• ベストアンサー
  • 困ってます

ムツゴロウさんのマンガありましたよね?

10年以上も前になりますが、本屋さんでムツゴロウさんの生い立ちというか、生活みたいなものが漫画化されていたと思います。 読みたいのですが、出版社も漫画家も、本当にあったのかすらわからなくて困っています。 緑色の表紙だったように思います。 心当たりのある方、お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数311
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • chanpu
  • ベストアンサー率42% (61/144)

こんにちは。 benjaminさんのご回答、間違いないです。 私、コロコロで読んでましたから(笑)。 ムツゴロウさんが少年時代に満州に渡られてから、大人になって動物王国を造られてからしばらく、を描かれていたと思います。 ポインターのポチ、オオカミ犬のタロ、などムツゴロウさんと犬とのふれあいが深く描かれていたような記憶があります。 参考URLの『Yahooオークション』に画像入りの出品がありましたよ。 『ムツゴロウが征く』で検索をかけてみると出ますので、ご確認してみては…?

参考URL:
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

より詳しい情報をありがとうございます! 早速Yahooに行ってみます。 買えるといいな。本当にありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#1806
noname#1806

原作:畑正憲、作画:川崎のぼるで「ムツゴロウが征く」というのがあったかと思います。これであれば小学館から出ていたようです。当時はコロコロコミックに連載されて、てんとう虫コミックスで82年頃に出て、その後5年くらい前に小学館コロコロ文庫で文庫化されたようですね。でも、この漫画見たことないので自信なし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! コロコロとは意外でした。早く読みたい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • カラー写真つきの育児書(表紙はたしか緑色で0才~)探しています

     出産後、育児書を用意しておけばよかったと後悔しているところです。  たしか以前本屋で 1.表紙は緑色で赤ちゃんの絵 2.0才から(何歳までかはわすれましたが、   本の帯に「短い期間の育児書を待ってました」らしいことが   書いてありました)  少ない情報ですが、本のタイトルや出版社等心当たりがありましたら 教えて下さい。

  • 漫画家と出版社は対等なビジネスパートナーですか?

    漫画家と出版社は対等なビジネスパートナーですか? そう思った理由として以下に私の持論の連ねます。(なので以降を読まずに回答してもらっても構いませんということです。) 編集者が漫画家に断りを入れず台詞を変えることに当の漫画家が愚痴をこぼしていました。 でもそれは、単に出版社にとってその漫画家に対して「お前の代わりはいくらでもいるから、お前に嫌われようが関係ない」程度の認識しかまだないからではないかと推測します。 正直「出版社の資源に寄生してる分際で何様だ」と思います。 編集も、力量を認める作家の要望には融通効かせるでしょうから「 だったらこれからは、たとえコスパが最悪だとしても、独立して自分の本を好きなように刊行するためだけの出版社を立ち上げさせていただきます。」 ぐらいのことを頑とした雰囲気で言えば、出版社も居てくれと泣いて懇願すると思います。それであっけなくさよならされる人間はそもそも出版社と資格はないと思います。 公募を行う出版社は作家が余っていても恒例行事として誰かしらをプロデビューさせざるを得なくなってますから、出版社の需要と人材としての漫画家という供給は釣り合ってるはずがないのです。 旧態依然の現状を嘆く漫画家がいてももなにも改善の兆しが見えないのは、そういった漫画家にやめてもらっても困らないという出版社の意志の反映であり、そのような意志を形成する出版社優位のパワーバランスが背景にあるというなによりの証拠ではないでしょうか。 ようするに、文句があるなら同人に還ればいいのに、こういう漫画家は肥溜めに突っ込んで勝手なこと言ってるなというのが私感です。

  • 売れっ子漫画家さんでその後作品を出されなくなった方について

    売れっ子漫画家さんでその後作品を出されなくなった方について本にまとめたものがあったと思うのですが なんという出版社でなんというタイトルでしたっけ? 売れていたのに急に姿と言うか作品をみかけなくなった漫画家さんのその後の生活というか人生が知りたいんです。

  • 夢花李のイラスト

    BL系の漫画家、「同細胞生物」夢花李が、文庫本(勿論ボーイズ)の表紙およびイラストを書かれているらしいんですが、その本のタイトルを知っている方がいらっしゃったら教えてください。何冊かあるらしいのですが、出版社すらわからないんです・・・。よろしくお願いします。

