えたら幸いです。 どうぞ、宜しくお願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

>捕食者側の中での弱肉強食で「能力が発達する」事は >ないと言えるのでしょうか? ないです。 ライオンは、空腹になって狩りをする時以外は、木陰で ゴロゴロしています。 では、そのライオンが、もっと高い狩りの能力を獲得したら、 倍の獲物を獲るでしょうか?‥‥倍の時間ゴロゴロするだけです。 つまり「必要以上に高い捕食能力」を発達させる淘汰圧など、 どこにもないという事です。 (その「高い捕食能力」が、従来より少ないエネルギーでできる というのなら別ですが) 必要以上に高い能力を求め、必要以上に蓄え、富を競っ たりするのは、貨幣や権力という虚構の価値を発明した、 狂った生命・人類の歪んだ考えです。 正しい進化は、「いかに適切に抑制して能力を発揮するか」 の方向に進んでいます(時々その方向性からズレたO157の ようなミュータントが現れ爆発的に広まるが常在はできない)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>(その「高い捕食能力」が、従来より少ないエネルギーで >できるというのなら別ですが) >「いかに適切に抑制して能力を発揮するか」 つまりそういう事を前提として将来どうなるかの質問なのですが。 質問の意図をくんでいただけなくて残念です。

質問者からの補足

過去にこの分野で何か辛い経験をされたのでしょうか。 高い知識が有るのに視点だけがガチガチに凝り固まって 柔軟に多面的に見る事が出来ていない様に見えます。 もしこの質問以外にも、周囲との衝突が絶えない場合、 発達障害のチェックをお受けになる事をお勧めします。 もし単に私の質問が気に障るだけでしたら申し訳ありません。 仰って頂いた知識。勉強になりました。 ご回答ありがとうございます。 私は少々妄想的なのでそこは少し注意したいと思います。

  • 回答No.5

>もし捕食者が究極的に進化したら  ではなくて、退化したらですね。人類のように・・  生命とは、 ・外界と自身の境界を持つ ・成長する ・増殖する。  物と考えれば、現在地球上にいるすべての生物はそれぞれの進化の最先端にいると言えるでしょう。しかし、人類は自身を環境に適合させるのではなく、環境を変化させることで増殖した、いわば退化の究極にある生物です。  ある宗教の「人は神に選ばれし神に最も近い」なんてうぬぼれによって、他の生物を下位に見る考えがありましたが、どうでもそうではないようです。人ほど環境を破壊し他の種を滅ぼしてきた種はいないでしょう。  高い知能を持ち、自身を環境に適用させうる生命がある日地球にたどり着きました。姿はアメーバー様な単純な構造でした。ところが地球の何かの影響で、体を変化させるきのうをしない、互いに捕食しあう退化が始まりました。やがて植物や魚のように形を変え、究極の破壊者・人類が誕生しました。かっての知性も失い互いに殺しあう凶暴な生物に退化しきってしまいました。  進化とは、環境に適合し ・外界と自身の境界を持つ ・成長する ・増殖する。  ことだとすると、・・答えは見えてくるような気がします。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃる事が解るような解らない様な…。 人類は極端ですが、他の生命も植物は土を、 草食動物は草を食べ排泄、肉食動物は他の動物を食べ排泄。 バランスを崩すものはその反動を受けて滅びやすい。 単に人もその1種になりかけているだけの様な気がします。 文明の浪費活動は私も退化という言葉で納得できます。 でもそれが文明を築く種の宿命とも思えますが。 まぁ・・一応この質問は >(あえて文明を持つ話しだけは抜きで。) なので極力人類抜きで考えたいものですが・・。 結果としてどうなって行くかはなってみないと解らない。 としか言えないのでしょうか。 人間の体の中の構造すらはっきり解っていないですし、 生命全体を語ると憶測だらけになり 人間の「知識、興味の有る方向に都合良く想像する心理」 が自然に前面に押し出され そこを補う形で意見交換がされるのでしょうか。 私のこの質問文しかり。ですが。 うーん。 漠然とした質問過ぎたのかもしれませんね。 色々考えさせられます。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4
noname#194289

人間が現にやっていることというのは回答にならないのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですよね。 質問文書いていて終盤ふと思ったのですが、 あえて文明を持っている者は除外とさせて頂きました。 将来どんな生態系になるのか知りたくて。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

