• ベストアンサー
  • 困ってます

C言語での実行時エラーの場所を特定するには?

  • 質問No.7008112
  • 閲覧数525
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 78% (353/447)

こんにちは。

C言語あるいはC++言語において、プログラム(exeファイル)を実行した時にエラーが発生した場合、
どこでエラーが出ているのかをすぐに特定できる手段はあるのでしょうか?

例えば、printf関数などで、文字を出力していれば、どこでエラーが起きたのかが分かる場合もありますが、文字が出力されないでエラーが起こる場合もあります。
ですので、実行時エラーが起きている場所を特定するのに、いつも苦労します。
何か便利なツールなどは存在しないのでしょうか?

ちなみにコンパイラは、Borand C++ Compiler 5.5 を使っています。

何かいい方法を知っておられる方がいらっしゃれば、是非アドバイスを頂きたいと思います。
では、よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (4492/10098)

他カテゴリのカテゴリマスター
そういうときに使うツールをデバッガと言う。
単純なエラーであれば、デバッグすればすぐに分かる。

http://www.embarcadero.com/jp/products/free-c-compiler
http://edn.embarcadero.com/jp/article/33545
Q. BCC55で作成したプログラムをデバッグするにはどうすればよいでしょうか。
A. BCC55には、デバッグツールは含まれていません。Borland C++ Suiteに含まれているTurbo Assembler 5.0J には、BCC55で作成したアプリケーションをデバッグできる Turbo Debugger for Win32 というツールが含まれています。

Turbo Debugger for Win32をお持ちの方は、コンパイル時にコマンドラインオプションとして-vを指定することで、Turbo Debugger用のデバッグ情報ファイル(.TDS)を生成できます。
お礼コメント
MetalLover

お礼率 78% (353/447)

情報提供ありがとうございます。

僕のPCには、
"C:\borland\bcc55\Bin\TD32.EXE"
というファイルが存在しており、これが
Turbo Debugger for Win32 の実行ファイルのようです。
ただ、マニュアルが見つからず、困っています。

ちなみに、bcc32コマンドでコンパイルすると、-vオプションを付けなくても
いつもtdsファイルが作成されます。
投稿日時:2011/09/13 16:03
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