• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ハードカバーと文庫本

文庫本のサイズはどの出版社さんもほとんど同じサイズですよね。 それに比べて、ハードカバーは出版社さんや書籍によって実に様々ですよね。 もちろん内容のイメージに合わせてということもあるでしょうし、そういった部分も含めてハードカバーの楽しさだとは思うのですが、 では、なぜ文庫本だけほぼ同一の規格(?)があって、ハードカバーはそういう規格が出来なかったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1959
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

一般的な小説、ビジネス書等であれば、だいたいの規格は決まっていると思います。 B6とかA5、菊判など。 ソフトカバーにするかハードカバーにするかで大きさが違って見えますが、中の紙はほぼ規格通りになっていると思います(出版社によって多少の大きさの違いはありますが)。 それ以外のものは絵本や写真集など芸術性が高いものだったり、あるいは判型を変えることで人目を引くという目的があったりして、大きさが違ってきているのではないかと思います。 というよりも、文庫本が規格化されている方に着目すべきではないかと思います。 文庫本は、単行本をそのまま廉価にしたものです。 廉価版なのでなるべくコストをかけないように作っていると思われます。 そう考えると理由は歴然。様々な判型にするよりは、定型にしておいた方が安くつきます。 だから文庫本は皆サイズがほぼ同じなのでしょう(これまた出版社によって多少大きさが違いますが)。 単行本は、それなりにお金をかけてしっかり作ろうという意識を持って作られた書籍です。ですから、戦略的に判型を変えたり、ハードカバーにしたり、カラーページをつけたりと様々な工夫がこらされるのだと思います。 あとは、売れる作家さんは利益が見込めますから、しっかりしたハードカバー(コストがかかる)にされたり、売れそうにないと思われる書籍はハードカバーにせず、コストのかからないソフトカバーにしたり……と、そういう面もあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 文庫のサイズがナゼあのサイズになったのか、ハードカバーはナゼほぼあのサイズなのか・・・。 個人的には手が大きいので文庫のあのサイズにブックカバーをしても片手で扱えますが、主に女性や手の小さい方には片手では若干扱いにくいサイズではないかと思います。 片手で扱う必要がないと言われれば、そうですが・・・。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

この前の日曜日、亡父の荷物を整理していたら、 出てきましたよ、新書判サイズの新学社文庫ってヤツが。 我が輩は猫とか野菊の墓等々大量に。 ほぉ、これがあのとタイミングの良さに感動いたしておりましたが、 よく見たら、確かにこれでは本屋さんの文庫の棚には入らない、 それではと、新書と並べてしまっては、文庫の文法の背表紙では見劣りがする、 淘汰されてしまったのかもなぁと思いました。 それに比べてハードカバーは装丁デザインと言う工程が在ります、 (ギャラは激安だと知人が言っておりましたが) そのおかげで、サイズやら見た目やらで自己主張する、 まぁ、並べて見目麗しいと言うと長いシリーズ物でもないと辛いかもしれないですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ねてありがとうございます。 やはり淘汰ですか・・・。淋しいですねぇ。 書籍全般、特に小説は装丁も内容の一部だと思いますので、その違いを楽しむ感覚も一応持ち合わせてもいますし、重要さも判っているつもりです。 それで衝動買いも往往にして有る私は、やられっぱなしというところですが・・・。 本もサイズを含めて違いを楽しむくらいの余裕は自分に必要ですね。

  • 回答No.4

No.1さんにちょいと補足。 >中の紙はほぼ規格通りになっている…… 製紙工場で作られた紙のサイズが菊判とか四六伴とか、 そのサイズの中でページを無駄無く裁断する事が出来るサイズには、 それほどバリエーションが在るわけではないってっ事だと思います。 (たしか8ページで1セットだったかな) んで、考えたんでっすけどそれでも微妙なサイズの違いは起こりえますよね。 (古いハヤカワなんか微妙に大きいし) でも実際は、文庫本のサイズに付いては今の物ならほぼ同じなのは、 本屋さんの棚の高さの都合も有るんじゃないですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 そうですよね。 やはり効率を求めた結果が現在の状態ということですよね。 「本屋さんの棚の高さの都合」確かに(笑)・・・むしろ、限られた自宅の書棚の都合も・・・文庫は良いんです。 差があるといっても大差がないので。 そして、書棚に並べても気になるほどではないので・・・。 でも、ハードカバーは、・・・うぅ~~~となります。 その違いを楽しめないこともあるんです。 代表はブックカバーですね。ハードカバーサイズのものは難しい、というか無いに等しい。 本来、持ち歩くモノではないと言われれば、そうなのですが・・・。

  • 回答No.3

単行本にはない大きさの規格が文庫にだけあるのではなくて、 B4判、A4判、B5判、A5判、B6判、A6判、菊判、四六判、などなど、 色々とある本の大きさ(判型)のうちで、 そのうちのA6判(いわゆる文庫サイズですね)のものを今は一般に「文庫」と呼んでいる、 そういうことだと思うのですが。 一方、単行本には文庫と違って大きさの規格がないということではなくて、 文庫サイズや新書サイズのものは別として大きさに関わらず、 文芸作品・絵本・写真集・美術書などのジャンルもまた超えて、 ひとくくりに「単行本」という呼び方をされている、ということではないでしょうか。 つまり「文庫」「単行本」が先にあって、その区分に沿って判型が定められているのではなく、 判型が先に合って、そのうちのA6判だけが今では一般に「文庫」と呼ばれていて、 A6型と新書型以外の判型のものは一括して「単行本」と呼ばれている、ということだと思うのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 アレ(文庫)、A6サイズなんですね。 知りませんでした(笑)というより気付いていませんでした。 確かに、A6というサイズであればある程度の差が出来たとしても規格としては画一しやすいですよね。 でも、それならナゼB6やB7では無く、A6だったのでしょう? 不思議です・・・。