>偶然優れた能力を持つ者が繁栄する それは、「進化とは優れた種を生み出すプロセス」という、古典的な考え方です。 現在では、「進化とは生態系の多様化による適応&恒常性の発達のプロセス」と考えられています。 食物連鎖のピラミッドの下の方の生物は、上の方の捕食者がいなくても困りません(助かりはしても)が、上の生物は、下の生物がいないと生きていけません。 すなわち、「人類」は、完結した生命ではないのです。 地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。 植物が成長(合成)するためには、二酸化炭素と水、窒素などの、化合反応の材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の酸素による酸化)より、動物による能動的摂食と生化学反応的酸化による、高速の分解の方が、有効なのです。 生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、生態系としての多様化=地球上の熱容量(物質循環量と速度)の増大だと言えるのです。 生物は、エントロピー増大に抵抗して、成長したり、増殖したりして、エントロピー減少しているように見えます。 しかしそれは、生物にしても、社会的な要素にしても、「開放系」だからです。 生物は、自分のエントロピー増大を新陳代謝するために、環境のエントロピーの低い物(食物、燃料)のエントロピーを増大させて放出(排便、廃棄)する事で、環境も含むトータルな閉鎖系におけるエントロピー増大を加速しています。 それでも、生態系全体の進化は、エントロピー減少だと言えますが、それも太陽の核融合というエントロピー増大の一環である、「日射>光合成>摂食>消化>酸化>輻射」という一時的な地上の熱滞留としての、開放系ゆえのもので、結果的にはエントロピー増大を加速するものです。 先にあるのは太陽光=植物による光合成であり、動物はその有機物の分解を加速して植物の光合成の原料にする(物質循環の加速)ための寄生的な存在に過ぎないのです。 (人の免疫力に打ち勝てるO157より、皮膚に無数にいる常在菌の方が繁栄しています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

半分理解できて半分理解できない難しい内容で、 なんとなく仰る生態系の構造は解る気がします。 >現在では、「進化とは生態系の多様化による >適応&恒常性の発達のプロセス」と考えられています。 私はこの意味もまだ正しくは理解できていないと思いますが 被捕食者が進化しなくても、 生態系として安定できる範囲で 他の捕食者より優れた能力を獲得した者が生き残り 優れていない捕食者が自然淘汰される。 そうした事から、能力の進化と退化は起こり 固体の能力は進化して行く事になると思うのですが… 何か話しが基礎的な方向に固まっている様な… 捕食者側の中での弱肉強食で「能力が発達する」事は ないと言えるのでしょうか? うーん…。

  • 回答No.2
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

第一に、そのように捕食者が特殊な能力を進化させる必要が分かりません。 捕食者が進化するのは、被捕食者が進化した場合であり、被捕食者が進化するのは、捕食者が進化した場合です(共進化)。 そして、そのような特殊な能力を備えるのは時間とエネルギーを要する負担増であり、無制限に共進化する事はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

イクチオステガが地上に上がって4億年。 コウモリの超音波 クジラなどの地磁気 オオカミの微弱電磁波感知 電気ウナギの電流 ホタルや深海生物などの発光能力  イルカのような衝撃波を利用した狩り 赤外線を感知できる爬虫類 紫外線を可視する昆虫 と色々生物は能力を獲得して来ましたよね。 10億年後ともなれば私は大して特別な事とは思いません。 偶然優れた能力を持つ者が繁栄する。 そうして生命は進化して来ましたよね。 その為に雌雄が存在するのではないのでしょうか?

  • 回答No.1
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2382)

捕食者と被捕食者との関係は、そもそも動物対植物の分化から始まっています。植物は光合成しますから安定した被捕食者ですが、動物の方は不安定です。肉食と草食の違いは動物を捕食するか、植物を捕食するかの違いにすぎませんので、実はたいしたことではないのです。爬虫類/恐竜/鳥類の進化をみると、肉食が草食になったり、草食が肉食になったりすることは珍しくありませんでした。哺乳類でもパンダみたいなのがあります。人でも完全ベジタリアンとかいますし、10万年ぐらい彼らの家系が続けば遺伝的に変化すると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

という事は、捕食者がエサ不足に突き当たれば雑食として 植物を食う比較的平和な生命になり、 その中でそれを襲う肉食動物が分化して現れる など そうした方向で整って行くのでしょうか。 ご回答ありがとうございます。 色々考えさせられます。

関連するQ&A

  • なぜ隕石衝突後、恐竜は絶えたのでしょうか?

    前回の質問のなかば続きになりますが、 http://okwave.jp/qa/q7134885.html 隕石衝突~日光遮蔽~植物激減~草食動物減~肉食動物減 この流れで 当時の哺乳類は土穴暮らしで生き残った聞きますが、 それを捕食する極小型の恐竜なども一緒に 生き残っていたと思うべきではないでしょうか? そして哺乳類が増えて進化すると共に 捕食者として恐竜もそれなりの形に進化していたのでは ないかと思えて仕方ないのですが、 おそらく生き残ったであろう 「小さな哺乳類を捕食して暮らす恐竜」 はどうなったと思えるでしょうか? 寒くなりすぎて体の構造が付いて行けなかったのか、 体温調節能力の差で夜襲され数を減らしたのか、 体の構造で 哺乳類の柔軟な動きに付いて来れなくなったのか。 想像で構いませんので、 なぜ哺乳類が残り恐竜は根こそぎ居なくなったのか お考えを教えて頂けますと幸いです。

  • 蝦夷ヒグマがエサ不足で大変な事に成っているんですが

    天高く馬肥ゆる秋と言う様に哺乳大型動物は冬に向かって脂肪を蓄えなければ成らない時期に 知床のニュースで見ましたけどヒグマがエサが今年は特に少なくて大変な異常事態のようなんですが如何したもんでしょうか? 小熊の餓死したのが漁網に引っかかってるは親グマは超ダイエット状態で冬を越せるのか、あの自然の宝庫で如何して餓死してしまのうのか、ニュースを見てるだけで辛いです、じゃ見なかったらイイダローの突っ込みが必ず有ると思いますが。 それは置いといて、生態系が変わる様な以上事態に人間が関与してたら大問題何ですが? 自然の摂理での海温異常等でサケ.マス等が回遊して来なくてのエサ不足なら自然の流れに従って只見てれば良いですが人間の関与での異常気象で生態系が変化するととしたら予算掛けてでも 手を打たなければ人間もノホホンと生きて居られないと思うんですが?