  • 本屋で見かけたマンガ本を探しています

    以前(06年秋以降でした)、本屋でオススメと平積みされていたマンガ本を探しています。 タイトルも作者名も出版社も分からず、かなり絶望視しておりますが、お力をお借りできたらと思い質問させて頂きます。 以下、限りなく少ない情報です。 ・刑務官と受刑者の変な友情の話(?) ・B6版(?) ・BLじゃないと思うのですが山田ユギさんが帯で推薦してらして、記憶にあります。 ・1~6巻くらいまで出ていたように思います… ・表紙は全巻、主人公二人が並んでいるもの(?) 一度、気になり出したら止まらなくなりました。 本屋を当てずっぽうで探してみても発見できません。 心当たりのある方はどうぞよろしくお願い致します(>_<)

  • 漫画家さんを雇いたいのですがどうすればいいですか?

    妻が出版社に勤務しています。昨年度から漫画単行本の編集部に移りました。 それなりに名前のある出版社であり、漫画家さんの持ち込みや賞の開催などもあり、一般には漫画家さんの新人発掘には不自由していないように思われてますが、実状はそうでもないようで、使える漫画家さん探しに四苦八苦しているみたいです。 有名な原作小説を漫画化する企画が多いそうで、使える漫画家さんを編集部に紹介できれば、大げさでなく即雇用という状態だといいます(原作の小説家さんの税金対策として原稿の制作費が出る。けれども単行本一冊を描きあげることが条件であり、雑誌での連載はなし。売り上げの印税は原作小説家さんと何割ずつかで分ける)。 上記のような条件で「やってみたい」と言ってくれて、なおかついいものが描ける漫画家さんを探すいい方法はないでしょうか? 「漫画家になりたい」という質問はよく見かけますが、妻によれば版元のほうも苦労してるんです…。

  • マンガ トーンについて

    漫画化志望のはしくれです。 出版社に投稿したく、アナログでマンガを描いています。 そこで青をイメージさせるようなトーンが使いたく 画材屋に赴いたのですが、 メーカーや種類が多く、じっくり見てみてもどれが青を想起させるものなのか さっぱりでした。 このようなものは人それぞれの感じ方なのかもしれませんが 濃いめの青色をイメージさせるトーンを教えていただけませんか。 メーカー、番号など詳しく明記してくださると大変ありがたいです。 つたない文章ですみません。ご回答よろしくお願いします。

  • フリー漫画家になりたい

    私は漫画家志望で、将来は出版社(または雑誌)専属の漫画家でなく、柴田亜美先生のようなフリーの漫画家になりたいと思っています。 フリー漫画家としてやっていくには勿論それなりの実力と努力が必要だとは思いますが、どうすればフリー漫画家になれるのでしょうか。 やはり、出版社や雑誌が主催する新人賞に応募して、そこでデビューして何年か連載を続けてから独立する、というのが一般的なのでしょうか。 お答え、お願いします。

  • 漫画家へのファンレター

    ある漫画家さんへファンレターを書こうと思っています。 その漫画家さんへファンレターを送るのは初めてで、過去の作品などの感想(?かるく触れる程度で)送りたいのですが、掲載している雑誌が違い、出版社が違うのです。 一度編集部の方が目を通すそうなので違う出版社の内容が書かれているファンレターはマズいでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 出版社が漫画家を「先生」と呼ぶことに違和感

    出版社が漫画家を「先生」と呼ぶことに違和感 読者が、好きな漫画家を「先生」と呼ぶのはいいんですけど。 読者からすれば、出版社と漫画家は身内なわけで。 店員が、お客さんに対して「○○店長さんは今いらっしゃいません」とか 官僚が国民を前に「○○議員先生のおかげで・・・」とか言うのと同じ感じがします。 まぁ、出版社にとっては漫画家は完全な身内でなく、大事にしなければいけない存在なのはわかりますが、漫画雑誌の紙面上で、読者に向かって「○○先生」と使うのは違和感があります。 長年の慣習ですかね。時代遅れのような、間違った敬語の使い方のような、変な感じがします。 皆さんは、どう思われますか?