  • 回答No.2

文庫本について、下の方の補足をします。 かつてはいろんなサイズの「文庫本」があったと聞いています。豆本サイズ――角川のミニ文庫のような――から、新書版のやや大きめのもの――白水社の文庫クセジュ――まで。でも結局手に取りやすさなど理由で、このサイズに落ち着いたのだ。淘汰されていったのだ、ということでしょうね。わたしが本屋をしていた時には新書版の「文庫」は結構有りました。その昔のブンガク少年には懐かしい新書版の新学社文庫には「文庫」とは文の庫(ふみのくら)の意味で、だれでも文乃庫が持てるように安価なものを作ったのだとあります。 つまり、サイズは関係なかったのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 新書サイズの文庫ですか・・・。 今はごく一部ですよね。 廉価ということで効率が重視された結果、ということですね。 豆本サイズの文庫のシリーズ・・・楽しそうです。 どういう表現が適切か判りませんが、そういう選択の余地があるのは文化的な余裕のように感じます。 画一化されることも必要だと思いますが、「ゆとり」とでも言うのでしょうか?そういった部分の欠如を感じます。

関連するQ&A

  • ハードカバーと文庫本

    たいていの本は、ハードカバーで出版された後、文庫本として販売されているようですが、文庫本になるまでの期間は、どのくらいなのでしょうか? 実は私が今読みたいなと思っているハードカバーの本があるのですが、持ち歩くことを考えて文庫本になってから読みたいと思っています。やはり2~3年はかかりますか?

  • ハードカバーと文庫本

    こんばんは 書籍のハードカバーと文庫本両方発売しているケースでは あなたはどちらを買いますか? 教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 文庫本が出るまでの期間

    よろしくおねがいします。 本は最初ハードカバーで出版されるとおもいますが その後 ノベルスというのでしょうか、 文庫本より縦長のサイズで出版されますよね そして最後に文庫本ででるとおもいます。 1 ハードカバーが出てから文庫本が出るまでの 期間って大体決まっているものでしょうか? 2 出版したものの売り上げが悪かったら ノベルスや文庫本での出版はないのでしょうか? 3 ハードカバーやノベルスで出版せずに いきなり文庫本ということもありますか? (適切な例かどうかわかりませんが キオスクなどで見かける「フランス書院」 などの出版物) 質問の表現がわかりづらかったら もうしわけありません。

  • 文庫本は売れなくなっているのでしょうか?

    書籍全体としての売り上げの推移は分かるのですが、 文庫本のみの売り上げの推移がどうしても分かりません。 ベストセラーがあることで書籍全体の売り上げが左右されると言いますが、 これは新刊のハードカバーの話であり、文庫本は関係ないように思います。 なるべく直近のデータがあれば嬉しいですが、過去何年分でも構いません。 よろしくお願いします。

  • 変な教科書英語の文庫本

    過去1年ぐらいに出版され、教科書で実際に乗せられている変な内容の英文を集めた文庫本をしりませんか? たとえば「Aは~を盗んで捕まった」とか。以前本屋で見かけたのに出版社、タイトルを忘れてしまったのでアマゾンでも探せません。

  • 書籍は文庫本になってから買うのが良いでしょうか

    書籍はまず普通の単行本として出版されて、しばらくすると文庫本が出ますが、 文庫本になるのを待ってから購入する方が良いでしょうか。

  • 本屋で文庫本の探しかた

    ある作者の本を探す時、大抵の書店では文庫本が出版社ごとに別れているので、大変探すのにとまどいます。 なぜ文庫本全てまとめてア~順にしないのでしょう? お目当ての作家の本を探す時のこつはありますか?

  • 思い出せない・・・数万円の文庫本のセット

    おそらく子供の頃だったと思うのですが、文庫本の後ろの方のページに色んな文庫本(名作系)が何十冊もセットになった文庫BOXみたいなものが載っていて、とても欲しかったのを思い出しました。 当時で確か20000円位と表示されていたと思うのですが、その頃はそんな高価なものを買うほどのお金はもちろん持っていなかったので買えませんでした。 最近になってそれを買いたいと思いネットで色々検索してみましたが、どこの出版社の文庫本かも覚えていないため探し出すことができません。 もし知っている方がいれば詳細を教えてください。 もしかしたらもう今は売っていないのかもしれませんが…。

  • 子母澤寛の新選組三部作のハードカバーはあるのでしょうか

    古い作品ですが、タイトルの単行本ハードカバーが出版された事があれば出版社を教えてください。特に「新選組物語」。ちょっと調べた所、新書のような大きさのがあるようですがこれをご存知の方、字が文庫より大きめかどうか教えてください。

  • 本の発売日

    本(ハードカバーや文庫本)の発売日はどのように調べていますか?知りたい出版社や作者が多い場合とかチョット困っています。一括で検索できるところとかありますか?また、メールなどで教えてくれるところとかあればいいんですけど・・・