  • 生物の進化について質問があります。

    地球上の生物は地球誕生以来、数十億年をかけて多種多様の種に 分化し進化してきました。ダーウィンやその他の生物学者らの説明では、 その進化の起こり方(メカニズム)について 「無目的な突然変異と自然選択によって形質が変化する」としているようですが 説明しきれていないように思え、なにか釈然としません。 ・・・ある科学番組を見ていたときにナレーターがこんな解説をしていました。 地球上の生物の大多数が可視光領域(360nm~780nm?)で光を知覚するのは 原始の生物は海の中から発生し、水は電磁波の可視光領域をよく通すからという説明でした。 つまり、まだ光の知覚能力の無い原始の生物は可視光領域の光にさらされていたので その領域を知覚できるようになったとの説明でした。 この事例を聞き、自分なりに考えてみました。 生物が進化する(形質が変化する)メカニズムついて、どんな生物にもDNAがある事は 言うまでも無い事ですが、そのDNAが外界から直接刺激を受け取り、 その刺激に応じたDNAの組み換えを行う機構をDNA自体が持っているのではないか という考えが浮かんできました。 もちろん私は学識者でもなければ専門的な知識も持ち合わせていません。 ですからこれは素人の思いつきでしかありません。・・・ ダーウィンらの進化のメカニズムの説明が十分でないと思われる方がみなさんの中にお見えになるのでしたら、この仮説が成り立つと思われるかどうか、また、別の考え方があるかどうかも是非ともお答えください。 ※「YAHOO知恵袋」さんでもこれと同じ質問をさせて頂き、大変参考になりました。   更に、より多くの方々にご意見をお伺いしたいと思いましたので、ここでも質問させて   頂きます。   何卒ご容赦ください。・・・

  • 生態系

    様々な「生態系」は、どうして、ああいう配置とか配分量になっているのでしょうか? 例えば、山には、 これくらいの土があって、 これくらいの植物や虫があって、 これくらいの距離で配置されている。 という様な。 生態系とは、そういうものだからそういうもの。 であって、どうしてそういう生態系なのかという理由は無いのでしょうか?

  • 生態系

    漠然と質問してすみませんが・・・生態系っていったい何だと思いますか。生態系はどうやってできたんですか?

  • 生態系

    学校の調べ学習で 先生に調べてと頼まれたのですが よくわからなくて・・・ 「生態系は何故壊してはいけないのか」 解るようで解らないんですよ・・・ 調べ学習が近いうちにあるので 速めにご解答願いたいのですが・・・ よろしくお願いします!!

  • 物質とエネルギー循環の相違について

    こんにちは ・生態系における物質とエネルギーの動態それぞれについて概要を説明し、両者の違いを明確にしろ。 という問題で ・物質の循環は例えば炭素では光合成、被食、捕食、呼吸、分解の過程を通じて循環し、窒素では大気中のN2を窒素固定し、それによってできた窒素化合物を植物が窒素同化して有機物を作り出す。そのあと土壌中のNO3-などを脱窒によってN2にし大気中に戻ることで循環する。 一方、エネルギーの循環は光エネルギーを生産者がとりこみ生態系に取り込まれたのち食物連鎖の経路を移動するものの、物質循環とは違い、循環せずみ最終的に熱エネルギーとなって生態系外へと放出される。 と解答を出しました。 これで合っていますでしょうか。

  • 難しくてわかりません

    1全ての植物は独立栄養生物の系列に属する 2全ての植物は二酸化炭素などの無機物から有機物を合成することができる 3動物植物の遺体、枯死体は最終的には、おもに微生物によって無機物化する 4物質循環にともなって、エネルギーも生態系を循環する 5食物連鎖においてエサになる生物の量と、それを食べる生物の量は等しい 間違えの訂正と回答お願いします。

  • 生態系の変化

    食品や衣服などの加工品としての生物の漁や捕獲ですが、 ある品種をまったく獲らなくなった場合の生態系の変化を教えてください。 まぐろ、などまったく獲らなくなった場合、 海の生態系は変わるのでしょうか。 獲らない→まぐろ増える?→生態系の変化が起きる? 変化が起きるならどういった変化がみられますか。 まぐろに関わらず、 ある品種の獲る量が0になった時に変化があるのかないのか あるならどの品種なのか、どう変化するのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 各生態系における生産量

    なぜ地球上の生態系によって純生産量の生産効率に差がでるのでしょうか。 *宿題等ではありません。 ご回答おねがいいたします…。